ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

    中国国旗1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/03/23(木) 21:17:34.51 ID:CAP_USER
    2017年3月22日、百度百家はスマートフォンゲーム専門メディア「手游那点事」の寄稿記事「THAAD事件の影響広がる、中国市場における韓国ゲームの認可が無期限延期に」を掲載した。

    高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に伴い、中国ではさまざまな分野で韓国製品・サービスの締め出しが続いている。このたびスマートフォンゲームも「韓国禁止令」に加わったことが判明した。

    スマートフォンゲームの認可を担当する中国国家新聞出版広電総局は韓国製ゲームの申請そのものは受け付けているが、審査は無期限延期、すなわち待てど暮らせど一向に認可されないという状況にあるようだ。

    このニュースが韓国で報道されるや、中国市場に大きく依存している韓国ゲーム企業は大きく株価を下げた。収入の40%を中国市場で稼ぐネクソン社の株価は7%の下落となった。

    記事は「韓国禁止令」は中韓双方の企業にとってマイナスだと指摘する。中国市場を失う韓国企業だけではなく、中国ゲーム企業は人気タイトルを輸入できず、韓国のノウハウを学ぶ機会を失ってしまう。

    また、韓国側が報復措置として中国製ゲームを韓国市場から閉め出す可能性もある。

    記事は上述の通り冷静に分析した後、次の一文で締めくくっている。「しかしながら、国家安全保障問題の前にあって、その他の問題は二の次三の次だ」、と。

    Record china 配信日時:2017年3月23日(翻訳・編集/増田聡太郎)
    http://www.recordchina.co.jp/b173003-s0-c10.html

    引用元: 【THAAD】韓国に新たな報復措置、中国が韓国ゲーム認可を無期限延期[3/23]

    続きを読む

    中国国旗1: たんぽぽ ★ 2017/03/24(金) 06:26:58.48 ID:CAP_USER
    http://news.searchina.net/id/1632019?page=1

     2017年は日本と中国の国交正常化から45年目の節目にあたる年だが、日中関係は小康状態にあるものの、決して良好とは言えない状態が続いている。中国メディアの環球網は23日、日中関係が低迷しているのは日本側の責任であると主張する一方、中国を敵視することは日本にとって利益とはならないと論じる記事を掲載した。

     記事は、中国社会科学院の関係者の見解として、日中関係は2014年11月に行われた日中首脳会談をきっかけに改善の方向に向かうと思われたとしながらも、近年は再び関係が低迷していると指摘。その原因はあくまでも日本側にあると主張した。

     続けて、中国を敵視することは日本の利益に合致しないことは明らかだと主張。周囲に敵国が存在せず、東アジアが安定することは日本にとっての利益であると論じる一方で、日中関係の低迷は米国が日中の接近を拒んでいることが理由であると主張した。さらに、尖閣諸島(中国名:釣魚島)は日中関係における政治的な地雷となり、日本は米国の手先となり、中国の平和的な勃興をけん制するための駒になったと論じた。

     一方で、米国の大統領に就任したトランプ氏が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を決めたことや、在日米軍の撤退の可能性に言及したことなどを指摘。日本と米国の関係が変わりつつある可能性を示唆したうえで「冷戦中に対立していた米国と旧ソ連ですら、関係は改善した」と指摘、日本と中国には歴史問題や領土をめぐる対立は存在するものの、経済面では密接な関係が存在し、日本が中国を敵視する政策を変えれば日中関係は改善する可能性が高いと論じている。

    引用元: 【中国】中国を敵視することは日本にとって利益とはならない=中国報道[03/23]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/03/23(木) 20:12:00.19 ID:CAP_USER
     【北京=西見由章】中国外務省の華春瑩報道官は23日の記者会見で、海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が就役したことに関して「(旧日本海軍の空母)加賀は第二次大戦中、米軍に撃沈された。日本は歴史の教訓をくみ取るべきだ。加賀の再現は、軍国主義の復活を意図しているのではないことを希望する」と歴史問題を持ち出し日本側を牽制した。

     「海洋強国」を掲げる中国は海空軍力の増強を加速させており、今年度の国防予算は初めて1兆元(約16兆1000億円)を突破し、日本の国防費の3倍超の規模になっている。華氏は「近年、日本は絶え間なく中国脅威論を誇張し、軍備拡張の口実にしている」と主張した。

    http://www.sankei.com/world/news/170323/wor1703230034-n1.html


    no title

    海上自衛隊の護衛艦「かが」の艦上で自衛艦旗掲揚が行われ、敬礼する隊員ら=22日、神奈川県横浜市磯子区(菊本和人撮影)
    no title

    no title

    海上自衛隊の護衛艦「かが」の艦上、艦橋の前方にあるSeaRAM近接防衛システム=22日午前、神奈川県横浜市磯子区(菊本和人撮影)
    no title

    海上自衛隊の護衛艦「かが」の艦上の前方にあるファランクス近接防衛システム=22日午前、神奈川県横浜市磯子区(菊本和人撮影)
    no title

    海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「かが」が就役、艦上で敬礼する隊員=22日午前、横浜市磯子区
    no title

    引用元: 【日中】中国報道官「空母加賀は大戦中に撃沈された」 護衛艦「かが」就役で“軍国主義復活”持ち出す[3/23]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/03/22(水) 22:33:56.49 ID:CAP_USER
     中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)最中の8日、記者会見に現れた王毅外相は「猛スピードの列車が正面衝突する前に、双方が赤信号を灯し、急ブレーキをかけるべきだ」と、まるで人ごとのように米国と北朝鮮の緊張関係を批判した。

     北朝鮮を緩衝地帯として利用し、核技術と部品を平壌(ピョンヤン)に提供してきたのは、どこの誰なのか?

