ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 民主党とその残党

    no title1: ちゃとら ★ 2017/04/19(水) 17:31:15.52 ID:CAP_USER9

    安倍「えーこれ、原稿には残念ながら山口県の物産(会場から笑い)等々が書いてありませんが恐らくあるんだろうと思います(安倍首相笑い)。
    えーよく私が申し上げたことを忖度して頂きたいと(会場大きな笑いと拍手)こう思うわけであります。」

    山井国対委員長はこの発言を「非常に不適切な発言だと思う」と懸念すると共に森友学園問題に「多くの国民が納得していない、不満に思っている」中で、
    キーワードである「忖度」という言葉を用いた安倍首相が「国民からの不満、怒りというものをわかっておられないのではないか」と指摘した上でこう述べていました。

    「権力を握っている側の謙虚さというのが欠けているのではないか」

    単なる冗談に対してさえ目くじらを立てるほど余裕のない民進党を象徴しているとの見方も出来そうなこの発言でしたが、
    党内からの離脱者の影響については「少しは」とする一方で安倍首相の冗談には噛み付くという姿勢は
    まさに「自分に甘く与党に厳しい」民進党の体質を鮮明に表しているとも言えそうです。

    http://www.buzznews.jp/?p=2107880

    引用元: 【民進党】安倍総理の「忖度していただきたい」発言に激しく批判 山井「国民からの不満、怒りというものをわかっておられない」

    続きを読む

    no title1: 影慶 ★ 2017/04/18(火) 20:38:28.75 ID:CAP_USER9
    支持率が低下した原因について問われ

    山井「まぁいくつか原因があるのかもしれませんが、先週末の世論調査ということであれば、先週の長島議員の離党、
    そして細野代表代行の代行辞任ということも少しは影響したのかもしれないと思っております。

    まぁそのことについて国会も後半戦になりますけれど、民進党の考えていることを国会対策としてはしっかりと国会で訴えて、
    やはり今、様々な大臣の問題発言や森友問題、そういうことも含めてですね、やはり安倍政権の一強体質というものの奢り、
    行き過ぎ、暴走ということに関して、不安に思っておられる国民も多いと思いますから、その、今の安倍政権が強すぎる、
    もっとブレーキを掛けて軌道修正すべきだ、というそういう思いの受け皿になるように、しっかりと私達も国会論戦、今まで以上に力強くしていきたいと思います」

    http://www.buzznews.jp/?p=2107880

    引用元: 【民進党】支持率低下の原因聞かれた山井国対委員長「長島・細野が少しは影響したかもしれない」

    続きを読む

    20170417_0633001: シャチ ★ 2017/04/17(月) 03:41:41.28 ID:CAP_USER
     民進党の枝野幸男前幹事長は16日、さいたま市内で講演し、北朝鮮による16日の弾道ミサイル発射に関して、
    15日に東京都内で「桜を見る会」を開くなどした安倍政権の危機対応を批判した。「本当に危機が予想される状況なら、
    花見をすることはあり得ない」と述べた。

     旧民主党政権時代の2012年、北朝鮮による「衛星」打ち上げ予告を受け、桜を見る会を中止したと強調。
    岸田文雄外相が15日には地元・広島に帰郷していたことを踏まえ「中枢の閣僚も東京を離れていた」と問題視した。(共同)

    ソース ニッカン
    http://www.nikkansports.com/general/news/1808840.html
    画像 桜を見る会で招待者に囲まれ、笑顔で記念写真に納まる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵さん(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日午前9時51分、竹内紀臣撮影
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/04/17/20170417k0000m020100000p/9.jpg?1

    引用元: 【朝鮮情勢】民進・枝野氏、安倍首相の花見を批判 「本当に危機が予想される状況なら、花見をすることはあり得ない」[04/17]

    続きを読む

    no title
    1: (^ェ^) ★ 2017/04/16(日) 17:39:59.62 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/tamakiyuichiro/status/853405270847799296
    玉木雄一郎
    @tamakiyuichiro
    やはり、北朝鮮は早朝にミサイルを発射した。失敗したようだが、Jアラートも鳴らなかった。システム異常なのか、本来の探知能力の問題なのか。この機会に検証したらいいと思う。また、日本のメディアの第一報も、ソウル聯合ニュースなど韓国メディア経由なのか。我が国独自の情報伝達能力が問われる。

