ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 北朝鮮

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/26(水) 13:32:59.73 ID:CAP_USER
    no title

    ▲韓国の文在寅大統領が25日午前(現地時間)、米国ニューヨークのホテル「パーカーニューヨーク」で米報道機関「FOXニュース」のインタビューに応じている。

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が第73回国連総会に参加するために23日から3泊5日の日程で米国を訪問している中、米国保守系放送局「FOX(フォックス)ニュース」のインタビューに応じた。

    文大統領はこの日、FOXニュースとのインタビューで、北朝鮮が非核化合意を履行しない場合の措置に関連して「たとえ(北朝鮮への)制裁を緩和することがあっても、北朝鮮が欺く場合、約束を破る場合には、制裁をまた強化すればいいだけのこと」と述べた。

    続いて「ドナルド・トランプ米国大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が相手の約束を信頼する土台の上で非核化交渉を展開していっても、米国は損することが全くない」と明らかにした。

    今回のインタビューは第3回南北首脳会談の成果と意味を米国民に広報し、韓半島(朝鮮半島)の平和構築とこれに関連する緊密な韓米協力体制の重要性を文大統領の肉声を通じて直接伝えるという趣旨で行われた。

    青瓦台(チョンワデ、大統領府)は、文大統領就任後、海外現地で行われる初のインタビューで、FOXニュースチャネル開局以来、初めての韓国大統領インタビューという点で意味があると説明した。

    インタビューは25日(現地時間)午前に行われ、同日午後6時に放送される。インタビュアーはFOXニュースの政治担当首席アンカーのブレット・べイアー(Bret Baier)氏が務めた。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<文大統領「北朝鮮が約束破ったら制裁をまた強化すればいいだけのこと」>
    https://japanese.joins.com/article/493/245493.html

    引用元: 【南北韓】 文大統領「北朝鮮が約束破ったら制裁をまた強化すればいいだけのこと」~米メディアのインタビューで[09/26]

    続きを読む

    20180926_2041001: (^ェ^) ★ 2018/09/26(水) 20:05:57.09 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00010000-sentaku-pol

     菅義偉内閣官房長官が、安倍晋三首相の自民党総裁連続三選を前提に、「次の一手」をあれこれ仕掛け始めている。携帯電話料金や漁業協同組合改革についての言及が代表的だが、菅氏がさらに踏み込もうとしているのが「ギャンブル依存症対策」という聖域だ。
     それが、パチンコと競馬に対する規制強化だ。ギャンブル依存症対策基本法は具体策を政令に委ねている部分が多く、行政の判断で動かせる部分が多い。菅氏はここに着目し、パチンコ景品交換所や場外馬券売り場の改廃に踏み込む意向をにじませているという。どちらの業界にしても、抵抗の大きさは携帯電話会社や漁協の比ではないだろう。パチンコ業界から献金を受け取る議員が多いことは言わずもがな、競馬にしても農林水産省の牙城で「族議員」も多い。
     また、パチンコや競馬のファンが暴動を起こしかねないと懸念する声も強い。それでも、「強い政権でなければ改革はできない」と菅氏は意気軒高だ。
     これだけ「敵」を増やす政策を進めるからには、権力の中枢から外れた時の「意趣返し」は想定しているのか。そうでなければ、長期政権の驕りによって周りが見えなくなっているのだろう。            (選択出版)

    引用元: 【ギャンブル】菅官房長官が「パチンコ規制」に本腰「強い政権でなければ改革はできない」 「景品交換所」という聖域にメス

    続きを読む

    20180926_1805001: 荒波φ ★ 2018/09/26(水) 12:53:41.14 ID:CAP_USER
    国連を訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日(現地時間)、国連のグテーレス事務総長と会談し、北朝鮮の平壌で行われた金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談の結果について説明した。

    文大統領はグテーレス氏に「北朝鮮における非核化の進展と同時に、まずは北朝鮮への人道支援が必要だ」と強調し「国連の機関を通じた人道支援が行われるよう事務総長の関心と協力をお願いしたい」と訴えた。韓国大統領府のコ・ミンジョン副報道官が伝えた。

    文大統領と金正恩氏は「平壌宣言」の中で北朝鮮に対する支援について「南北は伝染性の疾病の流入および感染拡大防止に向けた衛生管理と医療分野での協力を強化する」との内容に合意している。

    グテーレス氏との会談で文大統領は「今回の訪朝を通じ、非核化に対する金正恩氏の確かな意志を確認できた」とした上で「非核化を進める方法の一つが終戦宣言だと思う。今回金正恩氏と終戦宣言の考え方についても合意した」とも説明した。

    文大統領によると、金正恩氏と合意した終戦宣言とは「政治的な宣言」であると同時に「敵対関係を終息させるもの」だという。


    2018/09/26 10:41
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/26/2018092600738.html

    引用元: 【文大統領】 国連事務総長に対北人道支援を要請 [09/26]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/18(火) 18:42:55.87 ID:CAP_USER
    no title

    ▲18日平壌順安空港に着陸した空軍1号機(左)は訪問国の国旗を掲揚した前例とは違い、いかなる国旗も掲げていない。右側は昨年、フィリピン国旗と太極旗をともに掲げてマニラ空港に到着した姿。(写真=共同取材団)

