ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 北朝鮮

    20180105_064800
    1: ろこもこ ★ 2018/01/04(木) 20:56:07.08 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000051-mai-pol

     安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮で年頭の記者会見を行った。首相は「今年こそ、憲法のあるべき姿を国民に提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく」と述べ、自民党総裁として同党の改憲案の早期とりまとめに意欲を示した。

     首相は現行憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という基本理念は「今後も変わることはない」とした上で「時代の変化に応じ、国の新しいあり方を議論するのは当然のことだろう」と述べた。自衛隊の存在明記など個別の改憲項目には触れず、「具体的な検討は党にすべて任せたい。スケジュールありきではない」と語った。

     首相は22日召集予定の通常国会を「働き方改革国会」と位置付け、9月の自民党総裁選で3選を目指すかどうかについては「通常国会で結果を出すことに集中したい。その先のことはその上で考えたい」と重ねて表明した。

     北朝鮮の核・ミサイル開発に対して「従来の延長線上ではなく、真に必要な防衛力の強化に取り組んでいく」と述べ、国際社会と連携して圧力を高める方針を示した。【遠藤修平】

    引用元: 【防衛】安倍晋三首相、北朝鮮の核・ミサイル開発に対して「従来の延長線上ではなく、真に必要な防衛力の強化に取り組んでいく」[01/04]

    続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/01/01(月) 19:15:29.55 ID:CAP_USER
     北朝鮮の核・弾道ミサイル排除を目的として、米国は先制攻撃するのか。踏み切るとしたらいつ、どのような形になるのか。海上自衛隊の香田洋二元海将、航空自衛隊の織田邦男元空将が起こりうるシナリオを予測した。



     3つの可能性

     「北朝鮮が本当に核弾頭搭載のミサイルを持って暴れ出したらコントロールできなくなる。それをわれわれは認めますかということですよ」

     こう語る香田氏は、北朝鮮を阻止するため米国が攻撃に踏み切るタイミングとして、3つの可能性を挙げる。

     (1)最短が平昌五輪1カ月前の1月8日までの間(2)3~4月に予定される米韓合同軍事演習「フォールイーグル」の期間中(3)11月の米中間選を控えた夏-だ。

     織田氏はトランプ米大統領が先制攻撃を決断するとすれば3月18日以降だとみる。この日はロシアの大統領選の投開票が行われる。

     「ロシア大統領選が終わるまで米国は下手に動けない。ロシアがさらに反米・反トランプになる恐れがあるからだ」(織田氏)

     ただ、米国といえども北朝鮮の核開発を阻止するための「予防戦争」は国際法上の制約から難しいとの見方で両者は一致する。あるとすれば、緊急避難的に北朝鮮の脅威を除去する「先制攻撃」だ。もっとも予防戦争と先制攻撃の線引きは、他国から見て曖昧な点があることも事実だ。香田氏は語る。

     「気をつけなければいけないのは、先制攻撃の前提となる『米国に対する攻撃の兆候』を決めるのは米国だということだ」

     北朝鮮が弾道ミサイルに燃料を入れてカウントダウンが始まった段階か、格納庫のドアを開けて移動発射台を搬出した時点か。米国の「決断の時」を予測するのは難しい。米領グアムの領海内にミサイルが誤って着弾し、それを機に米国が自衛権を発動するとの見方もある。

    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010023-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010023-n2.html
    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010023-n3.html
    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010023-n4.html
    no title

    no title

    no title

    引用元: 【半島有事】米の北攻撃、3月18日以降 「武力行使 条件整っている」[01/01]

    続きを読む

    北朝鮮国旗
    1: きゅう ★ 2017/12/30(土) 21:46:08.63 ID:CAP_USER
    【平壌12月30日発朝鮮中央通信】最近、国連で対朝鮮「制裁決議」第2397号がつくり上げられるやいなや、日本首相の安倍は自分が直接記者会見に出て、より徹底的な履行で朝鮮が政策を変えるようにしなければならないと気炎を吐いた。

    12月に国連安保理議長職を占めた機会を利用して安倍一味は、国連安保理緊急会議と閣僚級会議などを次々と開き、共和国の大陸間弾道ロケット「火星15」型の試射と「人権問題」に言い掛かりをつけ、朝鮮に対する国際社会の圧迫を極大化すべきだと騒ぎ立てた。

