ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

    1: ねこ名無し ★ 2017/08/14(月) 20:56:38.83 ID:CAP_USER
     安徽省蚌埠市近郊の農村部に住む4歳の女の子は13日、工事現場で遺体となって発見された。ロードローラーに轢かれた後、何者かによって遺体を埋められた可能性が高い。中国メディア「ザ・ペーパー」が報じた。

     11日午後、女の子は行方不明になった。家族はSNSで情報提供を求め、多くの住民は自発的に捜査活動に参加した。

     13日、ある住民は休憩のため、道端に腰掛けたところ、周りの土がほかの場所と比べて柔らかいことに気づいた。掘ってみたら、女の子の遺体が発見された。遺体の上に大きなコンクリートの塊が置かれている。

     現場は女の子の自宅はさほど離れていないところにある。

     道路周辺で当時、工事が行われている。死因は現在調査中だが、ロードローラーに轢かれて死亡した可能性が高いと報じられた。

     親族らはインターネットで「遺体発見現場に大量の血痕がないことから、ほかのところで轢かれて、ここに埋められたのではないか」「なぜコンクリートの塊が置かれているのか」と真相究明を求めている。

     工事現場の周りに立ち入り禁止の警告板がなく、フェンスも設置されていない。女の子は誤って工事現場に入ってしまったとみられる。

    (翻訳編集・李沐恩)

    http://www.epochtimes.jp/2017/08/28171.html

    no title

    工事現場で遺体となって発見された安徽省4歳の女の子。(ネット写真)

    引用元: 【中国】4歳女児死亡、「ロードローラーに轢かれた後に埋められた」=中国安徽省[8/14]

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★ 2017/08/15(火) 08:25:08.42 ID:CAP_USER
    元伊藤忠商事社長、元中国大使の丹羽宇一郎氏が、太平洋戦争の体験者や軍事・安全保障の専門家に聴いて回り、教科書では学べない戦争の真実をまとめた『丹羽宇一郎?戦争の大問題』を上梓した。

    「今回お会いした方たちの中で最も若い方が89歳。戦争体験者は年々いなくなる。戦争の真実を知るには、いまがラストチャンスである」と語る丹羽氏。自身も本当の戦争を知らないという丹羽氏に、この本の取材で体感した「戦争をしない国になるために知るべきこと」について語ってもらった。

    レイテ島で突然降り出した大雨

    今日、8月15日は72年前に当時の政府が玉音放送という形で日本国民に敗戦を発表した日である。日本は降服することで戦争を終わらせたのだ。だが、その決断はむしろ遅かったといえる。

    前回も述べたことだが、日本は1944年のマリアナ沖海戦によって敗戦が決定的となった。将棋でいえば詰みである。しかし、当時の政府中枢は終戦を決断することなく、1年近くにわたって、なお戦争を継続し、民間人50万人を含む多大な犠牲者を出した。

    戦地で命を落とされた英霊は靖国の杜に眠っているといわれる。私は『丹羽宇一郎?戦争の大問題』を出版するにあたって、本年の5月に初めて靖国神社を訪れた。

    九段下から大鳥居をくぐり、靖国神社の長く広い参道を進んでいくと拝殿が見えてくる。正面の門から境内に入ると、有名な靖国の桜の木々が目に付く。そのまま進むと、もうひとつ鳥居があって、その先にあるのが拝殿だ。

    正面門の脇には能楽堂があり、その先に軍事博物館「遊就館」がある。今回、この「遊就館」にも入ってみた。「遊就館」で最も印象深いのは出口手前にある展示室だ。ここにはおびただしい数の遺影が並んでいる。写真に写った姿を見ると、亡くなった人々、一人ひとりの人生とその家族のことを思わずにはいられない。

    靖国神社が、英霊とその遺族の神社であることが痛いほどわかる。元日本遺族会会長の古賀誠氏は、「靖国神社を陛下にご親拝いただけるよう整えるのが自分の使命だ」と言っておられた。

