ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/27(日) 03:34:19.86 ID:CAP_USER
    南北首脳、板門店で2度目の会談
    文氏、米朝仲介乗り出す
    2018/5/26 23:50
    c一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/373065232429646945

    26日、板門店で抱き合う韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)
    no title


    韓国の文在寅大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=共同)
    no title


    【ソウル共同】韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で、4月27日に続き2度目の会談を行った。
    会談は極秘裏に進められ、26日夜に韓国大統領府が発表。
    トランプ米大統領が6月12日に予定していた史上初の米朝首脳会談の中止を通告したことなどを巡り、同会談の成功を望む文氏が仲介に乗り出したもようだ。
    会談結果は文氏が27日午前10時(日本時間同)に発表する。

    米朝間で再び緊張が高まることを憂慮する文氏は、正恩氏に対話方針を変えないよう求めたとみられる。

    引用元: 【共同通信】南北首脳、板門店で4月27日に続き2度目の会談 韓国・文大統領、米朝仲介乗り出す[18/05/27]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/26(土) 16:23:33.78 ID:CAP_USER
    完全に後頭部を殴られた。キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長はもちろん、ムン・ジェイン大統領も同じだ。キム委員長の方がさらに痛いだろう。韓国系米国人3人を解放し、豊渓里(プンゲリ)取材団から韓国取材陣を抜いて終盤に入れるなど精一杯、身代金を膨らませながら、核施設を爆破してわずか1、2時間でトランプ米国大統領が6月12日に予定された北米首脳会談を電撃取り消したからだ。

    ムン大統領もあきれるのは同じだ。1泊4日の窮屈な日程で米国に飛んでトランプから北朝鮮の体制保障と「柔軟な一括妥結」発言を引き出す成果を得た、と自評したのはまさに数日前だ。普通の国の大統領なら想像もできない非礼だったが、トランプは瞬きもしなかった。そして韓国はもちろん中国、日本など周辺国にどんな背景説明があったという話もまだ聞かれない。

    トランプの北・米首脳会談取り消しの背景はまだ分からない。首脳会談前、米国と北朝鮮の実務接触で進展した立場が出てくることを期待したが特に内容がないと失望をしたという分析もある。これにチェ・ソンヒ北朝鮮外務省部長が「(北・米)首脳会談を再検討するよう問題を最高指導部に提起する」と言って、ペンス米国副大統領を「間抜け」と表現したことが怒りをよんだという解釈もある。

    しかし、チェ部長の発言は名分にすぎず「北朝鮮から満足できるほどの答え」がない、と首脳会談をひっくり返したというのがより説得力を持つように見える。北朝鮮から顕著な成果を引き出せなければ「急いで失敗した会談」という非難が出るのは火を見るより明らかなのに、あえて北・米首脳会談にしばられる必要がないと判断したようだ。

    キム・ジョンウン委員長に「手紙を書け。いつでも会える」としてドアを最初から閉じていないのを見れば米国の中間選挙が11月なので時間的余裕がある点も考慮したと見られる。キム委員長の立場の変化の原因提供者と目される中国に対する警告も含んでいる。中国が協力しなければ私たちは局面を壊すこともできる、という言葉に違わない。

    いずれにせよトランプは勝負師的気質を遺憾なく発揮した。北朝鮮から過去のような「サラミ戦術」(一つの課題を様々な段階別に細分化して一つずつ解決していく交渉戦術)が伺えるとすぐに首脳会談取り消し、という勝負の賭けに出たのだ。常識を超える無茶苦茶な方式に北朝鮮はもちろん中国も虚を突かれたようだ。しかし、北朝鮮も戻るには遠くに来すぎた。北・米首脳会談など非核化議論がこわれた後の展開過程が分からないはずはない。経済的圧迫と共に考えることさえぞっとするが、軍事的カードも米国が揺れているためだ。

    この時点で本当に必要なのがムン・ジェイン大統領の仲裁だ。トランプ大統領はもちろんキム・ジョンウン委員長にもテーブルに座る名分が必要だ。ひっくり返ったついでに休んで行けと言うような。北・米両側の局面を壊すのは願わないだけに物静かに再び散った玉を通す必要がある。歴史は「早急な結論を常に審判する」という事実を肝に銘じれば良い。

    1978年、カーター米国大統領の仲裁でキャンプデービッド交渉が行われたイスラエルとエジプトの間で平和を得たが、急いだパレスチナとエルサレムの入植地問題は手をつけられなかった。今、米国と中東はその失敗の代価を払っている。韓・日協定も同じだ。パク・チョンヒ政府が急ぎ、私たちは今、慰安婦問題や強制徴用者問題で審判を受けている。

