ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: マスゴミ

    20171122_062700
    1: マスター・ネシトル・カ ★ 2017/11/21(火) 19:50:06.24 ID:CAP_USER9
    2017年11月21日 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218050

     安倍首相が10月の衆院選直前に、いきなりブチ上げた「幼児教育の無償化」が早くも頓挫しつつある。

     自民党は衆院選の公約に〈2020年度までに、3歳から5歳までのすべての子供たちの保育園・幼稚園の費用を無償化します〉と盛り込み、選挙中に安倍首相は「保育園や幼稚園の費用はタダ」など聞こえのいい演説を繰り返した。

     ところが、選挙が終わって1カ月も経たないうちに、政府内で無償化の対象から「認可外」の保育施設を外す方針が浮上した。それが報道されると、「そもそも認可保育園に入れなくて通っている人が多いのに」「さらに認可園を優遇してどうする」とツイッターなどで子を持つ親たちの怒りが噴出。批判の高まりに慌てた自民党内の議論で、原則全ての認可外施設も対象とする方針に軌道修正したが、無償化のために支給する助成金に上限を設けるという新たな「足かせ」を保護者にはめようとしている。

    ■票を釣り上げるための“疑似餌”

     検討中の上限は月額2万5700円。認可外の保育料は施設ごとに異なり、世帯所得に関係なく月額3万~5万円という施設もザラにある。このままだと、無償化の恩恵にあずかれない世帯が続出しかねない。

     つまり安倍首相が選挙で訴えた「3~5歳児全員の教育無償化」なんて真っ赤なウソ。20日の衆院代表質問で、立憲民主党の枝野代表は教育無償化について、「親の年収や施設の種類で限定や差異をつけるべきではない」と指摘。安倍首相に無償化に例外がないことなどの確認を求めたが、安倍首相は「具体的な検討を進めている」と答えるのみ。「全員無償化」への言及を避けた。

    「安倍首相が何ら具体策を詰めず財源の検討もせず、『無償化を打ち出せば勝てる』と選挙前の思い付きで公約に掲げたことがよく分かります。“疑似餌”で票を釣り上げれば、あとは言いっ放し。かすかな望みを託した有権者がバカを見るのは許せません。バラマキの財源があるなら、保育施設の増設や保育士の待遇改善にも力を入れるべきです」(政治学者・五十嵐仁氏)

     イカサマ首相が有権者をペテンにかけるのは、これで何度目だろうか……。

    引用元: 【国難/イカサマ首相】もはや詐欺…安倍首相「幼児教育無償化」の真っ赤なウソ[11/21]

    続きを読む

    朝日新聞社旗
    1: (^ェ^) ★ 2017/11/21(火) 22:14:51.16 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/corporate/info/11207006

     貴殿は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題について審議した11月15日の衆議院文部科学委員会で、「総理のご意向」などと記された文部科学省の文書の存在を報じた弊社の5月17日付朝刊1面記事(本件記事という)について、「捏造」と決めつける発言(本件発言という)を繰り返しました。さらに、同17日には国会内で記者団に対し「今も捏造だと思っている」と発言しました。また、自身のツイッターでは「朝日新聞、死ね」と書いたことを始め、弊社の記事について「捏造」などと投稿しています。
     国会という場で行われた本件発言は、事実に反し、弊社の名誉を著しく傷つけるものです。貴殿に厳重に抗議するとともに、すみやかに本件発言を撤回するよう求めます。
     なお、本書面は弊社コーポレートサイト(http://www.asahi.com/corporate/)で公表いたします。

     以下に、本件記事について事実に反する主な貴殿の発言を示します。

    ①「今回の加計問題は、朝日新聞の5月17日の『総理の意向』という『捏造報道』から始まっています。朝日新聞、これ捏造報道です。(略)(「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する文書に関して)この文科省の文書、「総理の意向」と確かに書いてあります。「総理の意向」と書いてあるけども、これは加計学園についてじゃないんです。規制改革についてなんです。(略)これは5月17日の朝日新聞は捏造であると思いますが、いかがですか」との発言。
     本件記事は、貴殿が指摘した「総理の意向」と記載された文書などに基づき、「文部科学省が、特区を担当する内閣府から『官邸の最高レベルが言っている』『総理のご意向だと聞いている』などと言われたとする記録を文書にしていた」という事実を報じたものであり、捏造ではありません。また、同文書には、「設置の時期については、今治市の区域指定時より『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている。」と記載されています。「加計学園のことじゃない」とする貴殿の発言は事実に反しており、捏造との指摘は誤りです。

    ②(上記文書に基づき)「総理の規制改革に関する大きな方針、それが書いてあるだけですよ。それを朝日新聞が切り取って。で、なぜ朝日新聞が意図的に捏造したかと私が言えるかと言えばね、この紙の3パラ目を見て下さい。3パラ目を。諮問会議の決定という形にすれば、総理が議長からの指示に見えるのではないかと書いてあるんです。総理からの指示ではないが、こういう形にすれば総理からの指示があったように見えるよねと書いてあるんですよ。これをみた朝日新聞が、こういう記事を1面で出すというのは、捏造というんですよ。ちょっともうひと言。大臣捏造と言って下さいよ」との発言。
     ①で説明した通り、文書には「今治市での区域指定時より」と明記されており、加計学園による獣医学部新設をめぐる文書であることは明らかです。ご指摘の「3パラ目」も、文書を一連の記載に沿って、普通の読み方をすれば、「総理のご意向」の記載と矛盾するものではありません。文科省などが保管を認めた他の文書にも同趣旨の記載があります。「捏造」と繰り返した貴殿の発言は弊社の名誉を傷つけるものです。

    引用元: 朝日新聞「足立康史殿 、捏造との指摘は誤りです。貴殿の発言は弊社の名誉を傷つけるものです」

    続きを読む

    20171120_0641001: (^ェ^) ★ 2017/11/19(日) 13:07:55.74 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/106808

    政治ジャーナリストの角谷浩一がとんでもなく常識外れなことを言い出し、吉木誉絵と言い合いになる場面があった。
    野党の森友・加計学園追及は本当に必要なのか?

