ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    no title1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 20:06:51.71 ID:???.net
    「一山(イルサン)トルネード」。

    一山や坡州(パジュ)などの地域で強い竜巻(トルネード)が発生して被害が相次いだ。

    10日午後7時50分ごろ、京畿道高陽市一山西区(キョンギド・コヤンシ・イルサンソグ)の
    地域に突然強い竜巻が発生した。この竜巻は1時間ほど吹き荒れた。突然発生した竜巻に
    よってビニールハウス21カ所が破損し、道端にあったトラクターが畑の中に埋もれた。
    一部地域は停電になり、電気がショートしたように強い花火が散った。また、近くにいた
    80歳のキムさんが飛んできたパイプに当たってけがをした。

    一山の住民らは「10分ほどで周囲は跡形もなくなった」と当時の状況を伝えていた。

    ソース:中央日報
    http://japanese.joins.com/article/373/186373.html

    (関連写真)


    続きを読む

    no title1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 22:16:46.03 ID:???.net
      農心がブラジルワールドカップを控え、サッカーポジション別に韓国代表ラーメンの『ベスト イレブン』
    を選定、発表して話題になっている。

    まず最前線のセンターFWの位置には農心の『辛ラーメン』が占めた。韓国を代表するポジションであり
    世界市場での競争力を備えた製品として、国家代表ラーメン=『辛ラーメン』以外はない。辛ラーメンは
    国内ラーメン市場浮動の1位、韓国を象徴する韓流食品として市場で一番優れたブランド価値を認め
    られている。

    中央MFはモディシュモ(modifyとconsumerの合成語らしい)たちの熱烈な支持を受けている農心の
    『チャパゲティ』と『ノグリ(狸)』、オットゥギの看板スター『ジン(濃)ラーメン』がそれぞれ選抜された。
    ソン・フンミンやイ・チョンヨンのような素早い突破力が特徴の両翼には、近ごろ夏季特需を受けて
    険しく成長しているライジングスターの『八道ビビン麺』と『台風冷麺』が選ばれた。

    DFには長年の名声と耐空を誇るリベロ=『三養ラーメン』と『安城湯麺』を主軸に、いつでも攻撃の道を
    開く事ができる隠れた助っ人=『イカちゃんぽん』、『ごまラーメン』が選ばれた。

    心強い守護神であるGKは安定感が最優先として、農心『ユッケジャン・サバル(どんぶり)麺』が引き
    受けた。ユッケジャンサバル麺はカップめん市場浮動の1位で、世界でも注目を集めながら揺ぎ無い
    成長を続けている。

    これ以外にも韓国チーム初戦の相手であるロシア戦の控え選手には、八道の『トシラク(お弁当)』が
    選ばれた。トシラクはロシアでは特に強い製品で、国内売上げの約38倍をロシアで売り上げている。
    また三養の『激辛鶏の炒め麺(直訳)』もベストイレブンをいつでも支える交代メンバーに登録された。
    最近便宜店(コンビニ)を中心に 10代の間でブームになっている『激辛鶏の炒め麺(直訳)』は、特有
    の辛味で相手を脅威して試合のムードを生かす事ができる製品だ。

    農心の関係者は、「ヨーロッパの屋根であるスイスのユングフラウから、地球の最南端であるチリの
    プンタアレナスまで売れる辛ラーメンの競争力は、誰も追いつけない」とし、「わが国の選手たちも
    辛ラーメンのように世界の舞台でクールなゴールを決めて、韓国人の辛味を見せてくれる事を期待
    している」と話した。

    一方、ラーメン業界ベストイレブン全体の年俸は、昨年の国内売上げ基準で約1兆ウォンにのぼり、
    全体市場の約50%を占めている。

    ソース:eニューストゥデー(韓国語)
    http://www.enewstoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=333236

    続きを読む

    no titleno title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 22:35:59.74 ID:???.net
       車範根(チャ・ボムグン)SBS(ソウル放送)解説委員(61)はブラジルワールドカップ(W杯)で韓国と対戦するH組3カ国の
    最近の親善試合(アルジェリア-ルーマニア、ロシア-モロッコ、ベルギー-チュニジア)をすべて現場で観戦した。車委員が
    分析したロシア、アルジェリア、ベルギーの長所・短所を3回に分けて掲載する。

     第1回は韓国の1次リーグ初戦相手のロシアだ。1980年代に選手としてプレーして以来、30余年ぶりにロシア・モスクワを
    訪れた。空港で検査を受けると、過去のことを思い出した。当時カウンターでロシアの人たちは私を立たせ、15分以上も検査をした。
     それが今日、再現された。「どこから来たのか」「どの空港から出発したのか」。10分間ほど経過した。もちろん過去のように
    恐れることはなかった。

