ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 民主党とその残党

    20140422_081: ◆10.9/2taLY 2014/04/21(月)21:24:38 ID:nNjx1P51n
    民主党の海江田万里代表は21日の記者会見で、政府が進める公的年金の運用改革について
    「内閣の支持を上げるために国民の年金資金を使って株価を上げることがあってはいけない」と批判した。
     海江田氏は、政府が検討する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用委員人事に関しても、
    「自分に考えの合った人たちを委員に入れ、その人たちの判断で(運用見直しを)やらせることには賛成できない」と語った。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014042100757

    続きを読む

    20140422_071: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/04/21(月)23:07:41 ID:jCMH62LwL
     民主党の蓮舫元行政刷新担当相や社民党の吉田忠智党首ら両党の衆参両院議員19人が
    21日、安倍晋三政権が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないよ
    うオバマ米大統領に求める文書を在日米大使館に提出した。文書は「日本が立憲主義や法の
    支配を失う国となりかねない」と訴えている。

     文書では、今月上旬に来日したヘーゲル米国防長官が6日の記者会見で集団的自衛権の行
    使容認を目指す日本政府の取り組みを「歓迎し、努力を奨励し支持する」と評価したことを「大き
    な問題だ」と指摘。その上で「集団的自衛権の行使は解釈の変更によって可能とする余地はな
    い」と容認反対の立場を鮮明にしている。

     行使容認について首相は国会で議論を行う考えを明言しているが、文書は「国会での審議を行
    わず閣議決定のみで実現しようとする手法」と事実誤認に基づく批判も展開している。

    産経新聞
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140421/stt14042122080005-n1.htm

    続きを読む

    no title1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/20(日)16:52:56 ID:kAl86ftjF
    日本の鳩山由紀夫元首相が率いる日本友愛協会の友愛植林訪問団が19日、遼寧省錦州市に到着し、同日に行われた
    「母なる河を守る行動 ̄日中青年生態緑化モデル林」プロジェクトの開幕式に参加するとともに、中国のボランティア青年
    たちと植樹活動を行った。

    鳩山氏は羽田孜氏、村山富市氏に続き、中国で同プロジェクトの植樹活動に参加した3人目の首相経験者となった。

    鳩山氏は開幕式の壇上で「ニーハオ!」と呼びかけ、きれいな標準語の中国語であいさつをした。

    鳩山氏は、「現在、中日両国の関係には数多くの困難が横たわり、非常に心を痛めている。日本のかつての侵略が中国
    に災難をもたらしたことについて、深いお詫びの気持ちを表する。だからこそ、中日両国の間でより多くの民間交流活動を
    行うことがとりわけ必要になる。これは今回、中国での植樹活動に参加した理由の一つでもある。友愛の精神は国境を
    越える。今回のような植樹活動が両国民のコミュニケーションや交流を促進することを願う」と述べた。

    同協会は2000年より植樹活動を展開し、これまでに広西チワン族自治区柳州市、湖北省の武穴市、?帰県、孝感市、
    福建省廈門(アモイ)市、遼寧省錦州市、山西省臨汾市などで活動を行ってきた。13年末までに、同協会が日中緑化交流
    基金に申請した支援金は4億930万円、中国での植林面積は4万6138.5ムー(約3075ヘクタール)、植林本数は442万本に
    上る。

    鳩山氏によると、同協会は今年、中華全国青年連合会と共同で国際写真展を開催したいと考えており、平和・友愛や環境
    問題をテーマに、インターネットで世界中の青年に呼びかけて作品を募集する予定だ。集まった作品は北京で展示するという。
    (編集KS)

    「人民網日本語版」2014年4月20日
    http://j.people.com.cn/94475/8603801.html

    no title

    no title

    続きを読む

    no title1: 影のたけし軍団ρ ★@転載禁止 2014/04/19(土) 21:58:50.24 ID:???0
    消費税増税後初の国政選挙となる衆院鹿児島2区補選(27日投開票)で、安倍晋三首相(自民党総裁)が19日、現職首相として初めて奄美大島を訪れた。
    奄美群島全体でも首相訪問は33年ぶりとあって島は興奮のるつぼと化した。続く鹿児島市内でも熱烈な歓迎を受け、首相人気の根強さを見せつけた。

