ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    20180523_2038001: たんぽぽ ★ 2018/05/23(水) 19:33:50.62 ID:CAP_USER
     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のドナルド・トランプ大統領は22日(米国時間)、ホワイトハウスで首脳会談を行った。この会談で両首脳は、来月12日に予定されている米朝首脳会談の実現と北朝鮮非核化の「早期解決」のため、共に努力することとした。北朝鮮は最近「段階的非核化」を掲げ、迅速で一括的な非核化を主張する米国と対立してきた。

     韓米首脳は、2日前の電話に続いて22日の会談でも、北朝鮮が「一方的非核化を強要するな」と言って米朝首脳会談の再検討まで主張する背景について話し合った。トランプ大統領は「金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の非核化は真剣だと思うが、望んでいる条件が充足されなければ会談はできない」と語った、と外信は伝えた。またトランプ大統領は「6月に米朝会談が開かれ得ない相当な可能性がある」と語った。

     文大統領は「金正恩委員長は、板門店宣言を通して『完全な非核化』を約束したのに続き、最近は抑留米国人3人の釈放と豊渓里核実験場閉鎖などで米朝首脳会談成功のための誠意を示している」「トランプ大統領の強力なリーダーシップと金正恩委員長の決断によって北朝鮮の核問題解決の糸口ができた。われわれは、なんとか整ったこのチャンスを逃してはならない」と語った。金正恩委員長が誠意を見せているだけに、反発する北朝鮮をなだめて会談を実現させなければならない、という意向を表明したものと解釈されている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052300803.html

    引用元: 【米韓】文大統領「北は誠意見せた、米は機会を生かすべき」[05/23]

    続きを読む

    20180523_2033001: ガラケー記者 ★ 2018/05/23(水) 16:43:27.58 ID:CAP_USER
     今、第3次韓流ブームが到来している。「TWICE」「防弾少年団」などの韓国アイドルグループやチーズタッカルビ、オルチャン(美少女)メイクなど、アイドル、食、コスメ、ファッション…今、全く新しいカルチャーが続々登場。ビジュアル映えするスポットやフードが目白押しだ。

     そして、今のブームを支える若い世代は、韓国カルチャーを純粋に楽しんでいる。これまで、日韓関係が揺れるたびに韓流ファンの心を揺さぶってきたような葛藤は、そこにはない。女子中高生たちによるマーケティングチーム『JCJK調査隊』を率いる、『AMF』社長の椎木里佳さんは、こう話す。

    「竹島問題のことも知らない子が多いですね。良くも悪くも歴史も政治も知らないので、韓国に対して悪いイメージがない。日韓で、若い人同士、インスタで仲よくなったりしているくらいです」

     第2次韓流ブームからハマったという河合絢さん(45才・仮名)は「中1の娘も韓流ファンになってくれて嬉しい」と笑う。
    「娘が小さい頃から韓流ドラマやK-POPを一緒に見ていたからですかね。娘とは“防弾の動画アップされた”とか“セブチ(SEVENTEEN)のライブチケットどうする?”って盛り上がれるので、思春期のわりに仲はいいと思います。私のファン仲間とも“韓国”を共通語として話ができるのも嬉しいかな。ただ放っておくと学校の宿題じゃなくて韓国語の勉強ばかりしちゃうんですけど(苦笑)」

     第1次・第2次ブームを牽引してきた世代は、新大久保やコンサート会場、韓国旅行などに60代と30代の母娘で遊びにきていた。今は50代と10~20代の母娘という新しい親子が同じように遊び、ともすると3世代で遊べるコンテンツとなっているのだ。

     一方でこんな声も…。韓流ファン歴15年の坂田三枝さん(50才・仮名)はこう話す。

    「第1次世代の私としては、あまりに勢いのある今のブームに、正直気後れ気味(苦笑)。韓流のことも韓国の歴史も知らない子たちがドカッとテリトリーにやってきた感じで。

     でも、私が韓流ドラマにどハマりしたように、彼女たちは今のカルチャーにハマったわけですよね。入り口がなんであれ、ハマったもの同士、仲よくやりたい(笑い)。そうやって、いずれは日韓関係もうまく交流できていったらいいなと願っています」
    NEWSポストセブン
    2018.05.23 16:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20180523_677297.html?PAGE=1#container

    引用元: 【第3次韓流ブーム】悪いイメージがない若い世代が熱く支持[05/23]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/23(水) 00:32:40.02 ID:CAP_USER
    no title


