ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 中国

    20180209_0704001: たんぽぽ ★ 2018/02/09(金) 06:30:58.92 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000014-jij-cn
    時事通信

     【北京時事】台湾東部の地震で、蔡英文政権が中国ではなく日本の救援チームを受け入れたことに中国国内で反発が出ている。

     共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は8日、「大陸を拒絶しながら日本の援助を受けるのか?」と題する記事を配信した。

     環球時報によると、台湾総統府報道官は8日、救援の人員や物資は足りていると説明し、中国などの援助を辞退しながら「唯一の例外は日本だ。高価な探査機を持っている」と発言した。日本の救援チームは8日、震源地に近い花蓮で、傾いたビルで人命探査装置による捜索活動を始めた。

     中国ではもともと、台湾独立志向の民進党・蔡政権への警戒心が強い。中国のインターネット交流サイト(SNS)は、今回の地震で改めて浮き彫りになった日台の親密ぶりに「台湾独立分子の目には、中国は敵で日本は身内と映っている」などと台湾を非難する書き込みであふれている。

     中国メディアは、安倍晋三首相が毛筆で「台湾加油(頑張れ)」と慰問のメッセージを書いたことも併せて伝えている。

    引用元: 【中国】日本特別扱いに中国反発=台湾地震の救援めぐり[02/09]

    続きを読む

    1: 薬師神 ★ 2018/02/03(土) 20:58:51.52 ID:CAP_USER
    さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、韓国と共にあちこちの国々に慰安婦像を建てるべく、裏で反日工作を続けるあの国のお話でございます。
    今回も、こうした自国が犯した非人間的残虐行為や重大な戦争犯罪に対しては謝罪どころかそれ以前に事実すら認めないくせに、日本に対しては謝罪を要求する連中の欺瞞(ぎまん)を暴(あば)く一件について、詳しくご説明いたします。

    ■人民を戦車で踏み潰す…中国政府「タヒ者は学生36人など民間218人」発表、実際は「万」

    みなさんも恐らくご存じだと思います。
    1989(平成元)年6月4日、民主化を求め、首都・北京の天安門広場に集まった学生を中心とする一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が発砲したり、装甲車でひき○すといった武力弾圧を強行し、多数のタヒ傷者を出した「天安門の大虐○」です。
    「え、天安門事件のことでっしゃろ。大虐○?。そんな大袈裟(おおげさ)なもんちゃいまっせ」と思ったあなた。
    間違ってますよ~。

    なぜか。
    中国政府は当時、発生から15日後の6月19日、タヒ者数は学生36人を含む民間人218人と人民解放軍(PLA)の兵士10人、武装警察官13人の計241人。
    負傷者は7000人と発表していたのですが、先ごろ英国で公開された外交機密文書によると、実際は何と、少なくとも1万人の一般市民が○害されていたことが判明したのです。
    政府の公式発表の約41・5倍ですね。

    昨年の12月23日付で英BBC放送や英紙インディペンデント、フランス通信(AFP)など、欧米の主要メディアが一斉に報じているのですが、この数字、どこから出てきたかと言いますと、当時の駐中国英国大使、アラン・ドナルド卿(きょう)が、この大虐○の発生翌日の1989年6月5日付で打電した英政府への極秘公電の中に出てきたのです。

    ■英国大使「中国の内閣から聞いた虐○数は…」

    この極秘公電、ロンドンの英国立公文書館が保管しているのですが、昨年の10月に機密指定が解除され、それを受けて香港のニュースサイト「HK01(香港01)」がこれを閲覧。
    最初に内容を報じたのでした。
    前述した各メディアの報道によると、アラン卿の情報源は「中国の国務院の“良き友人”から聞いた情報を伝えてきた」人物で、6月3日の夜から4日の夜の大虐○についての状況が説明されています。

    ちなみに中国の国務院とは、実質的に中国を支配する内閣で、議長を務めるのは首相です。
    なので極めて信用できる内容なのは間違いありません。
    事実、アラン卿はこの情報源について、この大虐○が起きる以前から信頼できる人物で「事実と憶測と噂を慎重に区別」する人物だったと説明しています。

    では肝心の内容はどうだったのか?。
    アラン卿の打電内容について、前述の英紙インディペンデントなどはこう記しています。

     <天安門広場の周辺に集結した大勢の人々に“残虐行為”を行ったのは、(中国北部の)山西省の人民解放軍の陸軍「第27集団軍」で、彼らの60%は読み書きができず、primitive(原始的な人々、幼稚な人々)と呼ばれていた>

     <(当時の中国の最高実力者である)●(=登におおざと)小平(とう・しょうへい)率いる共産主義政府が“最も信頼でき、従順である”との理由で「第27集団軍」を選んだとみられる>

     <「第27集団軍」の装甲兵員輸送車(APC)は群衆を銃撃した後、彼ら(の遺体の)上を走っていった。APCは時速64キロの速度で軍隊や一般市民を轢(ひ)いていった>

     <(集結した)学生たちは、天安門広場から退去するまでの時間として、1時間の猶予を与えられたと考えていた。しかし5分後、APCが攻撃を開始した>

    1989年6月、北京の天安門広場に近い長安街で戦車の前に立ちはだかる男性
    no title

    http://www.sankei.com/west/news/180201/wst1802010004-n1.html

    引用元: 【中国】人民を戦車で踏み潰した天安門事件…中国政府「死者は学生36人含む民間218人」⇒ 実際は万単位 英機密文書より判明[2/3]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/01(木) 21:24:00.75 ID:CAP_USER
    no title


    中国のポータルサイト・テンセント(QQ)は1月24日、日本の村山富市元首相にインタビューした映像を掲載し、1月31日時点でもコメントが書き込まれるなど中国ネットで話題になっている。