    吉木誉絵「世論調査で野党の質問は建設的ではない『76%』という結果が。これはミサイルが飛んできてる中、モリカケばかりが議論されていた事に国民は不健全だと思ったからでは」
    角谷浩一「それは違う。勉強不足」
    吉「国民はそう思ってる」
    角「全然わかってない」←わかってないのはお前だよ角谷 pic.twitter.com/5YhxTnXrX6

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年11月18日

    吉木誉絵「北朝鮮のミサイルが飛んできている中、森友・加計学園の問題ばかりを議論していることに76%の国民が不健全だと言っている」

    ▼参考。FNNによる世論調査。
    no title


    角谷浩一「それは違うと思うよ!それはね、議会を勉強しないとダメですよ。それは違います!」

    吉木誉絵「いや、そういうふうに(数字が)出ている」

    角谷浩一「いや、出ているじゃなくて、(国民は)議会を全く分かっていないだけで…」

    吉木誉絵「国民が分かっていない?」

    角谷浩一「そうですよ」

    吉木誉絵「国民が分かっていない!?!?!?」

    角谷浩一「その通り。つまり、あなたは今、特別委員会をつくって別でやれとおっしゃったでしょ?」

    吉木誉絵「そうですそうです」

    角谷浩一「それは与党が認めないんだから。そんなものをつくる必要はないと」

    吉木誉絵「質問時間を2対8で野党に8を渡したとして、その内容が建設的なのかどうかを国民が判断…」

    角谷浩一「いやそれ、建設的かどうかなんて誰が決めるの?」

    吉木誉絵「角谷さんはそうおっしゃるかもしれないけど、国民はそう思っているんです」
    角谷浩一の主張は全く意味が分からない。

    世論調査として出たデータは素直に受け止めるべきなのに、国民は間違っていて自分の考えこそが正しいのだと独善的な思考に陥っている。吉木誉絵が森友・加計学園問題の追及は重要度が低く、国民のニーズもないと主張しているのに対し、角谷浩一は特別委員会がどうのこうのと関係ない切り返しをする。

    国民のニーズがなく与党も特別委員会の設置を認めないならもう追及すべきではないということ。それにもかかわらず安倍憎しの精神からか、意固地になって追及を続けようとする。
    質問時間の配分をめぐってはこれもまた一つの論争が生まれている。

    立憲民主党の枝野幸男代表は今の質問時間(約8割を専有)で適切だと主張する。

    しかし議論の本質はそこではない。国民は国会で建設的なことに時間が使われているかどうかを気にしているのだ。野党は8割もの質問時間を独占した挙句、全く収穫が得られないことに時間を使っている。それならばもっと質問時間を減らすべきという意見が出るのは当然。

    国民は何も分かっていないと言った角谷浩一、果たして本当にそうだろうか?国民の声はもっと大事にすべきだと思う。

    引用元: 角谷浩一「北朝鮮ミサイルが飛んでくる中でもモリカケ追及は正しいんだ!国民は何も分かっていない」

    続きを読む

    変態新聞
    1: (^ェ^) ★ 2017/11/19(日) 19:37:07.86 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/mainichi/status/931386473642844161
    毎日新聞 Verified Account
    @mainichi
    「首相がすべきなのは、自身の関与がなかったとしても周辺に「そんたく」がなかったか徹底調査すること」。加計・森友問題の報道に関わってきた記者は指摘します。 mainichi.jp/articles/20171…
    記者の目:加計・森友問題 拭えぬ疑念 首相しか解決できない=杉本修作(東京社会部)
     学校法人「加計(かけ)学園」が国家戦略特区を活用して獣医学部を新設する計画は、林芳正文部科学相が14日に認可し、来年4月の開学が決まった。野党や我々メディアは、加計学園の学部新設と学校法人「森友学園」の国有地取引を巡る問題について、安倍晋三首相に説明責任を果たすよう求めてきた。10月の衆院選で政権与党が勝利し「いつまでモリカケの議論を続けるのか」との声もある。それでも私が二つの問題を問い続...

    ひまわり
    @powerpc970
    「官僚が忖度したら政治家に罪を被せろ」と近代民主主義国家の根幹である罪刑法定主義を否定する毎日新聞社。 これは本当に酷い言論。

    ひまわり
    @powerpc970
    毎日新聞社は変態ニュース騒ぎ j-cast.com/2008/06/200222… の反省からか、読者からの電話でのクレーム受け付け窓口が無いんですよね。結果として「自分達の言論がいかに劣化しているか」が全く見えなくなっている。

    谷梅之助
    @umenosuke_tani
    まるであんたらは特高警察だな。

    高城さんちのぉ拓さん
    @DJ_Silkworm
    なんで周りのバカが勝手にやったことで指示出してない人責めるの バカなの

    引用元: 【毎日新聞・杉本修作】首相がすべきなのは、自身の関与がなかったとしても周辺に「そんたく」がなかったか徹底調査すること

    続きを読む

    朝日新聞社旗
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/19(日) 10:45:44.17 ID:CAP_USER
    (社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

    太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

    サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

    像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

    大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

    ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

    慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

    「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

    もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

    国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

    歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐○はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

    これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

    外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

    韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

    ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。

    ソース:朝日新聞 2017年11月19日05時00分
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html?ref=editorial_backnumber

    引用元: 【朝日新聞/社説】姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない[11/19]

    続きを読む

    このページのトップヘ