ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    no title
    1: ねこ名無し ★ 2017/10/22(日) 06:34:11.34 ID:CAP_USER
    辻元清美と小林よしのりを引き合わせたのは、自民党のリベラル保守加藤紘一氏。昨年亡くなられた自民党の加藤紘一元幹事長だ。

    「2人が手を組まなきゃいけないほど時代は悪くなった、安倍政権で悪くなった」

    加藤氏は、そう言ったという。

    今回、歴史的和解と言われた小林よしのり氏の、辻元清美への応援演説を書き起こしたもの。

    以下抜粋です(スタッフより)

    ―――――――――――――――

    ゴーマニズム宣言、おぼっちゃまくんの小林よしのりです。わしは、保守なんですよ、しかも改憲です。本来、敵。

    なんで小林よしのりが辻元清美を応援するのか、とすぐ言われるんですね。必ずネトウヨとかは、「もう小林よしのりは変節した」とか言ってるわけですよ。

    ところが、辻元とわしは案外仲良くてねー。二人で六本木の中華レストランの個室をとって二人でデートしながら飯食ったこともある。

    ま、それ以上は発展しないんですけどね(笑)。そのときわしは、彼女の人生を聞いてしまった。

    恐るべき人だと思いましたよ。ちょっと普通じゃない。筋金入り。とにかくこの人は、安倍政権、権力のトップにある人間に、まったく臆せず闘っていける。そういう人間って、この男社会の中ではほんと嫌われるんですよ。

    で、ありとあらゆる辻元清美に対するデマが作られる。ホント、デマだらけですよ。

    辻元清美に関することで、ネトウヨとかがもうデマばかり作ってる。それを、国会議員すら信じてたりするんです、実は。酷い話ですよ。同じ党の中の政治家までそれを信じてたりするんですよ。ホントに、よくこれだけデマを飛ばされてね。で、辻元清美はそれに耐えてる。

    わしは、デマにいちいち反論しなさいと。あまりにデマが広がり過ぎてるといって彼女に忠告してるんですよ、ほったらかしにするなと。今フェイクニュースっていう、嘘のニュースばっかしが作られてる世の中でしょう?

    でも、わしはやっぱり彼女を見ててホントに根性が座ってると思った。ああやって権力に立ち向かうのはすごいな、と。

    それからもう一つ、例えば護憲派を排除するとか、自分の意見と違う人間を排除するとか、そういう考えに立ってしまうと、恐ろしい世の中ができあがってしまう。だからわしは、どういう人であろうと排除はしない。ちゃんと熟議をする。民主主義ていうのは、対立する概念の人間たちでも、とにかく議論する、熟議が大事。

    小池百合子がよく言うんですよ、アウフヘーベンって。アウフヘーベンっていうのは、矛盾する二つの意見がぶつかったときにより高いところに上げてく、もっと素晴らしい意見にしていく。これをアウフヘーベンていうんですよ。

    それなのに、矛盾する相手を排除しておいて、それでアウフヘーベンなんてできないじゃないですか。議論しなきゃならないんですよ。

    希望の党は、ホントは排除せずに全部入れていれば、結局、一対一の闘いになったんですよ。そしたら政権交代も起こったかもしれない。それをわざわざ小池百合子が排除してしまったから、もう野党は分裂する状態になっちゃった。そしたらもう勝てませんよ。

    いまもう、安倍政権は300議席を超えるかもしれないって言われている。そしたらもう完全独裁ですよ、今後は。何をやっても許されるんだなと安倍晋三は思うわけです。

    加計問題も、森友問題も、共謀罪も、強引に中間報告で通してしまったことも、安保法制を強行採決したことも、全部やることはもうこれでもうすべて認められたと思うんですよ、安倍晋三は。

    で、今からもっと独裁が進んでいく。そして言論も危うくなる。なぜかと言うとマスコミのトップ、新聞社とかテレビ局とかそのトップが安倍晋三と会食してるんです。そしたら、自然に安倍政権に都合のいい放送しかしなくなるんですよ。

    わしは以前、自民党の勉強会、自民党の中にもリベラルな議員がいるんですが、その勉強会に呼ばれました。呼ばれたんだけど、直前になってキャンセルされた。それは自民党の中のリベラル系じゃなく、安倍政権の信奉者の議員たちが潰したんです。

    http://blogos.com/article/253734/

    >>2以降に続く)

