ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 北朝鮮

    no title1: しじみ ★ 2018/05/27(日) 18:37:03.22 ID:CAP_USER
    【5月27日 時事通信社】
    韓国の文在寅大統領は、朝鮮半島の非核化、
    平和体制の構築には米朝首脳会談で非核化の具体策などで合意することが不可欠とみており、
    会談の成功に向け、米朝間の不信払拭(ふっしょく)に引き続き全力を挙げる。

     文氏は27日の記者会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が26日の南北首脳会談の席上、
    「改めて朝鮮半島の完全な非核化の意志を明確にした」と強調。
    「米朝首脳会談の成功を通じ、戦争と対立の歴史を清算し、平和と繁栄のため協力していく意志を明らかにした」と紹介した。
    正恩氏の非核化実現に向けた意志や、
    米朝首脳会談に懸ける意欲をトランプ米大統領にアピールする狙いがあるのは明らかだ。

     一方、文氏は正恩氏との会談で、先の米韓首脳会談の結果を説明。
    「トランプ氏は、正恩氏が完全な非核化を決断し、実践する場合、
    北朝鮮との敵対関係の終息と経済協力に対する確固たる意志を持っている」と伝えたという。
    非核化に当たり米側に「段階的で同時的な措置」を求める正恩氏に「見返り」を示し、説得するためとみられる。

     文氏は「正恩氏は、非核化に踏み切った場合に米国が敵対関係を終息し、体制を保証するという点について、
    信頼できるのか心配しているようだ」とも指摘。
    「正恩、トランプの両氏とも、米朝首脳会談の成功を心から願っているだけに、
    双方が直接的な意思疎通を通じ、誤解を解き、首脳会談の議題について十分に事前に対話する必要がある」と強調した。
    米朝間の仲介努力には限界もあることを暗に認め、
    米朝首脳会談の成否は、結局は両国の直接交渉に懸かっているという認識を示した形だ。(c)時事通信社

    http://www.afpbb.com/articles/-/3176190

    引用元: 【韓国】米朝の不信払拭に全力=仲介に限界も[05/27]

    続きを読む

    20180525_0551001: 動物園φ ★ 2018/05/27(日) 08:07:42.23 ID:CAP_USER
    2018年05月26日08時48分
    [? 中央SUNDAY/中央日報日本語版]

    6月12日に予定されていたシンガポールでの米朝首脳会談の中止を決めたトランプ政権が北朝鮮に対する追加制裁を検討中だと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が24日(現地時間)報じた。

    WSJは米政府関係者の発言を引用し、「24日に開かれたホワイトハウス国家安保会議(NSC)で、今後あるかもしれない軍事行動や新しい対北朝鮮制裁などについての議論があった」とし「来週初めに出す北朝鮮への数十種類の新しい制裁を考慮中」と伝えた。

    また「トランプ大統領は会議で『必要な場合、米国の軍隊は準備ができている。もし不幸な事態が起こる場合、軍事的な対応についても韓国・日本政府と対話した』で述べた」と付け加えた。

    http://japanese.joins.com/article/723/241723.html?servcode=A00&sectcode=A00

    引用元: 【無慈悲】米国、数十種類の対北追加制裁を考慮

    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/27(日) 03:34:19.86 ID:CAP_USER
    南北首脳、板門店で2度目の会談
    文氏、米朝仲介乗り出す
    2018/5/26 23:50
    c一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/373065232429646945

    26日、板門店で抱き合う韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)
    no title


    韓国の文在寅大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=共同)
    no title


    【ソウル共同】韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で、4月27日に続き2度目の会談を行った。
    会談は極秘裏に進められ、26日夜に韓国大統領府が発表。
    トランプ米大統領が6月12日に予定していた史上初の米朝首脳会談の中止を通告したことなどを巡り、同会談の成功を望む文氏が仲介に乗り出したもようだ。
    会談結果は文氏が27日午前10時(日本時間同)に発表する。

    米朝間で再び緊張が高まることを憂慮する文氏は、正恩氏に対話方針を変えないよう求めたとみられる。

    引用元: 【共同通信】南北首脳、板門店で4月27日に続き2度目の会談 韓国・文大統領、米朝仲介乗り出す[18/05/27]

    続きを読む

    20180525_0551001: 蚯蚓φ ★ 2018/05/26(土) 17:23:56.24 ID:CAP_USER
    北朝鮮の非核化の本心を疑ってきた日本政府は、米朝首脳会談の中止に対して「驚くことではない」とし、予想していたという反応を示した。

    河野太郎外相は25日、訪問先のメキシコで記者団に対して、「会談をしても成果がなければ意味がない」とし、トランプ米大統領の首脳会談中止の決定を理解する立場を明らかにした。河野氏は、「(トランプ氏が)最近の情勢を見て、北朝鮮の非核化につながらないと判断したのではないか」と付け加えた。

    小野寺五典防衛相は、「北朝鮮に対する圧力を維持することが問題解決につながる」とし、「最大限の圧力」維持の方針を繰り返した。菅義偉官房長官は、北朝鮮の挑発の可能性について、「高度な緊張感を持って警戒監視態勢を維持する」と述べた。

    日本経済新聞は、「日本としては米朝首脳会談を急いで開く必要がない」という外務省関係者の発言を伝え、「米国が北朝鮮と中国に圧力を加えることで、日米関係は一層緊密になる可能性がある。会談中止は、安倍晋三首相に良い便りかもしれない」と報じた。毎日新聞は、「米朝間の仲介者の役割を自認した文在寅(ムン・ジェイン)大統領には外交的に大きなダメージ」と伝えた。東京新聞も、「文大統領の体面を完全に失った」と報じた。

