ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20221123_16541: 昆虫図鑑 ★ 2022/11/23(水) 16:35:31.09 ID:XjDDSQlk
    習近平はこっそりと野望を放棄していた。人口減少の危機が迫り、成長減速の構造的な主因は放置。「来年後半まではこの状態が続く」と専門家。さらにはアメリカの規制が中国のAIやEVの産業を衰弱させるだろう

    アメリカに追い付け、追い越せの夢は捨てたのだろうか。

    10月に開かれた中国共産党第20回全国代表大会の初日、政治報告に立った習近平(シー・チンピン)総書記の口ぶりからは、経済成長の減速という現実を受け入れ、建国100周年に向けた長期計画の見直しを余儀なくされたことがうかがえた。

    中国政府は2049年までに「全面的な社会主義現代化強国」を築くという壮大な目標を掲げており、その前段として2035年までに国民所得を引き上げ、経済規模を倍増させるとうたっている。

    多くのエコノミストによれば、この「2035年目標」を達成するためには最低でも年率5%の経済成長を維持する必要がある。

    この5%という数字は、以前ならかなり現実的な目標に見えた。それを続ければGDPでアメリカを追い越すのは時間の問題と思えた。

    世界銀行によれば、2021年のGDPはアメリカが約23兆ドルで、対する中国は17兆7300億ドルまで追い上げている。

    「社会主義現代化の基本的実現」を目指す2035年目標は2年前に発表され、15年あれば達成可能とされていた。しかし今回の政治報告では、そこまで勇ましい発言はなかった。

    2年前の習は、2035年までにGDPの総額と国民1人当たりGDPを倍増させるのは「完全に可能」だと言っていた。だが今回、GDP倍増に関する言及はなかった。

    シカゴ在住の経済アナリストで、米ポールソン研究所の研究員でもある宋厚沢(ソン・ホウツォー)はこの点について、中国政府は「世界一の経済大国になるという野望をこっそり放棄」したらしいと評している。

    2年前の2035年目標ではGDPの総額と国民1人当たりGDPの両方について具体的に言及したが、「習は今回の報告でGDP総額に言及せず、国民1人当たりの所得に関する新たな目標にしか触れていない」と宋は言う。

    なお2035年目標の起草時には、2020年に実施された国勢調査の結果がまだまとまっていなかった。

    「当初のGDP目標を断念した理由は、主として2つある」と宋は本誌に語り、こう続けた。

    「まずは中国政府が、自国の人口減少が想定よりも早く始まりそうだという事実に気付いた。人口が減り続ければ、高い成長率の維持は難しい」

    「第2に、GDPの増大という目標が以前ほど重視されなくなった。5.5%成長の目標が達成されなくても構わない――今はそう考えているように思える」


    (略)

    ここ数年は、習のこだわる「ダイナミックなゼロコロナ政策」が民間の中小企業を苦しめ、その生産性を押し下げ、多くの倒産や若年層の失業率悪化を招いているとの批判もある。

    「ゼロコロナ」の縛りのために、党大会の始まる1週間前からは中国各地で約2億人が、何らかの行動制限を課されていた。町全体、あるいは地域を限定したロックダウンが実施され、国内外の旅行者に対する強制隔離措置も継続された。

    香港では9月に、新型コロナ関連の規制が緩和された。今は香港政庁も中央政府の言いなりだから、香港で規制緩和が始まったなら本土の各地でも規制が緩和されるのではないかという淡い期待も浮上したが、そうはならなかった。

    何しろ、「ゼロコロナ」には習のメンツが懸かっている。だから新規感染をゼロに抑えるという政策には完全な成功が求められ、妥協の余地はない。つまり、この政策は今後も続く。そのことは、習も政治報告で明確にしている。

    (略)

    さらにシューは「成長減速の主因は不動産部門の構造的な問題にあり、これが十分に解決されない限り、以前のような成長率に戻ることは難しい。それくらいは習も理解している」と言う。

    (略)

    外的な要因もある。米商務省が10月7日に発表した対中輸出規制の強化だ。先端的な半導体を製造するアメリカ製の製造装置を中国企業が入手できないようにする措置が含まれている。これに対する政策的な対応を、中国はまだ打ち出せずにいる。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e3449e6846dfa88bb56ecfb8611d8c632297bd7?page=1

