ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 北朝鮮

    北朝鮮国旗1: ろこもこ ★ 2018/07/14(土) 08:21:30.80 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180714-00000023-jnn-int

     北朝鮮制裁をめぐる新たな動きです。韓国政府が「南北軍事ホットラインを再開させるため」として、ガソリンなど51の品目について輸出禁止の対象から除外するよう国連安保理に求め、承認されたことがJNNの取材で分かりました。

     韓国政府は11日、国連安保理の北朝鮮制裁委員会に対して51品目のリストを提出し、北朝鮮への輸出禁止の制裁対象から一時的に除外するよう求めていたことがJNNの取材で分かりました。

     リストには、軽油やガソリンなど燃料のほか、SUV車やバス、トラックなど自動車も含まれています。これらについて韓国政府は、「南北の軍事当局者の間で連絡を取り合う通信設備を整える目的に限って使う」と説明しています。

     このリストについて、安保理の北朝鮮制裁委員会が14日未明までに、制裁除外を承認したことも明らかになりました。安保理理事国のアメリカも含め、反対意見は出なかったということです。

     今年4月の南北首脳会談では、南北軍事ホットラインの再開も合意されていました。(14日07:33)

    引用元: 【北朝鮮制裁】韓国政府、ガソリンなど51の品目について輸出禁止の対象から除外するよう国連安保理に求める[07/14]

    続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/07/13(金) 14:16:31.64 ID:CAP_USER
    ■トランプはシンガポールで金正恩と派手な見世物を演じたが、
    その後始末に平壌を訪れたポンぺオを待っていたのは障害物だらけのリアリティーだった

    マイク・ポンペオ米国務長官にとって、
    北朝鮮との交渉を進展させるというドナルド・トランプ米大統領の大胆な宣言を現実に変えるのは、
    決して簡単なことではなかった。7月6~7日にかけて平壌を訪問したポンペオには、幾つもの大きな障害があった。

    彼が抱えていた問題の一部は、トランプ政権が自ら招いたものだ。
    タカ派で有名なジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が非核化の期限を1年と発言したことに加えて、
    北朝鮮が核戦力を隠蔽しているという米情報当局の報告書がメディアに漏洩したことで、
    ポンペオはきわめて困難な立場に立たされていた。

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、望むものは仲介者を通さずともトランプ本人から直接、
    手に入れることができると確信している。
    トランプは米朝首脳会談の後の記者会見で「高額」かつ「挑発的」な戦争ゲーム(米韓合同軍事演習)をやめ、
    いずれは在韓米軍を全面撤退させる計画を明らかにしていた。

    これを受けて、金がトランプを「御しやすい相手」と考えたとしても無理はない。
    そしてトランプが側近をないがしろにする傾向があり、かつての側近の多くがホワイトハウスを去っていることを考えれば、
    金にとっては、大きな代償を払ってポンペオに譲歩する理由はない。

    ■「進展は小出しに」が金ファミリーの戦略

    ご記憶だろうか。レックス・ティラーソン前国務長官が北朝鮮との対話の可能性を模索して、
    トランプに「時間の無駄」と切り捨てられたことを。
    北朝鮮を先制攻撃する「ブラッディ・ノーズ(鼻血)作戦」を大統領に進言した
    H.R.マクマスター前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も事実上、更迭されたことを。
    あるいは、ジェームズ・マティス国防長官が在韓米軍と米韓合同軍事演習は必要不可欠だと繰り返し主張していたことを。

    金は覚えている。そして彼は、
    米朝首脳会談の前にはアメリカ側の交渉担当者たちが核兵器や弾道ミサイルの放棄を書面で約束するよう強く求めていたものの、
    そんな約束を一切書かなくても、トランプはシンガポールで嬉々として合意文書に署名してくれたことを。

    北朝鮮との交渉はいつだって難しい。金がそうなることを望んでいるからだ。
    アメリカは「些細な問題で煩わせろ」というのが、金ファミリーに伝わる戦略だ。
    そうすればアメリカはいつまで経っても
    「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」のような核心の問題に到達できないからだ。
    進展を小出しにすれば、小さな譲歩も大きく感じられる。

    no title


    続きはソースで

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/post-10573.php
    ★1が立った日付2018/07/12(木) 14:26:53.50
    前スレhttps://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1531373213/