    欧州の首脳たちは、対話のモメンタムを生かさなければならないと強調した。フランスのマクロン大統領は記者会見で、「トランプ氏の決定が韓半島非核化に向かう過程で発生した小さな問題であることを望む」とし、「韓半島の緊張緩和への過程はすでに始まり、非核化目標への過程は続かなければならない」と強調した。英国のメイ首相は、首相室報道官を通じて、「米朝会談が計画どおりなされないことは残念だ」とし、「韓半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化をもたらす合意を望む」と強調した。

    董正民

    ソース:東亜日報日本語版<河野外相「成果なければ意味ない」…日本メディア「安倍氏には良い便り」>
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1332488/1

    引用元: 【米朝会談】 日本メディア「会談中止、安倍首相には良い便り。文大統領には大きなダメージ」[05/26]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/26(土) 16:23:33.78 ID:CAP_USER
    完全に後頭部を殴られた。キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長はもちろん、ムン・ジェイン大統領も同じだ。キム委員長の方がさらに痛いだろう。韓国系米国人3人を解放し、豊渓里(プンゲリ)取材団から韓国取材陣を抜いて終盤に入れるなど精一杯、身代金を膨らませながら、核施設を爆破してわずか1、2時間でトランプ米国大統領が6月12日に予定された北米首脳会談を電撃取り消したからだ。

    ムン大統領もあきれるのは同じだ。1泊4日の窮屈な日程で米国に飛んでトランプから北朝鮮の体制保障と「柔軟な一括妥結」発言を引き出す成果を得た、と自評したのはまさに数日前だ。普通の国の大統領なら想像もできない非礼だったが、トランプは瞬きもしなかった。そして韓国はもちろん中国、日本など周辺国にどんな背景説明があったという話もまだ聞かれない。

    トランプの北・米首脳会談取り消しの背景はまだ分からない。首脳会談前、米国と北朝鮮の実務接触で進展した立場が出てくることを期待したが特に内容がないと失望をしたという分析もある。これにチェ・ソンヒ北朝鮮外務省部長が「(北・米)首脳会談を再検討するよう問題を最高指導部に提起する」と言って、ペンス米国副大統領を「間抜け」と表現したことが怒りをよんだという解釈もある。

    しかし、チェ部長の発言は名分にすぎず「北朝鮮から満足できるほどの答え」がない、と首脳会談をひっくり返したというのがより説得力を持つように見える。北朝鮮から顕著な成果を引き出せなければ「急いで失敗した会談」という非難が出るのは火を見るより明らかなのに、あえて北・米首脳会談にしばられる必要がないと判断したようだ。

    キム・ジョンウン委員長に「手紙を書け。いつでも会える」としてドアを最初から閉じていないのを見れば米国の中間選挙が11月なので時間的余裕がある点も考慮したと見られる。キム委員長の立場の変化の原因提供者と目される中国に対する警告も含んでいる。中国が協力しなければ私たちは局面を壊すこともできる、という言葉に違わない。

    いずれにせよトランプは勝負師的気質を遺憾なく発揮した。北朝鮮から過去のような「サラミ戦術」(一つの課題を様々な段階別に細分化して一つずつ解決していく交渉戦術)が伺えるとすぐに首脳会談取り消し、という勝負の賭けに出たのだ。常識を超える無茶苦茶な方式に北朝鮮はもちろん中国も虚を突かれたようだ。しかし、北朝鮮も戻るには遠くに来すぎた。北・米首脳会談など非核化議論がこわれた後の展開過程が分からないはずはない。経済的圧迫と共に考えることさえぞっとするが、軍事的カードも米国が揺れているためだ。

    この時点で本当に必要なのがムン・ジェイン大統領の仲裁だ。トランプ大統領はもちろんキム・ジョンウン委員長にもテーブルに座る名分が必要だ。ひっくり返ったついでに休んで行けと言うような。北・米両側の局面を壊すのは願わないだけに物静かに再び散った玉を通す必要がある。歴史は「早急な結論を常に審判する」という事実を肝に銘じれば良い。

    1978年、カーター米国大統領の仲裁でキャンプデービッド交渉が行われたイスラエルとエジプトの間で平和を得たが、急いだパレスチナとエルサレムの入植地問題は手をつけられなかった。今、米国と中東はその失敗の代価を払っている。韓・日協定も同じだ。パク・チョンヒ政府が急ぎ、私たちは今、慰安婦問題や強制徴用者問題で審判を受けている。

    平和を守って交渉を成功させるのはガラスの容器と同じだ。本当にムン・ジェイン大統領が仲裁を始める時だ。私たちも落ち着いて我慢強く仲裁の過程を見守ろう。「終わりは終わりではなく、開始の他の名前にすぎない」と言う。第二次大戦を勝利に導いたウィンストン・チャーチルの言葉だ。韓半島非核化と平和体制構築の夢をここでたたむことはできない。

    キム・ソンゴン論説委員
    no title


    ソース:ソウル新聞(韓国語) [ソウル広場]破局の他の名前は開始だ/キム・ソンゴン論説委員
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20180526023001

    関連スレ:【韓国】 北朝鮮の立場から米国を説得、韓国政府は誤った認識を正せ/朝鮮日報社説[05/26]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1527313827/

    引用元: 【米朝会談】 破局の別名は始まりだ~今こそ文大統領が仲裁に乗り出す時[05/25]

    続きを読む

    このページのトップヘ