    引用元: 【辻元清美】小林よしのり氏「よっぽど辻元清美の方が、国を愛してる」[10/22]

    続きを読む

    no title
    1: ねこ名無し ★ 2017/10/21(土) 07:17:29.53 ID:CAP_USER
    大激戦の総選挙(22日投票)で、日本共産党の池内さおり衆院東京比例・12区候補は、同区で、公明前職候補(自民推薦)を猛追、議席確保へ一票一票を争う大激戦・大接戦となっています。

    消費税10%ストップ、9条改憲を許さない、安倍自公政治にさよならの審判を―。池内候補の訴えに共感が広がっています。

    19日、土砂降りの中、東京都北区の豊島5丁目団地で初めて訴えを聞き「感激です」と涙した女性(69)は「憲法を守ってほしい。娘や孫にも投票を呼びかけます」と。30代の2児のママは「『比例は共産党』もうこれは政権交代には欠かせません」と手紙を託しました。

    池内候補は市民と野党の共同候補。新社会党が推薦し社民党が応援、自由党は共同代表の山本太郎参院議員が来援、青木愛参院議員からは必勝のメッセージが寄せられました。

    19日には民進党の有田芳生参院議員も駆け付け「12区から自公政権の象徴にやめていただき、池内さん当選を」と呼びかけました。

    翻訳家の池田香代子さん、評論家の佐高信さんら著名な文化人・知識人が連日、応援を買って出ています。勝手連「さおり推し隊」がSNSで呼びかけた選挙ボランティアでは「元公明党員」という人などが毎日電話で対話しています。

    「共産党は嫌いだが安倍を退陣させるため、期日前投票で共産党に入れた」などの保守層がいる一方、都議選で党候補に入れた人の中にも「今度の選挙はよくわからない」という人もいます。

    党と後援会は「安倍政権打倒へ野党共闘の推進力、日本共産党を伸ばすことがどうしても必要」と訴え、支持を広げています。

    公明陣営は「なんでも反対の党」と街頭で反共攻撃。「選挙はちょっとしたことでひっくり返る」と引き締めに躍起です。小選挙区で公明を推す自民は、落選した前都議が比例で立候補しています。

    共産党と後援会は、遅れている対話・支持拡大の目標をやり抜き、自公を打ち負かして未来を切り開こう、と決起を呼びかけています。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-20/2017102005_02_0.html


    【東京12区】公明太田氏ピンチ “野党共闘”池内氏が金星も

    東京12区は2003年以降、自民が都内で唯一、候補擁立を見送り、公明の太田を支援してきた「自公連立」の象徴区。だが、今回は反安倍勢力が結集し、選挙風景を一変させた。池内の選挙戦はもはや“共産党の候補”を超えた展開になっている。

    「ここで倒せば、日本は変わる」――評論家の佐高信氏はこの日、板橋駅前の池内の演説会でマイクを握った。先週は市民連合世話人で法政大の山口二郎教授も応援に駆け付けた。

    「応援させて欲しいと申し出がありました。これまでにはなかったことです」(池内選対)

    “佐高効果”もあってか、演説に足を止める人は少なくない。静かな駅前だが、気付けば100人程度が集まっていた。加えて、池内人気も見逃せない。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215861/1

    no title

    (写真)演説を終え聴衆と握手する池内さおり候補=19日、東京都北区

    関連記事
    日本共産党の池内さおり衆議院議員 「注文していた『日本軍慰安所マップ』パネルが届きました!」と写真つきでツイートし話題に
    http://news.livedoor.com/article/detail/10365580/

    引用元: 【赤旗】日本共産党の池内さおり候補を有田芳生参院議員、山本太郎参院議員、佐高信さんら野党議員・著名人が応援[10/21]

    続きを読む

    no title
    1: ねこ名無し ★ 2017/10/20(金) 02:23:21.60 ID:CAP_USER
    日本の新聞記者でよかった、と思わずにはいられない。地中海の島国マルタで、地元の女性記者が○害された。車に爆弾を仕掛けるという残虐な犯行である。彼女は「タックスヘイブン」(租税回避地)をめぐる「パナマ文書」の報道に携わり、政治家の不正資金疑惑を追及していた。マルタとはどれほど恐ろしい国か。