    引用元: 【ニューズウィーク日本版】中国は「GDPアメリカ超え」を諦め、ゼロコロナを突き進む [11/23] [昆虫図鑑★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20221122_08181: 仮面ウニダー ★ 2022/11/22(火) 06:19:22.61 ID:mg5YEh4N
    中国が、日本を含む30カ国に「非公式警察署」の拠点を設置していたとされる問題で、米国や英国、ドイツ、スペイン、オランダなどは、主権侵害の疑いで実態解明の捜査・調査を本格化させた。一方、岸田文雄政権は拠点の存在について肯定も否定もせず、クギを刺すような発信もない。タイの首都バンコクでの日中首脳会談を受け、「親中派」である林芳正外相の訪中が浮上するなか、外国情報機関の〝暗躍のリスク〟を放置するつもりなのか。安全保障やインテリジェンスの視点から、危機感のなさに警鐘を鳴らす声が挙がっている。

    「国際的に、情報当局などが他国へ浸透して活動するのは当たり前のことだ。日本の現状は『平和ボケ』そのもので、諜報に対する無頓着さに改めて驚いている。世界の厳しい現実から目をそらしてはならない」

    元警察官僚で、自民党の平沢勝栄元復興相は、夕刊フジの取材にこう語った。官僚時代には、危機管理、安全保障のパイオニアで、初代内閣安全保障室長を務めた佐々淳行氏に部下として仕えたこともある。過去の事例を次のように指摘した。

    「北朝鮮工作員が日本に侵入して、横田めぐみさん(58)=拉致当時(13)=など、何の罪もない日本人を連れ去った拉致事件は象徴的だ。同じ西側陣営のはずの韓国が、日本で『金大中(キム・デジュン)事件』を起こした事例もある」

    同事件は1973年、後の韓国大統領となる金大中氏が、東京都千代田区のホテルで拉致された事件だ。当時の韓国中央情報部(KCIA)の工作活動で、金氏は船で韓国に連れ去られた。事件発覚後、日本政府は主権侵害への謝罪と日本当局による調査を要求したが、いまだに謝罪はない。

    平沢氏は「笑顔で握手する外交の裏では、血みどろで問答無用の『情報戦』『諜報戦』が繰り広げられている。中国当局による日本の政官財界への浸透や工作は今に始まったことではない。今回の『非公式警察署』も全容解明に取り組み、警告を発するべきだ」と語気を強める。

    中国の「非公式警察署」は、スペインの非政府組織(NGO)「セーフガード・ディフェンダーズ」の報告書で明らかになった。日本など30カ国の70カ所に拠点が設置されているというもので、各国の当局が捜査・調査に乗り出している

    ニューヨークに拠点が設置されていると指摘された米国でも、懸念が高まっている。

    FBI(米連邦捜査局)のクリストファー・レイ長官は17日、議会上院委員会で、拠点の存在を把握していると明かした。さらに、外交上の手続きなどをせず、拠点を設置するのは「言語道断」「主権侵害で司法や法執行の協力プロセスを回避している」と指弾した。

    一方、日本の反応は乏しい。

    以下ソースから
    https://www.zakzak.co.jp/article/20221121-ZIXBSG5QORM5ZA5QHDEON6P6P4/

    引用元: 【zakzak】岸田政権、中国の「非公式警察署」を調査せず…外国情報機関の暗躍リスク〝放置〟か?[11/22] [仮面ウニダー★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 新種のホケモン ★ 2022/11/14(月) 12:34:52.97 ID:WygjjdfU
    no title


    中国のネットユーザーは「キムチはわれわれのものだ」と主張したことで、「反日教授」としても有名な韓国ソンシン(誠信)女子大学のソ・ギョンドク(徐ギョン徳)教授が14日「もう、ただただ気の毒に思える」と伝えた。

    中国内の一部のネットユーザーは、中国官営メディア“環球時報”や官営英字紙“グローバルタイムズ”などが去る11日に報道した “韓国のキムチ”に関する記事に対し「韓国人がいくらキムチを自分たちのものだと主張しても、彼らが食べているキムチの90%以上は中国産だ」というコメントをあげ「韓国は中国文化を模倣・操作し、自分たちの文化だと略奪行為をする最も深刻な水準の国だ」とつづった。

    中国の官営メディアたちは「ワールドカップが始まる前に、韓国の選手たちよりもキムチが先にカタールに到着した」などの記事を報じ「去る9日に大韓サッカー協会は、韓国農水産食品流通公社(aT)から約200キログラムのキムチを受け取り、カタールの現地に送った」と伝えた。

    中国メディアたちは、キムチを中国語表記である「辛奇」(シンチ)ではなく「泡菜」(パオツァイ:中国の野菜の漬物)と表現した。

    ソ教授はSNSを通じて「多くの中国のネットユーザーが『キムチは中国のものだ』というとんでもない主張をまた繰り広げている」とつづった。

    つづけて「今回も『キムチ工程』の典型的な手法だ」とし「共産党機関紙のキムチに関する記事を通して、中国内のネットユーザーたちのコメントにより世論を形成した後、それを全般的な世論のように仕立てようとするやり方だ」とし「事実が報道されず、自国内だけで世論を形成しようとすることから、世界の人たちからは『国内用のチラシだ』とみなされる」と指摘した。

