ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/17(木) 00:32:30.45 ID:CAP_USER
    no title

    ▲作曲家の安益泰(写真=中央フォト)

    『愛国歌』を手がけた韓国作曲家の安益泰(アン・イクテ、1906~1965)の親日行動に問題を提起してきた政治学者の李海榮(イ・ヘヨン)韓神(ハンシン)大学教授が安益泰の欧州活動を分析した新刊『安益泰ケース』を出した。

    平壌(ピョンヤン)で生まれた安益泰は1921年に日本に留学した後、米国で音楽の勉強をし、1938年ごろ欧州に進出した当代では珍しい西洋音楽家だった。 在米韓人団体が発行した新聞「新韓民報」によると、安益泰は1935年12月28日、韓人礼拝堂で愛国歌の新しいメロディを演奏した。安益泰は愛国歌のメロディを『韓国幻想曲』第4楽章に使っている。

    安益泰は文化勲章・大統領賞を授けられて国立墓地に埋葬されたが、2000年代以降、各種資料を通じて日帝に賦役したという事実が明らかになり民族問題研究所が編纂した「親日人名辞典」に収録された。

    2015年安益泰が1941年、日本の名節に天皇の時代が永続することを願う曲『君が代』をピアノ演奏したという内容の寄稿文を捜し出した著者は、新刊でこの内容を書いた江原綱一(1896~1969)に注目している。 江原綱一は東京帝大を卒業後、1932年の満州国建国以降にハルビン副市長を務めた後、1938年在ベルリン満州国公使館参事官として赴任して1945年7月までドイツに滞在していた。

    著者はドイツの韓国学者フランク・ホフマンが発掘した米陸軍欧州司令部情報局文書を通じて江原の実体を説明している。米陸軍がドイツと日本の前職情報将校の陳述を記録した該当の文書は「江原は在独日本情報機関の総責任者だった。江原は在ポーランド情報機関と共同作戦を遂行した」と明示した。参事官という職位は江原の偽装用肩書であり、実際には彼が日本情報機関のドイツ総責任者だったというのが著者の考えだ。

    問題は著者が「エキタイ・アン」としている安益泰が江原の家に同居していたという点だ。江原は「安君が私に相談があるといって訪ねてきた」とし「独ソ戦争が始まった年からベルリンで彼と一緒に暮らすことになった」と回顧した。

    著者は「安益泰は江原の特殊工作員や彼の重要な別の何かか、でなければそのどちらともだったかもしれない」というホフマンの主張を引用した後、「エキタイ・アンが江原の家で早ければ1941年末から1944年4月初めまでほぼ2年半近く寄宿していたという事実は安益泰が江原の『スペシャルエージェント』であるという強い心証」と力説する。

    続いて1944年にドイツが占領した状態だったフランスで公演した安益泰が第2次世界大戦以降はフランス、ドイツ、オーストリアに登場しなかったという点を根拠に「エキタイ・アンは大日本帝国とナチスドイツの高級ラッパ吹きだった」と強調する。あわせて「エキタイ・アンが高級プロパガンディストとして用役を提供したのは明らかで、その対価として依然としてその全貌が明らかになっていない数多くの便益を手にしていたという点を否定することができない」と批判する。

    安益泰が親日というだけでなく、ナチスドイツのためにも活動したという衝撃的な主張をしている著者は、今や愛国歌に対して再考する時が来たと言う。著者は「安益泰の愛国歌の致命的欠陥は、その旋律や歌詞ではなくそれを作った人にある」とし「愛国歌を作った者は少なくとも『愛国的』でなければならない」と指摘する。

    著者は、現在『愛国歌』は事実上の国歌というだけで、法で定められた国歌ではないという点を説明しながら「国歌制定委員会を構成して公募型国歌を作ろう」と提案している。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<「韓国『愛国歌』作曲家、日帝とナチスドイツのラッパ吹きだった」>
    https://japanese.joins.com/article/210/249210.html

    引用元: 【韓国】 事実上の国歌である『愛国歌』の作曲家、日帝とナチスドイツのラッパ吹きだった~新たに公募型国歌を作ろう[01/16]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/16(水) 23:42:25.20 ID:CAP_USER
    no title

    ▲現代自動車の昨年の日本でのバス販売がやっと12台に終わり、日本からの完全撤退の危機にひんしている。

    現代自動車が乗用車の日本撤退後、なんとか命脈を保ってきたバス販売も事実上販売が中断され完全撤退危機にひんしている。

    現代車は2000年、日本に現地販売法人の現代モータージャパン(HMJ)を設立、ソナタ、グレンジャー、アバンテ、i30等主力モデルを投じて2001年から日本列島攻略を始めたが、日本全域に販売ネットワークを構築するなど大々的な投資にもかかわらず、年間販売量が2千台を超えず、すぐに10年もたたない2009年、電撃撤退を決めた。その後、現代車は販売車両のAS問題とそれでも勝算があるように見えたバス販売のために日本法人を存続させてきた。

    現代車の高級大型バスであるユニバースは2009年初進出後、日本を訪れる中国と韓国の観光客が楽しんで使いながら2016年の163台に続き2017年には112台が売れるなど上昇の勢いを続けてきた。しかし、どういうわけか2018年には販売量がほとんど前年比10分の1水準と大きく落ちた。

    最近、日本自動車輸入組合が発表した2018年輸入車販売実績によれば現代車は乗用車が前年度15台で昨年は4台、バスは112台から12台に暴落、事実上販売が中断されたも同然だった。