    ▼今年4月に発表された「報道の自由度ランキング」では47位、なんと72位の日本よりはるかに上位だった。ランキングを作ったのは、パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織である。日本に対する強い偏見がうかがえる。一部の日本人による日本の評判を落とすための活動が、さらにそれを助長する。

    ▼米紙ニューヨーク・タイムズに先日、「日本でリベラリズムは死んだ」と題する記事が載っていた。日本の大学教授の寄稿である。安倍晋三首相の衆院解散から現在の選挙状況までを解説していた。といっても、随所に左派文化人らしい偏った主張がみられる。

    ▼憲法をないがしろにして軍事力の強化を図る首相の姿勢は、有権者の支持を得ていない。最大野党の分裂のおかげで自民党が勝利するものの、政治はますます民意から離れていく、というのだ。米国人の読者が抱く日本のイメージは、民主主義が後退する国であろう。

    ▼特定の政治的主張だけを取り上げる、国連教育科学文化機関(ユネスコ)には、困ったものだ。いよいよ問題だらけの慰安婦関連資料の登録の可能性が強まっている。田北真樹子記者は昨日、登録されたら脱退して組織の抜本改革を突きつけろ、と書いていた。

    ▼そもそも国連を舞台に、実態からかけ離れた慰安婦像を世界にばらまいたのは、日本人活動家だった。何ということをしてくれたのか。

    http://www.sankei.com/column/news/171019/clm1710190003-n1.html
    http://www.sankei.com/column/news/171019/clm1710190003-n2.html

    引用元: 【産経】日本を貶める日本人をあぶりだせ[10/20]

    続きを読む

    no title
    1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 06:06:51.05 ID:CAP_USER
    みなさんは、日本で今でも多くの差別が存在することに気づいていますか。男女差別、同和問題、在日朝鮮人差別、障がい者差別など数えればきりがありません。私は、高校の教員時代からこの問題に取り組んできました。

    差別問題を考えるときに大切なことがあります。それは、差別と区別を分けて考えることです。これを混同すると大変なことになります。私が高校の教員時代、差別問題に対して熱心に取り組んだ1人の女性教員がいました。

    あるとき職員会議で、男女の名簿を分けること、男子と女子のトイレを分けること、体育祭において男女の競技を分けることは男女差別であり止めるべきだという提案をしました。

    私は、男子と女子はその体型や体力などに生来の違いがある。それを分けることは差別ではなく、区別であり、これは必要なことだと反論しました。

    オリンピックにおいても、パラリンピックそのものの存在が障がい者差別であり、装具をつけた競技者も陸上などでは、オリンピックに参加する権利を保障すべきだという議論がありました。

    私は、これも必要な「区別」だと考えます。人間は百人百様です。それを区別なしにひとかたまりにして扱うことは、これこそが人権を無視した暴挙だと考えます。

    私が教員になった約40年前と比べれば、この差別問題も日本では相当改善されました。男子の聖域とされた職場にも女性の採用が増えていますし、政治の世界でも女性の活躍が目立っています。

    同和問題に対しても、同和地域の貧困問題は今も解決できてはいませんが、多くの国民がその不条理に気づき、ある程度の融和は進んでいます。障がい者問題でも、企業や公的施設での雇用も、未だ不十分ですが、広がってきています。

    しかし、在日朝鮮人問題については…。「朝鮮半島に帰れ」などのヘイトスピーチ、朝鮮人学校の生徒たちに対する嫌がらせなど、人権を無視した哀しい暴挙が続いています。

    私は、古くからたくさんの在日朝鮮人の人たち、若者たちとともに生きてきました。当然、韓国、北朝鮮それぞれの国籍を持つ人たちとです。

    かつてこんなことがありました。中部地方のある都市の河川敷に、北朝鮮出身の人たちの集落があります。河川敷は、当然法的に居住は認められていません。戦後の混乱期に、土地を持たない北朝鮮出身の在日の方々が、生きる場として建てたものです。

    市と県、国は、超法規的に、それらの建物を小屋として認定し、その強制撤去はせずに時が流れました。当然、小屋としての認定ですから、トイレや風呂の設置は認められません。風呂は銭湯に行くことができますから、なんとかなりますが、トイレはそうはいきません。川の上に足場を組み、そこに板を渡してトイレとしていました。