    引用元: 【米朝協議】シンガポールの米朝蜜月は終わった──ポンペオ、手ぶらで帰る[07/10]★2

    続きを読む

    北朝鮮国旗
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/07/08(日) 13:56:10.02 ID:CAP_USER
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、日本にある朝鮮学校の生徒が修学旅行で北朝鮮から持ち帰った土産品を税関で没収された問題を巡り、
    「不当きわまりない弾圧策動」であると非難する論評を配信した。

    この問題は、神戸朝鮮高級学校の生徒62人が6月28日夜、北朝鮮訪問を終えて関西空港に到着した際、
    約半数の生徒が、北朝鮮の国旗などが描かれた化粧品や薬などの土産品を、
    税関により「経済制裁により禁止された輸入品」とみなされ、押収されたというもの。

    論評は、「生徒たちが所持した物品は、日本政府が不当に加えている対朝鮮制裁項目にも該当しないもので、
    夜12時が過ぎるまで生徒たちを家にも帰られないように迫害し、強制的に奪うべき何の理由もない」と主張。

    そのうえで「これがまさに、表では『対話』をうんぬんし、裏では『制裁・圧迫』を唱え、
    国際社会の面前では『人権擁護国』に振る舞い、振り返ってはあらゆる民族差別的・反人倫的悪行をこととする島国チョッパリ(日本人の蔑称>>0�の
    醜悪な真面目(素顔)である」と決めつけた。
    https://dailynk.jp/archives/112820

    引用元: 【国際】 北朝鮮、日本人を罵倒 「島国チョッパリ」

    続きを読む

    20180707_1001001: ろこもこ ★ 2018/07/07(土) 08:11:11.84 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00031031-hankyoreh-kr

    朝米首脳会談前後の韓国人認識調査

    北の好感度、2010年調査開始以来最高
    韓国人の好感度が最も高い首脳は“トランプ”
    10人中7人「朝米首脳会談は成果を上げた」
    対北朝鮮信頼度、2013年10.7→54%急騰
    20代は全般的に懐疑的反応、注目

     朝米首脳会談以後、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長とドナルド・トランプ米大統領に対する韓国人の好感度が大きく上がったことが分かった。北朝鮮に対する好感度も急騰し、中国と日本を超えたと調査された。

     峨山(アサン)政策研究院が5日に発表した「朝米首脳会談と韓国人の周辺国認識」報告書によれば、金正恩委員長に対する韓国人の好感度は、安倍首相(2.04点)より二倍高い4.06点を記録した。このような結果は、峨山政策研究院がリサーチアンドリサーチに依頼して先月18~20日に全国の成人男女1000人を対象にした電話世論調査(95%信頼水準に標本誤差±3.1%p)とあらわれた。周辺国の指導者に感じる好感度(0~10点)を聞いた結果、昨年11月に底を打った金委員長の好感度(0.88点)は、今年3月2.02点に上がり、今回再び2倍以上騰がったと調査された。研究院側は「指導者好感度調査を始めた2013年以来、金正恩委員長の好感度が1点台前後であった点を考慮すれば、驚くべき結果」として「金正恩委員長が今年初めから対北朝鮮制裁から抜け出すために対話に積極的に取り組んで起きた変化」と解釈した。

     韓国人が最も好感を感じる周辺国の指導者は、トランプ大統領(5.16点)だった。3月(3.76点)に比べてトランプ大統領の好感度も明確に上昇した。朝米首脳会談でトランプ大統領に対するイメージが改善されたとみられる。

     一方、習近平中国国家主席に対する韓国人の好感度は3.89点で、昨年11月(4.02点)と今年3月(3.29点)に比べて大きい変化は見られなかった。同じ期間に安倍晋三日本首相の好感度変化はさらに微小だった。昨年11月の2.04点から今年3月には1.79点に落ちた安倍首相に対する好感度は、6月調査で2.04点を記録した。

     周辺国に対する好感度も大きくは変わらなかった。回答者が最も好感を感じた周辺国はアメリカ(5.97点)で、北朝鮮(4.71点)がそれに続いた。研究院側は「北朝鮮の好感度が4点台を超えたのは、周辺国好感度調査を始めた2010年以来初めて」とし「北朝鮮に強硬な態度を見せた保守層でも、北朝鮮好感度は4.32点で高かったということも興味深い結果」と評価した。調査の結果、中国と日本に対する好感度はそれぞれ4.16点、3.55点とあらわれた。北朝鮮の好感度が中国より高く調査されたのは今回が初めてで、日本を超えたのも約4年ぶりだ。

