ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

    20140418_031: ハイカイおじさん◆mNmaw1uz5x6L 2014/04/18(金)02:14:48 ID:R2c2T4zwO
    ドイツ、日本に隣国との和解を促す10の経験を伝える

    「参考消息」は4月15日、ドイツの週間新聞『ディー・ツァイト』4月12日発売号は、「アジアはドイツから何を学べるか」
    という見出しの記事を掲載したと伝えた。

    ドイツのシュタインマイアー外務大臣は、東アジアは危機発祥の地だが、ドイツはそこで平和に貢献できると話したことがある。

    ドイツは10の自身の経験から得た教訓を伝えることができる。

    1. 和解には長い時間がかかるが、ゴールはない。東アジアの人たちが望む完璧な和解という状態になることはない。

    2. 和解は国民と社会が推し進めるものである。したがって、国がそれを奨励することが非常に重要である。

    3. 和解は政界と民衆の間で反対を引き起こすだろう。そのときに重要なのは目が利く指導者である。

    4. 和解は領土紛争を解決できるが、効果はすぐには出ない。このような衝突は大規模な和解を進める枠組み内で解決しやすい。
    このような和解を進める中では、歴史問題と感情問題を分けて取り扱うべきである。

    5. 単純に法律上の決まりだけで被害者に補償金を支払ってはいけない。法に則った要求がある限り、補償に終わりはない。
    ドイツは、罪を犯したときにユダヤ人国家が存在しなかったにもかかわらず、イスラエルに賠償金を支払った。
    ドイツがイスラエルに賠償金を支払わなければ、和解はありえなかった。

    6. 和解はパートナーとの間でだけ実現する。中国と韓国が日本との対話を望まなければ、日本との和解は期待できない。

    7. 地域的な枠組み協定は非常に重要である。中日韓3カ国間の自由貿易協定の話し合いは和解の基礎になる可能性がある。

    8. 過去に犯した罪の責任は、議会での正式な決定がなければ認めてはいけないわけではない。
    非公式な謝罪も和解を十分に推し進めることができる。そのほか、謝罪の効果は許容されたことから生まれるのではなく、
    和解を始めるのは被害者が加害者を許すことが前提とは限らない。

    9. 和解にはモラルが必要であり、歴史を理解し、調和の効果がある実用主義を持っていなければいけない。
    各国政府が和解を望む前に、個人の活動家はモラルの面で貢献することができる。

    10. 和解を促すため、第三者を仲裁役にしてもよいだろう。米国は、ドイツが戦後に和解を進める中でこのような役割を担った。

    2014/04/17 14:37:10 中国網(チャイナネット)
    http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-04/17/content_32125681.htm

    続きを読む

    20140417_081: ロンメル銭湯兵 ★@転載禁止 2014/04/17(木) 00:34:45.00 ID:???
    2014年4月14日、中国最大のポータルサイト・百度の掲示板に
    「四川大地震で日本人がどれほど被災地を助けてくれたか」というスレッドがある。
    被災地にいち早く駆けつけた日本の国際緊急援助隊の姿や、日本の全国各地で
    繰り広げられた一般市民や児童生徒による募金・支援活動の様子を写した画像が
    多数掲載されており、今もなお数多くの中国人ユーザーがコメントを寄せている。
    そのいくつかを紹介する。

    「泣けてくる」
    「日本人よ、泣かせるなよ」
    「こんなに日本中が救援活動してくれてたなんて、ちっとも知らなかった」

    「中国メディアはなぜ教えないんだ!わざと隠してたのか?」
    「中国と比べると恥ずかしいからじゃないの」
    「報道してたよ。若いから見てないだけでしょ」
    「東日本大震災のとき、中国の小中高生はこんなことしていないよね」

    「今なら状況は違うんじゃない?」
    「国際緊急救助隊の被災地入りは軍事機密を探るためっていううわさがあったよね」
    「日本人は善良だよ。韓国人と違って」

    「ほんとうにありがとう!(日本語で)」
    「日中友好万歳!」
    「日本には心から感謝します。四川大地震の時にあざ笑った韓国は絶対に許しません!」

    「日本の指導者は大嫌いだけど、日本の国民は大好き」
    「2ちゃんねる見ろよ。中国の悪口すごいぜ」
    「日本に行ったことのない奴に日本を悪く言う資格はない!」   (翻訳・編集/本郷)