    現代舞踊家安恩美(アン・ウンミ)氏(56)が来月1~3日、ソウル大学路(テハクロ)にあるアルコ芸術劇場の大劇場で、北朝鮮ダンスを再解釈・再構成した新作「安恩美の北朝鮮ダンス」の公演を行う。先月、フランスのパリ市立劇場「テアトル・ド・ラ・ヴィル」の常駐芸術家に選ばれた安氏が、劇場と共同制作する最初の作品である。ソウル公演に続いて、来年2月はパリで5日間公演が行われる。

    安恩美氏は、ユーチューブ動画を通じて北朝鮮のダンスを学んだと説明した。「ユーチューブに膨大な北朝鮮ダンスの資料がありましてね。北朝鮮のアリランパフォーマンス、ピバダ(血の海という意)劇団の1時間分の公演映像などを全て見ることができましたよ」。越北舞踊家崔承喜(チェ・スンヒ)の舞譜集 「朝鮮民族舞踊の基本」(1958年)も参考にした。これだけでなく、在日本朝鮮人総連合会(総連)系民族学校系列の姜輝鮮(カン・フィソン)朝鮮舞踊研究所でダンスを学んだ北朝鮮在日同胞出身の舞踊家ソン・エスンにもアドバイスを求めた。

    北朝鮮ダンスの特徴は何だろうか。安氏は、「北朝鮮ダンスは、足がとても速く動かすので飛ぶような感じがする」とし、「背骨を真っすぐ伸ばす動作が多い」と説明した。「とりあえず、フィモリリズム 、クッコリリズムなどのリズムに慣れています。動作もスタイルも異なるが、基本原理は同じですね。『私たちは同じ民族だな」ということを踊りながら感じました」

    安氏は、南北文化芸術交流のかんぬきが解除される時点で、北朝鮮ダンサーたちとのコラボレーションへの期待もほのめかした。「後日、北朝鮮のダンサーたちと一緒に舞台に立つ『安恩美の北朝鮮ダンス2』を作ってみたいです。ダンスこそ境界線のない唯一の言語ではないでしょうか」。2万~3万ウォン。

    金正恩

    ソース:東亜日報日本語版<安恩美の北朝鮮ダンスを6月1~3日に公演>
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1327443/1

    引用元: 【芸能】 「ユーチューブ動画を通じて北朝鮮のダンスを学んだ」~現代舞踊家・安恩美、ソウルで北朝鮮ダンスの公演開催[05/22]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/22(火) 23:18:18.56 ID:CAP_USER
    「韓半島が統一にされたら?日本のすぐそばに人口1億人に迫る大国ができることになる。これは途方もないことだ。しかし…。」

    時事番組出演者は続けた。「韓国と北朝鮮は分断されて70年を越え、体制や文化、思想が異質な国になった。同族間戦争までして負った傷はより一層根が深い。」この頃、この様な日本の番組を見るたびに心が楽ではない。日本が完ぺきに部外者ポジションになるからだ。10年余り前なら、こうした時には「韓半島がこのように(分断)されたのは日帝植民支配の影響もある」という一言がついたが、今は一言半句もない。

    日本が意図したことではないというが、第二次大戦敗戦国中ドイツは東西に分断された。東北アジアでは日本の代わりに韓半島が分断された。「分断の悲劇」が産んだ悲劇的な朝鮮戦争を通じて日本は戦後復旧に成功し、東アジアで新たな存在感を勝ち取った。事実38度線、あるいは39度で分断という概念も初めて出たのは日本だ。19世紀末の列強の角逐の中で日本はロシアに39度線を基準として韓半島を分け合おうと提案したが拒絶された。これに先立ち壬辰倭乱の時、倭将・小西行長は明国将軍に韓半島を分け合おうという提案したと伝えられる。結局、日本は1905年、露日戦争で勝って韓半島をまるごと得た。

    普段、統一という概念にこれと言った関心もなく生きてきたが、人口1億人を越える日本社会を見ながら「もし」と想像することがある。人口1億人なら自らの完結的な市場が形成される。同じ言語を使う1億の人口が知識市場を形成すれば、文化の滋養分も変わる。この頃、日本の若者たちが海外に出て行かない理由も国内で十分気楽に暮らすことができるからだ。少なくとも韓半島に平和と共存が訪れたら人口1億の国家が享受できる安定と繁栄にもう少し近寄ることができるかもしれない。

    隣国の固定化された分断の現実に安住したためであろうか。平昌(ピョンチャン)オリンピックを契機に展開する韓半島環境の激変に対する日本の動きは鈍い。ドナルド・トランプ米国大統領とキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長の豹変に当惑し、その変化の速度にとまどう表情だ。さらに進んで変化を望まない様子も歴然としている。

