ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    no title
    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/05/25(木) 20:59:08.29 ID:CAP_USER
    文大統領の日本への外交政策はツートラック(二枚舌)戦略といわれる。一面的に見たら、「韓国国内では反日的な言動をおこなって、日本では商売をする」ということだ。

    北東アジアの平和構築のために、安保・経済・政治では協力関係を進める一方、慰安婦問題などの歴史問題は別に協議するという並行路線での戦略ということができる。

    文在寅大統領が5月14日、日本特使として文喜相(共に民主党議員)を任命した。日本は「韓日慰安婦合意の再交渉」を要求してくるのは時間の問題との見方をしている。

    慰安婦問題の日韓合意について、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は《被害者への補償などが不十分》として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。

    同勧告に法的拘束力はないが、合意の破棄を公約に掲げた文在寅政権が“莫大な増額”を吹っ掛けてくるのは間違いない。

    菅官房長官は「(委員会の勧告は)日本政府に対する法的な拘束力は全くない」と述べ、事実上履行する意思がないことを明らかにしたが…。

    「これは日本の自業自得と言われても仕方がないでしょう。軍の関与を認めた1993年の河野談話(当時の河野洋平官房長官が発表した談話)、

    国連人権委員会のクマラスワミ氏の報告('94年)やマクドゥーガル氏の報告('98年)が、詐話師の吉田清治などの根拠のない資料から『日本軍がアジア各国から20万人の女性を姓奴隷にした』、

    『中には14歳の少女がいた』との日本軍の残虐性を不動のものにしたのですから。日本政府は、朝日新聞の吉田証言は誤報だったと両氏に訂正を求めましたが、

    すでに2人ともこれらの報告を土台に名誉ある職を得ており応じませんでした。河野氏も『談話』を断固として撤回しません」(韓国ウオッチャー)

    さて、問題は日本の拠出金10億円である。5月12日付の朝日新聞によれば、日韓合意に基づいて韓国政府が設立した『和解・癒やし財団=慰安婦財団』が、一部を運営費用として流用していると報じている。

    日韓合意は破棄された後、10億円が入っていた“空箱”だけが日本に突き返されかねないというわけだ。財団など無視して、直接、日本側が元慰安婦に手渡した方が良かった。

    「日本の自衛隊が初めて米艦防護の任務行動を取ったことを『朝鮮半島危機に乗じて軍事活動活発化』と歪曲し、批判する国です。

    慰安婦像の撤去にも応じないで、日本に通貨スワップの再開を要求するなど図々しさがますます増長していますから、経済再建最優先の文政権は日本を“ATM”にしてくるでしょう。

    THAAD(高高度ミサイル防衛システム)設置費用を日本に負担させ、中国に『あれは日本がわが国に設置した』と米中へ“二枚舌作戦”を取るかもしれません」(同)

    何しろ全斗煥元大統領は“反共防波堤論”を持ち出し、最終的には40億ドルの借款を日本から得た前科がある。

    「金正恩からの用心棒代」として在韓米軍の駐留費を負担しろ、はたまた「仏像など文化財の全返還」「韓国進出日本企業への税徴収」など、ありとあらゆる方策を講じて日本からむしり取る腹かもしれない。

    韓国は日本人を怒らせるようなことをしながらも、日本を大事なビジネスパートナーだとも考えている。それが冒頭に言ったツートラック戦略だ。隣国同士で仲の良い国などありはしない。

    そんなことより、同民族の“北の誇大妄想狂”のあの男をなんとかせい!

    http://wjn.jp/article/detail/2382529/

    引用元: 【韓国】文在寅大統領の“二枚舌”戦略「日本は引き出し自由なATM」の本音[5/23]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/05/25(木) 18:08:38.33 ID:CAP_USER
     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は81・6%だ。同大統領の一挙手一投足を、保守系紙の枠から離脱した中央日報を含む韓国メディアが「さわやかな新風」とばかり囃(はや)し立てていることが大きい。

     しかし、その人事を見れば、早くも独善と強引さが現れている。そして、公正取引委員会と検察を素早く掌握したことは、同政権の次の大きな狙いが「財閥たたき」にあることを示している。

     ソウル中央地検長は、韓国の検察の中では、検事総長に次ぐ事実上ナンバー2のポストだ。そこに、文氏は大田(テジョン)高検の平検事を任命した。高検の検事とは閑職だ。

     任命された尹錫悦(ユン・ソギョル)氏は2013年、国家情報院の大統領選挙介入事件の捜査で、上司の命令を無視して国情院職員を逮捕したことで左遷された人物だ。

     もとより、政治事件だった。その渦中で「正義を貫いた検事」との評価もあるだろうし、「異様に野党に肩入れした検事」とも言えるだろう。

     ともかく、その検事を、検察の序列(=司法試験の合格年次やポスト歴)を無視して、ナンバー2に起用したことは、「彼より年次が上の検事はとっとと辞めろ」と言うようなものだ。早速、法務次官と、最高検次長が辞表を出した。