    古賀誠氏のお父上も、激戦の地フィリピンのレイテ島で戦死された。古賀氏はご自身が還暦を迎えられたときに、初めて慰霊のためにレイテ島を訪れたという。古賀氏がかつての戦場の跡にささやかな祭壇をつくり、慰霊の祈りを捧げていると、それまで快晴だった空から突然の雨が降り出した。大雨だったそうだ。

    「涙雨だったのではないか」 古賀氏はそう口にされた。私もそう思った。当地に眠るお父上の再会の涙、そしてお父上と共に眠る数多くの戦友の涙だったのではないだろうか。当地に眠る人々にとって戦後はまだ終わっていないのである。

    靖国に眠る英霊が望んでいることは何か

    昭和天皇は1975年を最後に靖国神社を訪れなくなった。今上陛下も靖国に行かれていない。その理由にはA級戦犯の合祀があるといわれる。古賀氏の言う「陛下がご親拝できる環境を整える」とはA級戦犯の分祀である。古賀氏はこう言われた。

    「マリアナ沖海戦以後に200万人の日本人が死んでいます。マリアナ沖海戦は1944年6月です。マリアナ沖海戦で戦争をやめていれば東京大空襲はなかったし、日本全国の主要都市を襲った大空襲もなかった。沖縄戦もなかった。広島、長崎の原爆投下もなかったのです。

    日本はあのとき戦争をやめる決断をするべきだった。それをしなかったのは為政者の責任です」

    「決断するべき決断をせずに、大変な犠牲者を出した為政者と一緒に祀られることを英霊がよろこぶはずがありません」

    古賀氏が最後に口にした言葉は印象的だった。

    靖国神社に眠る英霊の多くは一般の兵士である。一般兵士が死に臨んで思ったことは、国や天皇のことよりも残る家族や恋人たちのことだったと、今回の著書を執筆するにあたり何人もの戦場体験者のお話を聴いて、私は確信している。

    英霊となった人々は、自分の死によって残る家族や恋人たちが幸せに暮らせるのであればと、あえて死地に飛び込んでいったのである。しかし、当時の為政者は英霊たちの思いに応えることなく戦争を長引かせ、英霊たちの家族や恋人たちである市井に暮らす人々にも多大な犠牲者を出した。

    http://toyokeizai.net/articles/-/182233

    >>2以降に続く)

    引用元: 【丹羽宇一郎】毒ガス兵器は中国に遺してきた日本の負の遺産。日本軍は侵略者であり加害者であり敗者だ。日本人は敗者の歴史を学ぶべき

    続きを読む

    中国国旗
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/13(日) 22:57:17.08 ID:CAP_USER
    日本人は礼儀正しいと言われるが、夜の居酒屋で羽目を外す行為などを見た中国人は「日本人の態度には二面性がある」と感じるようだ。

    中国メディアの今日頭条は4日、礼儀正しいイメージのある日本人について、本当に礼儀正しいのではなく極端に抑圧されているだけだと主張する記事を掲載した。

    記事は、先進国である日本には華やかな印象があるが、その裏には何があるかは不明だと日本の国民性の不気味さを暗に指摘。次いで、日本は学ぶことに長けた国ではあるものの、中国からも西洋からもすべてを吸収したわけではないと主張した。

    例えば、過去に日本は孔子の教えを学びながらも、親への孝行を示す「孝」よりも主人への忠誠である「忠」が重んじられるようになったとしたほか、個人の自由を重んじる西洋の考えは取り入れず、「無意味なルール」で人を縛る社会になったとした。

    その結果、日本には厳しすぎる社会が出来上がったと記事は主張。例えば、日本では喫煙できる場所が制限されているが、喫煙コーナーで申し訳なさげにたばこをふかしている日本人は気の毒だとした。

    さらに、自○率の多さ、カラオケでストレスを発散させる人、電車の痴漢、居酒屋で見かける昼間とは大きく異なる日本人の姿は日本社会の抑圧を証明しているとし、称賛されている日本人の礼儀正しさは本物なのかと疑問を呈した。