    30日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは自分の利をむさぼるために他人に食い下がることに長けている島国一族だけが振るえる狂気じみた醜態であると糾弾し、次のように強調した。

    日本は、わが民族に千秋万代にかけてもすすげない希世の罪悪を働いて永遠にいえない恨みの傷を残した千年来の敵である。

    そのような日本が自分の領土を米国の対朝鮮侵略戦争遂行のための兵站基地に供したことにも満足せず、われわれの正義の核にかこつけて反共和国制裁・圧迫騒動に狂奔しながら軍国主義野望を実現しようとのさばっていることこそ、血が逆に流れることだと言わざるを得ない。

    この世で最も鉄面皮で、奸悪な安倍の連中をこれ以上放置できない、日本という領土を完全に海の中に水葬しなければならない、これが激怒したわが人民の対日敵愾心(てきがいしん)の噴出である。

    日本当局は、正義の核霊剣をしっかりとらえたわが人民の対日報復の意志が激昻するほど自分らの境遇が危うくなるということをはっきり知り、軽挙妄動してはいけない。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: 【北朝鮮】この世で最も鉄面皮で奸悪な安倍をこれ以上放置できない、日本を完全に海の中に水葬しなければならない[12/30]

    続きを読む

    北朝鮮国旗
    1: きゅう ★ 2017/12/26(火) 04:09:34.77 ID:CAP_USER
    【平壌12月25日発朝鮮中央通信】先日、フィリピンの首都マニラに、同国にとって初めとなる日本軍性奴隷像が建てられた。

    これに関連して日本内閣官房長官なる者は記者会見まで開いて、フィリピンの首都に初めて日本軍性奴隷像が建てられたのがきわめて残念なことである、日本の立場に相反するなどとむやみに言った。

    25日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは道徳的低劣さと鉄面皮さが体質化した日本の反動層だけが吐ける厚顔無恥な妄言であると糾弾した。

    同紙は、フィリピンの性奴隷像設置に関連する日本の傲慢無礼な行為は頭を下げて許しを請うべき対象にむしろどうのこうのとどなるような厚顔無恥な行為として絶対に容認できないと明らかにした。

    また、国際社会が日本の特大型の反人倫犯罪を黙認し、日本政府の不当な行為を許すと思うなら、それ以上の誤算はないとし、次のように強調した。

    日本の反動層が大勢の流れに逆行して引き続き二心を抱いて過去清算の義務を回避するほど、与えられるのは国際的糾弾と外交的孤立であり、より激しくなるアジア人民の対日敵愾心だけである。

    過去清算は、誰よりも日本自身のためにより必要なことである。

    歴史のあらをそのまま抱いては日本の将来を絶対に切り開くことができない。

    日本の反動層は、過去清算の回避がもたらす結果について熟考し、正しく行動すべきである。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: 【北朝鮮】過去清算に日本の未来がある[12/25]

    続きを読む

    20171224_203200
    1: らむちゃん ★ 2017/12/24(日) 19:37:48.74 ID:CAP_USER
    中央日報 2017年12月24日 11時50分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14072817/

    来年2月に開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪と関連しマティス米国防部長官は「金正恩(キム・ジョンウン)が選手らを○すことで全世界に戦いを挑むほど愚かだとは考えない」と述べたとAP通信が伝えた。

    AP通信は22日、ノースカロライナ州フォート・ブラッグにある第82空挺師団を訪問したマティス長官が、金委員長が平昌冬季五輪を妨害する可能性は低いとしこのように発言したと紹介した。

    韓半島(朝鮮半島)危機状況で米軍の家族を待避させるべきという一部の主張があることについても「まだそうしたタイミングではないと考える。いまは撤収に向けたいかなる計画もない」と話した。

    ただマティス長官は「短期間で家族をすぐ撤収させられる非常対応計画をしている」と話し、安全に向けた待避の可能性に対しては開いておいた。

    その上でマティス長官は「韓半島に暗雲が押し寄せている。強くて準備された軍隊により後押しされる時外交が戦争を防止する可能性が最も大きくなる」と話した。

    特に彼は「外交官の言葉に権威と力が付けられる唯一の道はみなさんに準備ができていること。依然として平和的に解決していく時間はある」と言及した。

    引用元: 【北朝鮮】米国防長官「金正恩、平昌五輪ぶち壊すほど愚かではない」

    続きを読む

    このページのトップヘ