ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 民主党とその残党

    no title
    1: シャチ ★ 2017/08/03(木) 17:41:11.47 ID:CAP_USER9
     安倍首相は3日、内閣改造を行い、第3次安倍再々改造内閣の顔ぶれが決まった。
    新閣僚は3日午後4時すぎ現在、皇居での認証式に向かっている。首相官邸前から、高柳裕美記者が最新情報を伝える。

     認証式が終われば、第3次安倍再々改造内閣が正式に発足する。小野寺新防衛相は午後2時前、首相官邸で意気込みを語った。

     小野寺防衛相「防衛省・自衛隊一丸となってこの国を守ってほしい、そのような強いご指示を総理からいただきました。
    全身全霊で努力していきたいと思っております」

     また、自衛隊の日報問題について小野寺新防衛相は、「誠心誠意、国会の場でお答えしていきたい」と述べた。

     一方、加計学園問題の対応を担う林新文部科学相は、丁寧に説明する姿勢を強調した。

     林文科相「いろんなことがあって、信頼が少し落ちておりますので、こん身で回復できるように一つ一つ丁寧にやっていければと思っています」

     新内閣の顔ぶれについて、政府高官は、「新鮮味なんて半年もすれば飽きられる。今一番しないといけないのは、
    不安感をもたれないように世論を落ち着かせることだ」と語っている。

     一方、野党側は「問題の幕引きはゆるさない」などと批判を強めている。

     民進党・蓮舫代表「人を代えても疑惑は終わらせることができません。
    人が代わったからこそしっかりと疑惑を解明するべきだと思っています」

     野党側は新内閣となっても疑惑を厳しく追及していく方針。新閣僚の説明能力と姿勢が問われることになる。

    日テレ
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170803-00000060-nnn-pol

    引用元: 【民進党】蓮舫代表「人を代えても疑惑は終わらせることができません」 安倍内閣改造を批判

    続きを読む

    no title
    1: アブナイおっさん ★ 2017/08/02(水) 02:15:37.81 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/170731/plt1707310021-n1.html

    民進党の山井和則国対委員長は31日、岸田文雄外相が28日から防衛相を兼務していることについて「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射する前後のタイミングだった。国防をおろそかにしているのではないか」と批判した。国会内で記者団に語った。

     岸田氏は稲田朋美前防衛相の辞任を受けて28日から防衛相を兼務している。この前日の27日は朝鮮戦争(1950~53年)休戦記念日にあたり、米国などが北朝鮮がICBMを発射する可能性があるとして警戒を強めていた。

    引用元: 【民進】山井和則国対委員長「国防をおろそかにしている」岸田外相の防衛相兼務を批判

    続きを読む

    no title1: 餡子先生 ★ 2017/08/01(火) 17:35:28.19 ID:CAP_USER9
    2017/8/1 17:22:共同通信社

     民進党は1日、常任幹事会を党本部で開き、辞任表明した蓮舫代表の後任を決める代表選について21日告示、9月1日投開票とする日程を決めた。
    党員・サポーターが投票に参加する形式とした。2日の両院議員総会で正式決定する。
    代表選は、リベラル派が推す枝野幸男元官房長官と、保守派代表格の前原誠司元外相による一騎打ちとなる可能性が高まっている。

    https://this.kiji.is/265027845667373065?c=39546741839462401

    引用元: 【民進党】民進代表選は9月1日 枝野、前原氏一騎打ちか

    続きを読む

    20170731_2112001: (^ェ^) ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 17:56:46.02 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/100336

    民進党の玉木雄一郎議員は予防の意味が全く分かっていないようだ。獣医学部の新設に反対するために愛媛県の予防対策の必要性を軽視する。
    予防の意味を理解していない玉木雄一郎議員に呆れてしまう。

    玉木雄一郎「愛媛県で鳥インフルエンザや狂牛病や口蹄疫って発生したこと、一回でもあるんですかね」←最低だなwww

    青山繁晴「発生してからどうにかしろと言う問題じゃない。平成22年に愛媛県の対岸の宮崎県で口蹄疫があって30万頭○処分してる。起きてないと対策取るなとは凄い話ですよ」 pic.twitter.com/rG3i2Q98eZ

    — 500円 (@_500yen) 2017年7月27日

    玉木雄一郎「まずね、愛媛県で鳥インフルエンザ、狂牛病あるいは口蹄疫が発生したこと一回でもあるんですかね?」

    青山繁晴「あのね、それは発生してからどうにかしろって問題じゃなくて…(苦笑)例えば愛媛県の対岸の宮崎県では平成22年に口蹄疫が発生して30万頭近くの牛とか豚が○されてるわけです」

    玉木雄一郎「いや、私はあのとき与党で担当したんです」

    青山繁晴「起きていないと対策取るなというのはこれはすごい話ですよ(苦笑)」

    玉木雄一郎「違います!違います!」

    青山繁晴「今そうおっしゃったじゃないですか…。危機管理の基本でしょ」

    玉木雄一郎「家畜伝染病予防53条っていうのが…」

    玉木雄一郎議員が何を言いたいのかが全く分からない。そもそも2010年に「畜産農家のために産業獣医師を拡充しないといけない」と訴えていたのは玉木雄一郎議員自身ではないか。

    加戸前知事と全く同じ意見だったのに日本獣医師会と一緒に甘い汁を吸う立場になってからは一気に意見を変えた。こんな政治家は信用できない。感染症対策を怠ると地域経済に莫大な被害が出ることはすでに皆さんご存知の通り。
    千葉県で鳥インフルエンザが発生し、6万8,000羽を○処分したニュースを見てほしい。

