ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    20140713_0922001: ばぐたMK-Ⅸφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/07/12(土)19:42:29 ID:???
    ★ソウルの大使館前の「慰安婦」デモ、日本から左派勢力が加勢
    産経新聞 2014年07月12日17時36分

     ソウルの中心街にある日本大使館前といえば、“慰安婦の像”を違法設置した反日団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が毎週水曜日に行うデモの場として定着している。

     ここでの定例デモは長く挺対協の独壇場だったが最近、安倍晋三政権の「集団的自衛権の行使容認反対」を唱える左派勢力も定例集会を計画。日本からの参加者も目立つ。“反日の一等地”はますます騒がしい

    ■「日本人代表し謝罪」

     安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定した翌日の今月2日正午過ぎ、挺対協が開いた「水曜示威(デモ)」会場となっている日本大使館前に、赤いキャップをかぶった男性が立った。男性はマイクを渡されると、日本の護憲派知識人らでつくる「九条の会」の関係者であると自己紹介し、こう話した。

     「日本という国は、戦争ができる国になりました。日本人を代表して謝罪します-」

     男性はノーベル賞作家の大江健三郎氏の名前を出しながら韓国語を交えて謝罪とあいさつを続け、集まった人々から拍手喝采を浴びて韓国メディアからも取材を受けていた。

     5月21日には大阪市の女性グループが訪問。28日には「平和な未来を子供らに-新日本婦人の会」という横断幕を掲げた女性約10人、また6月4日には「新日本婦人の会 福岡県本部」の幕を広げた女性ら約20人が現れ、日本政府に「日本軍慰安婦被害者への謝罪と補償を」などと訴えていた。

     日本からの参加者は多くの場合、慰安婦問題で日本政府を追及するシュプレヒコールに参加し、記念写真を撮って帰ってゆく。挺対協側からは「(参加者のような)日本の良心的な人々との連帯を一層強め、ともに日本政府を圧迫していかなければならない」といった具合に“日本政府包囲網構築”に利用されている。

    ■卵を投げ入れ落書き

     「集団的自衛権の行使容認反対」をテーマに、日本大使館前デモを定例化しようとする団体「平和と統一を開く人々」も出てきた。

     この団体は、「在韓米軍の韓国撤収や日米韓の合同軍事訓練、軍事・防衛に関する情報共有促進のための覚書取り交わしなどに反対を唱える親北朝鮮、反保守(朴槿恵)政権の運動体」(韓国治安関係者)という。大使館の敷地内に生卵や靴を投げ入れ、慰安婦像前の路上に着色スプレーで「集団的自衛権行使容認反対」と落書きをするなど、やりたい放題だ。

     あるときには参加者によって大使館前の道路が通行不能になり、公務から戻った別所浩郎大使が車両での通行を諦めて大使館敷地まで歩いて戻るなど、警護上も問題が大きい。

     大使館前はデモが規制されているのだが、挺対協が「記者会見」と称して抜け道を作った。その言い分を警察が「やむを得ない」と放置した結果、水曜デモがある種の市民権を得て定着したのだ。韓国の治安筋は「日本大使館前は、韓国メディアの注目度が高く、アピール効果が大きい。慰安婦の像が設置されてから、特定の主張をする勢力にとっては定例デモの一等地となっている」と指摘する。

     「外国公館の静粛の保持」(ウィーン条約)が取り戻せる日は遠いようだ。(ソウル 加藤達也)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9036274/

    続きを読む

    no title1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/06(日) 02:35:39.06 ID:???0.net
    集団的自衛権の行使容認に「NO!」 新宿で抗議デモ
    http://www.asahi.com/articles/ASG755G4NG75UTIL015.html

    集団的自衛権の行使を認める閣議決定に反対する市民たちが5日、
    東京・新宿の繁華街をデモ行進した。ツイッターなどの呼びかけで集まった
    若者ら約1650人(主催者発表)が参加。ドラムを鳴り響かせながら「閣議決定で終わりじゃない」と抗議の声をあげた。