    記事は、日本のように押し付ける方法ではなく、好きなことを自由にできる人はより心から博愛の精神を持つ可能性があると主張した。

    しかし、子どものいる場所でも、エレベーターのような閉鎖された場所でも、人の迷惑を考えず好きな時にタバコを吸う中国人は「自由」ということになるだろうが、それが博愛につながるかは疑問だ。

    日本人の礼儀正しさが時に形式的で行き過ぎだと感じるのはわかるが、自由も最低限の礼儀があってこそなのではないだろうか。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1641784?page=1

    引用元: 【中国報道】「極端に抑圧されている?」 昼は礼儀正しいのに夜は居酒屋で羽目を外す日本人[8/13]

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★ 2017/08/13(日) 17:20:09.38 ID:CAP_USER
    爆発事件が起きた中国江蘇省徐州の幼稚園前で、やじ馬の住民に話を聞いていたところ、後ろにいた30歳ぐらいの女性が「日本人は歓迎しない」と唐突に口をはさんできた。

    徐州は1938年、日中の激しい戦闘の結果、日本が占領した場所である。祖父母から記憶が受け継がれているのだろう。

    「日本人は悪い人だ」とも言う。「悪い人もいれば、いい人もいます。中国人だって同じでしょう」と言い返して、はっと気づいた。周りにいる10人以上の人たちが、刺すような視線で私を見つめている。正直なところ身の危険を感じた。

    近くにいた警官たちは助けてくれそうにない。取材を切り上げ、立ち去ろうとする私に、件(くだん)の女性は「とっとと帰りなさい」と、とどめの一言を浴びせてきた。

    日ごろ中国人のマナーの悪さに接し、嫌な思いには慣れているが、自分が日本人ゆえに嫌な思いをしたことは、それまで一度もなかった。

    恨みの感情にこだわることは人を後ろ向きにさせる。かといって、話し合いで解決できるものでもないだろう。気の重い宿題を与えられた徐州行きとなった。 (浅井正智)

    http://tabi.chunichi.co.jp/from-the-world/170705xuzhou.html

    引用元: 【コラム】中国・徐州 「日本人は歓迎しない」「日本人は悪い人だ」 反日感情ぶつけられ[8/13]

    続きを読む

    no title
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/09(水) 16:47:12.00 ID:CAP_USER
    2017年8月8日、環球網は、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で中韓関係が冷却化する中、10月10日に期限を迎える中韓通貨スワップ協定の継続が難しい状況であるとする、韓国メディアの報道を伝えた。

    8日付韓国メディア・亜州経済の報道によると、韓国の企画財政部と中央銀行は7日、中韓通貨スワップ協定の継続に関する協議に進展がないことを明らかにした。

    中韓両国は金融危機後の2008年12月に初めて通貨スワップ協定を結び、11年には規模を拡大。14年には期限が3年間延長された。韓国にとっては最大規模の2国間通貨スワップだ。韓国政府は「中韓両国の経済にとってメリットがある」とし、中国に対して「政経分離」の姿勢を求めてきた。

    しかし韓国メディアは、THAAD問題で両国関係がさらに悪化する中、中国を説得するのは「天に上るよりも難しい」とみているようだ。

    韓国の専門家からも「継続は難しそうだ。韓国は外貨準備の安定を保つとともに、ほかの主要国との新たな通貨スワップを検討しなければならない」との声が出ている。

    記事は「韓国はこれまで米国や日本、欧州諸国との通貨スワップ合意結んできたが、いずれも波乱含みだ。08~10年の米国との通貨スワップはあくまで金融危機へ対応するための一時的な措置であり、日本との通貨スワップは外交問題によって15年2月に終了した。

    今年初めに再締結に向けた協議が開かれる予定だったが、慰安婦少女像の設置問題により日本側が協議を拒否した」と伝えた。(翻訳・編集/川尻)

    http://www.recordchina.co.jp/b186984-s0-c20.html

    引用元: 【韓国】中国の説得は「天に上るよりも難しい」、中韓通貨スワップ協定の更新は絶望的―韓国メディア[8/09]

    続きを読む

    このページのトップヘ