ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

    1: ニライカナイφ ★ 2017/04/28(金) 05:07:56.66 ID:CAP_USER
    中国共産党が企画する抗日(反日)ドラマ。
    脚本の陳腐さや歴史のねつ造があからさまになるため、中国国民まで反感を持つようになっている。
    辻褄の合わない描写は、ネットでたちまち炎上のネタとなる。

    反日ドラマは、1930年代後半の日中戦争をテーマにした中国共産党政権によるプロパガンダ番組で、頻繁に国営メディアが放送している。
    意図的に日本に対するマイナス感情を作り出し、仮想敵を作り出すことで、国内の党への求心力を高める狙いがある。

    写真:中国抗日ドラマ「お坊さん部隊」と「尼さん部隊」は最も荒唐無稽な抗日ドラマの一つとして知られている。
    no title


    ■「オレの肉まんはただの肉まんではない!」

    ある抗日ドラマの1シーン。
    主人公は爆発物を作る職人で、共産党軍(八路軍)の幹部に自らの作品を披露する場面だ。
    手にしたものはなんと、肉まん。それを一口、また一口と食べつつ、解説する。
    「俺の肉まんは、ただの肉まんじゃないぞ!」。
    そして、食べかけの肉まんを地面に投げつける。

    すると食べかけの肉まんは閃光と共に激しく爆発し、皆が仰天する。
    他にも「キュウリ爆弾」や「カボチャ爆弾」もあるというのだから、きっと遺伝子操作でもしたに違いない。
    実際、食べられる爆弾なんてものは危なくて食べられない。
    それを食するのは、「皮ベルトを食べて行軍し」「歯ブラシの柄が折れるまで使う」忠実な共産党員だけだろう。
    no title


    ■眉間で照準 特殊能力を持ったスナイパー

    こちらのシーン、一見するとかっこいいスナイパーに見えるが、どこかおかしい。
    彼は超能力者なのか、眉間で照準を合わせているようだ。
    ミリタリーを少し知る人ならわかる。
    この目の位置ではまともにスコープを覗けないし、目標に命中させることなど不可能だ。
    彼が超能力者でなければの話だが。
    no title


    ■150kgの爆薬を背負う共産党兵士

    1930年代後半、日中戦争時の中国では産業が衰退し、農業生産力も著しく低下していた。
    そのような時代で兵士しとなる屈強な男子を育てるのは、たいへんな困難だったはず。
    たとえ一流のウェイトリフティング選手でも、150kgの爆薬を背負って部隊についていくのは無理がある。
    感情で理性を代替する思想教育が垣間見える。
    no title


    ■400km先の目標を狙う凄腕スナイパー

    「800里の距離から日本の機関銃兵を一撃で射○した」と言っているが、1里は中国で500メートルに相当するから、800里だと400kmという計算になる。
    これは言い間違いなのか、それとも事実誤認なのか。昨今世間を騒がせている金正恩の砲兵隊でも50km先のソウルを攻撃するのに精いっぱいだ。
    400km離れたところに日本兵を倒せるのはミサイルくらいだろう。
    no title


    ■9歳のおじいちゃん

    「私のおじいちゃんは9歳の時に日本兵によって惨○されたの」。
    ヒロインが恋人に抱き着き、泣いて日本兵の残酷さを訴えている。
    辻褄の合わない年齢計算に「思わず噴き出した」と多くのネットユーザがコメントしている。祖父が9歳で絶命しているなら、子であるヒロインの父親を生んだ当時は、9歳未満ということになる。
    http://img.epochtimes.jp/i/2017/04/26/t_u4w3nesblmeo7rorskex.jpg

    http://www.epochtimes.jp/2017/04/27225.html

    引用元: 【中国】400キロ先の標的を狙い眉間で照準を合わせる狙撃手、150キロの爆薬背負う兵士、肉まん爆弾…デタラメな反日ドラマ[4/28]

    続きを読む

    中国国旗1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/04/27(木) 15:21:27.79 ID:CAP_USER
    日本の「言論NPO」が2005年から毎年実施している日中世論調査は、国民感情の変化を知る上で有益なデータだ。昨秋の発表によると相手国に「良くない印象」を持っていると答えた中国人は76・7%、日本人は91・6%に上る。

