ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: マスゴミ

    20190226_2118001: みなみ ★ 2019/02/26(火) 19:24:02.60 ID:P6aIvZzx9
    2019年2月26日 19時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16079415/

    夜の政治
     菅義偉官房長官は26日の記者会見で、事実に基づかない質問を繰り返しているとして首相官邸が対応を求めている東京新聞記者の質問に対し、「あなたに答える必要はない」と回答を拒んだ。

     首相官邸は「事実に基づかない質問は厳に慎むようお願いする」などと再三、東京新聞に対応を申し入れている。同記者のこの日の質問は「会見は国民の知る権利に応えるためにあると思うが、何のための場だと思うか」との内容だった。

     この直前に同記者は、他のメディアにも対応を求めたことがあるかと尋ねた。菅氏はそれに直接答えず、「この場所は質問を受ける場であり、意見を申し入れる場ではない。
    『会見の場で長官に意見を述べるのは当社の方針ではない』と東京新聞から(官邸側に)回答がある」と指摘した。 

    引用元: 【記者会見】菅官房長官「あなたに答える必要ない」=東京新聞記者の質問に

    続きを読む

    20190226_0630001: (^ェ^) ★ 2019/02/25(月) 21:20:54.71 ID:1caIj4yN9
    https://snjpn.net/archives/99909

    県民の民意は無視か?

    東京新聞・望月衣塑子
    「あらゆる形で辺野古基地にノーと言う県民の民意が示されても、政府は県民の意向は無視していく理解でいいか?」

    菅義偉官房長官
    「今のままだと普天間固定化、危険な状況が置き去りにされている。こうしたことを避ける責任も政府にはある」

    ▼ネット上のコメント

    ・「県民の意向は無視していく理解でいいか?」この胸糞悪い質問。さすが国民の代表(笑)やな。

    ・県民投票は基地移設自体ではなくその埋立てに関する賛否についてのもの。これが那覇空港の埋立てならどうだろうか?多分大差ないと思う。こうやって県が、地元民の反対しやすいように誘導し、メディアが印象操作した結果だ。公平公正なものとは言えないな。

    ・菅官房長官はよく言ってくれました。一番民意を無視されているのは普天間基地周辺の住民だと思う。

    ・今日は割と簡潔な質問だったなイソノ。

    ・官房長官が正解。普天間が危ないんじゃないの???

    ・県民の2/3が反対していません。と言ってやれば良いのに。

    ・戦争やら珊瑚やらジュゴンやら民意やら結局どれを守りたいのよ。。

    引用元: 東京新聞・望月衣塑子「政府は県民の意向は無視していく理解でいいか?」 ネット「県民の2/3が反対していません」「官房長官が正解」

    続きを読む

    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/02/25(月) 17:33:00.52 ID:CAP_USER
    24日放送の『TVタックル』(テレビ朝日系)で、小説家の室井佑月が、天皇陛下に過去の歴史を謝罪せよなどと発言した韓国国会議長の発言を受け入れるべきとする趣旨の発言を行い、批判が集まっている。

     番組では「国民が怒っているニュース」として、韓国国会議長の発言を紹介。新橋や巣鴨で実施された街頭インタビューでは、「遺憾砲はもう要らない」「堪忍袋の緒が切れたところを見せるべきだ」と怒りの声が続々と寄せられる。

     これについて、阿川佐和子は「韓国のほうが一枚上手」と指摘。さらに、室井は「拉致被害者の問題があって、韓国と仲良くしないほうがいいっていうのはないと思うんだけど」と、街頭インタビューの声を真っ向から否定した。

     次に番組は、諸問題が解決しているにもかかわらず、約束を反故し続ける韓国政府の話題に。北村晴男弁護士はこの件について、「約束を守らない政府なんですよ。国民は別ですよ」と指摘。その上で、

     「今回また謝ればいいんだという人がいるとすれば大変な間違いで、結婚詐欺師の人が、ここにいて、結婚詐欺を3回続けてきました。『でも今回は本当なんだ。俺は本気だから全財産くれ』と言ってるようなもんですよ。そんなこと絶対しちゃダメなんですよ」

     と韓国に謝罪をする必要がないことを強調する。

     これに憤然とした顔で反論したのが親韓派の室井。「結婚詐欺師の男で毎回毎回今回はみたい(不自然にカット)、結婚詐欺師なら二度と会わないようにすればいいけど、国の位置は変えられない」と指摘し、

     「何回何回嘘をついても次こそはって…」と、「韓国を信じろ」という趣旨の発言。元衆議院議員の金子恵美氏は「今回は引いちゃいけない。踏み込んで制裁を」と返すと、

     「じゃあその事も言ってみたらいいじゃない。私は考えてみる余地がある」と天皇陛下の韓国に向けた謝罪を容認する発言。さらに、阿川も「日本は(ドラえもんの)のび太なんだもん。絶対殴り返さないってことを世界が知ってるから。絶対ダメだよって言っても怖くないもん」と、なぜか韓国目線で「怖くない」とコメントする。

