ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: マスゴミ

    変態新聞1: ばーど ★ 2017/07/24(月) 18:06:50.92 ID:CAP_USER9
    毎日新聞は22、23両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は26%で、6月の前回調査から10ポイント減。不支持率は12ポイント増の56%だった。
    支持率が20%台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて。

    安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月に終わることを踏まえ、「代わった方がよい」との回答は62%(3月調査は41%)で、3期目も「総裁を続けた方がよい」の23%(同45%)を大きく上回った。
    首相の政権運営は厳しさを増している。

    (省略)

    調査では「安倍1強」の政治状況についても聞いた。「自民党から安倍首相に代わる人が出てきてほしい」が31%で最も多く、「野党から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は25%、
    「新しい政党や政治団体から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は23%。「安倍首相が強いままでよい」は7%にとどまった。

    自民支持層では「安倍首相に代わる人」が51%を占め、「ポスト安倍」への期待をうかがわせた。

    配信 7/23(日) 16:31配信
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000025-mai-pol

    関連スレ
    【毎日新聞】内閣支持率26% 危険水域 改憲日程に影響も
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500856447/
    【毎日新聞世論調査】<内閣支持率>続落26% 不支持56% ★11
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500836875/

    ※より多くの政治記事をお探しの方は「2ch政治ニュース+」板へどうぞ
    http://fate.2ch.net/seijinewsplus/

    引用元: 毎日新聞世論調査】安倍総裁3期目 「代わった方がよい」62%(+21) 「総裁を続けた方がよい」23%(-22)

    続きを読む

    朝日新聞社旗
    1: trick ★ 2017/07/24(月) 00:08:27.28 ID:CAP_USER9
    自民幹部「トップ代えねば」 大型地方選連敗に危機感:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK7R6HHPK7RUTFK009.html?iref=comtop_8_01
    2017年7月23日23時28分

    加計学園問題が安倍晋三首相を直撃し、内閣支持率が急落するなかで迎えた23日の仙台市長選。自民党にとっては東京都議選に続く大型地方選挙での連敗だけに、党内には危機感が広がっている。


     与野党対決型の選挙だったが市政自体には明確な争点がなく、与党候補が政権批判を正面から受けた。閣僚経験者は「都議選と同じで安倍内閣、安倍さん個人の評価だ」と指摘した。

     ある党幹部は「支持率は下がる。選挙には勝てない。トップを代えなくちゃ、次の衆院選は戦えない」と述べ、「安倍おろし」の動きが出てくる可能性に言及した。中堅議員は「強引な政権運営のつけが出ている。内閣改造しても駄目だ」と語った。

     公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長は記者団に「逆風は感じた。国政への批判もあった」と指摘した。

     一方、民進党衆院議員から転じた郡和子氏を支援した野党。地元選出の民進の安住淳代表代行は記者団に「安倍政権への信任投票的な意味合いを帯びた。そこに野党共闘がうまくかみあった」と強調。共産党の小池晃書記局長は朝日新聞の取材に「野党と市民の共闘が、安倍政権への怒りの受け皿になった」と語った。

    引用元: 【安倍晋三首相】自民幹部「トップ代えねば」 大型地方選連敗に危機感 [朝日新聞]

    続きを読む

    朝日新聞社旗
    1: らむちゃん ★ 2017/07/18(火) 20:19:22.92 ID:CAP_USER
    産経ニュース、2017.7.18 20:03更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180044-n1.html

     《記者会見開始から40分が過ぎようとするころ、朝日新聞記者から次のような質問が飛んだ》

     --一連の騒動で、自民党や一部メディアから「スパイだ」という言葉もあった。多様なルーツを持った人が日本にたくさん住んでいる。そうした人たちへの心情を含め、どう思ったか

     「ありがとうございます。そうですね、子供はやっぱり親を選べないわけだから…。先ほどご紹介した数字でいって、私も最新の数字を調べて『ああ、こんなに増えてきているんだ』と思ったのは、1年間に生まれる新生児、赤ちゃんのうちの53人に1人のお父さん、お母さんが外国人であるということ。そうすると、その子たちには親を選んで生まれてくることはできないわけで、生まれたときから2つの国籍、2つのルーツを持つようになる」

     「その方たちが22(歳)になるまでに選ばなければいけない。その制度の名の下で、重国籍でいる人たちを一刀両断に『スパイだ』と言ってしまうのは、ある意味、非常にせつないし、もし立法府に身を置く者がそういうことを言っているのであれば、それはスパイだという立証をどういうふうにしていただけるのか。それを言われることによって自分が否定されるような思いを持つ子が、思いを持つ人がいないように配慮をしなきゃいけないんだと思う。その発言は全く共感できない」