    日本国内では安倍晋三総理の外交が空回りしているという指摘がそろそろ出ている。トランプ大統領との親密感だけに依存した判断錯誤、韓国・中国との連帯不足、対北強硬姿勢だけをアピールしてきた副作用という指摘があふれている。その渦中で「もう日本は最後まで『悪役』を演じるほかない」という嘆きも聞こえる。18日、東京で開かれた韓中日シンポジウムでも韓国と米国参加者は日本に対し「北朝鮮にとって徹底した核放棄しか方法はないという考えを持つように圧迫する役割」を注文した。

    振り返ってみると日本は韓半島に対し、いつもこの様な雰囲気だったのではない。改憲と対北強硬策を政権浮揚の二大エンジンとしてきた安倍政権がスタートして5年半が流れた。これまで安倍長期執権が可能な社会の雰囲気と長期執権する安倍政権が率いる世論が「鶏と卵」のように相互作用してきた。あるいは北朝鮮が核とミサイルをあきらめて正常国家として国際社会に帰ってくれば、安倍政権は最も大きな政治的動力を失うことになるかもしれない。

    もう少し見守らなければならないが、韓半島の状況が日本政治の未来を変えるかも知れないという気がする。

    ソ・ヨンア東京特派員
    no title


    ソース:東亜日報(韓国語) [今日と明日/ソ・ヨンア]韓半島ドラマの「悪役」自任する日本
    http://news.donga.com/3/all/20180522/90187476/1

    引用元: 【韓国】 韓半島ドラマの『悪役』を自任する日本~38度線は日本が起源[05/22]

    続きを読む

    20180522_220200
    1: 動物園φ ★ 2018/05/22(火) 19:08:16.07 ID:CAP_USER
    2018年05月22日16時01分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄行事(23~25日)を翌日に控えた22日、韓国側取材陣名簿を受け付けなかったことを受け、韓国野党は「北朝鮮が韓国馴らしに乗り出した」と非難した。

    自由韓国党の張済元(チャン・ジェウォン)首席報道官はこの日、「北朝鮮が豊渓里核実験場廃棄行事に対し、韓国取材陣だけ入国を不許可にしている」とし「必要なときだけ『我々民族同士』を叫び、今や『我々民族』だけを除け者にして本格的な韓国馴らしに乗り出した」と論評した。

    張報道官は続いて「外交部まで韓国取材陣に『北京の北朝鮮大使館経費について、何も聞くな」と言う態度で、北朝鮮の怒号一言に気分までご丁寧に気遣い、戦々恐々としている姿が本当に情けない」とし「結局、板門店(パンムンジョム)宣言のインクも乾かない先から、北朝鮮があらゆることにけちをつけて米国と韓国を脅迫する、非常に簡単な予測可能だった波乱だけが起きている」と指摘した。

    あわせて「文在寅(ムン・ジェイン)政権が弱気な姿で顔色だけを伺っている間、北朝鮮は中国と米国を行き来してうまく自分たちの利益を最大化し、地位を固めている」とし「文在寅政権はそろそろ北朝鮮に対するバラ色の幻想から目覚めて現実を直視しなければならない。同盟国にいつまでも北朝鮮の立場に立って北朝鮮の主張だけ代弁していることはできない身になった」と批判した。「文在寅政権は有限だが、大韓民国は永遠に持続するということを忘れないでおいてもらいたい」とも述べた。

    正しい未来党のクォン・ソンジュ報道官も、同日「北朝鮮は先日の板門店宣言で国際社会に平和に対する期待を鼓吹してから、すでに4日目に入った韓米合同演習を言い訳にして軍事高位級会談の一方的な中止を通知した」とし「韓国内の葛藤をあおり、韓国政府を思い通りにしようとする北朝鮮の見え透いた戦略にむなしい笑いしか出てこない」と批判した。

    クォン報道官はまた「南北対話の目的は、徹底的に核廃棄にあって、原則は和解とけん制のバランス」としながら「政府は北核廃棄と韓半島(朝鮮半島)平和定着という遠くて容易ではない道の上で、北朝鮮の戦略に付和雷同しないよう願う」と述べた。

    これに先立ち、北朝鮮は今月12日の外務省公報を通じて23~25日に豊渓里核実験場廃棄儀式を進めるとし、韓国と米国・英国・中国・ロシアのメディアに取材を許容する用意があると明らかにした。これに対し、各国は取材陣を設けて名簿を北朝鮮に送ったが、北朝鮮は韓国取材陣の名簿だけ受け付けなかった。結局、この日午前、韓国を除く4カ国の記者団だけが中国北京から北朝鮮元山(ウォンサン)へ向かった。

    http://japanese.joins.com/article/606/241606.html?servcode=200&sectcode=200

    引用元: 【韓国】文政府、北取材拒否に何も言えず戦々恐々

    続きを読む

    このページのトップヘ