    「世論調査の結果は毎年刺激的だ。もっとバランスのとれたものに改善できないのか」  

    先日、言論NPOなどが北京で開いた今年開催予定のフォーラムに関する記者会見で、中国メディアが調査の手法に“疑問”を呈した。対中世論の厳しさに対する中国当局の戸惑いを反映していたのかもしれない。

    工藤泰志代表は「訪日経験のある中国人の対日感情ははるかに良い。そうした面も報道を」と応じた。

    たしかにメディアはその性質上、沈黙より喧噪、協調より対立に焦点を当てがちだ。より全体像に近づくために何を伝えるべきか、自問することも多い。

    「なぜ日本の国民感情は大陸(中国)と台湾に対してこれほど差があるのか」。以前留学していた北京の大学での講義で、中国人学生が疑問の声を上げた。

    この問いへの回答は、日中関係をより広い視野で洞察するヒントになるはずだ。政治的に敏感な問題なのは承知の上だが、日台間の世論だけでも調査対象に追加してもらえないだろうか。

    産経 (西見由章)
    http://www.sankei.com/world/news/170427/wor1704270012-n1.html

    引用元: 【日中】中国人→日本は76・7%、日本人→中国は91・6%が「良くない印象」…世論調査を考える[4/27]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/04/24(月) 23:21:20.51 ID:CAP_USER
     中国が遼寧省大連市で建造している初の国産空母の船体上や周辺から、重機や足場などが撤去されたことが23日、確認された。造船所のドックに注水する作業も同日行ったとみられ、進水に向けた準備を完了したもようだ。近く進水し試験航行などを経て、2020年ごろの就役を目指すとみられる。

     中国国防省の呉謙報道官は3月末、進水時期について「長く待たせることはない」と表明。海軍創設記念日に当たる4月23日に進水するのではないかとの観測が出ていた。

     国産空母は、旧ソ連製空母を改修した中国初の空母「遼寧」と基本構造は同じだが、排水量は約5万トンで、約6万7千トンの遼寧より小さい。国防省などによると、艦載機の離艦も遼寧と同様に、船首部分に傾斜がついたスキージャンプ式の甲板で行う。

     「海洋強国」建設を掲げる習近平指導部は昨年12月、遼寧を初めて西太平洋に航行させた。上海で2隻目の国産空母の建造が伝えられているほか、原子力空母の建造計画も進めているとされる。(共同)

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170424/frn1704241530008-n1.htm


     【大連=西見由章】中国が遼寧省大連で建造していた初の国産空母は23日までに塗装などの作業を終え、進水の準備が整ったもようだ。進水後、試験航行などを経て2020年には就役する見通し。中国は上海でも別の国産空母を建造中とされ、空母打撃群の創設により世界的な軍事プレゼンス拡大を狙っている。

     大連の国産空母は、中国初の空母「遼寧」の前身である旧ソ連の未完成空母「ワリヤーグ」を基に設計。動力は遼寧と同じ蒸気タービンで、艦載機が発艦するための船首部分のスキージャンプ式甲板など外観も似ている。

     以前の中国国防省の発表によると排水量も遼寧とほぼ同規模の5万トン。ただ経験とノウハウを蓄積するための練習艦である遼寧とは違い、中国が初めて作戦に使用する空母となる。「山東」と命名されるとの報道もある。

     ■第2列島線突破、中東展開狙う

     米トランプ政権が朝鮮半島近海に原子力空母カール・ビンソンを向かわせるなどアジア太平洋地域の安全保障に関与を強める中、中国は米軍を排除する「接近阻止・領域拒否」戦略の実現に向けて空母打撃群の運用を急ぐ構えだ。

     香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は空母について全長315メートル、最高速度31ノットと報道。事実なら中国初の空母「遼寧」より船体が10メートル長く、10ノット近いスピードアップが図られたことになる。

     ただ性能が飛躍的に向上したとは言い難い。遼寧と同様、甲板には高圧蒸気やリニアモーターなどで艦載機を発進させる装置「カタパルト」を備えておらず、艦載機の殲(せん)(J)15は自らの推力で発艦する必要がある。このため搭載燃料や武器の重量が制限される問題は解決されていない。