     参加者は「沈黙は服従なり」などと書いたプラカードを手に「憲法を壊すな」と呼びかけた。
    2回目のデモ参加というアルバイト店員の高崎芳明さん(21)は
    「戦争に行かされるのは若者たち。閣議決定されたからといって抗議することをあきらめてはいけない」
    と語った。長女(4)を連れて参加した会社員水野真由子さん(39)は
    「子どもが戦争に巻き込まれるのではないかと不安。
    反対の声をあげることで閣議決定に納得していないことを訴えたい」と話した。(渡辺洋介)


    ★1の日時:2014/07/06(日) 00:02:20.31
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404572540/

    続きを読む

    no title1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@転載は禁止 2014/07/02(水) 18:15:50.64 ID:???0
    「行使は絶対に許さない」=大江健三郎さんら訴え-東京
     集団的自衛権行使をめぐる閣議決定を受け、ノーベル賞作家の大江健三郎さ
    んらが1日夜、東京都内で記者会見し、「閣議決定は許しても実際の行使までは
    絶対に許さない。きょうはその誓いの日だ」と抗議の声を上げた。
     会見したのは、大江さんら「戦争をさせない1000人委員会」のメンバー。
    冒頭に「集団的自衛権の行使は中立の立場を捨てることで、過去の戦争の多くが
    集団的自衛権を名目に正当化されてきた。憲法の理念を権力者から取り戻さないと
    いけない」などとする声明を発表し、今後も反対運動を続ける意向を示した。

     閣議決定に大江さんは「平和憲法と民主主義が自分の支えであり、打ちのめ
    されたような気持ちだ」と表情を曇らせた。訴えは数十分におよび「安倍晋三首相は
    憲法への畏れを持たない珍しい人間だ。集団的自衛権がもとで国内で起きる
    テロなどへの想像力も欠けている」と批判した。
     また、作家の落合恵子さんは「立憲主義の息の根が止められようとしている。
    権力者の戦争ゲームに付き合わず、国民は子供の笑顔を思い浮かべてほしい」
    とアピール。法政大の山口二郎教授は「さまざまな概念を持ちだし、国民を
    当惑させたままで閣議決定に踏み切った。不誠実極まりない」と訴えた。
    JIJI(2014/07/01-21:36)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014070101069


    【集団的自衛権】「平和憲法ひっくり返した」「行使絶対に許さぬ」「国内で起きるテロへの想像力欠く」大江健三郎さんら批判 [7/1] ★2
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404229602/

    続きを読む

    no title1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 19:53:29.81 ID:???0.net
    「明治天皇の玄孫」という竹田恒泰さん(38)が、タレントの田嶋陽子さん(73)からバラエティ番組で「あんた
    が早く結婚しなさいよ」と言われたことをツイッターで取り上げている。なぜ東京都議会の「セクハラヤジ」のよ
    うに話題にならなかったのかというのだ。
    田嶋陽子さんの発言は、読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」で出たという。

    「普通の意味で言っておらず、竹田さんは品性下劣だ」

    いつの放送かは明かしていないが、竹田恒泰さんは2014年6月23日、多産計画について発言するたびに田
    嶋さんから言われたとツイートした。竹田さんは、「でも男性蔑視などと話題になったこたもない。おなじヤジで
    も、立場が変わると大分違うものだと思った」と漏らしている。
    しかし、番組内では、「私の事はほっといて下さい」「じゃ可愛い子を紹介して下さい」と田嶋さんに言い返し
    て、やり取りを笑いにしてきたと説明した。都議会でヤジを問題にしたみんなの党の塩村文夏議員(35)に対し
    ては、「上手に受け流して嫌味の一つでも言う余裕を持って欲しいと思います」とコメントした。もっとも、「人格
    を否定するヤジはいけませんし男女の違いもあります」とはしている。
    竹田恒泰さんの告白について、田嶋陽子さんは、取材に次のように明かした。
    「『結婚制度反対』は私の持論で、普通の意味で、人に結婚を勧めることはありえません。竹田さんが収録で
    話していた内容が、女性蔑視の上に乗った古い考え方だったので、それに反論する流れの一節で『結婚』とい
    うフレーズが出たかもしれませんが、私の真意が『結婚すべき』ということでないことは、やりとりを聞いていれ
    ば分かると思います。それを分かっていて、こういう書き方をする竹田さんは本当に根性が悪いし、ヤジ議員と
    同じくらい品性下劣だと思います」
    (続く)
    (続きはリンク先で)
    2014/6/24 19:08
    http://www.j-cast.com/2014/06/24208596.html