    インタビューでは日中関係や歴史的な問題のほか、村山元首相の現状についても触れており、ネットではこの部分が話題になった。

    首相を辞めたあとの待遇について、「専用車、秘書、警備・医療人員が配属されるといった待遇はありますか」と聞かれた村山元首相は、「もう普通の人と同じです」と何の待遇もなく近場なら自転車で移動すると明かした。さらに、頼まれて講演をすることはあるが、「講演料をもらって講演をしたことはあまりない」と語っている。

    村山元首相の現状について中国ネットでは、「日本人がみな村山元首相のような人だったら、日中のわだかまりも少なかったはず」「村山元首相は中国人が尊敬できる人」と日中関係に言及する声や、「首相を辞めたらタクシーをあまり使わないなんて、想像もしていなかった。尊敬に値する人だ」「中国なら小さな官僚だとしても、辞めたあとは一般人とは違う暮らしぶりだ」と、かつて日本のトップだった人物が今では庶民と同じように暮らしていることに驚く声が少なくなかった。
    (翻訳・編集/内山)

    ソース:レコードチャイナ【動画】村山富市元首相の今の暮らしが中国ネットで話題に、「想像もしていなかった」行動とは
    http://www.recordchina.co.jp/b565200-s0-c30.html

    引用元: 【中国】 村山富市元首相の今の暮らしが中国ネットで話題に~「想像もしていなかった」行動とは[01/31]

    続きを読む

    中国国旗
    1: らむちゃん ★ 2018/01/30(火) 19:44:56.72 ID:CAP_USER
    サーチナ2018-01-30 14:12
    http://news.searchina.net/id/1652572?page=1

     今なお根強い反日感情が存在する中国では、日本は歴史問題に対して誠意ある対応を取っていないという声が存在する。日本はこれまで謝罪を行い、様々な支援も行ってきたが、中国ではこうした支援の実態が広く知られているとは言い難いのが現状だ。

     中国メディアの今日頭条は28日、日本が1979年から2010年にかけて中国に行ってきた支援について紹介する記事を掲載し、「日本が中国に30年以上にわたって莫大な支援をしていたとは、まったく知らなかった」と伝えている。

     外務省によれば、日本は2013年度までに有償資金協力(円借款)として約3兆3164億円、無償資金協力として1572億円、技術協力として1817億円、総額にして約3兆円以上を中国に政府開発援助(ODA)として提供してきた。

     記事は、日本がこれまで中国に対して「大規模な支援」を行ってきたことは、「多くの中国人が知らないこと」であると指摘する一方、中国の大都市である上海にある浦東空港や北京の首都国際空港はいずれも日本からの資金援助のもとで建設されたものだと指摘。

    そのほかにも蘭州や武漢、西安などの空港も同様に日本から援助を受けたものだと伝えた。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: 【中国】まさかそんな・・・日本が30年以上も中国をODAで支援していたなんて=中国メディア

    続きを読む

    20180130_204000
    1: 薬師神 ★ 2018/01/30(火) 20:05:19.96 ID:CAP_USER
    中国外務省の華春瑩副報道局長が、河野太郎外相のツイッターで満面の笑顔を披露し、話題になっている。
    華氏は記者会見で硬い表情で中国政府の公式見解を繰り返すことで知られ、最近表情を崩したのは、パンダをめぐる答弁の勘違いを指摘されたときぐらいだ。
    このギャップに日中のネット利用者は「意外!」「日中友好」「ハニトラ(ハニートラップ)に気を付けて」などと、さまざまな反応が相次いでいる。

    ■「中国の有名な女性と!」

    河野氏は2018年1月27日から28日にかけて中国・北京を訪問し、王毅外相、楊潔チ国務委員、李克強首相らと会談。
    関係改善に向けた意見交換を行ったり、中国の潜水艦と軍艦が尖閣諸島の接続水域を通過した事案について再発防止を求めたりした。

    河野氏が外相として訪中するのは初めてだ。
    河野氏は帰国直後の1月29日朝、「中国の有名な女性と!」の英語の説明とともに、華氏とツーショット写真をツイッターの英語アカウントに投稿。

    1800件ほどリツイートされ、
    「笑顔見たことなかった」
    「いい笑顔」
    といった声が相次いだ。

    また中国語でも、
    「日中の友好関係を守ってルールに従って行動しよう」
    「中日友好、世界和平」
    「日中関係も、こういう笑顔みたいになってほしい」
    といったコメントが確認できる。

    華氏の写真は英語版のアカウントにのみ投稿されたが、後に河野氏の日本語のアカウントでもリツイート(拡散)された。

    ■2017年12月のパンダめぐる質問では「シャンシャン」違いで表情崩す

    華氏は17年12月19日の定例会見では、上野動物園で一般公開が始まったジャイアントパンダ「シャンシャン」(香香=Xiangxiang)に関する質問を杉山晋輔外務事務次官に関する質問と勘違いする一幕があった。
    「杉山」も「シャンシャン」(Shanshan)と発音するためで、華氏は硬い表情で「日本が(日中共同声明など)4つの政治文書に基づいて...」と話したが、間違いを指摘されて「こんなにかわいい、やさしい質問だったのに...」と表情を崩した。

    笑顔を見せたのはこの時と就任あいさつぐらいで、1月29日の定例会見でも、河野氏の訪中について
    「(日中)双方が日中関係、国際情勢や地域情勢について突っ込んだ意見交換をした」
    などといつもの硬い表情で振り返った。

    https://www.j-cast.com/2018/01/30319917.html?p=all

    引用元: 【日中外交】河野太郎外相、中国の報道官とのツーショットを投稿で日中ネットから反響「ハニトラに気をつけて!」[1/30]

    続きを読む

    このページのトップヘ