    午前11時45分、大阪からの空路で奄美空港(奄美市)に降り立った首相は、公明党の北側一雄副代表とともに近くの総合運動公園で街宣車の上に立った。
    奄美大島の人口は約64000人しかいないだけに陣営幹部は「1000人を超えれば御の字」と語っていたが、集まった聴衆は約3200人(主催者発表)。

    首相が「人の温かさこそが奄美大島。訪れた人は『もう1度行きたいなあ』と思う。
    私も次は選挙以外で来たいと思います」と語ると、拍手とともにチヂン(奄美大島の太鼓)や指笛の音が鳴り響いた。

    「奄美と東京、大阪、鹿児島を結ぶ航空便の運賃を夏休みまでに安くして、たくさんの方々が訪れるようにします。
    景気がよくなれば奄美は間違いなくよくなる。自民党と公明党は離島で一生懸命頑張るみなさんの生活を応援します!」

    首相がこう語ると、笛や太鼓の音で続きが聞こえないほど。肝心の候補者である自民新人で元鹿児島県議会議長の金子万寿夫氏(67)=公明推薦=はすっかりかすんでしまった。

    本来ならば、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する日米協議が佳境を迎えているだけに、厳しい声も飛びそうだが、
    島民たちはそんなことより首相の来訪の方がうれしいらしい。宇検村の主婦(48)は「飛行機の値下げを約束してくれたのが心強い。
    一生に一度の思い出だと思って握手しました。感動です」と語った。
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140419/plc14041921280015-n2.htm

    衆院鹿児島2区補欠選挙の自民党公認候補の応援演説を終え、有権者らと交流する安倍首相
    no title


    住宅街で切々と訴える海江田万里民主党代表。聴衆の数はまばらだった
    no title

    続きを読む

    20140418_051: ◆10.9/2taLY 2014/04/17(木)22:06:30 ID:9UwuUtwF4
    教科書採択をめぐり、17日に行われた沖縄県竹富町教委と文部科学省との話し合いは、平行線をたどった。
    違法状態を解消するため国の是正要求に従うよう求める文科省に対し、あくまで「違法ではない」と主張する竹富町教委。
    見解の食い違いの背景には、民主党政権時の国の不適切な対応も影響しているようだ。
     「民主党政権では認められていた。中川正春文科相も当時、違法ではないという判断だった」
     今回の対応について文科省への説明を終えた竹富町の慶田盛安三(けだもり・あんぞう)教育長は17日、
    記者会見でこう述べ、国の是正要求に従わないことの正当性を訴えた。
     竹富町は平成23年8月、石垣市や与那国町とつくる八重山採択地区協議会が選定した育鵬社の中学公民教科書を採択せず、
    民間の寄付で配布された東京書籍の教科書を使用している。
     これに対し当時の民主党政権は、採択地区内で同一の教科書採択を定めた教科書無償措置法に違反するとの見解を示す一方、
    中川文科相が国会で「町が独自に教科書を購入し、生徒に無償配布することまで法令上禁止されていない」
    と答弁するなど、竹富町の対応を黙認してきた。
     平成24年末に安倍政権に代わり、教育現場での違法状態を解消する方針が打ち出されたが、
    竹富町教委は今も民主党時代の文科相答弁などを盾にして、国の是正要求に従っていない。
    「民主党時代のツケが、いまだに響いている」と、文科省幹部の一人は話す。
    慶田盛教育長から説明を受けた文科省の前川喜平初等中等教育局長はこの日、
    「どのような理由があろうと、違法なものは違法だ」との認識を改めて示した。
    その上で、まずは育鵬社の教科書を採択して違法状態を解消し、
    東京書籍は副教材として活用してはどうかと代案を提示したが、
    慶田盛教育長は「持ち帰って慎重に検討する」と答えるにとどめた。
     今後も竹富町が国の是正要求に従わず、国地方係争処理委員会に審査の申し立てもしない場合、
    文科省では違法確認訴訟の提起も視野に、対応を検討することになる。
     前川局長は「是正に向けた竹富町の今後の取り組みを見た上で、
    訴訟について判断したい」との見解を示した。これに対し、慶田盛教育長は
    「訴訟を避けるに越したことはないが、訴えるというなら、応じるしかない」と強気に語った。
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/140417/edc14041719150010-n2.htm

    続きを読む

    このページのトップヘ