ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: マスゴミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: 鴉 ★ 2019/08/17(土) 11:50:28.39 ID:CAP_USER
    最悪の日韓関係。安倍首相に師匠の遺言は届くか

    保守派の重鎮が語った重い一言と、私が大学生時代に知った日韓対立の元凶

    「対話」の呼びかけにどうする日本?

     「日本が対話と協力の道に出てくるならば、われわれは喜んで手を握るだろう」

    韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、日本の植民地支配から解放された8月15日の「光復節」の演説で、日本との対話に応じる柔軟姿勢を見せた。
     韓国を輸出優遇国から除外する日本の2日の閣議決定以降、文大統領は「私たちは二度と日本に負けない」などと述べ、抗日姿勢を露(あら)わにしていただけに、かなりトーンダウンした格好だ。日本に対するナショナリスティックな強硬発言を連発し、内外からの強い批判も浴びたことで抑制的になったとみられる。

     これでボールは安倍晋三首相の手に移った。

    日本はどう対応するのか。

     一国主義者で孤立主義者のトランプ大統領率いるアメリカのグリップ(掌握力)の低下と、中国の著しい軍事的台頭など東アジアの厳しい安全保障を直視すれば、日本はいつまでも韓国と「チキンレース」を展開している場合ではない。日韓がより緊密な関係を築き、率先して、過度なナショナリズムを意識的に克服し、東アジアの平和と安定と繁栄に向けて手を取り合わなくてはならないはずだ。

     安倍政権は、この機を逃さず、文大統領の対話の呼び掛けに応じてほしい。

    朝日新聞
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019081600001.html

    引用元: 【朝日新聞】最悪の日韓関係 日本は、この機を逃さず、文大統領の対話の呼び掛けに応じてほしい[8/17]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: 鴉 ★ 2019/08/15(木) 18:43:40.31 ID:CAP_USER
    素粒子
    2019年8月15日16時30分

     象徴天皇3代目で初めて、戦後生まれ世代が平和への思いを語る。終戦の日、陛下の「長い旅」の始まりである。

        ◎

     韓国では「光復節」。日本の植民地支配から解放された日。改めて思う。立場が違えば見える景色も違うことを。

        ◎

     過去を省み、踏みつけられた痛みを知る。政治が責任を果たさないなら、国民が果たすしかない。未来のために。
    https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14140753.html

    引用元: 【朝日新聞社】韓国では「光復節」 過去を省み、踏みつけられた痛みを知る。政治が責任を果たさないなら、国民が果たすしかない[8/15]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: 鴉 ★ 2019/08/15(木) 18:53:24.67 ID:CAP_USER
    (おんなのイケ麺)長与千種さん 農心ジャパン 辛ラーメン〈袋麺〉
    2019年8月15日16時30分

    ■辛(シン)ラーメン(袋麺)

     体のほぐし方を覚えれば選手たちの役に立つはずと、昨年韓国にマッサージを受けに行ったんです。

    冬の寒い夜、ビニールテントの屋台でラーメンを頼むと、袋麺を開けてちゃちゃっと作ってくれて。

    あの袋、辛ラーメンだよね? 乾麺ヤバイ! 

    めっちゃうまいって。

    https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190815001608.html

    引用元: 【朝日新聞】辛ラーメン、めっちゃうまいって[8/15]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/08/07(水) 16:59:25.48 ID:CAP_USER
     7日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)でのコメンテーター・玉川徹氏の発言に、批判の声が集まっている。

     この日、番組では、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」内の企画展「表現の不自由展・その後」が、脅迫などにより中止になった問題を紹介。6日には、芸術祭に参加したアーティスト72人が、連名で抗議の意を表明するなど大きな問題となっているこの問題だが、同番組では、憲法学者の木村草太氏や日大法学部教授の福田充氏を迎え、展示中止に否定的な見方がなされていた。

     そして、話を振られた玉川氏は、展示中止に対し、「先進国として恥ずかしい」ときっぱり。その後、「芸術展、芸術祭ってことだけで捉える側面以上の側面があってしまったな、ってところがあったと思う」と話し、「背景とか別にして、独自の芸術的価値というものがあると僕は思うんですよね」とコメントしていた。

     さらに玉川氏は、ナチス・ドイツのゲルニカ爆撃をテーマとしたピカソの『ゲルニカ』を引き合いに出し、「当時、あれをドイツで展示したら、あれはドイツではとてもじゃないけど受け入れられなかったと思う。ところが、今になってあの作品はピカソの代表作であって、芸術的価値が高いことはドイツの人でも当たり前に認めてること」と分析。その上で、今回、慰安婦像をモチーフにしているとされる「平和の少女像」について、「この像に問題があるわけじゃなくて、この像がどういう風に使われてるかっていうところに、日本人がすごく反応してるんですよね。でも、実際に像を見た時に、背景にある憎しみとかヘイトと、ここに存在する像とのギャップを感じられるかもしれない。それが芸術の意義なんですよね」と言い、「ヘイトみたいなものによって、芸術祭自体が潰されてしまうのは非常に恥ずべきことと思う」と批判を展開していた。