     一方で王毅氏は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に強く反対した。中国国内ではTHAAD基地の土地を提供したロッテに対して、露骨に不買運動を組織化させ、嫌がらせを強める。そして、韓国にTHAAD撤廃を迫るというのだから、まるで「凶器を持った強盗が民家の戸締まりをなじる」という構図である。

     王毅氏は日本に対しても、「こころの病気を治せ」と言い放った。戦後の自虐史観から立ち直りつつある日本に、「健全なナショナリズムを回復せよ」と活を入れてくれたのかと誤解しそうだが、真逆で、日本の正気回復が危険だ、それが病気だと言っているのだから、「錯綜(さくそう)しているのはどちらだ?」と問いたくなる。

     北朝鮮が弾道ミサイル4発を同時発射し、日本海に落下させた衝撃は「平和ボケ」の日本にも軍事的脅威を認識させるに十分だった。

     日本の排他的経済水域(EEZ)内は、イカ漁船が操業する海域でもあり、石川県・能登半島から北北西に200キロ、過去のどのミサイル実験よりも日本本土に近い。安倍晋三首相も「脅威は新しい段階にある」と述べた。

     国連安全保障理事会は、北朝鮮非難決議と制裁強化を決めたが、米国のニッキー・ヘイリー国連大使の発言が示唆的だった。「対話が重要なことは了解しているが、相手は無謀な人間よ」

     米国はドナルド・トランプ政権になって、「戦略的忍耐」という従来の姿勢は様変わり、「あらゆる選択肢を検討する」路線となった。これは、北朝鮮への「先制攻撃」を含めるという意味である。

     先週来日したレックス・ティラーソン米国務長官は、焦眉の危機は中国の南シナ海不法占拠ではなく、北朝鮮の核とICBM(大陸間弾道ミサイル)、猛毒の神経剤VXなど生物化学兵器の脅威としている。

     トランプ米大統領は「北朝鮮の暴走を止めようとしたらできたのに、中国が甘やかせたのだ」と中国を名指しで批判してきた。しかし、実際に北朝鮮のICBMが米国に到達できるほどのレベルに達したため、中国を包囲網の仲間に入れようと、中国への攻撃的姿勢を大きく後退させたことは留意しておく必要がある。

     ■宮崎正弘(みやざき・まさひろ) 評論家、ジャーナリスト。1946年、金沢市生まれ。早大中退。「日本学生新聞」編集長、貿易会社社長を経て、論壇へ。国際政治、経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論やルポルタージュに定評があり、同時に中国ウォッチャーの第一人者として健筆を振るう。著書・共著に『米国混乱の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店)、『日本は再びアジアの盟主になる』(宝島社)など多数。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221530003-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221530003-n2.htm

    no title

    全人代に出席した習近平国家主席(共同)
    no title

    トランプ米大統領は、北朝鮮を暴走させた中国に激怒している(AP)

    引用元: 【中国】暴走・北朝鮮を甘やかせた中国、韓国に嫌がらせ 日本には「こころの病気を治せ」と言い放つ[3/22]

    続きを読む

    20170322_191900
    1: Egg ★ 2017/03/22(水) 15:31:51.29 ID:CAP_USER
    中国公安が万一の事態に備え、韓国との試合に警察1万人を動員する。そのため、一般人の入場が制限される。

     韓国と中国は23日午後8時35分(日本時間)、中国・賀竜体育中心で「2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選」第6戦を戦う。組1位を奪還したい韓国(3勝1敗1分/勝ち点10)にとっても、最下位から脱出したい中国(2分3敗/勝ち点2)にとっても負けられない重要な一戦だ。

     本戦進出のための分岐点となる試合であり、激烈な衝突が予想される中で、最近、両国の情勢が荒々しくなっていることで、さらに関心が集中している。中国政府と中国サッカー協会は万一の不祥事を未然に防ぐため、多様な角度で気を配っている。

     韓国メディアや観光客、応援団は競技場周辺から離れた宿舎に誘導し、一部過激な中国人との摩擦を避けるための措置が取られた。試合当日はさらに物々しい雰囲気が予想される。

     大韓サッカー協会の関係者は「賀竜体育中心は4万人を動員できるが、中国公安が80%のみを埋めるよう指示した。そのため、一般人は3万1000人が入場できる。警察は1万人が配置される」と伝えた。また、「韓国応援団の座席は別途250席が区分されている。応援団の安全のためにも公安が準備を徹底している」と付け加えた。

     中国政府は22日午後9時から競技場近隣の建物の電気供給を中断し、当日のスタジアム照明施設に影響がないよう努めている。

     一方、試合当日のユニフォームは中国が赤、韓国が白を着用する。

    WoW!Korea 3/22(水) 15:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000053-wow-socc

    引用元: 【サッカー】<中国公安>韓国戦に警察1万人を動員…一般人の入場に制限=W杯アジア最終予選

    続きを読む

    このページのトップヘ