ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: みつを ★ 2019/10/22(火) 19:13:29.96 ID:gf2PuBWF9
    【デモ】即位式反対デモで逮捕者

    2019/10/22

    おわてんねっと
    https://twitter.com/zzomecpivqvy9g9/status/1186555502219497474?s=21

    今日の即位式反対デモ、500名の参加でやりました!

    逮捕者が複数います。不当逮捕糾弾!許せない!天皇制弾圧です!

    いま警察署前で抗議行動やってます。60人くらい集まってます。また続報送ります。

    no title


    ★1のたった時間
    2019/10/22(火) 17:18:39.40

    前スレ
    【デモ】即位式反対デモで逮捕者
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571732319/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【デモ】即位式反対デモで逮捕者 ★ 2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: アンドロメダ ★ 2019/10/20(日) 15:27:48.80 ID:+BikprXz9
    ▽週末の政治スレです

    あいちトリエンナーレが閉幕した。脅迫や執拗(しつよう)な抗議で中止に追い込まれた企画「表現の不自由展・その後」は、最終盤になって再開にこぎつけた。入場が抽選制になるなどの制限は残ったが、不当な圧力に屈しない姿勢を示せたのは良かった。

     一連の出来事は、表現活動をめぐる環境が極めて危うい状態にある現実を浮き彫りにした。引き続き問題の所在を探り、是正に取り組む必要がある。

     騒ぎの発端は、作品を見ることも、制作意図に触れることもないまま、断片情報に基づく批判が開幕直後に寄せられたことだった。河村たかし名古屋市長ら一部の政治家が、同じく表面的な事象だけをとらえて攻撃を加え、火に油を注いだ。

     とどめは文化芸術を守るべき文化庁だ。9月下旬になって、内定していた補助金の不交付を決めるという暴挙に出た。

     申請手続きに不備があったというのが理由だが、菅官房長官らは早々と8月初めの時点で支給の見直しを示唆している。表現そのものに圧力をかけようという意図は明白だ。補助金の審査に関わる外部専門家の意見も聞かず、再検討の経緯を記録した文書もない。行政が本来の道を踏み外し、暴力で芸術を圧〇しようとした勢力に加担した。そう言わざるを得ない。

     宮田亮平長官は東京芸術大学の前学長だ。事態の深刻さは認識しているはずだが、部下が不交付を決め、自分は関与していないと釈明する。本当であれば組織の長としての資質を欠く。文部科学相も首相も「われ関せず」を決めこんでいる。

     全てがあいまいなまま、補助打ち切りという事実だけが残ればどうなるか。「議論を呼んだり、政府ににらまれたりする恐れのある活動は控えよう」という萎縮が広がるのは必至だ。

     美術、文学、音楽を問わず、既成の概念や価値観をゆさぶる作品が、次の時代を切り開き、自由で多様な方向に世界を広げる原動力になってきた。それが否定されてしまえば、社会は閉塞(へいそく)状況に陥るばかりだ。

     慰安婦に着想を得た少女像や昭和天皇を含む肖像などが燃える映像作品に対して、「日本へのヘイト」との批判も飛び出した。これもあきれる話だ。

     表現の自由への過度な制約にならぬよう、規制すべきヘイト行為とは何か、社会全体で議論を重ね、定義づけ、一線を引いてきた。明らかにそれに当たらない作品をヘイトと指弾することは、蓄積を無視し、自分が気に食わないから取り締まれと言うだけの暴論でしかない。

     ゆるがせにできない課題が数多く残されている。閉幕で一件落着ということにはできない。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14218963.html?iref=editorial_backnumber

    引用元: ・【朝日新聞】昭和天皇を燃やす作品が「日本ヘイト」とは…自分が気に食わないから取り締まれと言うだけの暴論だ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Toy Soldiers ★ 2019/10/20(日) 06:59:50.04 ID:FM4hO3mA9
    まずは、朝日新聞の記事

    朝日新聞「八ツ場ダムの効果称賛、専門家は疑問視」★5
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571506698/

     記録的な大雨をもたらした台風19号で、試験貯水中に満水となった八ツ場ダム(群馬県長野原町)の治水効果をめぐり、称賛と批判が渦巻いている。こうした状況について、治水の専門家の今本博健・京都大名誉教授(河川工学)に話を聞いた。

    台風19号に関する八ツ場ダムの治水効果は今後、データをそろえ冷静に検証する必要がある。私たちは洪水と共存しながら人命を守っていかなければならない。
    私はダム推進派でも反対派でもないが、効果を過大評価せずに見つめていかなくてはならないと思う。

     今回は試験貯水中で、たまたまダムの容量に通常以上の余裕があった。

     ダムが運用中なら下流の利水の…

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASMBJ6F0GMBJUHNB01Q.html


    今本博健著書 ダムが国を滅ぼす
    no title


    「ダムが必要」なんてウソだった!
    ダムが洪水被害を大きくする! 今後、ダムは「造る」よりも「壊す」べき!
    河川工学の第一人者、今本博健氏(京大名誉教授)がついに激白

    ▼目次 
    第一章 日本にもうダムは要らない
    第二章 “世界最悪のダム”北海道・二風谷ダム
    第三章 マスコミが報じない八ッ場ダムの意外な真実
    第四章 全国各地の“ムダなダム”を歩く
    第五章 民主党は“ムダなダム”を止められるか
    第六章 対談「今こそ“官治”から“民治”への転換を!」 田中康夫×今本博健
    第七章 狭い日本は“ムダなダム”だらけ

    内容(「BOOK」データベースより)


