ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/18(日) 01:10:03.55 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ドナルド・トランプ大統領

     他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ。残念なことに米国のトランプ大統領にはそのような人徳を見い出し難い。彼は旧正月の直前に韓国GMが群山(クンサン)工場閉鎖の方針を明らかにして1万人余りが失業の危機にあっているというのに「GMはデトロイトに戻るだろう」と喜んで、法人税を減免した自身の功績を訴えている。どんなに国際関係は情けがないとしても、常識から大きく逸脱した発言だ。

     トランプ政権の貿易政策はますます目の前の自国の利益だけ追求する道に向かっている。自国の企業の市場の位置づけ強化や米国内の雇用拡大に役に立つ措置ならば国際法や慣行、他国との信頼関係をいとも簡単に無視している。特に対米貿易の黒字が大きな国をターゲットとして、各種の貿易報復措置を総動員している。近い将来中国産と韓国産の鉄鋼・アルミニウム製品に対するダンピング調査結果を発表する予定で、韓国産などの洗濯機とソーラー製品について16年ぶりに緊急輸入制限措置を発動している。

     トランプ氏は12日には中国、日本、韓国を名指しして米国産製品に他国が付けている税金ほどの関税を付ける「互恵税」をまもなく導入すると明らかにした。我が韓国との自由貿易協定(FTA)については交渉が不調なら廃棄すると話している。どこまで実行に移すかは不明なものの「貿易では同盟ではない」というトランプの話は今後どんなことが起きるか予断を許さない。

     米国の措置は長い目で見て同国内の消費者にも大きな害を及ぼすことになるはずだ。現在はこのような説得が通じると期待しにくいが、それでも両者の協議を強化せねばならない。不合理な措置については世界貿易機構(WTO)への提訴などで対処し、同じ立場の国家と協力を模索すべきだ。最悪の場合、米国の措置に正面から対抗する報復措置も綿密に検討しておかなければならない。

    韓国語原文入力::2018/02/14 17:42
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/832315.html原文:訳T.W

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[ 社説 ]「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/29806.html

    関連スレ:【経済】 「私が大統領になったから韓国GM工場は閉鎖され、彼らはデトロイトに戻ってくる」…トランプ氏、業績自慢[02/14]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518610395/

    引用元: 【韓国】 「GMがアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ~他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ[02/15]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/17(土) 21:16:19.57 ID:CAP_USER
    no title

    no title


    「平和の少女像」が立てられているブラックバーン公園で3月24、25日「日本祭り」の性格が強い「ブルックヘブン桜の花祭り(Brookhaven Cherry Blossom Festival)」が開かれる。

    今年の行事では有名カントリー歌手などの野外舞台公演や愛犬ショー、クラシックカー展示、5K、10K駆け足大会などが準備されている。桜の花祭りはブルックヘブン市で開かれる年中行事の中で規模が最も大きい。昨年の行事には公式推計1万5000人以上が参加し、広報費でだけ20万ドル以上が使われた。

    少女像が立てられている正門入口の駐車場地域は毎年、祭りのたびに様々なブースや食べ物市場ができて最も多くの人波が集まる場所だ。

    大多数の米国人が桜の花を日本文化の一部と認識しており、各地域の桜祭りも一定部分「日本祭り」の性格があるだけに、少女像の位置は設立当時から論議になった。

    ブルックヘブン市は昨年6月、市内にあるアパート団地の中に位置する小さな散歩公園に少女像をたてて何カ月か後に市内で最も大きなブラックバーン公園に移して設置した。

    アトランタ平和の少女像建設委員会側は当初からブラックバーン公園に少女像をたてて欲しいと市に要請していたが、しかし、市は日本政府の立場を配慮して桜の花祭りの場所から遠く離れた場所を少女像のくつろぎの場所に決めた。

    それでも日本政府が各種妄言と市会議員に対する人身攻撃もはばからずに反対ロビーを展開し、是正干渉が度を越えたと判断したジョン・アーンスト市長は正面対応次元で月除幕式以前からブラックバーン公園への移転を決めたことが分かった。

    日本の保守勢力は桜の花祭りの真中に立っている少女像を目の敵にしている。日本の代表的な極右指向産経新聞は昨年11月に掲載した寄稿文を通じて「ブルックヘブン公園は毎年、日本を象徴する桜の花祭りが開かれる場所であり、そこに建った少女像は最も似合わない彫像だ。来年、祭りの前までにアトランタの日本総領事館は少女像を撤去しなければならない」と主張した。

    少女像建設委関係者は今回の祭りにブースを用意するなどの方式で少女像広報活動を議論中だと明らかにした

    チョ・ヒョンボム記者

    ソース:コリアデイリー(韓国語) 桜の花祭り開かれる公園に平和の少女像「立っている
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6018078

    引用元: 【慰安婦問題】 桜祭りが開かれる米国ブルックヘブン市の公園、そこに平和の少女像~祭りでブースを出して広報予定[02/16]

    続きを読む

    20180217_080500
    1: Boo ★ 2018/02/17(土) 16:25:49.31 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、9日に平昌(ピョンチャン)で安倍首相と会談した際、元慰安婦支援のために設立した財団を解散せず、日本の拠出金も返還しない考えを表明していたことがわかった。

    西村康稔官房副長官は「文在寅大統領からは、韓国の立場の説明がありましたけれども、その中で、合意は破棄しない、再交渉もしない、元慰安婦の方々に支給をする財団も解散しない、日本が拠出をした10億円も日本には返還しないということを明言をされました」と述べた。

