ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 民主党とその残党

    1: ねこ名無し ★ 2017/06/20(火) 23:11:41.25 ID:CAP_USER
     民進党の辻元清美元国土交通副大臣は20日夜のBSフジ番組で、憲法9条を改正して自衛隊の存在を明記するとした安倍晋三首相(自民党総裁)の提案について「安倍さんは焦っているのかなと最初思った」と論評した。

     辻元氏は衆院憲法審査会の幹事を務めている。

     辻元氏は、自民党が野党時代の平成24年に発表した党憲法改正草案で、戦力の不保持を定めた9条2項を改めて「国防軍を保持」としていたことを挙げ「あれ、どこにいっちゃったのかしらと思った」と語った。

     さらに「政党としてすぐにみんな安倍さんの言う通りになびいていく。『自民党、大丈夫かしら』と思った」と述べた。

     辻元氏は首相の提案に絡めて「政治利用されかねない案件だ。民進党を分裂させるとか、野党の選挙協力を分断するとか、いろいろお考えになって言っている。その手には乗らない」と述べ、首相との対決姿勢を鮮明にした。

     9条1、2項を維持して自衛隊の存在を明記する首相の提案については「果たしてできるのか。交戦権の否定と陸海空軍を保持しないということとの整合性をとるため、『2項を書き換えて国防軍』というのは筋が通っている。賛成か反対かは別にして」と指摘した。

     その上で「3項に自衛隊を付けられるのか、はなはだ疑問だ」と語った。

     民進党では、前原誠司元外相も「9条3項」による自衛隊の存在明記を主張している。

    http://www.sankei.com/politics/news/170620/plt1706200061-n1.html

    no title

    民進党の辻元清美氏(斎藤良雄撮影)

    引用元: 【民進党】辻元清美氏「安倍さんは焦っている」と改憲を牽制 首相提案に「その手には乗らない」と対決姿勢鮮明[6/20]

    続きを読む

    no title1: わかば ★ 2017/06/19(月) 18:35:10.42 ID:CAP_USER
    共産党との選挙共闘に反対し、「真の保守を確立したい」と民進党を飛び出した長島昭久衆議院議員。なぜ民進党は支持を集めることも、変わることもできないのか。そして、外交・安全保障の専門家が見据える政局の行方は――。

    この2年ほど、私は「政権交代の即効薬はない」と訴え続けてきた。二大政党制と言われている国は、米・英・豪、みな同じように10年程度のサイクルで政権交代が起こる。英国のブレア政権にしても、17年ぶりの政権交代。ならば、われわれも下野してから10年、歯を食いしばって地道にやっていくしかなかった。ところが、地道な努力に没頭できず、選挙目当てで共産党との共闘に飛びついてしまった。

    去年の代表選挙出馬時も、野党共闘の見直し、党としての憲法改正案の作成、国会戦術の根本的な転換を訴えた。私が掲げた国会戦術は、極めてシンプル。各議員が自分の得意分野で堂々と閣僚に論戦を挑むというもの。しかし、国対幹部からは、「そんな地味な質問をしても翌日のヘッドラインは取れないし、ワイドショーも取り上げない」と一蹴されてしまった。それでも、見ている国民は確実にいる。国会論争で民進党の政策力を示すことができれば、徐々に信頼を回復することができるはずだ。もし政権がスキャンダルで倒れようものなら、頼もしい専門家集団の政党がいるじゃないか、彼らに任せようという政権交代への流れをつくることが可能ではないか。

    2009年の政権交代がまさにそうだった。年金問題など政権のスキャンダルもあったが、中心には政策論争があり、森友学園問題や加計学園問題ばかり追いかけている現在とは対称的だ。しかも、党としての主張が、国民の大多数よりも左傾化しているとあれば、政権の受け皿として失格としか言いようがない。

    「独立」の政治家が時代の潮目に成すべきこと

    では、なぜこのタイミングで離党したのか? 第1に、今年6月に行われる都議選が野党再編の大きな転機になるのは間違いないということ。都議選は、緊張感が緩みスキャンダルがいくつも露呈してきた安倍政権に対する批判票も取り込んで、小池都知事率いる都民ファーストの会が圧勝するだろう。組織力のある自民党は善戦するかもしれないが、民進党も日本維新の会も惨敗必至の情勢だ。

