ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    no title1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/07(土)11:56:29 ID:???
     6日に開幕した教研集会では、生徒たちに憲法改正を目指す安倍晋三首相や「天皇制」への批判をあおるなど、
    今年も日教組のイデオロギーを一方的に押し付けようとする偏向的な授業が報告された。

     「権力を持つ者をしばる、これを『立憲主義』といいます。今の日本の憲法は『立憲主義の憲法』といわれるのです。
    さて、総理大臣の安倍さんはどうかな?」。社会科教育の分科会で報告された授業実践によると、福岡県内の中学校の
    男性教諭は、憲法を教える授業で、憲法の尊重擁護の重要性に触れた上で、生徒たちにこう語りかけ、憲法改正を
    目指す安倍首相への批判をにじませた。

     「国民主権」の説明では「国の行く末を最終的に決定する力、これが主権。それが国民にある、と書かれている。
    総理大臣にある、とは書かれていない。それなのに安倍さんは?」と問いかけ、やはり「首相批判」をあおった。

     男性教諭は、大日本帝国憲法が紀元節の2月11日(建国記念の日)に発布されたことについては
    「神武天皇という実在しなかった天皇が、空から高天原に降りてきて日本を治め始めた、という嘘だらけの日。
    天皇中心の国家を作るため、天皇の権威を高めるために、この日に発布したのです」と説明。 

     さらに「天皇が、戦後何ら責任を問われなかった」と、昭和天皇の戦争責任を強調するなど「天皇制」批判を展開。
    「そのようなことを熱く語るがゆえに、なかなか授業が進まなかった」などと振り返った。 (略)

    全文 産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/150207/lif1502070008-n1.html
    http://www.sankei.com/life/news/150207/lif1502070008-n2.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 12◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422855104/226

    引用元: 【日教組教研集会】 偏向授業誇らしげに報告 「建国記念の日は嘘だらけ!?」「主権は国民。首相ではない」 [H27/2/7]

    続きを読む

    福島瑞穂1: 影のたけし軍団ρ ★ 2015/02/07(土) 15:37:26.93 ID:???*.net
    自民党の小野寺五典(いつのり)元防衛相、民主党の大野元裕元防衛政務官、社民党の福島瑞穂前党首が7日の読売テレビ番組で、
    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人を○害したとされる事件について議論した。

    福島、大野両氏は安倍晋三首相や政府の対応を批判し、小野寺氏はこれに反論した。

    福島氏は「イスラム国と敵対する国に2億ドル拠出すると言った首相は少し、2人の身柄が拘束されている中では問題があった」
    「『テロとの戦い』と、米国と一体となって『やっつけるぞ』とやると、(イスラム国側には)日本がある意味スタンスを変えたと見える」などと主張した。
    http://www.sankei.com/politics/news/150207/plt1502070012-n1.html

    引用元: 【日本人2人殺害】 社民・福島瑞穂前党首が批判 「2億ドル拠出と言った首相に問題」

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@転載は禁止 c2ch.net 2015/02/06(金) 05:04:28.42 ID:???
     NHKの籾井勝人会長は5日、定例の記者会見で、戦後70年の節目に従軍慰安婦について番組で取り上げる可能性はあるかと問われ、
    「(慰安婦問題について)正式に政府のスタンスというのがよくまだ見えない。慎重に考えなければならない」などと述べた。

     安倍政権は「戦後70年談話」を検討中で、籾井会長は「夏にかけてどういう政府のきちんとした方針が分かるのか、この辺がポイント」と発言。
    従軍慰安婦について「政府の見解が変わりうるという認識か」と問われると、「お答えは控える。しゃべったら、書いて大騒動になるじゃないですか」などと答えた。

    ■「ジャーナリズム機能損なう発言」

     碓井広義・上智大教授(メディア論)の話 籾井会長は、就任会見での「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」という発言から何も変わっていない印象だ。
    そもそもジャーナリズムというのは、自分たちで課題やテーマを探して報じるもの。なかでも公共放送は国民の放送局で、国営放送ではない。権力者から見解を聞かされて、一定の方向に伝えるものではない。
    NHK内部に慰安婦問題に取り組みたい人がいても、企画書が書けなくなる。NHKのジャーナリズム機能を損なう発言だ。

    http://www.asahi.com/articles/ASH255SQ7H25UCVL016.html

    引用元: 【朝日新聞】NHK籾井会長「政府方針がポイント」、慰安婦番組扱い 碓井広義・上智大教授「ジャーナリズム機能損なう発言」[2/05]c2ch.net

    続きを読む

    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/02/05(木)12:49:17 ID:pMT
    「イスラム国」を名乗る過激武装組織による日本人人質事件を機に、安倍晋三首相は、
    「邦人救出」のための自衛隊派遣やアメリカなど「有志連合」による空爆の後方支援などを口にしていますが、
    3日の国会答弁ではついに自衛隊派遣のための憲法改定までいいだしました。
    次世代の党の議員が自衛隊派遣のための憲法9条の改定を求めたのに対し「自民党はすでに改正案を示している」と答えたものです。

