ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 北朝鮮

    朝日新聞社旗
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/22(火) 19:41:10.25 ID:CAP_USER
    北朝鮮を笑えるか? 日朝平壌宣言に戻れ 『山田厚史の地球は丸くない』第100回

    北朝鮮を巡るニュースがメディアを賑(にぎ)わしている。核を搭載できるミサイル「火星12」を米軍基地のあるグアム島近くの海域に打ち込むという。発射準備を整え金正恩朝鮮労働党委員長は「米国が先に正しい選択をして行動で見せなければならない」と、米韓合同の演習の中止を求めた。

    ◆戦時中の日本と似ていないか

    北朝鮮の国営放送では、婦人団体会長みたいなおばさんがテレビカメラの前で「アメリカと一戦交えてみたい。包丁を持ってでも戦う」と勇ましく語っている。近隣にこんな国があるのは困ったものだが、テレビの画面を見ていた叔父が

    「君ら、笑っているが、私が子供の頃の日本は、これとちっとも変りなかった」

    ポツリと言った。叔父は私より12歳年上の昭和11年(1936年)生まれ。9歳で終戦を迎えた。

    「天皇陛下万歳」「一億火の玉」「鬼畜米英をやっつけろ」。勇ましいスローガンが今も耳に残っている、という。

    8月になると、戦争を振り返るドキュメンタリーや連載記事がメディアを賑わす。何と愚かなことをしたのか。原爆や焼夷弾を落とした戦勝国米国も褒められたものではない。国家は暴走する。戦争へと動き出したら止まらない。悲惨な目に合うのは庶民だ。

    戦争の記憶と反省を、忘れてはならない、と記者やディレクターが渾身(こんしん)の思いを込めて力作を提供する。だが、あの時の日本と今の我々は、全く違った人間なのだろうか。

    米国は何を学びどんな反省をしたのか。今の北朝鮮は当時の日本と似ていないか。歴史の教訓と現実を結びつけることを私たちはしているだろうか。テレビの映像を見ながら考えさせられた。

    あの頃の日本人は、軍部も政治家もメディアも、愚かだった。今の北朝鮮は指導者が狂っている――。それで済ましていないだろうか。

    真珠湾攻撃に突入する一連の経過を見ると日本は無謀な戦争へと追い込まれたように思える。包囲網と外交圧力に耐えきれず、日本は勝ち目のない戦争に突入した。弱い者ほど勇ましいことを言い、言葉が自らを縛り退路を断ってしまう。それが太平洋戦争だった。

    今の北朝鮮はあの時の日本と同じではないか。国力で数百倍の米国を敵に回して精いっぱいの虚勢を張っている。

    日本は政府もメディアも北朝鮮に冷淡だ。拉致問題を起こしたり、要人を他国で暗○したり、国際秩序を無視して核開発する。嫌われることばかり。孤立するのは当然、自業自得と世界は見ている。

    いまや「ならず者国家」と見ている北朝鮮だが、かつての日本も米欧から見れば「ならず者国家」ではなかったか。好き好んで「ならず者国家」になる国はない。

    ◆「北」を追い込んだ責任

    アメリカでトランプ大統領の「人種差別意識」が問題になっている。「白人至上主義」という言葉がメディアを賑わす。そんな中、オバマ大統領は「人は生まれながら肌の色で差別するようなことはしない」とネルソン・マンデラ氏の言葉をツイッターで紹介した。

    生まれながらのならず者はいない。社会の差別や世界の仕組みが、ならず者やならず者国を生む。国民は食うのに困っているのに核やミサイルにカネを投じ、世界を威嚇(いかく)する。「愚かな行為」だが、そこまで彼らを追い込んだ責任は日本やアメリカにないのだろうか。

    国家の凶暴性は日本にもアメリカにも欧州にも中国・ロシアにも潜んでいる。第2次大戦以降の世界情勢が、朝鮮半島北部にある小国の凶暴性を炙(あぶ)り出した。

    同盟国だった中国・旧ソ連に見放され、米国からいつ攻撃されるか心配している。「北」は孤立し、猜疑心(さいぎしん)に満ちた「引きこもり国家」になった。

    事の起こりは日本の植民地統治だ。1910年、武力を背後に朝鮮を併合した。民族の誇りは傷つき、日本の敗戦で独立へと動いたが、今度は冷戦に巻き込まれた。

    半島北部はソ連、南は米国が支配。それぞれ政府が樹立され、分断国家として歩みだす。終戦から5年で朝鮮戦争が起きた。同胞が南北に分かれ、血で血を洗い、全土が戦場となった。

    http://www.newsyataimura.com/?p=6800

    >>2以降に続く)

