ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 民主党とその残党

    no title1: Egg ★ 転載ダメc2ch.net 2015/02/20(金) 06:07:04.41 ID:???*
    民主党の岡田克也代表が19日の衆院予算委員会で質問に立ち、90分間にわたり安倍晋三首相に論戦を挑んだ。
    代表就任から18日で1カ月が経過した岡田氏にとって実質初の「党首討論」。危機管理のあり方をめぐって双方が挑発しあい、過熱した。(山本雄史)

    岡田氏が最も力を入れたのは昨年12月の衆院選時の政府の危機管理だった。岡田氏は挑発的にこう指弾した。
    「のんきに昼間、官邸を空けている。危機管理と選挙、どっちが大事なのか」

    政府は日本人が○害されたとされる人質事件に関し、昨年12月3日に後藤健二さんが何者かに拘束されたことを把握していた。
    この日は衆院選公示の翌日。岡田氏は首相と菅(すが)義偉(よしひで)官房長官が遊説で官邸不在だったことを問題視した。

    岡田氏は「菅氏が官邸にいたら、もっと早く対応できたのではないか」と追及。テロなどに備え、首相か官房長官の一方が都内に残ることが慣習となっている点を挙げた。

    もっとも12月3日には内閣法に基づき世耕弘成官房副長官が職務代行として都内に残り、不備があったとは言い難い。
    首相は「民主党にとっては官房長官が選挙(応援)に回るのが嫌なのかもしれないが」と余裕でかわし、
    「官邸にいなければ対応できないわけではない。形式主義に陥ってはいけない」と反論した。

    それでも岡田氏が繰り返し危機管理の「甘さ」を追及すると、首相は「民主党がそんなことを言えるのか」と言い放った。
    岡田氏は24年12月の衆院選で、民主党政権の藤村修官房長官が地元・大阪に「1日しか入らなかった」と紹介。危機管理は万全だったと強調したかったようだ。

    ただ、当時は北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射を予告していた緊迫した情勢。結局、当時の野田佳彦首相に任せて地元入りした藤村氏は
    「ミサイルをさっさと上げてくれるといい」と失言し、民主党政権の危機管理の希薄さを露呈してしまった。

    民主党代表選の最中の22年9月7日には尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で領海侵犯した中国漁船が海上保安庁の巡視船に故意に衝突する事件があったが、
    当時の菅直人首相は2日後、札幌市で街頭演説を強行している。岡田氏の批判は自らに降りかかる形となった。

    危機管理の論戦と対照的だったのが格差問題だ。岡田氏が所得格差が広がっている現状を訴えると、
    首相は「分析していかなければならない」と一定の理解を示した。「経済成長の果実をいかに再分配していくかが政治には欠かせない」との岡田氏の指摘にも
    首相は「基本的に同意する」と答え、対決色は薄かった。

    岡田氏には国会論戦が党支持率の上昇につながるとの持論がある。だが、フジテレビ「新報道2001」が毎週実施している世論調査では、
    民主党支持率は代表選期間中こそ13%台だったが、岡田氏の代表就任後は10~12%に下降。世論の支持を得る道のりは長く険しい。

    2015年2月19日 20時18分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9803857/

    引用元: 【国内】安倍首相vs岡田代表が初の本格論戦 危機管理追及もブーメラン 「民主が言えるのか?」c2ch.net

    続きを読む

    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/02/18(水)20:31:29 ID:bwM
    民主党の安住淳国対委員長代理は18日午前の記者会見で、NHKの籾井勝人会長が5日の会見で、
    慰安婦を番組で取り上げるかどうかについて「政府のスタンスが見えないので放送は慎重に考える」
    などと発言したことを踏まえ、「政府の顔色をうかがって放送をつくるような発言をしている」と批判。
    その上で、「会長として失格だ」と、辞任を求めていく考えを示した。

     民主党は同日午前、国会内で開いた総務部門会議に籾井氏を呼び、
    これまでの言動などについての真意をただした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000517-san-pol

    引用元: 【民主党】安住淳国対委員長代理「籾井氏は慰安婦問題でNHK会長として失格。辞任を求める」[2/18]