    Yahoo!ニュース Record China 4月15日(火)20時42分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00000047-rcdc-cn

    続きを読む

    20140417_041: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/04/16(水)21:17:50 ID:UH9Phiu4a
    NHKの籾井勝人会長が13日午前に放送されたNHKの番組に出演し、
    従軍慰安婦問題に関連した自身の発言など一連の騒動について、
    釈明と謝罪を行った。中国中央電視台が伝えた。

     籾井会長は1月25日に行われた就任会見で、「個人的見解」と前置きしたうえで
    「日本だけに存在した制度と考えられているが、戦争国ならばどこにでもあった」
    と主張し、波紋を呼んだ。

     さらに籾井会長は、
    「韓国が日本だけが慰安婦を強制連行したと主張するから
    事態は複雑になる」とし、慰安婦問題は日韓条約で解決済みであり、
    今さら蒸し返す問題ではないとの見解を示した。

    籾井会長の同発言は中国や韓国で激しい反発を招き、謝罪と撤回を求める声が高まっていたため、
    籾井会長は13日、「公式の場で個人的見解を述べたことは不適当、不適切だった」とし、発言を取り消した。
    (中略)
    中国の簡易投稿サイト・微博を覗いてみると、
    「日本人が頭を下げるのはただの習慣。彼らは他人を殴っておきながら頭を下げる民族だ」、
    「まったく受け入れられない。“発言を取り消します”で済むと思っているのか?」
    などの強い反発のコメントが続々と寄せられた。

    慰安婦問題では中国と韓国はほぼ同じ立場を取っているためか、
    微博に寄せられたコメントの大半は反日的な意見ばかりであり、
    「小日本のような恥知らずの国は世界にもそうそうない」、
    「小日本はやはり小日本。救いようがない」など、批判的なコメント一色であった。

    ほかにも「謝って済むなら警察はいらないんだよ」、
    「切腹しないと謝罪が信じられない」など
    籾井会長による謝罪を評価するコメントはほとんど見られなかった。

     過去の戦争と同様に、慰安婦問題についても「謝罪しても許さない」
    という中国人ネットユーザーの姿勢が見て取れた。(編集担当:畠山栄)

    http://news.searchina.net/id/1530031

    引用元: 【中国版ツイッター】NHK会長が慰安婦・領土問題発言を撤回も「許さない、発言取り消しで済むか」「切腹しろ」[4/16]

    続きを読む

    20140416_161: ニライカナイφ ★@転載禁止 2014/04/16(水) 17:24:30.62 ID:???
    ◆河野洋平氏、中国の内政干渉に謝罪 藤岡教授「河野談話も含めて最悪」

    河野洋平元衆院議長が、また売国外交を展開している。
    中国の汪洋副首相との会談で、内政干渉である日本政府批判を散々言われながら、
    「申し訳ない」と謝罪してきたのだ。

    河野氏が1993年、ずさんな調査のまま慰安婦募集の強制性を認めた
    「河野談話」については今週19日、早期撤廃を求める国民大集会が開かれるが、
    いつまで日本を貶めるのか。

    河野氏は15日、会長を務める日本国際貿易促進協会の中国訪問団として、
    北京で汪氏と会談し、日中の経済協力などについて意見交換した。

    汪氏は冒頭、「先生は中国人民の古い友人であり、長期にわたって
    中日両国の友好協力推進に心血を注いでこられた」と河野氏を絶賛し、
    日本の安倍晋三政権について、こう語り始めた。

    「今の日本の為政者には戦略的、長期的な認識が欠けている。
    中国やアジアの人民に不愉快なことをしており、それが中日の経済にも悪影響を与えている」
    「中国政府は日本の為政者と経済界を1つに見ているわけではない。日本の国民も同様だ」

    こんな理不尽な言い分はない。

    中国は沖縄県・尖閣諸島に艦船を連日侵入させ、東シナ海に一方的に防空識別圏を
    設定するなど、「反日」強硬路線を取り続けている。
    これらは民主党政権時代から続いており、安倍政権が理由ではない。
    汪氏の発言は内政干渉であるうえ、日本の指導者と経済界、国民にクサビを打ち込む
    分断工作といえる。