    引用元: 【元朝日記者】北朝鮮は戦時中の日本と似ている 北を追い込んだ責任は日本やアメリカにないのだろうか[8/22]

    続きを読む

    朝日新聞社旗
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/19(土) 13:33:22.46 ID:CAP_USER
    (社説)日米2+2 外交の姿が見えない

    軍事の言葉が躍るばかりで、外交の姿が見えない。

    北朝鮮情勢が緊迫するなか、日米の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)が開かれた。

    弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し、日米の結束を示すことが抑止効果を持ちうることは理解できる。

    懸念されるのは、発信されたメッセージの力点が軍事、とりわけ自衛隊の役割拡大に傾斜していたことだ。

    日本側は米側に次々と手形を切った。防衛大綱を改定する。

    米国製の陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を導入する。安全保障関連法のもとで「さらなる協力の形態を追求する」ことや、情報収集、偵察、訓練などの新たな行動を探求することもうたった。

    代わりに日本側が得たものは「米国の核の傘」であり、「日米安保条約5条の尖閣諸島への適用」の再確認である。

    日本側の約束はいずれも自衛隊の能力強化と防衛費の拡大につながる動きだ。米国製の高額兵器の購入は、トランプ政権の求めに沿うものだろう。

    だが5兆円を超す防衛費のさらなる増額をどう考えるのか。ミサイル防衛の費用対効果は。国会での議論もないままに、対米公約だからと既成事実化を図っていい問題ではない。

    会合前にも、安倍政権の軍事傾斜の姿勢を印象づける小野寺防衛相の発言があった。

    10日の閉会中審査で、グアムが北朝鮮のミサイル攻撃を受けた場合、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」にあたりうるとの考えを示したのだ。

    念頭にあるのはミサイル迎撃だ。小野寺氏は「米側の打撃力の欠如」が集団的自衛権発動の要件を満たしうるとしたが、安保法の制定過程ではこうした想定は議論されていない。

    政府による安保法の恣意(しい)的な拡大解釈の可能性を改めて示したと言える。このケースの迎撃は能力的にも困難で、実態とかけ離れた議論でもある。

    マティス米国防長官は今月、「戦争の悲劇は破滅的になる」と述べ、北朝鮮との軍事衝突が招く危険性を指摘した。

    その悲劇が起きるのは韓国であり、日本である。最終的には平和的解決をめざす以外の選択肢はない。

    いま日本が注力すべきは、日米、日米韓で連携し、中国やロシアを巻き込む外交だ。エスカレートする米朝間の緊張をやわらげ、北朝鮮の核実験とミサイル発射の「凍結」に向けて対話局面への転換をはかる努力が求められている。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S13093147.html

    引用元: 【朝日新聞】米国と北朝鮮の軍事衝突 その悲劇が起きるのは韓国であり、日本である 平和的解決をめざす以外の選択肢はない[8/19]

    続きを読む

    20170819_0743001: 蚯蚓φ ★ 2017/08/18(金) 23:47:06.81 ID:CAP_USER
    17日(現地時間)、米国国務省で開かれた米国と日本の2+2(外交・国防)長官会談は韓国としてはそれほど愉快ではないイベントだった。休戦ラインを挟んで北朝鮮に向き合い、北朝鮮挑発の影響を直接受ける最大の当事者である韓国が抜けているのに米国と日本が北朝鮮問題を議論する席だったからだ。

    レックス・ティラーソン国務長官はこの日の会談で「外交的解決法を好むが軍事的行動も排除しない」と強調した。ジェームズ・マティス国防長官は「北朝鮮が挑発すれば直ちに軍事的措置に出ることができる」と警告した。対話を提案して軍事行動の自制を強調してきた韓国の立場とは距離がある。

    一日前、ムン・ジェイン大統領は「韓半島でもう二度と戦争はないだろう」と強調した。米国ホワイトハウスと国務省の人々は「韓国疎外論」について極力否認し、「チームワーク」に言及する。簡単に言えば韓国とはかみあわないということだ。同じ側で走っているけれどボールはパスしたくないという例えが適切に見える。共助のない単独プレーなら同盟はむなしいこだまに過ぎない。