    続きを読む

    民主党ロゴ1: 鴉 ★ 2015/02/13(金) 04:21:58.53 ID:???*.net
     安倍晋三首相の12日の施政方針演説に対し、野党各党は「説明不足」との批判を一斉に上げた。
    16日に始まる衆院代表質問を皮切りに、改革の具体策を問う与野党論戦が活発化しそうだ。
    首相は憲法改正を視野に一部野党との協力を模索しているが、最有力の維新の党は改革姿勢で独自色を強めそうだ。

     「ここは大変だから国民に我慢してください、というところが全くない。『あれします』『これします』のオンパレードだ」
     民主党の岡田克也代表は衆院本会議後、記者団に「中身がない」と苦言を呈した。

    岡田氏は1月の党代表選で「論戦の先頭に立つ」と宣言。16日の衆院本会議の代表質問で、
    格差対策や安全保障法制の具体論を突き付ける考えだ。

     首相は演説で「批判を繰り返しても何も生まれない」と語った。
    労働改革など政権と共通点がある維新を念頭に、政策テーマごとに協力を取り付ける意向とみられる。

     これに対し、維新の江田憲司代表は記者会見で「美辞麗句はいいが、国民にとって大事なのは改革の中身だ」と語った。
    政府・自民党の農協改革に対しても「自民党のお家芸、看板の掛け替えとお化粧直しで終わっている」と批判。
    株式会社の農地保有など、より踏み込んだ対案を提出する考えを示した。

     「自共対決」を掲げる共産党の志位和夫委員長は、詳しい説明を避けた安保法制について「説明抜きで暴走する姿勢だ」と強く批判。
    一方、首相と近い次世代の党の平沼赳夫党首は「首相は『自主憲法制定』が一貫した方針だ。そのことは触れてもらいたかった」と不満を示した。
    社民党の吉田忠智党首は「首相には憲法の尊重擁護義務がある。演説で憲法改正の議論を呼びかけるのは問題だ」と語った。【村尾哲】

    毎日新聞
    http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20150213k0000m010134000c.html

    引用元: 【民主党】岡田代表「ここは大変だから国民に我慢して下さい、というのが全くない。『あれします、これします』のオンパレードだ」

    続きを読む

    no title1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/11(水)21:33:59 ID:???
    神本美恵子認証済みアカウント
    ?@MiekoKamimoto
    私も空爆後のアフガニスタンに行って、中村哲さんがおっしゃっていることがよくわかりました。
    実際に現地アフガニスタンの人々が、ヒロシマもナガサキもよく知っていて、それでも報復しなかった
    のは日本の憲法9条があるからだと彼らから聞かされ... http://fb.me/1u3tIAeSg

    https://twitter.com/MiekoKamimoto/status/565161886061453313

    http://fb.me/1u3tIAeSg
    君たち、安倍首相、自民党議員、よく聞きなさい!現代の偉人=中村医師の言葉を!!
    http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/9a0d1eca3a70233abc1b18dd2fa581fb

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 12◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422855104/473

    引用元: 【政治】民主党副代表・神本氏「アフガニスタンの人々は、ヒロシマ・ナガサキ原爆で日本が報復しなかったのは憲法9条があるからという事をよく知っている」 [H27/2/11]

    続きを読む

    民主党ロゴ1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/02/10(火)23:06:45 ID:u8h
     民主党は10日の「次の内閣」会合で、
    ヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる人種差別的な街宣活動を規制する法案を今国会に提出する方針を決めた。
    与野党に協力を呼び掛ける。

     法案は、ヘイトスピーチなど「人種等を理由とする不当な行為」を禁止。ただ、罰則は設けない。
    実態を調査する審議会を内閣府に設置し、首相に意見、勧告できるとした。
    国や地方自治体には差別防止策の実施を求める。

    http://www.sankei.com/politics/news/150210/plt1502100049-n1.html

    引用元: 【民主党】今国会でもヘイトスピーチ規制法案提出へ[2/10]

    続きを読む

    このページのトップヘ