    また「全世界人は、キムチの宗主国が韓国であることを知っている。中国だけが自分たちのものだと信じているようだ」とし「いつになったら『井の中の蛙』から抜け出し、世界的な認識を認めるのか。もう、ただただ気の毒に思える」と付け加えた。

    2022/11/14 11:39配信
    Copyright(C) herald wowkorea.jp 96
    https://s.wowkorea.jp/news/read/371536/

    引用元: 中国「キムチはわれわれのもの」…「韓国のキムチの90%は中国産」 徐教授「全世界人はキムチの宗主国が韓国であることを知っている」[11/14] [新種のホケモン★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20221113_20121: Ikh ★ 2022/11/13(日) 18:49:22.62 ID:lM0POTxZ BE:456446275-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
    【プノンペン=重田俊介】岸田文雄首相は13日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に日本や中国、米国、ロシアなどを加えた東アジア首脳会議(EAS)に出席した。東シナ海で「中国による日本の主権を侵害する活動が継続・強化されている」と指摘し、名指しで中国を批判した

    沖縄県・尖閣諸島周辺で中国船の領海侵入が相次ぐ。首相は南シナ海でも「軍事化や威圧的な活動など地域の緊張を高める行為が続く」と懸念を示した。

    ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、中国軍が8月に発射したミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾したことに首相は言及した。「台湾海峡の平和と安定も地域の安全保障に直結する重要な問題だ」と強調した。

    ロシアのウクライナ侵攻を巡っては、世界で核兵器が77年間使用されていない歴史があると語った。そのうえで「仮に今回使用されることがあれば、人類に対する敵対行為」だと訴えた。

    北朝鮮情勢では大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルの「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」に向け協力を呼びかけた。香港や新疆ウイグル自治区の人権状況についても深刻な懸念を伝えた。

    日本経済新聞 2022年11月13日 18:30
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA131UE0T11C22A1000000/

    引用元: 【東アジア情勢】岸田首相、中国を名指し批判 東シナ海で「主権侵害」 [Ikh★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20221107_20121: 新種のホケモン ★ 2022/11/07(月) 19:18:55.91 ID:sC+qlQTz
    2022年11月7日、韓国・インサイトによると、米ソルトレークシティで開催されたISU(国際スケート競技連盟)ショートトラック第2戦男子5000メートルリレー決勝で、韓国代表(パク・チウォン、ホン・ギョンファン、イム・ヨンジン、キム・テソン)が6分36秒539を記録し、銀メダルを獲得した。

    記事によると、今シーズンの韓国代表は、22年北京五輪金メダリストのファン・デホンが代表入りを逃しメンバーが多少入れ替わったが、シーズン初の大会から息の合ったチームワークを見せてきた。そうした中、パク・チウォンがレース中に相手選手を挑発するようなジェスチャーを見せ、話題となっている。

    パクはレース中、中国の選手に対し、人差し指を立てて左右に振る仕草をした。記事は「5000メートルリレーの前、中国では悔しいニュースが伝えられていた」とし、「中国に帰化したショートトラック元韓国代表のイム・ヒョジュンが先月30日に行われた男女混合2000メートルリレー準決勝で手を使う反則を犯し、チームが失格となった」と説明。「スポーツマンシップに反する行動を見せた中国代表チームだとはいえ、レース中にわざわざ指を立てるジェスチャーをして相手を挑発する意味はあったのかとの指摘も出ている」と伝えている。

    パクのジェスチャーについて、韓国のネット上には賛否の声が上がっている。

    「かっこいい」
    「愉快、爽快、痛快」
    「素晴らしいパフォーマンス」
    「反則ばかりの中国への警告。気分がすっきりした」
    「銀メダルだけど金メダルをとった気分」


    と支持する声が上がる一方で、

    「やり過ぎ」
    「マナーは守ろう」
    「何もせずあっさり勝利した方がかっこよかった」

    と否定的な声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    Record Korea 2022年11月7日(月) 19時00分
    https://www.recordchina.co.jp/b903971-s39-c50-d0191.html


    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: 【動画あり】韓国のショートトラック選手、レース中に中国選手を指立てジェスチャーで挑発=韓国で賛否「痛快」「マナーは?」 [11/7] [新種のホケモン★]

    続きを読む

    このページのトップヘ