ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    no title1: 荒波φ ★ 2017/05/28(日) 12:43:10.96 ID:CAP_USER
    2017年5月28日、韓国・聯合ニュースによると、アントニオ・グテーレス国連事務総長が、2015年末に日韓政府間で締結された「慰安婦問題日韓合意」を支持する立場を明らかにした。

    グテーレス事務総長は、イタリアのタオルミーナで開かれた主要7カ国(G7)首脳会合で、安倍首相と個別に会った席でこのように述べた。安倍首相はこの席で、日韓両国がこの合意を遵守することが重要であると述べ、これに対しグテーレス事務総長は、この合意を支持し歓迎する(support and welcome)と伝えた。

    日本政府は、2015年12月に締結されたこの合意は「最終的かつ不可逆的」とする立場だ。しかし、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、安倍首相との就任後初の電話会談で「韓国国民の大多数が感情的に慰安婦合意を受け入れていないのが現実」と述べた。さらに、文大統領の日本特使で、共に民主党の文喜相(ムン・ヒサン)議員も17日、岸田外相に会い「国民の大多数が、慰安婦関連の韓日合意を受け入れていない」と述べている。

    今回のグテーレス事務総長の発言とは別に、国連拷問防止委員会は12日の報告書で「日韓合意は被害者の名誉回復、賠償、再発防止には不十分」とし、合意内容の見直しを勧告している。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「国連は日本の言いなり」
    「日本に買収されたのか」
    「日本の顔色をうかがう事務総長」といった声や、
    「非常識極まりない」
    「国連事務総長がそのような考えではいけないのではないか」

    など、グテーレス事務総長への批判の声が多く寄せられた。

    また、「潘基文(パン・ギムン)が事務総長のときも支持していたな」と、2代続いた国連事務総長の日韓合意への支持表明に関連したコメントもみられた。

    その他に「これは個人的な意見で、国連の公式見解とは関係ない」とする意見や、
    「国に力がないから、仕方ない」
    「これが外交力だ。われわれも学ぶべきところは学ばねばならない」など、自国の外交力に関連した意見もあった。


    2017年5月28日(日) 12時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b159022-s0-c10.html

    引用元: 【慰安婦合意】国連事務総長が「日韓慰安婦合意」への支持表明=韓国ネットからは「非常識極まりない」と批判[05/28]

    続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/05/27(土) 20:36:22.48 ID:CAP_USER
    米国大使館周辺に配置された車のバリゲードに光化門美術行動と市民らが文字や絵を描き入れた大型横断幕
    no title

    2015年11月14日、警察の放水銃に撃たれて農民ペク・ナムギ氏が倒れた現場写真
    no title


    警察が集会の現場に警察車両のバリケードと放水車を原則的に配置しないことにした。これに先立ち大統領府が警察に「人権警察」を注文したことによる警察の初めての対応だ。

    警察庁は26日、「集会・デモの自由を最大限保障するため、集会現場に車のバリケードと放水車を原則的に配置せず、例外的にのみ配置する案を検討中」だと明らかにした。

    これに先立ち、この日午後、釜山(プサン)警察庁で開かれた人権ワークショップで、イ・デヒョン警察庁人権保護担当官「明日(27日)、国政企画諮問委員会の警察庁業務報告で集会、デモ、警察人権問題などを報告することになるだろう」とし、「今後集会現場に警察力、放水車、車のバリケードを配置しないことを原則とする」と話した。

    警察庁は、イ担当官の発言に対するメディア報道が続くと、“警察力”を除く残りの部分について「検討している」と認めた。

    集会・デモに対する警察の基調変化は、25日にチョ・グク大統領府民政首席秘書官が「捜査権の調整を前提に人権警察になる具体的な計画を警察に要請する」と発表したことによるものだ。

    大統領府の注文の直後、警察は「かつて受け入れなかった人権委員会の勧告を再検討し、受け入れを検討中」と明らかにした。

    国家人権委員会は2008年と2012年の2回「放水車を使用する場合、人体に深刻な危害を加える可能性がある」とし、放水銃の具体的使用基準を法令に明示するよう警察に勧告した。

    しかし警察は「指針に則り安全に使用している」とし、人権委の勧告を受け入れなかった。2015年11月の民衆総決起大会当時、農民のペク・ナムギ氏が放水銃に当たって倒れた後に死亡すると、かろうじて存在していた指針さえも守らなかったという批判が出た。

    車のバリケードについても人権委は、法務部が昨年国連自由権規約委員会に提出した報告書に対する意見を通じて「平和的集会・デモの自由保障のために放水車や車のバリケードの使用を自制し、

    事実上許可制で運営される集会申告制度の改善など、平和的集会の保障に向けた政府の積極的意志を含めることが望ましい」と、批判的な意見を出している。

    市民社会は警察の基調の変化を歓迎しながらも、警察により進展した姿勢を注文した。

    茶山人権センターのパク・ジン常任活動家は「『集会・デモの自由』という憲法の基本精神がこれまで警察の過度な物理力の行使により制限されたため、警察の立場の変化を歓迎する」としながらも、「ペク・ナムギ氏事件について警察が先に解決する姿勢を見せなければならない」と話した。

    参与連帯のアン・ジンゴル事務処長も「警察の威嚇的配置が減れば、集会・デモ現場での衝突が減るものと期待する」とし、「捜査権調整に向けてのお披露目式にしてはならない。「人権警察」に生まれ変わる契機にしなければならない」と話した。