     一方、中国はリニアモーターを使った電磁式カタパルトを開発しており、上海で建造中の空母には搭載されているとの見方もある。東京財団の小原凡司研究員は「違う船をつくってそれぞれ運用し、経験を積んだ上で設計を固めるつもりではないか」と分析する。

     大連の国産空母は、空母建造の期間としては短い約4年で完成。昨年には艦載機のパイロットが発着艦訓練で死亡するなど中国軍の運用開始に向けた焦りも指摘されている。空母打撃群としての戦力化には駆逐艦や潜水艦との一体運用が必要で数年間かかるとされるが、小原氏は「軍事プレゼンスを示すのが目的であれば、就役後間もなく動き回るだろう」と予測する。

     性急さが際立つ中国の空母戦略。長期的には太平洋での制海権獲得という野望を抱えており、初の国産空母も小笠原諸島やグアムを結ぶ「第2列島線」を越えて東太平洋に進出する可能性がある。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170424/frn1704241700011-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170424/frn1704241700011-n2.htm

    >>2以降に続く)

    no title

    23日、中国遼寧省大連で、進水を目前に控え点検作業が行われる初の国産空母

    引用元: 【軍事】性能後回し!性急さ際立つ中国の空母戦略 米対抗焦り…「カタパルト」なし、武器に制限 原子力空母の建造計画も[4/24]

    続きを読む

    no title
    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ (★ 9997-gtPz) 2017/04/23(日) 05:53:33.27 ID:CAP_USER9
    公益財団法人新聞通信調査会は、米英仏中韓タイの6カ国で
    今年2月、各約1千人から回答を得た「対日メディア世論調査」の結果を
    発表した。

    「日本を信頼できる国だと思いますか」とたずねたところ
    「とても信頼できる」「やや信頼できる」と答えた人の割合は韓国で
    13・8%、中国で16・9%。昨年比でそれぞれ3・4ポイント、
    0・7ポイント下落した。米では76・7%、英は65・4%、
    仏は80・4%、タイは89・0%だった。

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASK4N6KCKK4NUTIL043.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: 【社会】日本を信頼できる国だと思いますか?米76・7%、英65・4%、中国16・9%、韓国13・8%

    続きを読む

    no title
    1: ちゃとら ★ 2017/04/15(土) 21:51:15.38 ID:CAP_USER9
    『ニュース女子』#98
    https://www.youtube.com/watch?v=hsG6S19O0Zo&feature=youtube_gdata_player


    中国の報道に関して、33分頃から

    後半部分
    長谷川「日中記者交換協定ってのがあると、
    1、中国敵視政策をとらない
    2、二つの中国をつくる陰謀に参加しない
    3、中日両国の正常な関係の回復を妨げない
    ってのがあったということなんだけど」

    末延「実際問題ね、僕もテレビ局長く居たからわかるけど、もう出来ないんだよ。ちょっと動くと支局閉鎖とか圧力掛かって」

    長谷川「このウイグルとかチベットとか出来ない?」

    末延「絶対。放送出来ないから」

    須田「中国のマスコミとかね報道を普通の我々の欧米や日本のマスコミと同じと思っちゃいけない。
    もう一つ言うとね。××××の東京支局長は中国の情報機関のメンバーだから」

    末延「それでね言っとくとね。僕も70ヶ国回ったけど、本当に一番危ないのは中国の取材なんだ。
    プロパガンダを華僑ネットワークで凄い世界中でやってるわけ。
    これは金とか圧力とか戦略的に投入してやられてて、日本なんかそれに比べると全然ちゃっちいわけ。だから浸透度が凄いわけ世界中で。
    そういう中でチベットとかポッと取り上げようとすると、マイナーリーグみたいになっちゃって、すぐ圧力がジワッと掛かるという状況の繰り返しなんだよ」

    須田「でもなんで、こんな記者交換協定結んでるのか。中国の情報工作に日本のメディアが毒されてるんですよ」

    上念「チャイナからニュース貰えないからでしょ?記者の人が」

    末延「そんなの外務省のチャイナスクールだってそうでしょ。別にマスコミに限らないよ。結構やられてんだよもう。急には変わらない」

    つづく

    日中記者交換協定
    no title

    引用元: 【中国報道】末延「日本のマスコミは中国の批判報道を出来ない。ちょっとでも報道すると支局閉鎖とか圧力掛かる」

    続きを読む

    このページのトップヘ