    韓半島問題をめぐり北朝鮮さえ韓国を主要変数と考えていない。会談後に開かれた共同記者会見では韓国が疎外されたような雰囲気が一層如実に感じられた。ティラーソン長官はこの日の会談を説明しながら「アジア・太平洋地域の平和と安全はもちろん日本の安保を強化するための米国の抑止力拡大に重点を置いて対話を進めた」とした。もちろん米・日会談という特殊性があるが、以前は米国はいつも韓国の安保に先に言及し日本の協調を求めたことを勘案すれば、米国の態度変化に当惑する。

    韓国にふれた部分もなくはない。ティラーソン長官は「地域パートナーとの安保協力が重要だ」とし、「韓国・オーストラリア・インドそしてその他の東南アジア諸国」と言及した。日本とは別に言及して韓国はオーストラリア・インド・東南アジアとくくってしまったのだ。日本と韓国に対する態度が違った。

    マティス長官は北朝鮮脅威の最前線にある国家として韓国と日本を同時に指定した。それと共に北朝鮮の挑発に対応するため、日本との共助を「持続」し韓国との協力は「強化」しなければならないと言った。「持続」と「強化」の差を付けたのは現在の韓国との協力が不十分という意図と読める。マティス長官は発言途中、「同盟はただで得られるのではなく相互信頼を再確認しなければならない」という話もした。

    1950年、米国がアチソンライン(当時の米国務長官がアジア防衛線から韓半島を除いて日本を入れた境界)発表後、6・25韓国動乱(朝鮮戦争)が起きたことを記憶しなければならない。外交は相手もあって、競争者もいるゲームだ。

    金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長のグアム「包囲射撃」挑発後、ドナルド・トランプ米国大統領は直ちに安倍晋三日本総理と通話した。この時、韓国はチョン・ウイヨン安保室長とハーバート・マクマスター、ホワイトハウス国家安保補佐官が通話した。米・日外交・国防長官が会う時、韓国はジョゼフ・ダンフォード米軍合同参謀議長の訪韓で満足しなければならなかった。

    北朝鮮の挑発をめぐる外交ゲームで相手が米国なら競争者は日本だ。韓国は日本との競争でいつも遅れをとっている。今回の米・日2+2会談はキム・ジョンウン委員長がグアムを攻撃すると脅して、トランプ大統領が「火炎と怒り」というとりわけ強硬な発言をした重大な状況で開かれた。ところが当事者の韓国では、まだ米国と外交長官、国防長官が会うという話が聞かれない。
    (後略:米韓のすれ違いの詳細)

    [ワシントン=イ・ジンミョン特派員]
    http://file.mk.co.kr/meet/neds/2017/08/image_readtop_2017_555099_15030574422997310.jpg

    ソース:毎日経済(韓国語) [VIEWPOINT]韓国だけぐいっと抜くか…「第2アチソンライン」憂慮
    http://opinion.mk.co.kr/view.php?year=2017&no=555099

    引用元: 【韓国】 米国と日本の2+2(外交・国防)長官会談、韓国抜きで北朝鮮問題を議論…「第2のアチソンライン」を憂慮[08/18]

    続きを読む

    北朝鮮国旗
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/17(木) 16:00:37.04 ID:CAP_USER
    日本政府は、国連安全保障理事会の対北制裁決議に沿って、北朝鮮人9人と団体4か所を資産凍結対象に追加指定した。

    17日、複数のメディアによると、日本政府は前日(16日)、北朝鮮の銀行と保険会社などを含めた団体および個人に対して、送金と銀行口座取引を禁止すると明かした。

    日本政府の今回の措置は去る5日(現地時間)、国連安保理が北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と関連し、満場一致で採択した対北制裁決議第2371号によるもので、北朝鮮による核・ミサイル開発資金が流入するのを防ぐことを目的とする。

    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0817/10195960.html

    引用元: 【対北制裁】日本政府、9人の北朝鮮人・4団体を”資産凍結”追加と発表[8/17]

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★ 2017/08/17(木) 00:21:52.77 ID:CAP_USER
    北朝鮮による「米領グアム攻撃計画」を巡り、緊張が高まった1週間。それが一段落した時、米韓同盟が崩れ始めた。