    ところが、河野氏は反論もせず、村山談話を踏襲している日本政府の基本姿勢を説明し、
    「(中国で)疑念が出てきたことは申し訳ないが、今後も戦後の秩序が崩れないよう
    懸命の努力をするので、ぜひ信頼してほしい」と応じたのだ。

    「『河野談話』の早期撤廃を求める国民大集会」(19日午後6時半から、東京・池袋の
    豊島公会堂)にも登壇する、拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「どうして、こんな政治家が
    出てくるのか。『売国奴』という言葉以外、見当たらない」といい、続ける。

    「相手に何を言われても、迎合して緊張から逃避する姿勢は、日本国内で一般の人が
    するならまだいいが、国際社会で国家指導者や政治家がすれば国家の独立や名誉は
    守れない。河野氏は『日本の政治についてはご論評に及びません』と内政干渉を
    はね付けるべきだった。『河野談話』も含めて最悪のパターンだ」

    写真:北京で中国の汪洋副首相(右)と握手する河野氏=15日(共同)
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/photos/20140416/plt1404161534003-p1.htm

    ZAKZAK 2014年04月16日
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140416/plt1404161534003-n1.htm

    ■関連スレ
    【日中】河野洋平氏が訪中し中国副首相と会談「日本は村山談話等の約束を厳守し、交流と協力を促し関係改善の条件を作るべき」[4/16]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397574414/

    引用元: 【日中】河野洋平氏が「売国奴外交」を再開、中国副首相の内政干渉発言に“謝罪”…『河野談話』も含めて最悪のパターンだ[4/06]

    続きを読む

    20140416_151: かじりむし ★@転載禁止 2014/04/16(水) 10:06:23.51 ID:???0
     AFP通信は11日付で、世界最多の兵力を誇る中国は、艦艇や戦闘機、軍事費
    などにおいてライバルの日本を大きく上回るとする一方、アナリストの分析を引用
    したうえで、「人民解放軍の質は日本に及ばず、まして米国とは比較にならない」
    と論じた。中国メディア・環境網が14日付で報じた。
     記事は「中国政府が3月に公表した軍事費は前年に比べて二桁の伸びを示し、数
    字上では中国が優勢であるように見える。しかし、自衛隊が有する技術と隊員の訓
    練面では日本が優位にあり、さらに米国による保護がある」と論じた。
     報道によれば、中国を訪問したヘーゲル国防長官は人民解放軍幹部と会談した際、
    米国が日本を支持することを伝えると同時に、中国の軍事力拡大を批判した。
     中国側は「東シナ海の問題は日中の対立の核心となる問題であり、中国が妥協す
    ることはない」と発言したものの、アナリストは「偶発的もしくは意図的な衝突に
    かかわらず、中国の指導者たちは日本との軍事衝突は中国の利益にならないことを
    知っている」と指摘した。
     台湾政治大学の軍事専門家である丁樹範氏は、「中国の指導者たちはいかなる軍
    事行動においても慎重にならざるを得ない」とし、米国との安全保障条約がなくと
    も自衛隊は訓練度や設備、装備などの点で解放軍を上回っていると主張した。
     国際戦略研究所による報告書によれば、人民解放軍はほぼすべての領域において、
    数の上では自衛隊よりも優位にあった。例えば、解放軍の現役軍人は約230万人
    であるのに対し、自衛隊はわずか24万7150人にとどまる。また、戦闘機や戦
    車、潜水艦などの保有数も解放軍が圧倒的に上回る。2013年度の国防予算にお
    いても中国は1122億ドルだったのに対し、日本は510億ドルだった。
     同報告では、「中国経済の迅速な発展のもと、人民解放軍は現代化を進めている」
    とする一方、「人民解放軍の弱点は、実戦の経験や訓練、指揮・統制における経験
    不足だ」と指摘した。さらに、人民解放軍の軍隊としての質は、日本や韓国などに
    比べて劣っており「米国と比べればその差は歴然」と論じた。


    サーチナ(編集担当:村山健二) 2014-04-16 06:40
    http://news.searchina.net/id/1529936

    引用元: 【外信】仏AFP通信社、「人民解放軍の質は日本に及ばず、米国とは比較にならない」=中国 [4/16]

    続きを読む

    このページのトップヘ