    韓国ハンギョレ新聞社 パク・スジ記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27461.html
    韓国語原文入力:2017-05-26 21:07
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/796407.html 訳M.C(1477字)

    引用元: 【ハンギョレ】集会現場から警察車両のバリケード、放水車が消える 「警察が減れば、集会・デモ現場での衝突が減ると期待」[5/26]

    続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/05/28(日) 10:18:47.52 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    日本のアイドル『AKB48』メンバー峯岸みなみが、無礼な言動で非難を浴びた。

    俳優のチャン・グンソクは去る26日、フジテレビの『ダウンタウンなう』'に出演した。

    チャン・グンソクはこの日、日本のある食堂で他のパネラーと酒を飲みながら日本進出のきっかけ
    など、様々なテーマで自由なトークを交わした。

    (写真)
    no title

    no title


    ところがチャン・グンソクが去った後、ゲストとして出演した峯岸みなみが、「彼に“整形してますよね?”
    と質問したかった」と打ち明ける場面が放送され、物議を醸した。

    (写真)
    no title


    放送の後、峯岸みなみのインスタグラムには、「整形の話は不快だった」という日本ネチズンの
    抗議のコメントが続いている。このような消息が韓国内のネチズンにも伝わり、批判が続いている。

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    http://entertain.naver.com/read?oid=025&aid=0002720338

    引用元: 【韓流】「整形してますよね?」~チャン・グンソクに無礼な質問をした日本のアイドル[05/28]

    続きを読む

    no title1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/05/27(土) 22:46:00.64 ID:CAP_USER9
    安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、
    慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。

    グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。

    首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて。
    首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案
    の今国会成立を目指していることを説明。グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏に
    ついて「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、
    その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた


    核・ミサイル開発を進める北朝鮮も話題となり、首相は北朝鮮に影響力を持つ中国をはじめ関係諸国に
    よる圧力強化の必要性を強調した。

    グテレス氏は北朝鮮の行動を非難した上で「北朝鮮に対して圧力を強化するためのツールを
    国連安全保障理事会は有している。今後、関係国との間でも北朝鮮問題を真剣に取り上げる」と応じた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170527/plt1705270030-n1.html

    引用元: 【国連】グテレス事務総長が慰安婦日韓合意に「賛意」「歓迎」…日本批判の国連特別報告者について「国連とは別。総意反映していない」

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/05/27(土) 19:40:11.10 ID:CAP_USER
    no title

    ▲国防部の巡視に出向いた文在寅大統領が17日、国防部会議室での行事を終え、合同参謀本部に向かっている=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社

     国防部が、戦時作戦統制権(戦作権)の(米国から韓国への)転換時期を、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期(2022年)内である2020年代初盤に操り上げる方案を推進すると国政企画諮問委員会に報告したという。戦作権の任期内転換は、文大統領の大統領選挙公約でもある。これまで戦作権の転換に反対してきた国防部が一日で態度を変えたことは釈然としないが、少なくとも戦作権の転換をさらに遅らせることはないと見られる。南北分断の状況を考慮しても、主権国家が国民の命がかかった戦時作戦権を外国に任せるということは話にならない。

     朝鮮半島の戦争指揮を米軍が主導すれば、作戦の優先順位は米国のグローバル戦略に当然に従属することになる。韓国の利害関係はその後ろに押されざるをえない。また、戦作権の転換を今後も先送りするならば、韓国軍は作戦能力を育てる機会を失うことになる。戦時を想定した訓練で、ハードウェア(武器)はもちろんソフトウェア(作戦)まですべて米国に依存している、現在の韓国軍の姿がまさにその結果だ。

     振り返ってみれば、韓米連合司令官(在韓米軍司令官)が持っている戦作権は、参与政府(盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権)時である2007年2月の韓米国防長官会談で「2012年4月還収」と決めた。これを目標に「2007~2011国防中期計画」に則り情報・偵察・監視能力と戦術指揮統制(C4I)体系および精密打撃手段(PGM)確保、軍の構造調整、地上作戦司令部創設などを2011年までに終えることにした。しかし李明博(イ・ミョンバク)政府は、金融危機などを理由にこれを覆し、戦作権の転換時期を次期政府の「2015年12月」に延期した。そして、4大河川事業に莫大な予算を注ぎ込んだ。朴槿恵(パク・クネ)政権もやはり戦作権の転換を1年後に控えた2014年に再び延期した。時期を決めずに「朝鮮半島安保状況の改善と韓国軍の対北朝鮮抑止能力強化」という漠然とした条件を付けて、事実上の「無期限延期」に方向を定めた。自主国防の意志があったかを疑うほかはない。

     したがって、国防部の戦作権早期転換方針は回り道をしたが本来の位置に戻す過程に過ぎない。しかし、戦作権の転換は韓国が一方的に決められる事案ではない。韓米政府の合意を経なければならない。軍の戦力を強化して、保守陣営と軍内部の憂慮も解消しなければならない。そのために、南北関係の改善を通じて朝鮮半島の緊張を緩和する方向に乗り出すことは当然だ。

    韓国語原文入力:2017-05-26 18:00
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/796416.html 訳J.S(1218字)

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[社説]過去に2回延期した戦時作戦権還収、可能な限り早期に取り戻すべき
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/27457.html

    引用元: 【韓国】 過去に2回延期した戦時作戦権還収、可能な限り早期に取り戻すべき/ハンギョレ新聞社説[05/26]

    続きを読む

    このページのトップヘ