    日本の輸入バス販売は2017年までは現代車が主導してきたが、昨年はスウェーデンのスカニアが前年度6台から昨年は25台と現代車の倍以上販売量を増やし、メルセデス・ベンツも3台から7台に増えて現代車をぴたっと追撃した。

    日本バス市場は、ふそうとUDトラック、トヨタ系列日野自動車と日野といすずが合作したJバスが路線バスと高速バス市場を掌握しており、現代ユニバースは観光客輸送のための貸切りバス市場だけで販売されている。

    ユニバースはこれまで同級の日本バスより20%以上安い購入価格と優れた仕様に加え、訪日韓国観光客の増加などである程度の競争力を維持してきたが、昨年からユーロ6基準適用などによる価格上昇などで販売が激減した。

    日本観光庁資料によれば昨年は毎月60万人以上の韓国人が日本を訪問したが、現代ユニバースの販売量はかえって急減、事実上競争力を失ったと分析される。特に、2017年から中国政府の観光規制などで大規模団体観光客より小規模観光客が増え、大型バスよりは中型バスが好まれることが大型バスのユニバースには致命的な弱点として作用したと説明される。

    イ・サンウォン記者

    ソース:Mオートデイリー(韓国語) 現代車日本で完全撤退?乗用に続きバスもほとんど販売中断
    http://www.autodaily.co.kr/news/articleView.html?idxno=407061

    引用元: 【自動車】 現代自動車、日本から完全撤退か?~乗用車に続きバスも売れず[01/16]

    続きを読む

    20190116_2245001: ひろし ★ 2019/01/16(水) 21:59:54.59 ID:CAP_USER
     【ソウル時事】韓国公正取引委員会は16日、日産自動車が製造し、韓国日産が輸入、販売した2車種について、燃費などを誇大に広告していたとして、是正命令を出すとともに、総額9億ウォン(約8700万円)の課徴金を課したと発表した。

     さらに、表示・広告の公正化に関する法律に違反した疑いで、両社を検察に告発することを決めた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000136-jij-kr

    引用元: 【経済】韓国、日産に課徴金8700万円=「燃費で誇大広告」、検察に告発へ [01/16]

    続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/01/16(水) 20:33:06.31 ID:LkGDljH99
    ◆ 韓国「日本が低空飛行なら我々も」 レーダー照射問題
    【レーダー照射】「他国の軍艦に500mまで近づくのは危険、4.8kmは離れろ」「火器管制レーダーを使った証拠を一つでも示せ」 韓国側が主張
    海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍艦艇から火器管制レーダーを照射されたとされる問題をめぐり、14日に開かれた日韓実務協議で、韓国側が「日本が低空飛行をするなら我々も座視せず、低空飛行できる」と日本側を批判した。
    韓国国防省関係者らが明らかにした。

    韓国側は、哨戒機が10分近くの間、3度にわたって駆逐艦に接近する危険な飛行を行ったと主張。
    「第三国が同じ飛行をすれば、日本は抗議しないのか」とも指摘した。

    日本側は危険な飛行ではないとし、抗議もしないと答えたという。
    韓国軍関係者は16日、韓国記者団に対し、韓国軍の飛行パターンについて「通常、他国の軍艦から3マイル(約4・8キロ)近くまで接近しない」と語った。

    日本は14日の協議で、韓国軍艦艇のレーダー情報について、双方が持つ情報を突き合わせるよう求めたが、韓国は軍事機密を理由に拒否した。
    韓国は、レーダー照射を受けた方位や位置なども公開するよう求めたという。
    韓国軍関係者は記者団に、艦艇の装備を分析した結果、火器管制レーダーを照射していない明らかな証拠を持っているとしたうえで、日本に対し「証拠を一つでも示す必要がある」と主張した。

    (写真)海上自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる韓国海軍艦艇「広開土大王」
    no title


    朝日新聞デジタル 2019/1/16(水) 17:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000063-asahi-int

    引用元: 【レーダー照射】「他国の軍艦に500mまで近づくのは危険、4.8kmは離れろ」「レーダーを使った証拠を一つでも示せ」 韓国側が主張

    続きを読む

    韓国国旗1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/15(火) 23:36:51.62 ID:CAP_USER
    韓国国防部(省に相当)が15日に公表した2018年版の国防白書は、いわゆる「強制徴用賠償問題」や
    「レーダー照射問題」で悪化した韓日関係がそのまま反映されたと評されている。

    今回の国防白書は「第3節 国防交流協力」の中の「韓日の国防交流協力」の部分で「韓日両国は地理的、文化的に近い隣国であり、
    世界平和と繁栄のために共に協力していくべきパートナー」と規定している。

    一方、2016年の国防白書では、韓日関係について「韓日両国は自由民主主義と市場経済の基本価値を共有しており、
    北東アジア地域はもちろん世界の平和と繁栄のために協力していくべき隣国」と表記していた。

    これまでの国防白書にずっと記載されていた「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有」の表現がなくなったわけだ。

    米国以外の周辺諸国との軍事交流協力について記述する際の順序も、これまでは韓日、韓中、韓ロの順だったが、
    今回は韓中、韓日、韓ロの順に変更された。

    日本と「北朝鮮の核とミサイルの脅威」に対して協力するという内容も今回の国防白書では削除された。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/15/2019011580186.html

    【防衛大綱】安倍首相には東南アジアより低い韓国…安保協力5番目に 事実上、安保協力が不可能に追い込もうという意図 [12/31]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1546242891/

    引用元: 【韓国国防】 安保協力順も中国が日本より先だ

    続きを読む

    このページのトップヘ