     6・12シンガポール朝米首脳会談に対する韓国人の評価も高く表れた。10人中7人は「朝米首脳会談が成果を上げた」(71.8%)と答え、「成果がなかった」という回答者(21.5%)より圧倒的に多かった。敵対国だった朝米の首脳が初めて会ったという点が肯定的評価の要因にあげられた。ただし年齢帯別に見れば、朝米首脳会談の成果に対する肯定的回答が相対的に20代の女性(59.7%)で少ないことが調査された。

     「北朝鮮の非核化の可能性はない」という認識は、会談前(3月・23.7%)から会談後(6月・10.2%)に半分以下に減った。同じ期間に北朝鮮の非核化に予想される所要期間は、10.9年から6.5年に短縮された。

     回答者10人中6人は「北朝鮮が合意をちゃんと履行するだろう」と見通した。研究院側はこのような展望が対北朝鮮信頼度と関連があると指摘した。2013年の調査で「北朝鮮を対話相手として信頼できる」という回答者は10.7%に過ぎなかったが、今回の調査では54%に高まった。一方、「北朝鮮を信頼できない」という応答は85.1%(2013年)から43.5%(2018年)に半減した。

     多くの回答者は、南北関係(83.2%)と朝米関係(76.7%)が今後「良くなるだろう」と見通した。文在寅(ムン・ジェイン)政府の対北朝鮮政策に対しては、72.3%が「満足」と答えた。

     研究院側は「多くの韓国人が現状況を肯定的に見ていたが、年齢帯別では視角の差が存在した」として「相対的に20代は北朝鮮(3.95点)と金正恩委員長(3点)に低い好感を示し、北朝鮮を信頼しない方(54.4%北朝鮮不信)だった」と明らかにした。韓米合同演習の中断に対しても、回答者の賛成が51.9%で反対(44.2%)より高い中で、20代は反対(58.4%)意見が賛成(39.1%)を上回った。研究院側は「新しい南北関係を確立しなければならない重要な時期をむかえることになった以上、文在寅政府は20代の対北朝鮮認識に注意を注がなければならない」と指摘した。

    キム・ジウン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    引用元: 【ハンギョレ新聞】韓国人の好感度、金正恩は安倍の2倍[07/07]

    続きを読む

    北朝鮮国旗1: Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/07/01(日) 23:32:57.50 ID:CAP_USER9
    ◆【歴史戦】北が在日コリアン差別訴え、拉致は触れず 日本「事実無根」と反論 国連人権理で日朝応酬
    2018.6.28 07:33更新 産経

     ジュネーブで開催中の国連人権理事会で27日、日本と北朝鮮の間で在日コリアンの人権問題などを巡り応酬となった。北朝鮮が「日本では政府の黙認下、在日コリアンが差別されている」と批判。日本は事実無根と反論する一方で「相互不信を克服する用意がある」と北朝鮮に対話を呼び掛ける場面もあった。

     志野光子駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は、北朝鮮による拉致問題が米朝首脳会談で話し合われたことは「非常に重要だ」と指摘、国際社会に今後の推移を注視してほしいと訴えた。

     北朝鮮代表は拉致問題には触れず、日本は過去の歴史を美化しようとしていると強調。さらに在日コリアンの人権問題を取り上げ「日本はまず過去と現在の問題に取り組むべきだ」と主張した。

     同代表部の中込正志公使が、日本は謙虚に歴史の事実に向き合っており、在日コリアンを差別するような法制度もないと反論。「北東アジアの平和実現のため日朝間の懐疑を乗り越えることが大切だ」と対話の必要性を訴えた。

     しかし北朝鮮代表は納得せず、強制連行や従軍慰安婦問題に触れ「日本の人道犯罪は揺るぎない事実だ」と述べた。対話への呼び掛けにはコメントしなかった。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/180628/wor1806280007-n1.html

    引用元: 【対話】北朝鮮が国連人権理事会で「日本では政府の黙認下、在日コリアンが差別されてる」 日本「事実無根」

    続きを読む

    このページのトップヘ