    都議選後に起こるのは、野党再編だ。そして、そこからポスト安倍の政局が始まる。その政局で主導権を握るためには、どうしても野党を分解して、健全な野党勢力を再結集しなければならない。確かに次期総選挙だけを考えれば、野党共闘には選挙戦術として一定の合理性はある。しかし、それはあくまで選挙戦術であり、政権戦略ではない。共産党は社民党以上に独特かつ強固な世界観を持っている。閣外なり閣内で連合を組んだ場合、どれほどの混乱が起きるかは、火を見るより明らかだ。だから、国民はそういう野合に投票しないだろう。

    時代を画する選挙となりうる都議選を前にして、政治家として何をすべきか。化学反応を誘発できればという思いで、私は民進党離党という引き金を引いた。

    独立してから、まず民進党保守系、維新の会、そして無所属議員たちと、超党派の勉強会「外交安全保障戦略を考える会」を立ち上げた。外交安全保障政策について、野党からは政権に対する全否定しか聞こえてこないが、それでは議論は深まらない。求められているのは、ポジティブで建設的な、安倍政権の政策をよりよいかたちに修正できる政策パッケージだ。「考える会」は、現状維持の政権与党にも、イデオロギーにとらわれている左傾化した野党にも出せない現実的な外交安全保障政策を提言したい。

    共産党以外にまとまることができる野党といえば民進党と維新しかない。そこをつなげるのは、今、私にしかできない。小池百合子都知事や自民党からのアプローチもあるが、私自身は当面は「独立」した政治家としてやっていくつもりだ。次期総選挙は相当に厳しいものになるだろうが、戦う覚悟はある。選挙に勝つために自分の考えを押し込めるのはもうやめた。保守政治家として、主張すべきことを主張して選挙に勝つ。そう考えたとき、私の心は晴れ渡った。

    「日米安保があるから、日本独自の力は必要ではない」という主張を聞くたびに、その驚くべき対米依存体質に強烈な違和感を持ってきた。というのも、独自の力を持たず、一方的に頼るだけの国が、真の同盟パートナーたりうるはずがないからだ。

    続き以下で
    http://president.jp/articles/-/22299

    引用元: 【政治】なぜ民進党は支持を集めることも、変わることもできないのか 長島昭久「なぜ民進党はここまでバカにされるのか」

    続きを読む

    no title1: キリストの復活は近い ★ 2017/06/19(月) 19:08:35.79 ID:CAP_USER9
    森友、加計問題で追及材料には事欠かないにもかかわらず、最終盤国会の民進党の国対戦術はお膝元の参院にもかかわらず、切れ味は今ひとつ。
    記者会見や街頭演説を行っても政党支持率にも、好感度にもつながっていません。

    民進党の前身である民主党結党時のメンバーなのにOB会にも呼んでもらえない鳩山氏と並べて批判する議員がいるほど厳しい状況にある蓮舫氏ですが、
    この鳩山氏と蓮舫氏、党内情勢のほかにも共通点がいくつもあります。

    まず、「保守」政治家だと自身で思い込んでいるということ。

     蓮舫氏は昨年の党代表選に出馬前、産経新聞のインタビューに応じて「私はバリバリの保守。野田佳彦前首相ばりの保守だ」(28年9月2日付朝刊)と明言していますが、
    憲法や安全保障など重要課題でいまだ保守らしさを発信できていないのは改めて指摘するまでもありません。鳩山氏も同様です。
    新憲法試案を発表したものの、内容といえば保守とは異なる発想から構成されていることは明らかです。

    蓮舫氏が「二重国籍」問題を問われ、国籍取得の経緯や年齢などでその場限りの発言をたびたび行い、食い違いを指摘されて窮していたのは記憶に新しいところです。

     鳩山氏も首相在任中、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について、日米首脳会談で「トラスト・ミー」と不用意に言い切ったものの、
    決着どころか迷走させてしまいました。また、普天間の県外移設の断念を表明した理由として「学べば学ぶほど、米海兵隊の抑止力(の意義)が分かった」と説明して世間を呆然とさせましたが、
    現在ではその県外移設を撤回したことも撤回しています。「学べば学ぶほど」発言も、いわばその場限りの発言だったことが分かりました。

     選挙で勝つためなら、党がそれまで「禁じ手」としてきた手段であっても選び取ることができるのも蓮舫、鳩山両氏の共通項です。

    平成14年に小沢一郎氏(75)が率いる自由党との「民由合併」を最初に提唱した党代表が鳩山氏でした。当時は民主党内には「小沢アレルギー」から忌避する声も多かったころです。
    後に菅直人代表(70)のもとで合併は実現され、政権奪取につながる力となったとはいえ、当時はあまりの唐突さに鳩山氏は代表の座から引きずり下ろされることになりました。