    首脳会談に同席した西村官房副長官が、16日のBSフジ「プライムニュース」に出演し、会談での両首脳のやり取りを明らかにした。

    西村副長官によると、文大統領は、「慰安婦問題が最終的に解決するには、元慰安婦の方々の心が癒やされなければいけない」と述べる一方、「条件を付けるようなことはしない」とも話し、安倍首相に謝罪の表明や、追加的な措置を求めなかった。

    また西村副長官は、安倍首相が文大統領に対し、「わたしも非常に厳しい批判を受けたが、それを乗り越えて合意した。あなたは支持率が高いのだから、あなたならできる」と伝え、「少女の像の移転をはじめ、約束したことをしっかり実行してほしい」と求めたことを明らかにした。

    https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00385135.html

    引用元: 【韓国】文大統領「元慰安婦支援財団は解散しない」[02/17]

    続きを読む

    20180217_080500
    1: 荒波φ ★ 2018/02/17(土) 10:56:10.10 ID:CAP_USER
    韓国外交部(省に相当)で先月、奇妙な人事があった。李相徳(イ・サンドク)駐シンガポール大使が突然辞任して帰国したのだ。後任も決まっていない。相手国との関係もあり、大使をこういう形で交代させることはほとんどない。

    李氏は大使として赴任する前、外交部東北アジア局長を務めた。当時の任務は「慰安婦合意」の実務レベル交渉だった。

    交渉は12回に及んだ。日本からは外務省アジア大洋州局長が出席した。伊原純一氏(現駐ジュネーブ国際機関代表部大使)が9回、後任の石兼公博氏(現駐カナダ大使)が3回だ。井原氏の前任で韓国通として知られる外交官、杉山晋輔外務審議官(現駐米大使)の応援もあった。

    局長級協議のほか、高官級協議も8回行われた。日本は韓国の国家情報院長に相当する谷内正太郎国家安全保障局長が交渉に臨んだ。外務省事務次官を歴任し、安倍晋三首相の最側近として知られる実力者だ。韓国からは元駐日大使のイ・ビョンギ国家情報院長が出席した。

    谷地局長は現在も要職を務め、日本の安全保障にとって最重要課題である北朝鮮の核・ミサイル問題、韓半島(朝鮮半島)問題を担当している。李院長は国家情報院の特別活動費を大統領に上納したとして刑務所にいる。

    それだけではない。李局長の後任として、慰安婦合意の後続措置を担当した鄭炳元(チョン・ビョンウォン)東北アジア局長は、夕食の席上での女性差別的な発言で辞任した。それほどの問題ではなかったという証言もある。しかし、外交部長官は容赦なく鄭氏をクビにした。

    現在の外交部における日本専門家の立場を象徴する事件だった。現政権だけの問題ではない。李明博(イ・ミョンバク)政権当時にも韓日軍事情報保護協定の問題で趙世暎(チョ・セヨン)東北アジア局長が責任を取り、外交部を去った。

    こうして比較すれば反論を浴びる。「人事の差こそ、韓国側に損となる合意をした証拠ではないか」というのだ。そうは思わない。たとえ損をしたとしても、経験ある外交官をクビにすれば、国は別の損をする。政権の意向に沿った結果を彼らの責任にするのも不当だ。

    国家間の交渉とは誰でもできるものではない。韓国の李相徳・鄭炳元両局長とは異なり、日本の杉山・伊原・石兼の歴代局長は北東アジアの安全保障の舞台で蓄積した経験を土台として、韓国に対するはずだ。反論通りに韓国が対日関係でいつも損をしているというならば、そんな違いのせいで常に損をしているのだ。


    2018/02/17 05:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501028.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501028_2.html

    >>2に続きます。

    引用元: 【朝鮮日報/コラム】 韓国外交、このままではまた日本にやられる 文在寅政権の要職には日本専門家がいない [02/17]

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/02/17(土) 11:52:11.80 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/112808

    no title

    no title

    no title


    カーリング女子で日本が韓国に勝利したにもかかわらず、悔しがっていたNHKの男性アナウンサー。やけに個性的で目立つネクタイが実は韓国と北朝鮮の色を模したものであることが分かった。

    前回の記事:【炎上】NHK男性アナがどう見ても韓国応援派。日本の勝利をお通夜状態で悔しがる
    忠誠心を示しているということなのだろう。

    男性アナウンサーは赤と青、白が入ったネクタイをしており、なんだかNHKらしくない派手さといった感じ。このネクタイには韓国を応援している(あるいは北朝鮮も)というメッセージが込められていたのかもしれない。

    並べてみるとやはり怪しい。もちろんさほど珍しい色ではないため偶然ということもあるだろうが、それにしてもあの中継はおかしかった。女性アナウンサーが日本の勝利を喜んでいるのに対し、男性アナウンサーは首を傾げながら「いやぁ~」とため息を漏らしたり「韓国」と連呼したりと奇妙な言行が目立った。

    ネクタイについては以下のような証言も飛び交う。

    改めて調べてみると韓国、北朝鮮の人はこの青と赤、白の配色を非常に大事にしていることが分かった。

    ▼国旗にあわせて赤と青、白で文字をつくっている。

    ▼こちらも同じ。日本語よりもハングルのほうが大きい看板。

    ▼「アベ政治を許さない」の車も朝鮮カラー。ハングルが書かれている点に注目。

    もちろん個人的に日本よりも韓国・北朝鮮を応援するのは自由だ。だが最大の問題は日本国民から受信料を半強制的に徴収している公共放送のNHKがこのような偏向報道をしてしまったということ。

    NHKは今回の不祥事についてしっかりけじめをつけるべきだと思う。

    引用元: 【偏向報道】韓国応援のNHKアナ、ネクタイが朝鮮カラーのガチモノだった 忠誠心を示しているということなのだろう

    続きを読む

    このページのトップヘ