ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 民主党とその残党

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: TwilightSparkle ★@転載は禁止 2014/12/06(土) 07:20:13.73 ID:???0
    2014.12.05

     衆院選は本格的な選挙戦に突入した。野党に先んじて「アベノミクス」を争点にした安倍晋三首相に対
    して野党がどこまで巻き返すか。

     筆者は興味津々で1日に東京・内幸町の日本記者クラブで開かれた8党首の討論会を傍聴したが、拍
    子抜けした。野党側はアベノミクスに代わる日本再生案を示せなかったからだ。

     野党第1党民主党の致命的な欠陥は、公約など選挙準備不足によるのではない。政権の座にある当
    時、財務官僚の言うがままになって、デフレ不況を深刻化させたことへの無反省だ。

     安倍首相はアベノミクスによって、企業収益増、賃上げ、消費増の好循環を実現すると強調した。201
    7年4月という期限を設けて、経済を安定成長軌道に乗せ、税の自然増収を実現し、消費増税なしで財
    政再建を目指すのを「国家の意思だ」と言い切った。

     民主党の海江田万里代表の論点は「アベノミクスの失敗」である。2度にわたる異次元金融緩和がも
    たらす円安は物価の上昇を招き、所得格差を生み、生活者や中小企業を苦しめていると批判した。

     確かに、アベノミクスがまんべんなく国内にその恩恵が行き渡っているわけではない。だが、民主党政
    権は超円高・デフレを放置して企業の国際競争力を失わせ、雇用機会を喪失し、家計消費を萎縮させ、
    税収を減らしてきた。海江田氏は異次元緩和に代わる「柔軟な金融政策」を提起したが、その言葉の響
    きは白川方明(まさあき)総裁当時の日銀の小出し緩和によるデフレ容認策そのものである。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20141205/ecn1412050830003-n1.htm

    引用元: 【民主党】民主党には不況を深刻化させた反省もアベノミクスへの対案もない [zakzak] [転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 02:13:54.11 ID:???.net
    (写真)
    no title

    ▲ 笑顔でハイタッチする安倍首相に有権者の手が伸びる
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    自民党の安倍晋三首相(60)が30日、神奈川県内5か所の遊説を行い、“ハイタッチ作戦”で
    余裕を見せた。

    テレビ番組の党首討論を終えた安倍首相は同日午前、東急電鉄たまプラーザ駅前で1回目の
    演説を行った。

    「アベノミクスで企業の生産性を高め、収益を上げることで雇用が改善され、賃金が上がる。
    賃金が上がれば、たまプラーザでみなさんが買い物をする。そんな好循環が生まれている」

    20分ほど話した安倍首相は街宣車から降りると、有権者に近寄り握手…と思いきや、
    ハイタッチを始めた。次の会場である小田急線本厚木駅前でも同様にハイタッチ。演説会の
    司会者は「安倍首相と握手をしてぬくもりを感じてください」とマイクを通じてアピールしたが、
    安倍首相は流れるようにハイタッチをして車へ。その後の演説会場でも同じだった。

    普通は握手をするものだがどうしたのか。自民党関係者は「ハイタッチの方が同じ時間でより
    多くの人と触れ合えるということだと思います」と解説。通常、ハイタッチは良いことがあったとき
    にするので、すでに選挙に勝利したかのようだ。

    そんな余裕シャクシャクの安倍自民党の一方で、民主党は不思議な選挙戦をしていた。
    解散直後はホームページで幹部の遊説日程を公開していたが、数日前から公開をやめて
    いた。30日夜になってようやく12月2、3日の遊説日程を出したが、少しでも多くの有権者に
    訴えたいはずなのに、どうして隠していたのか。

    永田町関係者は「2012年の衆院選でもそうでしたが、民主党幹部の演説はひどい状態に
    なっています。演説内容ではありません。演説会場に韓国の国旗を持った集団や、『民主党
    が地上から無くなりますように』と書いたプラカードを持った人が集まっている。ネガティブ
    キャンペーンにさらされているのです」と明かす。

    韓国国旗を持った集団が民主党を応援していれば、一般の人は「どうして?」と民主党に
    疑念を持つ。それが目的の嫌がらせだ。早い話がネット右翼“ネトウヨ”が民主党の演説に
    押し寄せてしまっているわけだ。

    ソース:東スポweb
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/shugiin/340109/

    引用元: 【選挙】「民主党ネトウヨの襲撃にビクビク」~演説会場に韓国の国旗を持った集団[12/03]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: TwilightSparkle ★@転載は禁止 2014/11/28(金) 05:57:39.05 ID:???0
    2014年11月27日05時00分

