ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 18:15:52.95 ID:???.net
    【取材日記】 「韓国がなかったら廃刊していた産経新聞」

    イラスト=キム・フェリョン記者

    日本赴任前、東京特派員だった先輩に聞いた忠告を今でも記憶している。
    「産経は絶対引用するなよ。全部ウソだから」

    当時はそのまま笑って受け流した。実際、特派員生活をしてみると産経記事にも紹介するだけの
    記事が時々あった。「ものごとをこのように180度反対から見ることもできるのだな」と考えさせて
    くれた。日本社会の多様さを見せているのだと思って肯定的に理解しようとした。

    しかし最近の産経報道を見ていると、度を越しているという感じを拭えない。
    いくつか例を挙げてみたい。

    23日付1面トップ記事は、今月11日にソウルで開かれた慰安婦問題解決を促す「水曜集会」
    関連の記事だった。

    集会現場に、8日に亡くなったペ・チュンヒさんの遺影があったことをめぐり、産経は大きな見出しを
    選んでこのように書いた。「慰安婦は、死してなお対日歴史戦の戦士と祭り上げられ、反日の道具
    と…」。生前に日本が犯した人権蹂躪(じゅうりん)に対してちゃんとした謝罪も受けられないまま無念
    に生涯を閉じた女性の死を、あきれることに「反日の道具」云々して蔑んだ。論調どうのという次元を
    離れて低質の極みだ。

    韓国側の人物の発言を前後すべて切り落とし、自分たちの都合のいいように論点を換えるのもよく
    あることだ。

    17日付では河野談話発表当時、駐日大使館として勤めた元当局者が「日本側から『内々に相談に
    乗ってほしい』と要請があった…(中略)…『総じて』とある。こうした表現ならば大丈夫ではないか、
    などの意思表明をした」と述べたことをめぐり、「韓国側の当事者が、すり合わせは日本側の求めに
    応じたものだと証言したことで、(河野)談話の『嘘』がまた一つ明るみに出た形となった」と変身させた。

    23日には「ワールドカップサッカーの韓国-アルジェリア戦の途中、アルジェリア選手の顔にレーザ
    ーポイントが合わされていた」として韓国ファンの仕業のように巧妙に報道した。産経インターネット版
    ではこの記事がトップ記事だった。

    日本のある有力紙記者は「韓国という『素材』がなかったら、おそらく産経は新聞を作ることができず
    に廃刊していただろう」という冗談で、産経の「反韓報道」を遠回しに皮肉った。

    4月から始まった産経の企画記事「歴史戦」というタイトルも隣国を戦争の対象とする発想が感じら
    れる。日本を太平洋戦争に駆り立てた主犯の一つも、国家主義的で対外膨張主義的な扇動を行った
    “言論”だった。

    産経が極右の先鋒として、安倍政権の“提灯持ち”を自負しようがしまいがそれは産経の自由だ。
    しかしいくら産経が逆立ちしたまま歴史をひっくり返して解釈しようとしても変わらない真実がある。
    日本は加害者で韓国は被害者だったという不変の史実だ。今でもそれを知って記事を書くならば
    「産経記事も引用するべきことはしろ」という話を後輩に聞かせようと思う。大きな期待はしないが。

    金玄基(キム・ヒョンギ)東京総局長

    http://japanese.joins.com/article/943/186943.html

    【韓国】「賠償しろ!」「認めろ!」「ウオー!」…1130回目のソウル「糾弾水曜デモ」、死してなお「反日道具」の元慰安婦[06/24]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1403538989/
    【日韓】中央日報記事を「不公正な歪曲報道」と批判し、元慰安婦女性を「日本びいき」に化けさせた産経新聞[06/23]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1403491297/
    【産経】慰安婦の強制連行20万人「みんな嘘と分かっている」韓国研究者 それでも河野談話検証認めず[06/23]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1403530680/
    【サッカーW杯】韓国戦でアルジェリア選手にレーザーポインター ネットで批判殺到「危険な行為は許せない」★2[06/23]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1403533072/