     しかし、この発言について、ネットからは「慰安婦像だけだったらこの理論通じるかもしれないけど、昭和天皇の写真燃やすのはどうやったって芸術とは思えない」「先進国だからこそヘイトにつながる展示は中止するのが筋」「いま現在政治的プロパガンダとして利用されているものを、その政治的メッセージを除外して芸術性を見い出そうとするのは無理がある」という批判の声が○到している。

    「さらに、この直前には、ワシントンに留学している日本人留学生が、留学先の高校のロゴにきのこ雲が使われているとして、動画で問題提起し、現地の高校生から称賛が集まったことを取り上げ、玉川氏は『意見を受け入れた高校生たちの方を僕は称賛したい。自分たちが誇りに思ってることを否定されたわけですよ? どっかの国だったら“反米だ、出ていけ”って言うような人が湧き上がってくるようなことだと思う。これが、僕は先進国だと思う』とコメント。『表現の不自由展』のコメントとは対となっており、暗に日本を批判するようなこの言葉にも、批判が○到しました」(芸能ライター)

    「表現の不自由展」騒動は、今後も余波を広げそうだ。

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/33649231/
    リアルライブ 2019年08月07日 12時40分

    引用元: 【モーニングショー】『ゲルニカ』と『平和の少女像』を比較して批判 玉川徹、日本は「先進国として恥ずかしい」発言し物議[8/7]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: 動物園φ ★ 2019/07/28(日) 01:53:17.94 ID:CAP_USER
    (社説)日韓の対立 舌戦より理性の外交を

    2019年7月26日05時00分

     多国が集う会合で、韓国と日本が言い争った。両国にタヒ活的に重要な自由貿易を守るための枠組みでの一幕である。国際社会にどう映ったことか。

     世界貿易機関(WTO)で、韓国が日本による輸出規制強化を取りあげ、不当と主張した。日本は反論したが、互いの訴えはかみ合わなかった。他国から発言はなかったようだが、日韓の対立を国際的に印象づけたのは確かだろう。

     日本側は半導体材料の措置に続いて、韓国を「ホワイト国」から外す手続きを進めている。安全保障上問題のない国として扱う優遇をやめるもので、近く閣議決定する構えだ。

     韓国だけでなく日本経済の足も引っ張りかねないうえ、日韓関係を正す確たる展望もない。日本政府は貿易をめぐる一連の措置を取り下げるべきだ。

     安倍首相や閣僚らが当初言及したように、背景には、徴用工問題をめぐる韓国政府への不信がある。しかし、そうした政治や歴史問題を貿易管理と絡めるのは、自由貿易の推進を掲げる日本の原則を傷つける。

     日韓はいまや、互いを非難しあう連鎖に陥った。なかでも、外交の責任者自らが事態をこじらせるのは実に嘆かわしい。

     駐日韓国大使に対する河野太郎外相の言動である。徴用工問題での大使の発言を遮り、「極めて無礼だ」とメディアの前で叱責(しっせき)した。外交使節に対する異例の対応は冷静な対話を困難にし、問題の解決を遠ざける。

     韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領も「これまでも日本の絶対的な優位を追い越してきた」と国民を鼓舞している。だが、徴用工問題について、日本が求める仲裁委員会の設置に応じなかった一方、具体的な対応を定めないのは責任放棄である。

     摩擦が深まるにつれ、両国間の民間交流にも影響が広がってきた。訪日客の減少に加え、自治体間の交流の見直し、航空定期便の運休が相次いでいる。

     混迷に乗じるかのように、ロシアと中国軍の不穏な動きもおきた。竹島周辺など日韓の近海に爆撃機を飛ばすという挑発的な共同活動である。日韓と米国の反応をうかがう狙いではないかとの見方がでている。

     米国との安保上の連携、北朝鮮問題など、日韓が協働すべき分野は幅広い。それを見失い、互いに強みとする産業技術や民間交流までも揺さぶる不毛さを両国政府とも悟るべきだ。

     日米韓やアジアの高官が集う会合が今月末から、バンコクで開かれる。日韓外相も出席する。こうした機会も活用し、落着点を探るべきだ。反感をあおる舌戦や強面(こわもて)の演出ではなく、理性の外交が求められている。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14113680.html?iref=editorial_backnumber

    引用元: 【朝日社説】政府は韓国への一連の措置を取り下げろ

    続きを読む

    このページのトップヘ