     競技場に行くと、多くの観客がいた。韓国の初戦相手のロシア代表を近くで見ることができると思うと、やや興奮した。
     ロシア代表は7日(日本時間)、モスクワで行われた親善試合でモロッコに2-0で勝った。

     ロシアは序盤、体が重く見えた。練習量があまりにも多いのではと思うほど鈍かった。流れも滑らかではなく、ビデオで見たような
    速かなパスワークや動きも不足していた。失望感さえ感じた。守備と中盤から攻撃を作っていくプレーは空回りした。2日前、
    ルーマニアを相手に華麗なプレーを見せたアルジェリアの攻撃とは対照的だった。

     時間が過ぎるにつれ、ロシアの本当の姿が現れた。前方のFWには全く機会がなかったが、前半29分、CKからDFワシリー・
    ベレズツキー(CSKAモスクワ)が得点した。それ以降、試合の流れは滑らかになった。ゴールがもたらす安定感だ。

     ロシアが流れをつかんだ時点に、ロシア代表のカペッロ監督が左DFを呼び、動きを強く指摘する場面を見た。ロシアの
    DFがなぜ安定しているのか確認できた。結果に関係なく、自分が望むことを選手に要求するカペッロ監督。世界的な名将に
    見られる独特の哲学だ。こういう監督を理解できなければ、韓国がロシアサッカーを分析するには限界があるだろう。

     2012年からロシアサッカーを分析した。ある1カ所で守備に問題が生じても、すぐに失点するケースは他のチームに比べて少ない。
     それだけ守備の組織がよく構成されていて、安定しているという意味だ。

     後半17分、それまで目立っていなかったFWユーリ・ジルコフ(ティナモ・モスクワ)がボレーシュートを決めた。ロシアは
    これというゴールゲッターがいないが、誰かがゴールが決める。見れば見るほど底力を感じさせるチームだ。ロシアは試合に負けず、
    ゴールを生んだ。守備は簡単に崩れなかった。これがロシア代表だ。

     ロシアを相手に韓国が勝つには、相手の攻撃を受け返す状況に持っていかなければならない。相手が攻撃するほど、韓国には
    チャンスが増えるだろう。中盤でボールを回しながら遮断されるケースは最悪だ。相手は少ないチャンスを逃さない。韓国はボールの
    処理を速やかに簡単にするのがよい。

     朴主永(パク・ジュヨン)が動きながらスペースを作り、李青竜(イ・チョンヨン)・孫弘敏(ソン・フンミン)・具滋哲(ク・ジャチョル)が
    そこに食い込まなければならない。一つの動作で終わらず、連続動作で相手の視線を奪う必要がある。ボールを1カ所に長く
    とどめてはいけない。サイドでスピードを生かした迅速な1対1の戦いも勝算がある。ただ、チャンスで得点できなければ試合は
    厳しくなることもある。

     ロシアはH組で守備組織が最も安定している。スター選手はいないが、チームが組織力で一つになっている。華麗には見えないため、
    過小評価しやすい。しかし見れば見るほど難しい相手という気がする。それでもサッカーで不可能はない。よく知って準備すれば善戦できる。
     ロシア戦では必ず勝ち点を獲得しなければいけない。泥臭いプレーでも、ロシア戦をうまく乗り越えることを望む。

    ISPLUS/中央日報日本語版 2014年06月11日14時12分
    http://japanese.joins.com/article/375/186375.html

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 23:15:37.73 ID:???.net
    ▲イ・ドンジン、伽耶大学社会福祉学科教授

    金海(キムヘ)は物語の故郷だ。2千年余り前、首露(スロ)王の誕生神話と建国に関する物語、イ
    ンドの阿踰陀(アユタ)国の公主(王女)が船に石塔を積んできてキム・スロ王と結婚する物語、そ
    して昔脱解(ソク・タレ)が海からきてキム・スロ王と忍術競演する物語など全て実話とは信じ難い
    ものばかりだ。その中で大衆から最も人気があるのはキム・スロ王が遠くインドから船に乗って渡
    って来た許黄玉(ホ・ファンオック)王女と結婚するロマンチックな話であろう。

    大学キャンパスの移転で2006年、金海(キムヘ)に移った後、時々時間をあけて金海のあちこち
    を歩き回った。日本の建国神話の中にある八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治神話と関連してその神
    話の地理的舞台が日本の島根県出雲地域ではなく洛東江(ナクトンガン)河口流域でないかと考
    えた。そう考えたきっかけは金海の金官伽耶国の兄弟国だった大伽耶国の建国神話から始まる。