    自衛隊が他国の領域に一方的に突入し武力を行使すればそれこそ戦争です。「国民の生命と財産を守る」といえばなんでも許されるわけではありません。

     安倍首相が繰り返し口にしている「邦人救出」のための自衛隊派遣自体、独立した国家でなくても
    「イスラム国」のように国に準じた組織が支配している地域に自衛隊を派遣することは憲法9条が禁止した武力の行使にあたり、
    どんなに安全保障法制を整備しても、実行できることではありません。
    「有志連合」による空爆の後方支援も、憲法が禁止する武力の行使と一体となる危険は明らかです。

    さすがに安倍首相も国会では、準備している安全保障法制を「イスラム国」に適用するのは難しいことや、
    「有志連合」への後方支援は行わないと答弁しました。

     それでも安倍首相が自衛隊派兵などをあきらめてはいないのは明らかで、首相が次世代の党議員の質問に答えたように、
    一気に憲法そのものを改定してしまえば、それこそ政府を縛る制約がなくなります。

     安倍首相があげた自民党の「日本国憲法改正草案」は、
    現在の憲法前文から「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」などの文章を削除し、
    戦争を放棄した9条は「自衛権の発動を妨げるものではない」と明記するものに変え、自衛隊は「国防軍」にするなどというものです。
    侵略戦争への反省を投げ捨て、日本を全面的に「海外で戦争する国」に変えてしまいます。

     安倍首相は憲法改定を「国民の生命と財産を守る任務を全うするためだ」と答弁していますが、
    「国民を守る」といえばなんでも許されるなら、それこそ世界は「力」の強さがものをいう無法な時代に逆戻りです。
    かつて日本が戦前の韓国を侵略し無法な「併合」を押し付けたときも、「満州事変」をでっち上げて中国東北部を侵略し15年戦争に突入したときも、
    口実は日本の居留民や権益を守ることでした。戦争という手段で「国民を守る」などというのは今日の世界に通用するものではありません。

    いま必要なのは、国際社会の一致した力で「イスラム国」を追い詰め、武装解除と解体に追い込むことです。
    軍事的対応に前のめりで、自衛隊派兵を急いでいるとしか見えない安倍政権の態度では、武力行使の応酬にしかなりません。
    戦争を放棄した憲法を持つ国として、役割を果たすことが求められます。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-05/2015020501_05_1.html

    引用元: 【赤旗】イスラム国日本人人質事件を口実に憲法9条改正を持ち出す安倍首相を許すな。「国民を守るため自衛隊派遣」は日韓併合や日中戦争と同じ事だ[2/5]

    続きを読む

    no title1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/04(水)23:17:26 ID:???
    【ニッポンの新常識】「イスラム国」の蛮行 的外れな批判する人々は世界情勢勉強すべき

     連載スタートのあいさつは省略して、「イスラム国」による日本人○害脅迫事件について書く。
    私は「イスラム国」とだけ書くのは、国家として認められたかような誤解を生むので反対である。
    以下、ISISとする。
     犠牲となったジャーナリストの後藤健二さんらには、心からご冥福をお祈りしたい。
    テロリストの蛮行は決して許されない。そして、この結末について非難すべき相手を間違ってはならない。
     確かに、ISISは動画で安倍晋三首相の政策に言及した。だが、彼らの理不尽な言い分に便乗して
    政権批判を行う人は「テロリストの共犯者と同じ」という自己認識を持つべきである。

     世の中を恐怖で支配し、言論をコントロールするのがテロリストの目標である。彼らの主張に同調したり、
    恐怖心を無責任にあおる行為は、まさに援護射撃だ。テロに断固反対する人は常識として捉えてほしい。
     人間は何か新しい行動を起こした直後に悪いことが起きると、「従来通り行動すればよかった」
    と考える傾向がある。実は、その思考の裏には「とりあえず今の自分さえ良ければいい」という無意識が
    潜んでいることに気付いていない。
     戦後70年で世界情勢は激変している。従来通りの政策では、子供や孫の世代の日本は成り立たない可能性が高い。
    将来に備える必要性を感じるからこそ、安倍首相は積極的に行動している。

     平和ボケの近視眼的思考で的外れな批判をする人々は、少しは世界情勢を勉強すべきである。

     法外な身代金要求に始まり、解放条件が二転三転するなど、ISISは最初から人質を解放する意志が
    なかった可能性も高い。ヨルダンのアブドラ国王と安倍首相は最大限の努力をした。テロリストを応援したければ、
    2人を批判すればいい。

    続き ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150204/dms1502041140005-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150204/dms1502041140005-n2.htm

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 12◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422855104/112

    引用元: 【社会】「ISIS」の蛮行 的外れな批判する人々は世界情勢勉強すべき ケントギルバート氏 [H27/2/4]

    続きを読む

    このページのトップヘ