     これについて、金子氏は「今回は制裁を辞さない態度で」と話す。しかし、阿川は「じゃあ何をするんですか?」と喧嘩腰。金子氏が「フッ化水素の輸出禁止」を提案すると、阿川は「制裁してもダメージはもうない。韓国製品は売れている」と応酬する。

     金子氏はそれでも制裁論を唱えるが、阿川は「そのやり方ってどうなんですかぁ」と少々小馬鹿にしたような発言で応酬した。その様子は憤りを口にした日本人に対する挑発とも受け取れるものだった。

     意見の分かれた議論だが、ネット上では圧倒的に北村弁護士と金子氏の「韓国制裁論」が支持を受けており、『ひるおび!』(TBS系)に続き天皇陛下の謝罪を支持するような発言を繰り返した室井については、「酷い」「日本視点がまったくない」「韓国からのゲストですか?」など批判が相次ぎ、炎上状態に。また、阿川にも「日本を馬鹿にしている」など、猛批判が寄せられた。

     韓国への制裁については、様々な影響を考え慎重に検討を重ねる必要があるだろうが、レーダ照射や竹島、そして解決済みの諸問題についての反故など、日本国民の我慢が限界に達し、「何らかの対応を取るべきだ」という声を挙げる日本人が大半である。

     「また信じて韓国の言う通り天皇陛下に謝罪をさせてみては」という室井の論理は多くの日本人が違和感を覚え、憤りを感じている。それでも「日本が謝ればいい」と訴える室井や阿川。彼女たちの目に「日本の歴史と日本人の誇り」、そして「日本の国民感情」はどう映っているのだろうか?

    文・神代恭介

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/54826942/
    リアルライブ 2019年02月25日 12時20分

    室井佑月wiki
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E4%BA%E4%BD%E6%9C%88

    引用元: 【室井佑月】「天皇陛下の謝罪も考えてみる余地がある」発言で炎上 北村弁護士は「大変な間違い」と反論[2/25]

    続きを読む

    1: 俺の名は ★ 2019/02/24(日) 20:54:37.60 ID:mqbbnnQG9
    2月24日,日本冲绳县实施了关于是否赞成在该县名护市边野古修建新美军基地的县民投票。根据《冲绳时报》、共同社、
    《琉球新报》的投票站出口调查结果显示,对填海造基地投“反对”票的人,超过了选民的四分之一(约29万票)。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/388895
    no title


    2月24日,日本沖繩縣實施了關於是否贊成在該縣名護市邊野古修建新美軍基地的縣民投票。根據《沖繩時報》、共同社、
    《琉球新報》的投票站出口調查結果顯示,對填海造基地投“反對”票的人,超過了選民的四分之一(約29萬票)。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/388901
    no title

    no title

    引用元: 【沖縄県民投票】沖縄タイムス、県民投票の記事をなぜか中国語で配信してしまう

    続きを読む

    20190220_2215001: (^ェ^) ★ 2019/02/20(水) 21:10:28.30 ID:3YwzSDmY9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190220/k10011821711000.html

    菅官房長官は20日午後の記者会見で、東京新聞が官房長官の記者会見に関して、総理大臣官邸側から「受け入れがたい申し入れがあった」などとする記事を掲載したことについて、「違和感を感じる」としたうえで、官邸側の対応に問題はないという認識を示しました。
    菅官房長官の定例の記者会見での東京新聞の特定の記者の質問をめぐって、総理大臣官邸は先に報道室長名で記者クラブに対し、「事実に反する質問が行われたことは遺憾だ」として、「問題意識の共有」を求める要請文書を出しました。

    これに対し、東京新聞は20日の朝刊に、官邸側から過去に9回の申し入れがあったとしたうえで、「一部質問には事実の誤りがあったが、多くは受け入れがたい内容だった」としたうえで、表現の自由を制限しているなどと反論する見解を掲載しました。

    これについて、菅官房長官は午後の記者会見で「両者の間のいくつかの重要なやり取りが掲載されていないなど、個人的には違和感を覚えるところがあるが、コメントは控えたい」と述べたうえで、官邸側の対応に問題はないという認識を示しました。

    また、菅官房長官は、記者団が「東京新聞が『国民の代表として会見に臨んでいる』と主張したのに対し、官邸側は『国民の代表とは選挙で選ばれた国会議員』と応じた」などとした記事の確認を求めたのに対し「そのとおりだ」と述べ、そうしたやり取りがあったことを認めました。

    引用元: 【記者会見】東京新聞「国民の代表として会見に臨んでいる」 官邸側「国民の代表とは選挙で選ばれた国会議員」

    続きを読む

    このページのトップヘ