    ところが、ある台風の時に、そのトイレを使っていた高校生がトイレごと川に流され、亡くなりました。これが問題となり、私たちは市や県の議員を通じて陳情し、集落近くの河川敷に共同トイレを設置してもらいました。その完成を祝って、集落と支援者たちとの食事会を開きました。その時、1人のおじいさんから言われました。

    「水谷先生、私たちは1910年の日韓併合よって朝鮮半島が日本の領土となってから、45年の太平洋戦争終戦までの35年間、日本国民として、たくさんの仲間たちが日本に移住しました。強制的に移住させられた仲間たちもたくさんいます。

    そして、数多くの差別や関東大震災の混乱の中での虐○を生き延び、日本で働き生きてきました。朝鮮半島への帰還事業で、故郷に戻った仲間たちもたくさんいます。でも、多くの在日朝鮮人にとって、日本による朝鮮半島支配の35年の月日は長すぎました。

    私もそうですが、すでに日本語しか話すことができず、また本国の家族や親類も朝鮮戦争などの混乱で亡くなった。多くの在日朝鮮人にとって、日本だけが故郷になってしまいました。そして、日本で働き、税金を納め生きてきました。差別に苦しみながら。

    先生、私たちは日本人にはなれないのですか。いつまで、この差別で苦しまなくてはならないのですか」

    私は、答えました。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171018/soc1710180037-n1.html

    >>2以降に続く)

    引用元: 【夜回り先生・水谷修】「朝鮮半島に帰れ」 北暴挙で行われる在日朝鮮人への嫌がらせ 男女、同和、障がい者…日本でもある差別[10/19]

    続きを読む

    no title
    1: nita ★ 2017/10/18(水) 03:43:09.95 ID:CAP_USER9
    10/17(火) 21:22配信
    朝日新聞デジタル

     安全保障関連法が成立した2年前、不安を感じた人たちが街頭に出て、大きなうねりを生んだ。先頭に立った学生団体は解散したが、元メンバーは今、声をあげる新たな理由を見いだしている。地域で輪を広げ、自ら考えた「政策」を訴え始めた人たちもいる。

     「僕たちは無力じゃない。一人ひとりが力を合わせれば、日本の政治は変えられる」。8日、東京・新橋。本間信和さん(22)は久々に街頭でマイクを握った。この数カ月間、もやもやしていた自分に言い聞かせるように。

     学生団体「SEALDs」のメンバーとして安保法への抗議を続けた。成立後は「学者の会」「ママの会」などと「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)を設立。昨年、参議院選挙で野党4党による候補者一本化が実現し、ある程度の手応えも感じた。

     SEALDsは参院選の1カ月後に解散。本間さんは多文化共生のあり方を研究するため、筑波大大学院へ進学。新生活でバタバタしていた。

     その間、安倍政権は「共謀罪」法の採決を強行し、森友・加計問題を審議しようとする野党の要求を無視した。「寛容な保守」を掲げて登場した希望の党は、「外国人の地方参政権付与に反対」を主張する。

     だが、国会前を市民が埋め尽くしたほどの熱気は薄れている。立場の弱い側が声をあげにくい雰囲気が広がっている。誰かがもっと前に出なければ。市民連合から新橋でのデモに誘われたのは、そんな焦りが募り募った時だった。

     新聞などの世論調査を見ていると、安倍晋三首相の衆院解散を多くの人が疑問視している。しかし、情勢調査では「自公で300議席うかがう勢い」。今もLINEでつながるSEALDsの仲間と「何でだろう」と話題になる。「みんな内心おかしいと思いつつ、『誰かが何とかしてくれる』『自民なら、ほかよりいいんじゃん』って思っている。政治に対し、受け身の意識が強いのでは」。本間さんはそう思う。

     選挙の結果は情勢調査の通りになるかもしれない。ただ、数に任せ、隠し、ごまかし、排除する。そんな政治に対し「議論しろ」と主張し続けることを、やめたくはない。「誰も声をあげなくなったら、その時が一番やばいから」

    朝日新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000081-asahi-pol

    引用元: 【朝日新聞】「だれも声上げなくなったらやばい」元SEALDsは今 「みんな内心おかしいと思いつつ...」

    続きを読む

    このページのトップヘ