ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 19:39:43.85 ID:???.net
     28日に行われたアジア大会男子サッカー準々決勝の日韓戦で、伊藤博文を暗○したとされる安重根の旗が掲げられた問題で、
    日本サッカー協会副会長で、日本選手団の田嶋幸三副団長(56)は29日、報道陣に対応し、大会を主催するアジア・オリンピック委員会
    (OCA)に対して、青木剛団長名で報告を行ったことを明かした。「バナーの写真がよく分かりづらいが試合の中で1、2回あったようだ。
    報告し、今後ないようにしましょうという話はした」と、話した。

     13年7月の東アジア大会で、安重根を描いた旗とともに、ハングルで「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕が掲げられた際には、
    抗議文を出したが、今回はあくまで報告にとどめた。

     田嶋副団長は「前回とは次元の違うものだと考えている」とした上で「協会間でこういうことが起こらないようにずっとやってきて、
    一定の成果があったと思う。そのかいがあって、昨日の試合は日韓戦にふさわしい緊張感のあるいい環境だったと思う。今までの
    日韓戦で1番緊張感があった。君が代へのブーイングもなかったし、ホームチームの応援の範囲をまったく超えていない」と、28日の試合を評価した。

    デイリースポーツ・オンライン 2014年9月29日
    http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/09/29/0007375531.shtml

    引用元: 【デイリースポーツ】アジア大会男子サッカー日韓戦での安重根旗問題 日本側抗議はせず[09/29]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 20:47:52.85 ID:???.net
    2014年9月25日、中国版ツイッターに「仁川アジア大会で起きたとんでもないこと」と題する書き込みが登場した。
    その中の1つに、韓国のネイバーのウェブサイト上に表示されたメダル数ランキングがある。

    アジア大会開幕の序盤、韓国が金メダル7個、銀メダル6個、銅メダル6個の合計19個のメダルを獲得した時点で、
    中国は金メダル8個、銀メダル3個、銅メダル6個の合計17個だった。この時点で、ネイバーのメダル数ランキングは
    「合計獲得数」によって決められていたため、韓国が1位だった。

    しかし、それからしばらくして、韓国が金メダル13個、銀メダル11個、銅メダル10個の合計34個、中国が金メダル13個、
    銀メダル10個、銅メダル12個の合計35個になると、今度は突如、「金メダル獲得数」に準じたランキングに変更され、
    またしても韓国が1位となった。なお、現在は「金メダル獲得数」のままとなっている。

    こうした状況に、中国版ツイッターでは不満や嘲笑の声が高まっている。以下はその一部。

    「韓国人は本当に度量が狭いな」
    「韓国は恥知らず最強国家」
    「宇宙は韓国のものニダ」

    「この際、ランキングなんかやめて、金メダルを全部自国の選手に配れよ」
    「次の(平昌)五輪ではもっとひどいことが起きるに違いない」
    「こうでなければ韓国じゃない!心の準備はできていた。もっとも、またしても韓国は予想を超えてきたけど」

    「メダルランキングといい空調問題といい、韓国はせせこましい」
    「すでにこの国への好感度はマイナスになっている。上昇の見込みもない」
    「もう、メダルなんてどうでもいいから、選手には安全に帰ってきてほしい」

    (翻訳・編集/TK)

    レコードチャイナ 2014年9月29日 20時35分
    http://www.recordchina.co.jp/a94900.html

    引用元: 【仁川アジア大会】韓国サイト、メダルランキングの基準をコロコロ変更 中国ネット「もうどうでもいい」[09/29]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 11:49:24.11 ID:???.net
    (写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ロッテマートは28日の午前、ソウル城東区(ソンドング)の杏堂(ヘンダン)駅店で、合計
    500余りの品目を最大半額で販売するイベントの一環で、アメリカから航空直送した
    活ロブスター(450g前後)を9,970ウォンで販売している。

    今回販売する米国産ロブスターは価格競争力を備えるため、最も安い時期に購入して
    ロッテマートが約3ヶ月育てて販売する『現地養殖』のロブスターだ。

    ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=003&aid=0006098998

    引用元: 【韓国】「米国産ロブスター召し上がれ!」(写真)[09/29]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 09:56:59.95 ID:???.net
     日韓の文化の祭典「日韓交流おまつり 2014 in Tokyo」は28日、日比谷公園(東京都千代田区)で2日目のイベントが行われ、
    日韓のさまざまなグループが特設ステージでパフォーマンスを繰り広げた。

    写真=「日韓交流おまつり」で演奏する韓国のバンド「SOREA」=28日、東京都千代田区の日比谷公園
    no title

    写真=「日韓交流おまつり」で歌い踊るアイドルユニット「アイくるガールズ」=28日、東京都千代田区の日比谷公園
    no title


     福島県いわき市を拠点に活動しているアイドルユニット「アイくるガールズ」は、躍動感あふれる歌と踊りを披露した。

     韓国の「SOREA」は、伝統楽器とジャズなどを融合させた幻想的な音楽で観客を魅了。メンバーの一人は「日本の皆さんにまた
    会いに来たい」と話した。

    ソース(時事通信) http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014092800109&m=rss

    引用元: 【東京】「日本の皆さんにまた会いに来たい」…日韓ユニット競演、福島の「アイくるガールズ」も、「日韓交流おまつり」2日目[09/29]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 15:02:56.84 ID:???.net
    2014年9月29日、韓国・スポーツ朝鮮によると、28日に行われた仁川アジア大会サッカー男子準々決勝の日韓戦で、
    韓国側の観客席に初代韓国統監の伊藤博文を襲撃した安重根の旗が掲げられたことが問題となっている。
    国際サッカー連盟(FIFA)は、応援時の政治的な活動を禁じており、今回の行為が規定違反にあたる可能性があると伝えた。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「日本の旭日旗は許されるの?」
    「そんな主張をする前に、過去に対しての謝罪を…」
    「安重根の旗が何か試合に影響を与えるの?何の問題もないと思うけど」

    「歴史を忘れたやつらが何を偉そうに。日本人たちは、戦犯でも掲げて応援すれば?」
    「日本人に韓国の英雄を非難する資格があるのか?他国を侵略した真のテロリストは日本だろ」

    「日本人の言うことにいちいち振り回されたくないけど、やっぱり規定範囲内で、慎重に行動するべきだと思う」
    「FIFAが日本の主張を受け入れたら、韓国は失格になる。旗を掲げた韓国人たちは、偉大な安重根に恥をかかせたいのか?」

    「また世界に恥をさらした。スポーツはスポーツとして純粋に楽しまなきゃ」
    「言いたいことがあるなら、正しい方法で主張するべきだ」
    「歴史を反省しない日本を批判するのは正しいことだけど、国際大会ではやめようよ。
    主催国なのに、スポーツとは全く関係のない人の旗を掲げるなんて後進国のやること。恥ずかしい」(翻訳・編集/篠田)

    ソース:レコードチャイナ 2014年9月29日 12時16分
    http://www.recordchina.co.jp/a94883.html

    引用元: 【韓国】アジア大会、サッカー日韓戦で安重根の旗=韓国ネット「安重根の旗が試合に影響を与えるの?何の問題もない」[09/29]

    続きを読む

    このページのトップヘ