     韓国の検察は常に強い者の味方だ。「朴槿恵(パク・クネ)政権の番犬」から一夜にして、「怒れる民心の走狗」に変わった。

     しかし、「怒れる民心」に乗って政権を手にしてしまえば、もう狡兎死良狗烹(=狡兎死して、良狗烹《に》らる)なのだろう。

     いや、韓国の検察は「良狗」ではない。せいぜい「猟狗」だが、検察の立ち位置を、もっと左にさせるための人事といえる。

     韓国の法制上、検事は大統領による認証官だが、その具体的な人事は法相が検事総長の意見を聴いて建議することになっている。

     今回の人事は、その手続きを無視して断行された。発表も法相ではなく大統領だった。「朴槿恵のための検察」→「怒れる民心のための検察」→「文在寅のための検察」という流れだ。

     文氏は人事発表にあたり、「現在のソウル中央地検の最大の問題である崔順実(チェ・スンシル)ゲートの追加捜査と関連事件の控訴維持を円滑に遂行する適任者を昇進させ、任命した」と述べた。“逆指揮権”発動とも取れる言葉だ。

     これに先立ち、文氏は、司直の総括役である民情首席秘書官に、左翼の刑法学者として知られる●(=恵の心を日に)国(チョ・グク)ソウル大教授を任命した。

     そして、韓国では「経済警察」と呼ばれる公正取引委員会の委員長に金尚祚(キム・サンジョ)漢城大教授を指名した。金氏はかねて「財閥狙撃手」との異名を取る。

     「狡兎」(朴槿恵氏)は一段落したから、次の標的は「狡兎の共犯」である財閥だ。これをたたくことによって「政権の浮揚力=ロウソク革命の熱気」を維持・高揚できる。

     「暗くて赤い韓国」を実現するための司直の人的体制がまず発足したのだ。

     ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170525/frn1705251700004-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170525/frn1705251700004-n2.htm

    no title

    ソウル中央地検
    no title

    文大統領(AP)

    引用元: 【新・悪韓論】検察は「怒れる民心のため」から「文在寅のため」へ 「暗くて赤い韓国」を実現するための司直…次の標的は「財閥」[5/25]

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/05/25(木) 18:25:15.87 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00010014-abema-pol

    no title

    前川喜平・前文部科学事務次官

     学校法人「加計学園」が愛媛県今治市で計画している獣医学部の新設をめぐる文書について、25日夕方、前川喜平・前文部科学事務次官が会見を開いた。

     前川前事務次官は会見で「私が在職中に作成され共有された文書で間違いない。文科省の幹部に共有された文書で、自分も受け取った。ちゃんと捜索をすれば出てくるはずだ。あったものはなかったことにできない」「証人喚問に出てもいい」とコメント。民進党の調査チームが示した文書と、朝日新聞が掲載した文書に記述がみられる「官邸の最高レベル」という表現については「官房長官か総理の事だと思った」と振り返った。

     文部科学省内での調査の結果について松野博一文部科学大臣は19日の会見で「存在は確認できず」と結論づけている。前川「松野大臣が文書を見た可能性もある」「偽らざる気持ちを述べれば、大臣を含め、私の後輩も、ないものをあるものとしないといけないのが気の毒だ」と話した。

     さらに特区の制定や大学設置の認定の経緯に関しては「農水省の協力もなく、基準も満たしていないにもかかわらず、極めて薄弱な基準で特区が制定された。公平公正な審査がなされなかった。文科省として負いかねる責任を押し付けられた。最終的には内閣府に押し切られた」「加計学園に文科省OBがいて、“獣医学部よろしく“と言われた」と証言、その一方で「当事者として疑問を感じながら仕事をしていた」「努力不足があったのは間違いない。押し切られた自分にも責任がある。事務方トップとしてお詫びしたい」と述べた。

     前川前事務次官をめぐっては、22日付の「読売新聞」や今日発売の「週刊新潮」などが、新宿区歌舞伎町の「出会い系バー」に出入りしていたと報じている。

     前川前事務次官は「私が行ったのは事実。ドキュメント番組で女性の貧困について扱った番組を見て、実際に話を聞いてみたいと思った。食事をして、小遣いをあげたりしていた。そこで出会った女性を通して、女性の貧困と子供の貧困が通じていることがわかった。ああいうところに出入りしたのは意義があった」と話し、「ただ、読売新聞がなぜこれをあの時点で報じたのか私にはわからない。私は(陰謀のある)そんな国だとは思いたくない」とした。