    ◆◆◆スレッド作成依頼スレ★866◆◆
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403410363/439

    続きを読む

    20140624_0540001: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 22:04:34.28 ID:???.net
     国境の長いトンネルを抜けるとお花畑であった。夜の底が白くなった-。ノーベル文学賞作家、
    大江健三郎氏も登壇した6月10日の「九条の会発足10周年講演会」。3時間近くに及んだ講演では、
    緊迫する国際情勢などどこ吹く風の“内向き”の話が続いたものの、さいごの30分で「九条の会」の
    底力が垣間見えた。その実力はとうてい無視できないものがある。今回も長い報告になるが、最後まで
    (あるいは最後の部分だけでも)お付き合いのほどを。(溝上健良)

    ■韓国からの熱いエール

     ちょっと待て、「田母神戦争大学の白熱講義(下)」はどこへ行ったんだと思われた方へ。
     大人の事情で(多分)次週に掲載の予定なので、しばしお待ちを。待ちきれない方は『田母神戦争大学』
    (産経新聞出版)をお買い求めください。ぜひ。

     講演会は渋谷での開催なので、渋谷駅東口にある行きつけの青汁スタンドで青汁を飲んでから
    出撃することにする。実に形容しがたい味の青汁だが、イモムシになった気分が味わえる、といえば
    理解していただけるだろうか。この青汁は“フード左翼”御用達かも(詳しくは『フード左翼とフード右翼』
    速水健朗著・朝日新書をごらんください)。「九条の会」の皆様にもお勧めしたい。

     さて会場はNHK放送センターに隣接する渋谷公会堂。ここで大集会を開けばNHKとしては
    無視するわけにもいくまい。会場の選定もなかなか巧みである。そういえばこの周辺では脱原発など
    各種デモがよく行われるが、狙いはNHKでの放映なのだろうか、とも思わされる。

     平日の夜にもかかわらず2000人強が詰めかけ満員御礼の盛況で、九条の会の動員力を思い知らされる。
     司会者の開会あいさつに続いて登壇したのは、韓国からこの集会のために来日したという金泳鎬(キム・ヨンホ)
    檀国大碩座教授。金大中政権では産業資源相を務めた経歴をもち、東大でも客員教授を務めたことがあるという
    日本通で「私の日本語のミステイクをエンジョイしてほしいと思います」と前置きした上で、それなりに
    正確な日本語で講演を進めていった。

     金氏いわく「いま、東アジアは敵対的相互依存の悪循環のわなに陥っていると思います。
     (日本は)中国という敵をつくって、こちらの民族主義を高めて、それで政権の安定を目指す。
     中国は民衆の民主化の要求を抑えるために日本という敵をつくって、イデオロギーで民主化の動きを抑える。
     そうして敵対的相互依存の悪循環がエスカレートしていると思います」。そして韓国も含めてその悪循環から
    どう抜け出すか、と問題提起し「成熟しつつある(日中韓の)市民社会を結合させなければならない。
     アジア市民平和の会議を開くべきだと思います」と述べて盛大な拍手を浴びた。さらには「日本の平和憲法を
    さらに拡大して、アジア全体の平和憲法をつくるべきだと思います」と発言し、これまた拍手を集めていた。
     ああ満開のお花畑!

     ちなみにせっかく韓国から来られたものの、金氏は韓国の憲法には一切、言及しなかった。残念。
     ここで少しだけ引用しておこう。「第5条(1)大韓民国は、国際平和の維持に努め、侵略的戦争を否認する。
     (2)国軍は、国家の安全保障および国土防衛の神聖な義務を遂行することを使命とし、その政治的中立性は
    遵守される」。金氏は韓国の憲法も日本にならって「国軍は、これを保持しない」とでも改正すべきだと
    主張するのだろうか。さらには韓国憲法では「国防の義務」もすべての国民に課しているが、
    どう考えておられるのだろう。

    >>2以降へ続く。ついでにめちゃくちゃ長いです)

    zakzak 2014.06.23
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140623/dms1406230858001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140623/dms1406230858001-n2.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140623/dms1406230858001-n3.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140623/dms1406230858001-n4.htm

    続きを読む

    このページのトップヘ