    その内容は「伽耶山神の正見母主が天神の夷毗訶之と感応して悩窒朱日と悩窒青裔を産んだ。
    兄の悩窒朱日は大伽耶王の初代王、伊珍阿豉王になり、弟の悩窒青裔は南へ降りて金官伽耶
    国の初代王、金首露王になった」というものだ。学界では前期伽耶の盟主だった金官伽耶国が紀
    元後400年、広開土大王の南征で衰退した後、慶北高靈地方の大伽耶国が後期伽耶の盟主に
    浮上し金官伽耶国と兄弟国であることを誇示するため作り出した神話と見ている。

    筆者は大伽耶国の建国神話の中に出てくる悩窒朱日と悩窒青裔という人名の象徴的意味が日本
    建国神話の主人公の天照大神と弟の素戔鳴尊と一致する点に注目した。そこで素戔鳴尊が出雲
    国に下って住民たちを困らせる八岐大蛇を退治する地理的舞台が日本人たちが考える島根県出
    雲地域ではなく金海地域であることもあると考えた。洛東江を八岐大蛇にして現在の釜山市江西
    区に編入された一帯の地形を素戔鳴尊とする地形的特性を元に作られた話というものだ。

    2011年10月島根県出雲地域一帯を訪問したことがあった。その時、一つ驚いた点は、八岐大蛇
    退治神話と関連がある神社と象徴物はその地域のあちこちに散在しているが、本来、神話の生成
    の端緒になったと判断できるほどのものなど発見できなかったという事実だった。特に<出雲国風
    土記>に八岐大蛇退治神話の内容がない点は注目に値する。かえって金海地域の場合、伝来し
    た地名、地名の由来、地質学的特性、時代的背景、地形のイメージなど神話との関連性を類推で
    きることが豊富であることが分かった。

    日本の島根県は最近、我が国の領土である独島(ドクト、日本名:竹島)に対する領有権主張で私
    たち国民の公憤を呼び毒々しい眼差しを集中的に受けている地域だ。しかし、彼らの国の神々の
    中で大衆的な人気を呼ぶ素戔鳴尊が韓半島から渡ってきた神であることには特別な異見がない
    ようだ。

    今月6日、明け方4時25分頃、日本の島根県松江市にある「からむし会」という会の森泰会長ら
    会員6人が古代韓半島南側の金海近隣から丸木舟をこいで日本に渡り歴史を再現しようとした。
    会員たちは直接、大きな木から丸木舟を作って韓国人らの助けを受けながら大韓海峡渡海を試
    みた。暗い夜、我が国の人々が操るヨット2隻の支援を受けて行われた彼らの勇敢な挑戦は高い
    波に会って挫折してしまった。

    しかし、知世浦港を出港する人々に金海名物、将軍茶を贈り物に渡して無事の渡海を祈った彼ら
    こそ金海の隠された物語を大事に保管したままその昔、大韓海峡の険しい波を越えて新開拓地、
    日本列島に渡っていった伽耶人たちの後えいなのかも知れないと考えてみた。

    ソース:金海ニュース(韓国語) 日本の建国神話の中に隠された金海(キムヘ)ストーリー?
    http://www.gimhaenews.co.kr/news/articleView.html?idxno=9818

    関連スレ:【日韓】縄文人には勝てず…丸木舟横転し日韓航海断念[06/08]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402187603/
    【韓国】古代の航路を検証、島根県の歴史研究会が手作り丸木舟で大韓海峡を渡る[06/06]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402023417/

    続きを読む

    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 01:01:40.11 ID:???.net
     ソウル中央地裁は10日、韓国の人気グループJYJのメンバー、パク・ユチョンさんの知人の携帯電話を拾い、保存されていた写真
    などを流出させるとして1億ウォン(約1000万円)を脅し取り恐喝罪に問われた30代の女に対し、懲役10カ月の実刑判決を言い渡した。

     今年2月、ソウル市内でパクさんの知人が紛失した携帯電話を拾った被告は、パクさんと所属事務所に電話をかけ、保存されていた
    写真やショートメッセージを公開しない代わりに1億ウォンの支払いを要求。翌日、パクさんのマネージャーから1億ウォンを受け取った
    直後に、通報を受け待機していた警察に逮捕された。

     判決について裁判官は、被害額の大きさや被害者と和解に至らなかった点、パクさん側が被った被害の大きさを考慮したと説明した。

     1億~5億ウォンの恐喝罪の量刑基準は懲役1年6カ月~4年だが、今回はそれを下回る懲役10カ月が宣告された。これについては
    被告に前科がなく深く反省しているほか、被害金額を即時返還し、実際に携帯電話のデータを流出させていないためと説明した。

    ソース(聯合ニュース) http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2014/06/10/0800000000AJP20140610002900882.HTML

    続きを読む

    このページのトップヘ