    平和を守って交渉を成功させるのはガラスの容器と同じだ。本当にムン・ジェイン大統領が仲裁を始める時だ。私たちも落ち着いて我慢強く仲裁の過程を見守ろう。「終わりは終わりではなく、開始の他の名前にすぎない」と言う。第二次大戦を勝利に導いたウィンストン・チャーチルの言葉だ。韓半島非核化と平和体制構築の夢をここでたたむことはできない。

    キム・ソンゴン論説委員
    no title


    ソース:ソウル新聞(韓国語) [ソウル広場]破局の他の名前は開始だ/キム・ソンゴン論説委員
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20180526023001

    関連スレ:【韓国】 北朝鮮の立場から米国を説得、韓国政府は誤った認識を正せ/朝鮮日報社説[05/26]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1527313827/

    引用元: 【米朝会談】 破局の別名は始まりだ~今こそ文大統領が仲裁に乗り出す時[05/25]

    続きを読む

    20180525_0551001: 蚯蚓φ ★ 2018/05/26(土) 14:50:27.65 ID:CAP_USER
     北朝鮮の核問題が混迷に陥った場合、最も被害を受けるのは韓国だ。そのため米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が直接顔を合わせる米朝首脳会談を何としても実現させ、そしてその場で北核廃棄に向けた合意を何としても成就させねばならない。それには今回会談の取りやめが発表されるに至ったプロセスをしっかりと検証する必要があるだろう。

     まず先日行われた韓米首脳会談で起こった出来事が尋常ではなかった。トランプ大統領は直後に予定されていた文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談など全く意に介さず、文大統領を横に座らせたまま34分間にわたり記者団の質問に答えた。また文大統領が語っても、トランプ大統領が「通訳は不要」と言う信じられない光景も目にした。影響で韓米首脳会談はわずか21分しか行われなかった。通訳を除けば10分だ。65年にわたる韓米同盟の歴史ではまさに最悪だ。もしかすると2人の実際の関係は外から見えるものと全く違っているのではないだろうか。

     問題の会見で文大統領は「米朝首脳会談は予定通り開催されるものと確信する」と発言した。韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長も「(米朝首脳会談は)99.9%成就したと考える」と述べた。ところがトランプ大統領は文大統領が韓国に帰国すると同時に会談を取りやめると発表した。トランプ大統領は確かにその行動が予測し難い人物だが、それでもこの重大な問題を韓国大統領府が全く知らされていなかったなどあり得るだろうか。

     文大統領は「私の役割は米朝の橋渡し役というよりも、米国と共に緊密に協力する関係」と述べた。しかし大統領補佐官、あるいは政府や与党関係者も「橋渡し役」という言葉を平気で使っている。韓国政府内で北朝鮮を擁護する人間も1人や2人ではない。北朝鮮が「米国が会談を要請した」と言えば、トランプ大統領は「我々は北朝鮮の方から要請してきたことを知っている」と語る。これは「間にいる人間など信じられない」とも聞こえる言葉だ。今最も重要なことは北朝鮮が本当に核を放棄する考えを持っているかどうかだ。それが全くわからない状況で、終戦宣言、平和協定、南北交流から始めようとすることが問題を複雑にしているとの指摘も相次いでいる。

     米朝首脳会談を実現させ、北朝鮮の非核化を最後まで貫徹するには、韓国政府が北朝鮮の側に立って米国を説得するという間違った認識からまずは正さねばならない。北朝鮮は韓米間の亀裂につけ込もうとしている。韓米両国が今再び力強い1つのチームにならなければ、韓国大統領府が口にした「99.9%」ではなく残りの「0.1%」の方が現実になるだろう。そうなれば国民はまたかつてと同じくただ戸惑うばかりになるだろう。

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【社説】北の立場から米国を説得、韓国政府は誤った認識を正せ
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/26/2018052600532.html

    引用元: 【韓国】 北朝鮮の立場から米国を説得、韓国政府は誤った認識を正せ/朝鮮日報社説[05/26]

    続きを読む

    20180522_2202001: 動物園φ ★ 2018/05/26(土) 00:38:30.18 ID:CAP_USER
    所得主導成長1年の逆説…韓国で貧富の差が拡大
    2018年05月25日14時33分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]