    蓮舫氏も、昨年の参院選前に緊急避難的に始まった「共産党」との民共連携にはためらうどころか、事前調整の足りなさは五十歩百歩で、
    最大の支持団体であるはずの連合にそっぽを向かれてしまっています。

     代わりに丹念に根回しを行ってくれる側近や、その場限りの発言をすることがないよう細かく支えてくれる補佐がいればいいのですが、
    そういう役回りの人物があまりいないことも似ているかもしれません。
    蓮舫氏に至っては、横で代表を支える役員室長の柿沢未途衆院議員(46)の夫人すら、自身の都議選が戦えないと離党する始末です。

     もっとも、2人にはプラスの共通点もあります。

     非公式な懇談の席では、鳩山氏はジョークがうまく、話題も豊富で、実に楽しい人です。蓮舫氏も明朗で、こまやかな気配りで知られています。
    しかし、大昔はともかく、酒食などの席での座持ちの良さなどは、どこの世界でもさほど評価されなくなっています。

    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160006-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160006-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160006-n3.html

    引用元: 蓮舫「私はバリバリの保守!野田佳彦ばりの保守だ!」

    続きを読む

    no title1: 腐乱死体の場合 ★ 2017/06/17(土) 23:25:11.17 ID:CAP_USER9
    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/875734844692508672

    小西ひろゆき (参議院議員)??認証済みアカウント?
    @konishihiroyuki

    加計問題「大騒ぎはバカバカしい」 自民・二階幹事長 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000131-asahi-pol

    国民の皆さんは自民党幹事長が救いがたい馬鹿者だと思ったのではないか。

    0:20 - 2017年6月17日

    引用元: 「国民の皆さんは自民党幹事長が救いがたい馬鹿者だと思ったのではないか」と小西洋之参院議員

    続きを読む

    日刊ゲンダイ
    1: 青いガチョウ ★ 2017/06/17(土) 17:12:49.94 ID:CAP_USER9
    住民も恐々 加計学園獣医学部に「バイオハザード」リスク
    2017年6月17日
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/207671

    今治市に建設中の加計学園の獣医学部キャンパス。“加計ありき”で国家戦略特区の事業者に認定された疑いは強まる一方だが、問題はそれだけではない。

     13日、参議院厚労委員会で民進党・川合孝典議員が、厚労省健康局長との質疑でこう発言して物議を醸した。

    「(キャンパス内の)学生教室のあるビルの5、6階にバイオセーフティーレベル3(BSL3)の施設を設置するという情報がある」

    ■獣医学部学部長候補の説明は?

     BSL3施設は、結核菌や狂犬病、鳥インフルエンザなどのウイルス・細菌を扱う実験施設で、WHOの指針によれば「建物内の交通が制約されていない区域と切り離されなければならない」と定められている。にもかかわらず、今治の獣医学部では、厳重な管理を要する施設が隔離されていないのだ。

    「委員会で発言したとき、与野党問わず驚きの声が出ました。感染すれば重篤化の恐れのあるウイルスを扱うデリケートな施設を、居住スペースや教室のあるビルの中に造るのはオカシイでしょう。仮にBSL3の施設を造ったとしても維持費や実験費用を考えると、ウイルス実験ができない、ということになりかねません。“最先端のライフサイエンス研究”を標榜するために既成事実をつくっているだけじゃないですか」(川合孝典議員)

     さすがに大学側のリスク管理に地域住民は不安を隠せない。4月11日に今治市内で行われた住民説明会で、獣医学部学部長候補の吉川泰弘氏はウイルスが漏れ出るリスクについて「私は過去の経験において大丈夫でした」の一点張り。まるで説明になっていないのだ。

     愛媛県議の福田剛氏がこう言う。

    「今治市はキャンパスの図面を持っているが、『大学設置の審議中だから』という理由で出してくれず、4月の説明会以後、住民に対して獣医学部に関する説明は一切ありません」

     このまま加計学園の獣医学部を開学させて本当にいいのか。

    引用元: 【加計/ズサン施設】住民も恐々 加計学園獣医学部に「バイオハザード」リスク

    続きを読む

    このページのトップヘ