    名倉屋内科医
    @policy_freedom
    北朝鮮からの事前通告がないと運用が難しいポンコツシステムなんでしょう。

    みひ~た @ ワームホール
    @mijita212
    あぁ、ジョンくんシンちゃんホットラインですか(棒

    引用元: 【玉木雄一郎】北朝鮮は早朝にミサイルを発射した。失敗したようだが、Jアラートも鳴らなかった。システム異常か、探知能力の問題か

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★ 2017/04/16(日) 12:58:18.75 ID:CAP_USER9
    産経新聞 4/16(日) 10:23配信

    長島昭久氏ら保守系が見限った蓮舫・民進党 政権交代どころか党存続も危険水域に

    参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表=4月14日、国会(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

    【高橋昌之のとっておき】

     長島昭久衆院議員(55)が4月10日、民進党に離党届を提出し、同党が除籍(除名)処分の方針を決めたことは、同党内に大きな衝撃を与えています。続くように細野豪志代表代行(45)も13日、代表代行職の辞任届を提出しました。長島、細野両氏は同党の保守系議員の筆頭格だけに、この一連の動きは同党の左傾化が抜き差しならない状況にまで進んでしまっていることを物語っています。

     蓮舫代表(49)は次期衆院選での政権交代を大目標に掲げていますが、2人からはもはやその資格も能力もないと見限られたと言っていいでしょう。党の存在意義さえ問われかねない事態です。同党の抱える問題は何か。長島氏が10日、離党届を提出した後に行った記者会見の内容をもとに考えたいと思います。

     長島氏は記者会見で、離党の最大の理由に「共産党との選挙共闘」を挙げ、「保守政治家として譲れない一線」「私にとって受け入れがたいものだ」と述べました。そのうえで、「共闘路線はまともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、最近では民進党の基本政策にまで共産党が影響を及ぼす場面が目立つようになった」と指摘しました。

     私はこのコラムで、民進党が次期衆院選で共産党と選挙協力を行うべきではないと主張してきました。それは民進党が野党第1党である以上、政権の選択肢となることが最大の役割だからです。

     共産党は綱領に社会主義、共産主義の実現を掲げ、安全保障では自衛隊の解消と日米安保条約の廃棄などをうたっています。目指す社会像や基本政策が全く異なる政党と選挙協力を行うことは「野合」にほかならず、有権者にとって政権の選択肢にはなりえません。そして、共産党の協力を得ようと思えば、政策面で同党の主張に引きずられていくのは必然です。

     長島氏の問題意識もそこにあります。同氏は記者会見で「今般のアメリカによるシリア空爆、暴発寸前の朝鮮半島情勢を目の当たりにし、わが国の安全保障のためにアメリカとの同盟関係を強固にし、わが国独自の国防努力を行っていくのはまさに焦眉の急だ。そのような私の問題意識と共産党に引っ張られる党の政策との間には、覆い隠しようもない断絶がある」と強調しました。

     1つの選挙区から1人しか当選しない小選挙区制がとられている衆院で、離党するということは国会議員であり続けられるかどうかに関わる極めて大きな決断です。政党に所属していなければ比例代表で復活当選することもできません。しかし、それ以上に共産党との選挙協力に傾き、政策面で引きずられている現在の党執行部の方針は、長島氏にとって受け入れがたいものだったわけです。

     長島氏が記者会見でもうひとつ指摘した点は「真の保守を確立する」ということでした。同氏は平成27年の安全保障関連法成立の場面を例に挙げ、「国家の基本に関わるような問題で、左右の衝突が繰り返され、過激な極論や暴論のぶつかり合いが続くようでは、日本社会の保守とリベラルの分断、亀裂は抜き差しならないところまで行くのではないかという深刻な危機感を抱いた」と述べました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000506-san-pol

    引用元: 【政治】長島昭久氏ら保守系が見限った蓮舫・民進党 政権交代どころか党存続も危険水域に

    続きを読む

    このページのトップヘ