    米国の対北攻撃は許さない

    第2次朝鮮戦争が始まるかと思いました。

    鈴置:8月9日、北朝鮮が「グアムを攻撃する計画を練っている」と発表しました。それに対しトランプ(Donald Trump)大統領が激しく反発。世界のメディアも「すわ、戦争か」と大騒ぎしました。

     1週間後の8月15日、朝鮮中央通信が「米国の行動をもう少し見守る」との金正恩(キム・ジョンウン)委員長の発言を報じました。軍事的な衝突はとりあえず避けられたと世界は胸をなでおろしました。

    北朝鮮はこの騒ぎで何を得たのでしょうか。

    鈴置:米韓同盟の亀裂です。8月15日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日本からの解放記念日「光復節」の式典で演説しました。ここではっきりと、米国の対北攻撃は許さないと宣言したのです。

     青瓦台(韓国大統領府)の「第72周年光復節祝辞」の関連部分を翻訳します。

    ・朝鮮半島で再び戦争を繰り返してはなりません。朝鮮半島での軍事活動は大韓民国だけが決めることができ、誰も大韓民国の同意なくして軍事活動はできません。
    ・政府は何があっても戦争だけは止めることでしょう。

     「戦争は絶対に止める」と言っているのですから、もちろん「軍事活動」つまり米国の先制攻撃にも同意しないわけです。

     米国は北朝鮮の核武装を阻止するためには、先制攻撃も選択肢の1つと公言しています。韓国はそれを認めないと言い出したのです。

    日本の基地を使え

    もし、北朝鮮がグアム沖にミサイルを撃ち込んだら?

    鈴置:当然、米国は北朝鮮に反撃します。文在寅大統領の宣言によれば、在韓米軍基地を使っての反撃に対し韓国は「NO」と言うことになります。

     「どうしても北朝鮮を攻撃したいなら、グアムや日本の基地を使え」と米国に言うのでしょう。その際は「朝鮮半島の軍事活動は韓国が決める」と大統領が予め通告したではないか、と主張できるのです。

     すると、北朝鮮も韓国への攻撃は控えるかもしれません。韓国と戦闘状態に入らなければ、地上軍で攻められる心配がなくなります。かくして朝鮮半島は戦争に巻き込まれずに済む――と文在寅政権は期待しているのでしょう。

    もし、北朝鮮が突然、韓国を侵攻したり、あるいはミサイルで攻撃してきたら?

    鈴置:その際は、韓国は米国と一緒になって戦うしかありません。しかし現時点で、そんなケースはまずあり得ません。北は米韓に圧倒的な戦力差を付けられています。米韓同盟が機能する限り、北朝鮮が自ら滅亡する道を選ぶことはないでしょう。

    左派系紙もデモ隊も支持

    すると結局……。

    鈴置:文在寅大統領のこの発言は現実の状況から言って、有事の際の「中立宣言」にほかなりません。

     文在寅政権はこの方向に行くだろうと予想はしていましたが、米朝間の緊張に耐えかねて、予想外に早く中立を宣言してしまった感じです。グアムを狙ったミサイルがソウルを直撃したのです。

    「中立宣言」への反響は?

    鈴置:当然というべきか、左派系紙のハンギョレは社説で褒め称えました。8月15日の「『戦争だけは防ぐ』 平和への意思を明らかにした文大統領」(韓国語版)は「米国と北朝鮮との『言葉の爆弾』の戦いにはっきりと反対する立場を明らかにした」と書きました。

     同日午後には左派団体が「戦争反対集会」を催したうえ、米国大使館と日本大使館の前をデモ行進しました。韓国メディアによると6000人が参加。決議文には以下のくだりもありました。大統領の演説と軌を一にしています。

    ・最近、米国政府が予防戦争、朝鮮半島での武力使用をうんぬんするが、誰にも朝鮮半島で戦争を起こす権利はない。
    ・一触即発の軍事的危機を前に、敵対的な韓米合同軍事演習を中断せねばならない。

    韓国には事前通告しない

    なぜ、デモ隊は日本大使館にも向かったのでしょうか。

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/081500119/
    >>2以降に続く)

    引用元: 【鈴置高史】ついに「中立」を宣言した文在寅 北朝鮮の「グアム威嚇」でソウルが陥落した 中朝韓VS米日[8/17]

    続きを読む

    このページのトップヘ