    続きを読む

    no title1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 11:16:52.77 ID:???.net
    「捜索部隊が撃たれた中尉を見捨てて逃げた」 

     今月22日に韓国陸軍第22師団で起きた銃乱射事件後、事件を起こした兵長(22)を追跡する過程で、兵長の
    銃撃で将校が負傷した瞬間、同じ場所にいた兵士らが将校を見捨てて逃げたという住民の証言が明らかになり、
    論議を呼んでいる。

     江原道高城郡明波里の住民によると、兵長と追跡部隊との間で銃撃戦が起きた際、中尉と兵士3人が集落内の
    建物の屋上で待ち伏せしていた。ところが、中尉が兵長の銃撃で負傷すると、他の兵士3人は慌てて建物の下に
    飛び降りて逃げたという。住民は「後から兵士が上っていき、血を流して倒れていた中尉を連れて下りてきた」
    と話した。

     一方、軍当局は今回の銃乱射事件による死者5人の遺族が戦死者かそれに準じる待遇を求めたのに対し、
    規定通りに「殉職」として処理することを決めたもようだ。遺族は「後方部隊とは異なり、最前線の哨所
    (しょうしょ)の将兵は個人の火器、実弾、手りゅう弾を所持し、準戦時状態で勤務している。それを考慮し、
    前線勤務で犠牲になった場合、戦死者に準じた待遇とするよう、訓令を見直すべきだ」と主張した。

     これについて、国防部(省に相当)は「国防部の訓令上、戦死とは敵との銃撃戦で犠牲になった場合と
    規定されている」とし、戦闘や敵の侵入への対応作戦に参加中であっても、交戦中以外または戦闘と
    直接関係がない支援業務中に死亡した場合は、殉職として扱っていると説明した。

     国防部のキム・ミンソク報道官は24日の定例会見で、「葬儀について遺族と協議を進めている。犠牲となった
    将兵の告別式は師団長葬で行う予定だ」と述べた。今回の銃乱射事件を起こした兵長は、健康状態が回復し次第、
    陸軍中央捜査団(憲兵)に身柄が引き渡され、取り調べを受ける。その後、軍検察が軍事法院に起訴する見通しだ。
    兵長は刑法上の殺人罪と軍刑法上の上官殺害罪などに問われ、死刑または無期懲役の判決を受けるとみられる。

    高城(江原道)=オム・ボウン記者 , 江陵=キム・ミンジョン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/06/25 11:04
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/25/2014062501668.html

    関連
    【韓国】銃乱射事件のおまけ 捜索中に誤射 兵士1人負傷[06/23]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1403516480/

    続きを読む

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:36:17.67 ID:???.net
     香港・鳳凰網は23日、「韓国人は常に全世界が自分たちに害を与えようとしていると思っている」
    と題した記事を掲載した。

     1895年の甲午戦争(日清戦争)で日本は清を破り、清の兵士たちは朝鮮に退却。
     朝鮮半島に出兵した日本軍は当初、勝利の果実を独り占めできると思っていたが、帝政ロシアが
    これを強奪しようと無権力状態の朝鮮半島に速やかに出兵した。帝政ロシア軍が北方から攻めてきたため、
    南方の日本と南北でにらみ合いを展開、最終的に北緯38度線を境界線として北側半分と南側半分を分け合った。
     1896年、帝政ロシアの支持の下、大韓帝国が誕生。朝鮮半島に初めて「韓国」という文字が登場する。

     1904年に日ロ戦争が勃発すると、日本の海・陸軍が圧勝。日本はこの時から終戦まで40年以上にわたって
    朝鮮半島を植民統治した。1945年8月、ソ連紅軍は突然、日本に対して百万の大軍の出撃を宣言。
     この時、ソ連側のいくつかの部隊が朝鮮北方を占領し、金日成政権を支え、米軍が接収した南部と
    再び38度線で分断した。小さな朝鮮半島は大国の利益争いに巻き込まれ、南北の2つの国に別れた。