    18日午前9時49分。平壌順安(ピョンヤン・スナン)空港の空に白い飛行機が現れた。そして、順安空港の滑走路に着陸した。機体の横面には赤色と青色の縞模様が、機尾には太極旗が明らかに見えた。機体には「大韓民国」と「KOREA」、そして大統領を象徴する鳳凰のロゴマークが描かれている。平壌に到着した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の大韓民国空軍1号機(KFA001)だ。

    この日、1号機は普段と違った。違うところは飛行機全面上部にある。

    文大統領は就任以降、歴訪ごとに専用機の旗手に太極旗と訪問国の国旗を掲げた。いつも掲揚している太極旗と訪問国の国旗がないという点だ。文大統領は米国など単一訪問国を行く時はもちろん、多国会談のための歴訪の時もほとんど例外なしで該当国の国旗を掲げてきた。しかし、今回は太極旗はもちろん、北朝鮮の北朝鮮国旗を掲げなかった。

    文大統領を歓迎するために出迎えた平壌市民は北朝鮮国旗とともに韓半島(朝鮮半島)旗を手にしていた。平壌空港で見せた太極旗は空軍1号機の機体に両側と機尾に描かれていたのが唯一だった。金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が板門店(パンムンジョム)韓国側の平和の家を訪れた時は太極旗はもちろん、北朝鮮国旗の掲揚もなかった。

    2000年金大中(キム・デジュン)元大統領が順安空港に到着した時は南北の合意により太極旗はもちろん、北朝鮮の国旗の姿も見えなかった。当時、平壌市民は造花を熱烈に振りながら南北首脳の出会いを歓迎した。

    平壌順安空港に大統領機が着陸したのは2000年、金大中元大統領の南北首脳会談以降18年ぶりだ。同じ1号機だが、機種は違う。金元大統領は当時、アシアナ航空のボーイング737特別機を利用した。空軍1号機では2番目の訪朝だが、ボーイング747が北朝鮮に下りたのは今回が初めてだ。

    2007年盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は陸路を利用して乗用車で行き、黄色い軍事境界線を歩いて越えた。

    この日、平壌空港には大統領機に先立ち、ボーイング737の空軍2号機(ボーイング737-3Z8)が先に着陸し、文大統領の到着を待っていた。空軍2号機は3月と9月、文大統領が北朝鮮に派遣する特使団の訪問の時も利用された。
    (後略)

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<南北会談>18年ぶりに平壌に着いた韓国大統領の「空軍1号機」…姿を消した太極旗
    https://japanese.joins.com/article/277/245277.html

    引用元: 【南北会談】 18年ぶりに平壌に着いた韓国大統領の「空軍1号機」…姿を消した太極旗[09/18]

    続きを読む

    20180905_0616001: Ikh ★ 2018/09/04(火) 16:04:27.44 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)政権の挙動が怪しくなるばかりだ。
    大国の横暴には「民族の核」で
    前回は、韓国は「北朝鮮の核の傘」に入るつもりだ、とのくだりで終わりました。
    鈴置:それを明確に書いた韓国人がいます。朝鮮日報の池海範(チ・ヘボム)記者です。同社の東北アジア研究所所長でもあります。記事「『北朝鮮の核は民族の資産』という幻想」(8月8日、韓国語版)の書き出しを訳します。
    最近、ある小さな集まりで左派陣営の人がこう語った。「統一後を考えれば北朝鮮の完全な非核化よりは一部の核を残した方がずっとよい。我が民族が強大国の横暴を牽制するのには、核を持つことが格段に有利だ」。
    彼は「南の経済力と北の核を合わせば世の中に怖いものはない。我々の世代がこの偉業を成し遂げようではないか」とも語った。
    南北が平和共存に向け協力する時代に入ることで、北の核は南北共同、すなわち民族の資産になるとの論理だ。だから北朝鮮の非核化にこだわり過ぎず、大きな枠組みで交流・協力を強化せねばならぬということだ。彼の言葉に対し、同席した何人かが首を縦に振った。

    文在寅政権も夢見る
    ついに韓国人が本音を語り始めましたね。
    鈴置:池海範記者も韓国人が北の核で自らを守りたいと考えるのは、ある意味で当たり前と書いています。記事はこう続きます。
    「南の経済力と北の核を結合する」との発想はかなり魅力的である。一部の知識層にこれを期待する雰囲気もあるようだ。外国からの侵略と亡国の歴史を持つ韓国人が、強く豊かな統一国家を夢見るのは極めて当然のことだ。
     さらに池海範記者は、文在寅政権もそう考えているであろうと指摘し、批判しました。
    しかし万が一にも青瓦台(大統領府)のいわゆる「自主派」補佐陣までこんな夢を見ているとすれば、非常に危険なことである。
    「北の核は民族の核」との論理を作り、宣伝してきた主役は平壌(ピョンャン)政権だ。1月25日、北朝鮮の統一戦線部が発表した「国内外の全ての朝鮮民族に送るアピール」はこう主張した。
    「我が民族が握った核の宝剣は米国の核戦争の挑発策動を制圧し、全ての朝鮮民族の運命と千万年の未来を固く担保してくれる。民族の核、正義の核の宝剣を北南関係の障害物と罵倒するあらゆる詭弁とたくらみを断固として粉砕しよう」。

    ※続きは元記事でご覧ください。

    ソース
    日経ビジネスオンライン 2018年9月4日(火)
    https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/090300191/

    引用元: 【鈴置高史】北朝鮮の核武装を望む韓国

    続きを読む

    このページのトップヘ