    引用元: 【蓮舫氏会見詳報】二重国籍者はスパイ?朝日記者の質問に『スパイだ』と言うのは非常にせつない」タレント時代の発言は「浅はかだった」

    続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/07/17(月) 18:35:21.86 ID:CAP_USER
    沖縄国際人権法研究会は15日、那覇市内で6月の国連での活動について帰国報告会を開いた。人権理事会で日本政府による基地反対運動の抑圧を報告した沖縄平和運動センターの山城博治議長は、「政府に対抗するのと同じくらいの力を使って国際社会とネットワークをつくるべきだと感じた。国連で政府の圧制と暴虐を止める力を得たい」と語った。

    山城議長は薩摩藩による琉球侵攻、明治政府の琉球処分を挙げ、「沖縄の私たちは東京との関係で閉塞(へいそく)しているところがある。国連に行って世界とつながっていることを肌で感じた」と感想を述べた。

     金高望弁護士はデモや抗議行動を含めた表現の自由を最大限に保障する国際人権法の枠組みを紹介。「辺野古新基地建設の現場で県警が3回警告したら抗議市民を逮捕などと言うのは全く法的根拠がない」と批判した。

     研究会共同代表の星野英一琉球大教授は国連での行動の成果として、(1)国際世論の喚起(2)在京メディアを含めた国内世論の喚起(3)日本政府への圧力(4)沖縄の市民を勇気付ける側面-などを挙げた。

     もう一人の共同代表、島袋純琉球大教授は復帰前に立法院が国連植民地独立付与宣言を引用した「2・1決議」を採択した歴史を紹介。「県議会でも国際法に基づく条例を制定することができるはずだ」と提起した。

     会場の那覇市職員厚生会館には約200人が集まり、立ち見も出た。


    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/112899
    2017年7月16日 09:24
    no title

    国連での活動を報告する山城博治議長(右から2人目)ら=15日、那覇市職員厚生会館

    引用元: 【沖縄タイムス+ヒロジ】山城博治氏「政府の圧制と暴虐を止める力を得たい」国連報告会[7/16]

    続きを読む

    no title1: investment ★ 2017/07/15(土) 11:13:31.25 ID:CAP_USER9
    バイキング歴代最高視聴率の陰に裏番組の「大失速」
    2017.07.14 19:00

    フジテレビの昼の情報番組『バイキング』が好調だ。7月1週の平均視聴率が番組歴代最高の6.5%を記録し、MCの坂上忍もホクホク顔だという。

    昼の時間帯は過去5年にわたり、TBSの『ひるおび!』が視聴率トップを走り続けているが、バイキングの急激な追い上げによって、視聴率が下降気味になっている。

    「バイキングはタモリの『笑っていいとも!』のあとを引き継いでスタートしましたが、当初は早々に打ち切りが噂されるほど低い視聴率でした。しかし、坂上忍の歯に衣着せぬ“ご意見番トーク”がインターネットを中心に話題になり、徐々に人気が上がっていきました。最近では、松居一代や豊田真由子議員が話題になったこともあり、坂上忍がどんな発言をするのか視聴者も注目していたのでしょう。これらが大きくプラスに働いたのではないでしょうか」(芸能記者)

    長きにわたる視聴率の低迷で、開局以来の危機を迎えているフジテレビだが、昼の時間帯においては息を吹き返しつつあるようだ。もっとも、フジテレビが一方的に追い上げているわけではないとの指摘もある。長らくトップだったTBSの方が深刻な不調に陥っているのだ。

    偏向報道と「あの出演者」の不人気ぶり

    「MCの恵俊彰の人当たりのよさが人気の『ひるおび!』ですが、ここ最近は番組のマンネリ化や、偏向報道ではないかという指摘がされるなど、視聴者は嫌気が差しているといわれています。先日も東京都議会選挙の結果を取り上げた際に、小池百合子都知事が就任挨拶のときに《当時の川井重勇議長から握手を拒否された》放送したことが、ネット上で《完全なるフェイクニュース》と指摘を受け、慌てて謝罪をしたばかりです。政治的な話題にはことごとく反保守系の人物ばかりを登用し、現政権の批判ばかり。コメンテーターとして気の利いた発言もなく、ただ、批判するばかりの室井佑月などは、主婦から『顔も見たくない』と呆れられているのが現状です」(テレビ誌ライター)

    食レポや芸人のおふざけから脱却し、昼の12時から延々と天気予報を流すなど、独自の路線が成功した『ひるおび!』だが、過剰な偏向報道には、無党派層が多いとされる主婦たちもさすがに辟易している様子だ。

    「さらに不人気を決定的にしたのが、昨年秋の番組改編時から出演している落語家の立川志らくです。ネット上では《偉そうで大嫌い!》、《落語は面白いのにコメントは最高につまらない》など酷評だらけ。落語家としては第一人者なだけに、番組としても大きな期待があったのでしょうが、ここまでは失敗だったと言わざるを得ませんね」(同・ライター)

    5年間視聴率トップも、さすがに賞味期限切れか。

    https://myjitsu.jp/archives/26275

    引用元: 【テレビ】バイキング歴代最高視聴率の陰 裏番組ひるおび!が偏向報道で「大失速」

    続きを読む

    このページのトップヘ