ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/11(火) 21:19:56.06 ID:CAP_USER
    no title

    ▲木宮正史(キミヤ・タダシ)東京大学教授

    徴用労働者に対する損害賠償を日本企業に命じた大法院判決と関連して韓国では人権を侵害された被害者が加害者の「戦犯」企業から補償を受けるのは当然で、今までそうではなかったことが異常だったという論調が支配的だ。また、判決に強力に抗議する日本政府は居直りであり、それに屈服してはならない、と韓国の人々は主張する。

    一方、日本では1965年韓日国交正常化の基礎になった請求権協定で徴用問題は「完全かつ最終的に解決」したにもかかわらず今回の判決は協定をひっくり返すものであり受け入れられないという反応だ。韓国は解決された問題をまた取り出して提起する「ゴールポストを動かす」国家というイメージが再確認されたと考えている。

    韓国と日本の社会が各自の正義を前に出して判決をめぐり正面対立している。その隙間に挟まったのが韓国政府だ。日本政府から「国家間の約束を守れ」という猛烈な抗議を受けるかと思えば、国内では「判決を尊重して日本に屈するな」という圧迫を受けている。どちらも「正義」を前に出して相手を正しくないと見るだけに妥協は容易ではない。

    請求権協定締結当時の韓国政府指導者の認識や2005年にノ・ムヒョン政権が示した認識も徴用問題は解決済みということだった。従って大法院判決は政府の既存の見解と違っただけにムン・ジェイン政権がどのような立場を示すのかに関心が集まる。

    解決済みという従来の立場を堅持するのか、それとも立場を変えるのか、万一、変更するなら従来の立場との整合性をどのように説明するのか先ずは見守りたい。

    大法院判決は徴用労働者の被害者の訴えをどうにか認める、という結論が先にあったのだろう。そのため、韓日請求権協定で「解決された」という既存の解釈を跳び越えるほかはない。そのため、判決は植民支配の違法性をめぐる韓日歴史観の対立に今さら焦点を合わせた。

    さらに2005年、韓国政府が徴用問題は解決済みという見解を出したにもかかわらず、慰安婦、サハリン韓人、韓国被爆者など三つの未解決事例のような「反人道的行為」の範疇に徴用を入れることによって未払い賃金次元ではなく、人権侵害にともなう精神的慰謝料などは解決されていないと判断した。

    韓国の有能な裁判官らが出しただけに法的論理では理解できるが、1965年協定に至るまでの国交正常化交渉、その後の両国関係を見守った研究者の目で見れば今回の判決が協定を継承したものでなく、上書きしたことだけは間違いない。それで日本政府が「予想を跳び越える影響」と強調するのも無理はない。

    いつも思うが韓日歴史問題はしっかりした関係を構築しなければ解決しにくい、ということだ。しかし歴史問題が登場するたびに韓日関係が弱まりそうで心配になる。目前に問題が生ずれば解決するのは当然だ。しかし、なおさら大切な韓日関係がそれだけ弱くなる現実を直視しなければならない。この様な矛盾を認識し解決することこそ健全な関係構築に至る道だと見る。

    韓国では歴史を反省しない居直りの「戦犯国家」日本というイメージが、日本では過去の歴史だけ執着して未来指向は毛頭ない「ゴールポストを動かす」韓国というイメージが拡大再生産されるのではないだろうか。それでよいのだろうか。

    鍵を握っているのは韓国政府だ。一部で提起されたように政府・企業が共同出資する財団を設立し、日本企業が「自発的に参加」という構想はどうか。3者で構成された財団が補償はもちろん、まだ明らかになっていない徴用問題の全貌を後世に伝えるように調査・研究をする。韓日間にこの様な知恵を集められないか提案したい。日本政府も邪魔せずに構想を支えなければならないのは言うまでもない。

    ソース:ソウル新聞(韓国語) [グローバルIn&Out]韓国の「正義」と日本の「正義「/兆しがタダシ東京大教授
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20181212033001

    引用元: 【徴用工問題】 韓国の「正義」、日本の「正義」…補償する財団を設立し日本企業は「自発的に参加」を~木宮正史東大教授[12/11]

    続きを読む

    20181211_0622001: 動物園φ ★ 2018/12/10(月) 23:44:42.19 ID:CAP_USER
    BTS(防弾少年団)、が韓国のアーティストとして史上初となるグラミー賞にノミネートされた。