    所得主導成長を前面に出しながら最低賃金を大幅に引き上げた文在寅(ムン・ジェイン)政権に残念な成績表が届いた。今年1-3月期、高所得層の所得だけが増えて、低所得層の所得はむしろ急減したという調査結果が出たからだ。専門家の間では「所得主導成長政策の失敗」という評価まで出ている。

    統計庁によると、今年1-3月期、最も所得が少ない階層の第1分位(所得下位20%)家計の名目所得は月平均128万6700ウォン(約13万円)と、前年同期比8.0%減少した。2003年に関連統計の作成を開始して以降、最も大幅に減少した。第2分位(所得下位20-40%)の月平均所得も272万2600ウォンと、前年同期比4.0%減少した。

    一方、最も所得が多い階層の第5分位(所得上位20%)の月平均所得は1015万1700ウォンと、前年同期比9.3%増加した。過去初めて1000万ウォンを超え、1-3月期基準で最大の増加率となった。昨年の大企業の実績好転などが影響したという分析だ。

    これを受け、代表的な分配指標の5分位倍率も5.95倍と、2003年以降の最高値となった。5分位倍率とは、高所得層の第5分位の平均所得を低所得層の第1分位の平均所得で割った値で、この数値が大きいほど所得分配が均等でないことを意味する。

    これは政府の目標とは完全に逆に向かっている。文在寅政権は二極化解消のために最低賃金引き上げ、非正規職の正規職化など低所得層の所得を増やす所得主導成長政策を進めてきた。

    昨年10-12月期の家計動向調査の発表当時はまだ効果があるように見えた。第1、第2分位ともに所得が1年前より増えたうえ、7期連続で悪化していた5分位倍率も改善したからだ。

    http://japanese.joins.com/article/715/241715.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: 【ムンノミクス】最低賃金を大幅引き上げ → 低所得層の所得が急減

    続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/05/25(金) 16:46:11.63 ID:CAP_USER
    米朝首脳会談の中止に、米朝間の「仲介役」を自任していた韓国の文在寅大統領は、面目が完全に潰れてしまった。

     韓国政府は24日、北朝鮮での核実験場爆破を前に
    「今回の措置が後の非核化の、完全な非核化のための契機となるよう期待している」(韓国外務省報道官)と
    北朝鮮の予定通りの行動を見守り、爆破後には歓迎を表明した。ところが一瞬で喜びは落胆に変わった。

     文氏は金正恩朝鮮労働党委員長が1月の「新年の辞」で南北関係改善に意欲を示して以来、
    平昌五輪への北朝鮮の参加や芸術団の派遣など、北朝鮮の要求を全面的に受け入れ対話に応じてきた。

     平昌五輪の開幕式ではペンス米副大統領に金正恩氏の妹、金与正(ヨジョン)氏ら北
    朝鮮代表団を引き合わせようともした文氏。南北和解の好機を信じ、金正恩氏との南北首脳会談を実現させ、
    板門店宣言も発表した。

     韓国では文氏に対し「世界が注目するわが国の大統領」との評価も出ていた。22日には訪米し、
    米朝首脳会談の成功に向けてトランプ米大統領と会談したばかりだった。

     南北首脳会談を米朝首脳会談につなげるものと位置付け、ひたすら米朝の仲介者に徹した文氏が、
    窮地に追い込まれた金正恩氏同様、大きな衝撃を受けたことは必至だ。

    これまでの苦労が水の泡となった文氏としては、北朝鮮の反応を見極めた上で、
    念願の米朝首脳会談の実現に向けて一からやり直すしかない。
    韓国社会では文氏の対北融和姿勢に保守派は当初から冷ややかだったが、文氏の支持率は今月、80%を超えた。
    文氏の支持層である左派系はもちろん、一般国民の間でも、米朝首脳会談中止に対する落胆ムードは広がるとみられる。

     今年、北朝鮮問題に多くの力を割いてきた文在寅政権ではあるが、
    国内経済などそれ以外の現実的な課題はほとんど改善されていない。
    米朝首脳会談の中止と、今後予想される朝鮮半島情勢の緊迫化。夢を砕かれた文氏は新たな難題に直面している。

    画像:軍事境界線近くを散策する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=27日、板門店
    no title


    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/180525/wor1805250003-n1.html

    1が立った日時:2018/05/25(金) 07:25:04.75
    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1527200704/

    引用元: 【米朝会談中止】韓国、「仲介役」の面目失う[05/25]★2

    続きを読む

    このページのトップヘ