     このような歴史的背景の下、韓国人はどんな外国人との付き合いにおいても、負けず嫌いの心理が働く。
     世界中が自分たちを陥れ、危害を加えるのではないかと身構える。国を代表するスポーツ選手は多大な
    精神的プレッシャーを背負う。韓国人は試合での敗北をまるで戦争に負けて主権を失ったかのような恥辱に感じるのだ。

     こうした状況を踏まえれば、韓国人のスポーツ競技場における数々のパフォーマンスも納得できるだろう。
     それどころか、嘲笑や皮肉も引っ込むのではないか。このような環境でスポーツをしても不幸だし、楽しくない。
     勝ってもどうなるというのだろうか?

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    Xinhua.jp 2014年06月23日
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/386741/

    続きを読む

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:31:55.67 ID:???.net
     韓国は日本に4年に一度の祭典でもいちゃもんをつけてきた。ブラジルW杯に先立って、韓国の徐敬徳・誠信女子大学教授が
    米ニューヨーク・タイムズ紙に「日本代表のユニフォームは旭日旗を想起させる」という意見広告を出し、FIFA会長らに
    「模様を削除させるべき」との書簡を送ったのだ。
     「旭日旗はナチス党旗のハーケンクロイツ(鉤十字)と同じ『侵略の象徴』だ」という批判である。

     ホロコーストにつながるアーリア人(ドイツ民族)優越論の象徴である鉤十字と旭日旗は全く違っていて……という真面目な
    反論はさておき、そもそも日本代表ユニフォームの「どこが旭日旗?」と思った読者も少なくないだろう。

     目を凝らしてよく見ると、左胸にある日の丸の下にあるエンブレムから放射状に線が広がっている。色のコントラストが少ない
    エンボス加工(型押し)だから、よほど注意して見ないと気づかない。そもそも日の丸とも直接関係ないデザインだ。

     徐教授はユニフォームを提供するアディダスジャパンにも抗議文を送ったとするが、同社は「個別の抗議については
    コメントできない」とした上で、デザインの意味をこう説明した。

     「コンセプトは『円陣』です。放射状に広がるラインは、試合前に円陣を組んだ選手がそれぞれのポジションに散っていく様子を
    表現しています。数えていただくとわかりますが、ラインは11本あります」

     なお、旭日旗に描かれる光線は16条であり、今回のデザインとはもちろん無関係。あまりに出来の悪い難癖には呆れてしまう。

    ※週刊ポスト2014年7月4日号

    NEWSポストセブン 2014.06.24 11:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20140624_262232.html

    関連スレ
    【韓国】旭日旗は独ナチス旗と同じく「侮辱的(offensive) 」…サッカー日本代表「戦犯旗」ユニホーム、米紙に批判広告[05/29]★2
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401340520/l50
    他多数

    続きを読む

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:18:21.28 ID:???.net
     中国・参考消息網は24日、「韓国メディア:7割近い韓国人が中国の軍事・経済の台頭を脅威と回答」
    と題した記事を掲載した。

     海外メディアによると、韓国峨山政策研究院が24日に発表した調査結果で、韓国人の7割近くが
    中国の軍事・経済の台頭を脅威だと回答した。24日付の韓国聯合ニュースによると、調査対象は韓国各地の
    19才以上の成人。66.4%が「中国の軍事台頭は脅威」と回答し、2012年の73%からわずかに減少した。

     一方、中国の経済台頭を脅威と答えた人の割合は71.9%で、2012年(52.7%)と比べ、19ポイント増加した。
     中国の軍事台頭を脅威としなかった理由は、50%が「中国は朝鮮半島の緊張情勢を加速させていない」と答えた。

     このほか、57%が韓米日の安全保障面での協力に「賛成」とし、中韓の安全保障面での協力に「賛成」としたのは
    わずか30%だった。その一方で、韓国人の中国人に対する好感度は10点満点で、2011年の3.93点から
    4.85点へと上昇した。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    Yahoo!ニュース XINHUA.JP 6月24日(火)20時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000038-xinhua-cn

    続きを読む

    このページのトップヘ