     公示日まで1週間を切った。総選挙で各党は何を争点に、どう訴えるのか。2年間の第2次
    安倍政権の評価は。党首に聞く。▼1面参照

     ――今回の衆院選にどのような姿勢で臨みますか。

     自民、公明で過半数という安倍晋三首相の目標をくじく決意だ。アベノミクスだけでなく、安
    倍政権の2年間の政治そのものを有権者に判断してほしい。特定秘密保護法の成立や集団
    的自衛権の閣議決定もあった。原発政策を見ていると、まるで3・11がなかったかのようだ。

     ――アベノミクスをどう評価しますか。

     安倍首相は100万人の新たな雇用が生まれたと言うが、実際には非正規雇用が147万
    人増えた。正規雇用は9万人の減少だ。社会の格差は広がっている。2年たっても、多くの
    国民に景気回復の実感がない。私たちが再生を主張する中間層が豊かになっていない。ア
    ベノミクスは失敗で、期待外れだといえる。

     ――民主党が再生を目指す中間層とは?

     安定した雇用があり、500万~600万円程度の収入がある人たちをイメージしている。こ
    の層を分厚くし、雇用の安定、子育て世代への支援、社会保障の安心を確実なものにしなけ
    ればいけないと思う。

     ――今回のマニフェストには数値目標がほとんどありません。なぜですか。

     マニフェストのあり方を検証し、事例や金額などを事細かに書き込むことには、かなり無理
    があると気がついた。達成できなかった場合、マニフェストにかかげた政策そのものまでもが
    否定されるような誤解を受けることになる。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)

    引用元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S11476866.html

    引用元: 【民主党】 (党首に聞く)民主・海江田代表 景気回復の実感ない 2014衆院選 [朝日新聞] [転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    民主党ロゴ1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 20:31:05.43 ID:???0.net
    前回衆院選の大敗から、捲土(けんど)重来を期す民主。
    24日には「生活者」の視点に立つとしたマニフェスト(政権公約)を発表、
    無党派層の取り込みに躍起だ。ただ突然の衆院解散で準備不足の感は否めず、
    得意としてきた都市部でも候補者擁立が難航。
    リベンジに燃える重鎮や立候補を決めた新人も、焦りと危機感を抱えながら地元を奔走している。

    ■風はどこに

    「読めないんですよ。街の空気。これから民意がどう動くのか」

    12月2日の公示を前に困惑気味に話すのは奈良1区(奈良市)の民主前職、馬淵澄夫氏(54)。
    平成15年以降4回連続で当選し、国土交通相も務めたベテランだ。
    選挙での勝負強さは「馬淵の壁」と対立陣営から恐れられ、前回衆院選でも民主への逆風をはねのけた。

    その馬淵氏ですら不安を募らせる今回の世論の行方。「解散をけしからんと思っている人は棄権し、
    投票に行かない層が圧倒的に増える可能性がある」と推測し、風が吹かない“無風”になることを懸念する。

    相次ぐ閣僚辞任で揺らいだとはいえ、現政権人気は根強い。
    「間違いなく今までで一番厳しい選挙になる」(陣営幹部)

    ※以下省略

    http://www.sankei.com/west/news/141124/wst1411240040-n1.html

    引用元: 【政治】あえぐ民主…重鎮も危機感 「間違いなく今までで一番厳しい選挙になる」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: すらいむ ★@転載は禁止 ©2ch.net 2014/11/23(日) 18:18:00.27 ID:???0
    「民主おとしめることに総理は熱心」細野・民主元幹事長

    ■細野豪志・民主党元幹事長

     国民は(消費税を)上げたくない。そこに「上げない」と言って選挙にする。これは
    ポピュリズムの批判を免れ得ないと思う。私は真剣に日本の財政を考えるべきだと思う。
    そのときに安倍政権の性格をもう少し柔軟にしてもらえないだろうか。安倍政権になって
    与野党で何かひとつのことを議論し、歩み寄っていこうという雰囲気がない。何か事が
    あると民主党を攻撃する。そしておとしめることに総理は熱心だ。財政の問題は与野党を
    越えて議論しなければならないのだから、懐の深さを持ってもらいたい。今回の選挙では
    もっと野党に力をいただき、国会で胸襟を開いて合意をつくっていく方向に持って行きたい。
    (フジテレビの番組で)

    朝日新聞デジタル 11月23日(日)17時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00000024-asahi-pol

    引用元: 【民主党】「民主おとしめることに総理は熱心」細野・民主元幹事長 「今回の選挙では野党にもっと力をいただきたい」とも語る[11/23] ©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