    民進党、共産党、社民党、自由党の野党四党の皆さんが獣医学部の新設で騒ぐちょっと前まで、お隣の中国、韓国で大流行した鳥インフルエンザが日本でも流行してましたね。
    かなり広範囲に感染が拡大したのに、収束したんですか?加計学園騒動辺りから報道がないのは気のせいですかね? pic.twitter.com/7fnzDZkNfE

    — するめのよっちゃん#沖縄は日本だ (@surumegesogeso) 2017年7月27日

    畜産業が地元を支えるカギとなる愛媛県ではこうした事例を目の当たりにする度に感染症対策の重要性を思い知ることになり、地域の最優先のニーズになっていった。加戸前知事が加計学園という実力校を見つけた後、どれだけ関係者に働きかけようとも文部科学省と獣医師会の岩盤規制は崩せない。

    悲願の獣医学部新設は国家戦略特区の一環としてようやく叶うことになった。
    今や玉木雄一郎議員は愛媛県の敵。

    利権に縛られて結論ありきで動いている人間は政治家として不適格。これでもし愛媛県で大規模な感染症被害が出たらどう責任を取るつもりなのか。火事が起きたことがないから、泥棒に入られたことがないから、事故に遭ったことはないから…。過去の経験の延長線上に未来があると思ったら大間違いだ。玉木雄一郎議員は予防の意味から勉強し直す必要がある。

    引用元: 愛媛県の敵・玉木雄一郎「愛媛県で鳥インフルエンザとか発生したこと一回でもあります?」 青山繁晴「あのね予防というのは…(苦笑)」 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★ 2017/07/30(日) 02:37:31.16 ID:CAP_USER
     さらに妙な記者会見だった。

     民進党代表の蓮舫氏(49)が、唐突に党代表を辞任することを明らかに。既視感(デジャヴュ)に襲われたのは、数週間前に同じような会見を目にしたからか。

     言うまでもなく<二重国籍>釈明会見のことだが、蓮舫氏は自分が違法行為をやっていたにも関わらず、被害者気取り。戸籍を一部公開したことに対して「サベツだ??」と喚く人たち(注1)の尻馬に乗って、反省や出処進退が明らかでなかったことを批判した(注2)。

     そして今回。ようやく責任を取るのかと思えば、「二重国籍問題が原因で辞任するのか?」との質問に、

     「まったく別次元の問題」(蓮舫氏)

     と、カエルのツラに何とやら。さらに、

     「前回の会見でも申し上げたが、(戸籍を出すよう要求されるのは)私で最後にしてほしい」(蓮舫氏)

     ……要するにまったく反省していない(注3)。ゆえに代表を辞任するのも違法行為への責任とは関係なく、党内の政治闘争という見方が強い。何せ党首からは降りるが、参院議員ではあり続けるというのだから。

    ■国民の信頼を失った蓮舫の”真の出直し”とは?

     「そもそも二重国籍への釈明をしろ、という声も民進党内から出てきた。所属議員の離脱が続発し、都議選惨敗の責任を問う声も強い。ゆえに前回の会見と、野田佳彦幹事長(60)ら自分以外の執行部を切り捨てることで、身内からの批判から逃れる算段だった。ところが党内の<反・蓮舫>の勢いは、まったく収まらなかった」(政治部記者)

     以前の蓮舫氏の狙いとしては、体勢を立て直したのちに衆議院へくら替え。本気で政権交代、つまり首相の座を狙っていたと思われる(注4)。ところが、この公算の<勝ち目>が思ったよりずっと低いことに蓮舫氏が気づき、党首の座を投げだし、参院議員の立場だけを確保したのか?

     どちらにしろ蓮舫氏が本当にやり直したいのならば、長年の違法行為に対するケジメとして議員辞職すべき。そして反省した上で、疑惑を持たれない形で再度出馬すればいい。

     しかし、そんな単純な追及も出ないまま蓮舫氏の党首退任会見は進んだ。二重国籍問題も「サベツですよね?」というトーンで、全体的に<功労者・ヒロインの退任>というムード。安倍晋三首相(62)や菅義偉官房長官(68)には証拠も無くインネンを付けている類いの記者たち(注5)が、優しいことといったらない。蓮舫氏に反省が無いのも、こうした逆差別的なメディア環境にも一因があるのだろう。

     偏った応援団に囲まれて、自分に酔いしれているうちは出直しが遠い。

     「(今後の仕事として)わが国の長い伝統を守り、変えるべきところは変えつつ継承していきたい」(蓮舫氏)

     今もって聞きたい。わが国って、どこの国ですか?

    (注1)喚く人たち…選挙妨害をして、安倍首相に<こんな人たち>と呼ばれた人たち。
    (注2)批判した…筆者が。
    (注3)反省していない…戸籍開示を求められたのは違法性の有無の確認のためで、差別などでは無い。一般人が出自を戸籍で調べられたら、それは差別だが。
    (注4)首相を目指す…本気で思っていたとしたら政治的な読みが浅すぎるし、日本人を心の底から馬鹿にしている。
    (注5)記者たち…東京新聞の望月衣塑子記者らに代表される人たち。

    著者プロフィール
    田中ねぃ コンテンツプロデューサー
    東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中?ダスティ”ねぃ

    http://dailynewsonline.jp/article/1338600/?page=all

    引用元: 【民進党】二重国籍より内ゲバが致命傷に?民進党”蓮舫代表”とは何だったのか[7/30]

    続きを読む

    このページのトップヘ