ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    中国国旗1: 新種のホケモン ★ 2022/01/04(火) 16:05:14.88 ID:CAP_USER
     過去の戦争ゆえに、中国では反日感情を持っている人が少なくない。中国人からすると東南アジア諸国で反日感情がほとんど見られないことが不思議で仕方がないという。中国メディアの網易はこのほど、東南アジアで反日感情が見られない理由を考察する記事を掲載した。

     記事はまず、日本は第2次世界大戦中に東南アジアの多くの国を占領し、しかも「暴力的な統治を行った」と主張する一方、東南アジア諸国は日本のこうした所業を「覚えていないかのように見える」とした。

     この理由について、東南アジア諸国は第2次世界大戦がはじまる前から長期間にわたって西洋諸国の植民地となっていたことを挙げた。これら西洋諸国による数百年にわたる植民地支配は、「奪略と虐げ」の歴史で、これと比べると日本による統治はわずか数年だったので、東南アジアの人々は日本より西洋人を憎んでいるに違いないと主張した。

     また、日本は「西洋による植民地支配からの解放」を掲げたので、東南アジアの人々に歓迎されたと分析した。同じアジア人の「兄弟」が助けに来てくれたという感覚だったのだろうと分析した。また、戦後は実際に独立できており、しかもいち早く経済復興した日本がこれらの国に経済援助を行ったので、日本に対して憎むどころか好感を持っているのだと説明した。

     中国としては、かつて日本が占領した国々で今では好感を持たれていることに納得がいかないようだ。これら東南アジア諸国では、むしろ中国の評判の方が良くない国も少なくないと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ 2022-01-04 11:12
    http://news.searchina.net/id/1704550?page=1

    引用元: 【中国メディア】東南アジア諸国が日本を恨んでいない理由を考えてみた [1/4] [新種のホケモン★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    変態新聞1: 新種のホケモン ★ 2021/12/28(火) 11:19:53.27 ID:CAP_USER
     安全保障環境の変化に合わせた防衛力の整備は必要だろう。ただし、目的や費用対効果を明らかにし、国民の理解を得ながら取り組まなければならない。

     来年度予算案の防衛費は、デジタル庁計上分を含めて5兆4005億円に上り、8年連続で過去最大を更新した。

     背景には、周辺国による軍事活動の活発化がある。中国は軍拡と威圧的な海洋活動を続け、北朝鮮は迎撃が難しい変則軌道の弾道ミサイル開発などを進めている。

     防衛費はこれまで国内総生産(GDP)比でほぼ1%以内に抑えられてきた。今回は約0・96%になる見通しだ。

     ただ、防衛省は今年度補正予算分と合わせた総額が6兆1744億円になると説明している。前年度と比べて大幅増となり、GDP比は1・09%に達する。

     4月の日米首脳会談で、政府は防衛力強化を約束し、自民党は衆院選で「2%以上を目標」と公約していた。規模の拡大を内外に印象付ける狙いが透けて見える。

     政府は来年末に、国家安全保障戦略や防衛大綱を改定する。併せて、5年間の装備品や予算の上限を定める中期防衛力整備計画も見直す。6兆円超えを既定路線に、さらに上積みを狙う考えだろう。

     今回の特徴は、研究開発費を今年度比で4割弱増やし、2911億円と過去最大にしたことだ。

     次期戦闘機の開発や、電磁気を使って弾丸を超高速で撃つ技術などの研究に充てる。射程の長い国産の巡航ミサイルを艦艇や戦闘機からも発射できるようにする。

     「敵基地攻撃能力」を保有するかどうかの議論を待たずに、装備の開発が進む。国民的な理解を欠いたまま、専守防衛の原則を曲げるようなことは認められない

     中国を念頭に南西諸島の防衛力強化も急ぐ。石垣島にミサイル部隊を置き、与那国島では電波の収集・分析などに当たる電子戦部隊の配備に向けた準備をする。

     しかし、「安全保障環境の悪化」という言葉を錦の御旗(みはた)に、防衛費をなし崩しで膨らませることは許されない

     政府はまず具体的な脅威を見定め、明確な戦略を描かねばならない。そのうえで必要な装備や態勢を国民に説明する責務がある。

    毎日新聞 2021/12/28
    https://mainichi.jp/articles/20211228/ddm/005/070/090000c

    引用元: 【毎日新聞/社説】過去最大の防衛予算 歯止めなき膨張許されぬ [12/28] [新種のホケモン★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20211224_1606001: ramune ★ 2021/12/24(金) 11:26:08.19 ID:W/pOJ+DE9
     北京冬季五輪を巡り、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、
    日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会の森和之会長が出席する方向となった。
    政府関係者が24日明らかにした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/886b4bd42af9a3f3a76f8600b5a944e233ed372c

    引用元: 【外交的ボイコット】北京五輪に橋本聖子氏ら3人出席へ [ramune★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20211223_0642001: 一つ覚えの@ばかばっか ★ 2021/12/23(木) 04:05:03.99 ID:CAP_USER
    岸田文雄首相がまた、北京冬季五輪に関する決断を先送りした。臨時国会閉会を受けた21日夜の記者会見で対応を問われたが、従来の「のらりくらり」を繰り返したのだ。中国当局による新疆ウイグル自治区での人権弾圧を受け、米国や英国などは、政府代表を派遣しない「外交的ボイコット」を表明している。岸田政権はいつまでフリーズしているのか。

    「適切な時期に五輪の趣旨や精神、外交の観点などを勘案して、わが国の国益に照らして判断をしていく」「今しばらく諸般の事情を総合的に勘案して判断していきたい」

    岸田首相は会見でこう語った。まるで「壊れたレコード」だ。

    政府としては、北京五輪に閣僚の派遣をしない方針のようだが、「中国が『メンツをつぶされた』となれば、進出企業や五輪に出る選手に嫌がらせをするかもしれない」(首相周辺)などと懸念し、正式表明を見送っている。

    ただ、米国や英国が問題視しているのは、人類の普遍的価値である「人権」である。日本は1919年、第一次世界大戦後のパリ講和会議で、人類史上初の「人種的差別撤廃」を提案した歴史を持つが、約100年後の政府は「人権」より「損得」を優先するのか。

    「ヒゲの隊長」こと自民党の佐藤正久外交部会長は21日、岸田会見を受けて、自身のツイッターにこう書き込んだ。

    「ガッカリ! ある意味、(『外交的ボイコットはしない』と)態度を表明している韓国の方が立派。日本外交、大丈夫か?」「日本がズルズルなら外交部会を開く」

    https://www.zakzak.co.jp/article/20211222-BSOIXB7TPNPG7LUTSDVADQNNKA/

    引用元: 岸田首相また決断先送り 北京五輪の外交的ボイコット「総合的に判断」とのらりくらり 佐藤正久「態度を表明している韓国の方が立派」 [ばかばっか★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 荒波φ ★ 2021/12/20(月) 18:06:37.14 ID:CAP_USER
    【北京=羽田野主】

    2022年2月の北京冬季五輪の開会式を巡り、中国政府が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に招待状を出したことがわかった。

    中韓外交筋が明らかにした。韓国は国内世論を見極めつつ慎重に検討する見通しだ。

    文氏は対立を深める米国と中国の間で一方に偏らない外交を展開してきた。中国は韓国を取り込むことで、米英豪などが表明した外交ボイコットが広がらないようにする思惑がありそうだ。


    2021年12月20日 18:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM205UY0Q1A221C2000000/

    引用元: 【中国】 北京冬季五輪に韓国大統領招待  韓国は慎重検討か [12/20] [荒波φ★]

    続きを読む

    このページのトップヘ