ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    1: ストラト ★ 2018/12/09(日) 22:37:33.65 ID:CAP_USER9
    漫才コンビのウーマンラッシュアワーが9日、フジテレビ系「Cygames THE MANZAI2018 マスターズ」に出演し、昨年に続き沖縄基地問題、原発問題、自然災害を受けた被災地の問題など時事ネタを披露した。
    ネット上では「去年より良かった」などと盛り上がり、瞬く間にトレンドランキングのトップになった(午後10時の時点)。

    村本は得意の早口でまくしたてた。「LGBTの人たちにカミングアウトという言葉を使わせている。自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです。今こそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべき」などとマシンガンより早いと思われるスピードで次々と問題提起した。

    ネット上では直後から盛り上がり、「村本すごい感動」「ネタに感動しました」「面白い すげえなあ」「見終わった後で考えさせられるネタというのは素晴らしい 心に留まっている。映画のようである」「今の社会情勢を訴えていたことに感謝!社会情勢を訴えながら笑いに変える村本さんはすごい」などとほかのコンビとは全く異なる芸風に称賛の声が多く見られた。
    また、「説教して終わるのは芸人ではない」「何が言いたいか分からない」と批判的な声も見られた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000127-dal-ent

    ウーマンラッシュアワー
    no title

    引用元: 【芸人】「沖縄の海ってだれのもの?」ウーマン村本、THE MANZAIでまたも時事ネタ、LGBTも…ネット大反響

    続きを読む

    20161208_0623001: 動物園φ ★ 2018/12/07(金) 21:46:52.07 ID:CAP_USER
    入管法改正、国会前に抗議の声 市民ら「議論尽くせ」

    12/7(金) 21:40配信
    朝日新聞デジタル

     国会前では7日夜、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法の改正に反対する市民らが、「議論を尽くせ」などと抗議の声を上げた。

    【写真】入管法改正に反対するために国会前に集まった人たちは、「人権守れ」などと抗議の声を上げた=7日午後7時15分、東京都千代田区、吉沢英将撮影

     ツイッターなどSNSでの呼びかけに応じた人々が次々と集まった。安保法制に反対した学生団体SEALDs(シールズ)の元メンバー諏訪原健さん(26)がマイクを握り、「外国人技能実習生の厳しい実態が明らかになる中、どうしてこのまま(法案を)通せるのか」と訴えた。

     東京都世田谷区の女性会社員(25)は留学先のスペインで、フィリピン人の元技能実習生と会った。勤務先でパワハラを受けた体験を打ち明けられ、「もう日本には行きたくない」と言われたという。「受け入れ後の支援体制など、法案は内容がほとんどないように思う。このままじゃ、また不幸な外国人労働者が増えてしまう」と危機感をにじませた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000127-asahi-pol

    引用元: 【国内】元SEALDsらが国会前で抗議デモ

    続きを読む

    20161205_1937001: (^ェ^) ★ 2018/12/05(水) 18:02:13.94 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/82487
     
    2019年、映画が日本を沸騰させるー。シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」製作決定!!

    ▼記事によると…

    ・この度、一人の新聞記者の姿を通して、報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作『新聞記者』の製作が決定いたしました。

    第86回キネマ旬報ベストテンで日本映画第1位を獲得した『かぞくのくに』(12/ヤン・ヨンヒ監督)、菅田将暉とヤン・イクチュンという日韓の演技派二人が激突し、数多くの映画賞を受賞した『あゝ、荒野(前/後編)』(17/岸善幸監督)など日本映画の境界を揺るがす問題作を世に問い続けている河村光庸プロデューサー(株式会社スターサンズ)。

    その最新作のテーマは、「国家権力と報道メディア」。

    望月衣塑子(東京新聞記者)のベストセラー『新聞記者』(17/角川新書)を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。

    2018年12月5日
    http://www3.cinematopics.com/archives/99740

    ▼ネット上のコメント

    ・政治の闇なんてみんな分かってるんだからマスメディアの闇に突っ込んでくれよ。

    ・コメディ映画かな?

    ・え、イソコ役って韓国人女優?なんで?

    ・冗談とか皮肉ではなく、本当に楽しみだ。早く見てみたい。

    ・逆に恥ずかしいだろ。こんなのが映画作品として後世に残るなんて

    ・マスコミと野党が信用を無くして嫌われていった過程を映画化するのか

    ・メンバー見ただけで、「あ、察し」ってなるな。中国を舞台にした方がいいんじゃねえの?