    引用元: 【前川喜平出会い系バー問題】「女性の貧困について扱った番組を見て、実際に話を聞いてみたいと思った」「出入りしたのは意義があった」

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/05/25(木) 18:24:11.09 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「少女像守り」大学生キム・セム氏が25日、ソウル中央地方法院で開かれた集会法、住居侵入容疑などに対する1審宣告公判で有罪を宣告された立場を明らかにしている。

    韓日合意無効を主張して日本大使館でデモを行った容疑などで不拘束起訴された大学生キム・セム氏(25)等に裁判所が罰金刑を宣告するとすぐに関連団体が学生たちの無罪を主張し、屈辱的な韓日合意を主導した責任者を処罰しなければなければならないと促した。

    韓日日本軍「慰安婦」合意無効と正しい解決のための全国行動は25日午前、ソウル中央地方法院前で記者会見を行ってこのように明らかにした。

    これらは「被害当事者が排除された2015韓日合意が発表されても、被害者たちの名誉と人権の責任を負う人はいなかった。このような状況で寒い冬空のした、野宿の座り込みをしながら少女像を守り、「慰安婦」合意は無効と叫んだ彼らが少女像守りだ」と明らかにした。

    引き続き「被害当事者たちの人権と名誉を守るために出た少女像守りたちの行動に、私たちの社会がこのように苛酷でなければならないのか問わざるをえない」として「不正に抵抗することが民主主義だ。誤った社会と国家の仕事に堂々と発言し、行動するのは罪ではない」と強調した。

    また「国を国らしくする第一歩は国を失った罪で若い年齢で「慰安婦」に強制動員された被害者たちの声に耳を傾けること」とし、「韓日合意をめぐる裏面合意容疑を明らかにし、屈辱的な韓日合意を主導した責任者を処罰しなければならない」と促した。

    この日、ソウル中央地方法院刑事8単独キム・ジチョル部長判事は暴力行為など処罰に関する法律違反(共同住居侵入)容疑などで起訴されたキム氏に罰金200万ウォンを宣告し、キム氏とともに起訴された大学生2人には各々罰金50万ウォンと罰金30万ウォンを宣告した。

    ソース:ニュース1(韓国語) 「「少女像守り「大学生キムセムシ無罪…韓日合意責任者処罰を」
    http://news1.kr/articles/?3003542

    関連スレ:【韓国】 「日本大使館占拠座り込み」大学生、1審で罰金200万ウォン~裁判所「慰安婦合意はまだ議論中であることを勘案」[05/25]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1495703354/

    引用元: 【韓国】 「『少女像守り』大学生は無罪、屈辱的な韓日合意責任者に処罰を」~市民団体、大使館占拠裁判判決に無罪主張[05/25]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/05/25(木) 18:51:05.79 ID:CAP_USER
    no title


    イ・ジュンイク監督(写真)が日本の拙劣な行動について批判した。

    25日、放送されたソウル東大門(トンデムン)メガボックスで開かれた映画「パクヨル(朴烈)」製作報告会でイ・ジュンイク監督は「私たちの視線から見れば日本は明らかな加害者だ」と断言した。

    イ・ジュンイク監督は「しかし、日本は被害者コスプレだけする。反省を通じてこの様な事は改善されなければならない」と強調した。

    引き続き「慰安婦だけでなく、関東大震災も加害者なのに被害者コスプレをしている」として「私が歴史を教えようとする先生のマインドもあるが、それでも映画を通じて感じることがあれば良いと思う」と真心を表わした。

    「パクヨル」は1923年、東京で6千人の朝鮮人虐○を隠そうとする日帝に正面から対抗した朝鮮青年パクヨルと彼の同志であり恋人フミコの信じられない実話を描いた作品だ。来る6月28日封切りする。

    チョ・ヨンギョン記者

    ソース:JTBC(韓国語) 「パクヨル」イ・ジュンイク監督「加害者日本、被害者コスプレだけして」狙撃
    http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB11473618

    関連スレ:【日韓】 日王父子暗○未遂の民族的アナーキスト、朴烈(パク・ヨル)烈士逝去40周年で写真公開[01/13]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389596987/
    【映画】 朝鮮人六千人を○した関東大虐○を隠蔽しようとする日帝と戦った青年の実話描いた映画『パク・ヨル』のポスター公開[04/24]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1493050985/

    引用元: 【韓国】 映画「朴烈(パクヨル)」のイ・ジュンイク監督「加害者日本、被害者コスプレばかりする。反省して改めなければ」[05/25]

    続きを読む

    このページのトップヘ