    不破雷蔵@ガベージニュース (@Fuwarin)さんが5:29 午前 on 金, 10月 18, 2019にツイートしました。

    道府県ダムに7割国費投入/住民ら中止求め集会(2009年12月)
    「今本博健・京都大学名誉教授が講演。「ダムによる治水はもろい。日本はダムによらない治水が当たり前だった。ダム主役の治水は究極の愚行で、原点に立ち戻って治水のことを考えてほしい」」

    https://twitter.com/Fuwarin/status/1184929505980215296?s=03

    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【八ッ場ダム】朝日新聞が紹介する「私はダム推進派でも反対派でもない」と語る今本博健氏、バリバリのダム反対派だとバレる 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/17(木) 19:56:43.26 ID:CAP_USER
    あいちトリエンナーレが閉幕した。脅迫や執拗(しつよう)な抗議で中止に追い込まれた企画「表現の不自由展・その後」は、最終盤になって再開にこぎつけた。入場が抽選制になるなどの制限は残ったが、不当な圧力に屈しない姿勢を示せたのは良かった。

     一連の出来事は、表現活動をめぐる環境が極めて危うい状態にある現実を浮き彫りにした。引き続き問題の所在を探り、是正に取り組む必要がある。

     騒ぎの発端は、作品を見ることも、制作意図に触れることもないまま、断片情報に基づく批判が開幕直後に寄せられたことだった。河村たかし名古屋市長ら一部の政治家が、同じく表面的な事象だけをとらえて攻撃を加え、火に油を注いだ。

     とどめは文化芸術を守るべき文化庁だ。9月下旬になって、内定していた補助金の不交付を決めるという暴挙に出た。

     申請手続きに不備があったというのが理由だが、菅官房長官らは早々と8月初めの時点で支給の見直しを示唆している。表現そのものに圧力をかけようという意図は明白だ。補助金の審査に関わる外部専門家の意見も聞かず、再検討の経緯を記録した文書もない。行政が本来の道を踏み外し、暴力で芸術を圧〇しようとした勢力に加担した。そう言わざるを得ない。

     宮田亮平長官は東京芸術大学の前学長だ。事態の深刻さは認識しているはずだが、部下が不交付を決め、自分は関与していないと釈明する。本当であれば組織の長としての資質を欠く。文部科学相も首相も「われ関せず」を決めこんでいる。

     全てがあいまいなまま、補助打ち切りという事実だけが残ればどうなるか。「議論を呼んだり、政府ににらまれたりする恐れのある活動は控えよう」という萎縮が広がるのは必至だ。

     美術、文学、音楽を問わず、既成の概念や価値観をゆさぶる作品が、次の時代を切り開き、自由で多様な方向に世界を広げる原動力になってきた。それが否定されてしまえば、社会は閉塞(へいそく)状況に陥るばかりだ。

     慰安婦に着想を得た少女像や昭和天皇を含む肖像などが燃える映像作品に対して、「日本へのヘイト」との批判も飛び出した。これもあきれる話だ。

     表現の自由への過度な制約にならぬよう、規制すべきヘイト行為とは何か、社会全体で議論を重ね、定義づけ、一線を引いてきた。明らかにそれに当たらない作品をヘイトと指弾することは、蓄積を無視し、自分が気に食わないから取り締まれと言うだけの暴論でしかない。

     ゆるがせにできない課題が数多く残されている。閉幕で一件落着ということにはできない。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14218963.html?iref=editorial_backnumber
    朝日新聞デジタル 2019年10月16日05時00分

    引用元: ・【朝日新聞/社説】あいち芸術祭 閉幕後も山積する課題 肖像等が燃える作品に「日本へのヘイト」との批判も飛び出しあきれる話[10/16]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: ちーたろlove&peace ★ 2019/10/17(木) 02:35:39.89 ID:+CV2/vaZ9
     

    2019.10.16

     愛知県で14日に閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」では、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、灰を足で踏み付けるような映像作品などが、公共施設で税金を投入して公開されたことに批判が集まった。天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が22日に行われるが、明治天皇の玄孫(やしゃご)で作家の竹田恒泰氏は、公開を認めた大村秀章知事に「出席しないでいただきたい」「皇居の濠を渡る資格はない」と発信している。
    そこで、夕刊フジは15日午後1時すぎから16日午前6時まで、公式サイトzakzakで緊急アンケートを実施した。結果は別表の通り。95%が「大村知事は参列すべきではない」だった。

     回答者からは、さまざまな意見が寄せられた。

     厳しい意見としては、《どの面下げて陛下にお会いになるんですかね?》《我が身に置き換えて考えました。これが、祖父の写真なら許せません》《愛知県の恥・大村はこれ以上愛知県民に嫌な思いさせるな》《厚顔無恥という意味を知っていますか?》《参列はアカンやろ。ダブルスタンダードやで》《参列に行って、門前払いが良い》《次の選挙で愛知県民の怒りを知ることになると思います》などがあった。

     他には、《がんばって信念を貫いてください! 本望でしょう?》《御真影をバーナーでもやし、足で踏みつける作品の存在を積極的に報道しなかった、マスコミもある意味同罪》という意見もあった。そこで、夕刊フジは15日午後1時すぎから16日午前6時まで、公式サイトzakzakで緊急アンケートを実施した。結果は別表の通り。95%が「大村知事は参列すべきではない」だった。https://www.zakzak.co.jp/soc/amp/191016/dom1910160008-a.html?__twitter_impression=true
    ※前スレ
    ★1:2019/10/16 20:25:11.60
    【あいちトリエンナーレ】 #大村知事 「即位の礼」参列に95%が反対 「どの面下げて陛下にお会いに?」「門前払いが良い」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571232041/

    引用元: ・【あいちトリエンナーレ】 #大村知事 「即位の礼」参列に95%が反対 「どの面下げて陛下にお会いに?」「門前払いが良い」 ★3

    続きを読む

    このページのトップヘ