ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

    no title1: しぐれ◆MIZZLE9itk 2014/04/08(火)22:20:03 ID:cBu1r2bFg
    写真: 会談に臨み撮影に応じる中国の常万全国防相とヘーゲル米国防長官(左)=8日、北京(AP)

     【北京=川越一】AP通信によると、中国を訪問しているヘーゲル米国防長官は8日、北京で常万全国防相と
    会談し、中国の東シナ海上空での防空識別圏設定を批判し、「日中間の係争において米国は日本を守る」と述べ、
    日米安全保障条約に基づく日本防衛義務を果たす考えを表明した。

     会談では東シナ海や南シナ海、朝鮮半島情勢などで意見交換した。その中でヘーゲル氏は「事前の協議もなしに、
    係争となっている島の上空に、一方的に防空識別圏を設定する権利は、中国にはない」と述べた。

     米国はこれまで、尖閣諸島(沖縄県石垣市)が日米安保条約の適用範囲との立場を示す一方、当事者同士による
    問題解決を主張する中国に配慮し、日本や、南シナ海で中国と領有権を争うフィリピンの支持を明確に示す言葉は
    避けてきた。

     ヘーゲル氏の踏み込んだ発言に対し、常氏は「自ら日本との争いをかき回すようなことはしない。しかし中国政府は
    領土を保護する必要があれば、武力を使用する準備はできている」と威嚇。「米国は日本の行動を油断なく警戒
    しなければならないし、日本政府に対し寛大になり、支援してはならない」と要求した。


    msn産経ニュース: 2014.4.8 19:43
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140408/chn14040819460005-n1.htm

    引用元: 【尖閣問題】尖閣めぐり米中国防相が火花 米「日本守る」、中国は「武力を使う用意ある」と威嚇[04/08]

    続きを読む

    20140407_081: しぐれ◆MIZZLE9itk 2014/04/07(月)08:27:40 ID:MIesEHFxp
    ここ数年、農家から野菜が消える被害が後を絶たない。取材を進めると暴力団、半グレ、一部の不良中国人が
    関係していることが判明した。背景には中国の経済事情が深く関連しているという。

    ⇒【前回】「野菜の盗難件数が増加。農家を狙う“組織的”野菜泥棒」
    http://nikkan-spa.jp/613049

    野菜,泥棒 中国人不良グループと関係のある中国人男性に話を聞くと、「中国はPM2.5の影響が酷く野菜なんて
    食べられたものじゃないんですよ」と話す。また、中国政府による強制労働問題も大きな原因であるようだ。

    続きを読む

    20140407_071: ぱぐたZ~時獄篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/07(月)00:19:55 ID:pMf5ipGco
    ★苦戦する「中国レアアース業界」・・・「白菜並み」の売値に、「初歩的」な加工レベル=中国

     中国メディア・第一経済日報は3日、中国レアアース業界が抱える問題として、価格決定権がなく安値で売らざるを得ないこと、大手企業が二次加工を手掛ける際に扱う製品がいずれも類似していること、全体的な加工レベルが低いことなどを紹介する記事を掲載した。

     記事はまず、世界の90%にのぼるレアアース資源を供給している中国が、価格決定権を持たないために「白菜同然の価格」で売られているとした。そして、中国五鉱グループの副CEOが「1元の原料を加工して10元、20元で売る。欧米で製品化されて返って来たとき、われわれは1000元を支払わなければならない」と語ったことを紹介した。
    続きを読む

    20140407_061: 田中◆nlLqfjR3/kcb 2014/04/06(日)19:52:16 ID:Vg6jhjqe6
    2014年4月4日、RFI中国語版は記事「メルケル独首相が習近平主席に贈った
    中国の古地図が議論招く」を掲載した。

    3月末、習近平(シー・ジンピン)国家主席はドイツを訪問し、メルケル首相と会談。
    独中両国は緊密なパートナーシップをアピールした。一見すると、良好な関係を
    築いているかのように見える。しかしメルケル首相が習主席に贈ったプレゼントが
    “毒入り”だと話題になっている。

    贈られたのは中国の古地図。宣教師がもたらした情報をもとにフランス人が描いたもので、
    1735年時点での清朝の領域を示している。しかし地図では新疆、チベット、内モンゴル、
    尖閣諸島は清朝の領域外とされている。表向きは中国との関係強化をうたいながら、
    領土問題や人権問題できついお灸をすえたとの見方が広がっている。

    さすがにこの地図は問題ありと中国側は判断したのだろうか、一部中国メディアは贈呈された
    ものとは違う古地図を掲載した。すげ替えられた地図を見たネットユーザーが
    「メルケル首相は中国のチベット、尖閣領有を支持している」と喜ぶ一幕もあった。
    (翻訳・編集/KT)

    livedoorニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/8708860/

    引用元: メルケル独首相、習近平主席に“毒入り”プレゼントを贈る

    続きを読む

    20140406_011: ◆D4vNpalM5M 2014/04/05(土)20:28:26 ID:6Fzu97VIR
    2014年4月4日、環球時報によると、日本メディアが「日本人は中国人よりもメディアの影響を受けやすい」と報じ、中国ネットユーザーが注目を集めている。

    報道は、日本のメディアは一度読者に受けると、テレビ、新聞、ネット上もそれ一色になると指摘。
    一方で中国は、テレビのニュースや新聞では反日報道は多いものの、雑誌や書籍でそのような企画はほとんどなく、中国の若者の情報源はもっぱらネット。
    ネットでは自らアクセスしない限りその種の情報を目にすることはないため、若者が受動的にその種の情報にさらされることが日本より少ないとしている。また、中国人は自国のメディアを信用しきっていない上、合理的で物事を政治と切り離して考えられるため、反日でも日本に旅行に来るとしている。

    ネット上の中国人のコメント
    ・「頭の悪いやつほどメディアに感化される」
    ・「日本人がメディアの影響を受けないなら、第2次大戦のときに国民軍国化の現象は起きていないだろう」
    ・「この報道に同意する。そうでなければ戦時中にあんなに多くの日本人が天皇のために命を捨てるはずがない」
    続きを読む

    このページのトップヘ