    ・いくら政権批判しても誰も処罰されないから安心してこの手の映画が作れますねw

    ・松坂桃李も仕事選べばいいのに..

    ・マスコミの裏を暴いていく方が見てみたいけどな

    引用元: 望月衣塑子『新聞記者』映画化決定! テーマは「国家権力と報道メディア」 ネット「マスコミと野党が信用を無くして嫌われて…」

    続きを読む

    20161204_0640001: クロ ★ 2018/12/03(月) 14:56:12.61 ID:CAP_USER9
    ■日産ゴーン会長逮捕、なぜ今だったのか?

    11月19日、衝撃的なニュースが流れた。日産自動車の会長だったカルロス・ゴーンさんが逮捕されたのだ。

    ゴーンさんの罪名は、金融商品取引法違反だ。2011年3月期から15年3月期の各連結会計年度における報酬総額99億9800万円を、49億8700万円と有価証券報告書に過少記載。さらに、経費の私的流用もあったという。

    ゴーンさんといえば、経営危機にあった日産をV字回復させた人物だ。さらに、ルノーや三菱自動車の会長も兼務した、世界的なカリスマ経営者でもある。

    だから、この逮捕劇には、僕もたいへん驚いた。同時に、いくつかの疑問も生じた。たとえば、こんなにも長く続いた不正を日産の幹部が知らなかったはずはない。それを、日産側が検察に訴え、捜査に全面協力したのだ。つまり、そこには司法取引があり、日産側のダメージを最小限に抑えようとしたのだろう、と。

    それにしても、なぜ今なのか。20日付のイギリス「Financial Times」紙によれば、ゴーンさんはルノーと日産の統合を強く進めていた。そして、それは数カ月以内に実現する可能性があった。反対する日産の経営陣は、これまでの不正をあばくことで、ゴーンさんを排除しようとしたのだそうだ。

    さらに、その統合には、フランスのマクロン大統領の意向があったという。つまり、ゴーンさんがマクロン大統領と組んで進めようとした統合話を、日産側がひっくり返したことになる。

    だが、ほんとうにそれだけなのか。フランス大統領が関係する案件を、東京地検特捜部だけの意向で、しかもゴーン会長ほどの大物を、逮捕できるのか。

    どうやら、日本政府がからんでいる、という情報もある。この事件は、今後も政界を巻き込みながら、まだまだ広がりそうだ。

    BLOGOS
    2018年12月03日 13:38
    https://blogos.com/article/342730/

    引用元: 【田原総一朗】日産ゴーン会長逮捕 「どうやら、日本政府がからんでいる、という情報もある」

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/11/27(火) 18:11:13.58 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/80643

    no title


    日の丸子&君が代子さんのツイート

    青木理
    「僕は基本的に(天皇は)いるべきでないと思ってる。天皇制はあるべきでない。皇族にメディアは敬語を使うべきでない」

    1947年廃止の不敬罪があれば此奴は刑務所で無期懲役。韓国が慰安婦財団解散で

    青木理
    「戦前戦中に日本が(韓国に)色々迷惑をかけ酷い目に遭わせた」

    こんな反日を出すTV局は日本の敵

    ▼ネット上のコメント

    ・天皇は日本の歴史そのものなので、一個人が要らないと言ってどうなる問題でもない。ふーん、あっそう、てな感じ

    ・嫌なら帰国すれば済むんじゃないの?知らんけど

    ・んじゃ青木氏は1人でタメ口きいてなさいな。

    ・天皇陛下による最終承認があるからこそ日本という国体がある。陛下がいなければ日本という国体は成り立たない。ルソーが日本の民主主義を知れば歓喜の涙を流したと思う

    ・「僕は基本的に(青木理は)いるべきではないと思っている。この人に日本人は敬語は使うべきではない」

    ・朝日新聞周辺はこれが本音だと思う。

    ・言論の自由があるからな、一つの意見としてはな。しかし、天皇の必要性は一部の知識人達が決定する物ではなく、国民と皇族が決める物だ。天皇と国民は常に共にある。

    ・なんでこんなやつがテレビでてんの?

    ・言論の自由はどうしたwww

    ・いくらその方の意見が正しかろうと日本に根付いたものを取り除くのは難しいですね

    引用元: 青木理「僕は基本的に(天皇は)いるべきでないと思ってる。皇族にメディアは敬語を使うべきでない」 ネット「嫌なら帰国すれば済む」

    続きを読む

    このページのトップヘ