    韓国の大人気ヒップホップグループBTS(防弾少年団)は、アメリカ最高峰の音楽式典「第61回 グラミー賞」に公式にノミネートされたことが発表された。

    BTSは、優れたアルバムのビジュアル・ルックを表彰する、「ベスト・レコーディング・パッケージ賞」に、全米No.1を獲得したアルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」(アートディレクター HuskyFox)がノミネートされた。韓国のアーティストとして史上初の快挙を達成した。

    同部門には、ニューヨークを拠点に活動する日系シンガーソングライターのMitski(ミツキ)のアルバム「Be the Cowboy」や、セイント・ヴィセントの「Masseduction」、The Chairmanの「The Offering」、Foxholeの「Well Kept Thing」、計5つのアルバムがノミネートされている。

    なお同賞は、パフォーマーではなく、アルバムのパッケージのデザインに対して贈られるもの。BTSのファンは、音楽についての他の部門でのノミネートを期待する声もあったようだが、それでも、韓国のアーティストとして初めて、アメリカでもっとも権威のある音楽賞にノミネートされたことで、ファンはとても喜んでいるようだ。

    「素晴らしいことを始まりだ。感謝しましょう」

    「グラミー賞にノミネートされた!グラミー賞にノミネートされたわ!」

    「とても誇りに思う」

    第61回グラミー賞は、2019年2月10日にアメリカ・ロサンゼルスにあるステープルズ・センターで開催される。

    https://www.kpopmonster.jp/?p=7970

    引用元: 【国際】BTS、グラミー賞の主要部門にノミネートされず アルバムのパッケージのデザインでノミネート

    続きを読む

    20181211_0618001: 動物園φ ★ 2018/12/11(火) 00:04:54.28 ID:CAP_USER
    男子フリーで演技する車俊煥=バンクーバー(共同)【拡大】

     韓国紙の中央日報電子版は10日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの男子で自己ベストの合計263・49点を出して3位に入った初出場の車俊煥(17)について、「厳しい環境でも車俊煥は驚くほどよく成長した」と絶賛した。

     車は五輪連覇の羽生結弦(24)=ANA=と同じブライアン・オーサー・コーチに師事し、ショートプログラム(SP)では4位だったが、フリーでは冒頭の4回転トーループで転倒して回転不足を取られた以外は手堅くまとめ、表彰台に食い込んだ。

     同紙によると、GPファイナルの男子で韓国勢初のメダルを手にした車について、オーサー氏は「韓国はキム・ヨナという特別なダイヤモンドを一度作った。ジュン(車俊煥)が2番目のダイヤモンドになるだろう」と語ったという。オーサー氏はかつて、バンクーバー五輪女子金メダルのキム・ヨナさん(28)を指導していた。

     2022年北京五輪に向け、同紙は「4年後には21歳だ。男子フィギュア選手としては最高の技量を誇ることができる歳だ」と期待を寄せた。 

    https://www.sanspo.com/sports/news/20181210/fgr18121016250017-n1.html

    引用元: 【韓国】「キム・ヨナのようなダイヤモンドになるだろう」韓国紙が車俊煥を絶賛/フィギュア

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/11(火) 00:52:34.05 ID:CAP_USER
    no title

    ▲鞠重鎬(クック・ジュンホ)横浜市立大学教授・経済学>

    韓国は「国民情緒法」がすべての法の上に君臨し政治家がこれを利用している。それによって感情的な満足を得られるだろうが、その反作用でこうむる経済的被害が深刻だ。

    ムン・ジェイン政府は先月21日、パク・クネ政権時の2015年12月韓日慰安婦合意で設立された「和解・治癒財団」解散を発表した。解散発表直後、安倍晋三総理は「韓日合意は「最終的、不可逆的」に解決された。国際的約束が守れないなら国家と国家の関係は成立しなくなる」と糾弾した。

    また、韓国の大法院は去る10月30日、日帝強制徴用被害者4人が日本戦犯企業、新日鉄住金(過去の新日本製鉄)を相手に出した損害賠償請求訴訟で被害者らに各々1億ウォンを賠償しろと判決した。この判決について安倍総理は「国際法に照らしてありえない判断」と批判し、河野太郎外相は「暴挙であり国際秩序に対する挑戦」と、激しい反応を見せた。

    徴用労働者について日本政府は「1965年韓日請求権協定ですでに清算された」という立場だ。和解・治癒財団解散と司法府の徴用被害者に対する賠償判決は韓日交流を通した韓国経済の懸案解決にとって大きな負担として作用することを甘受しなければならない。

    現政権は深刻な青年失業の解消、公平な所得分配を実現するというが、政策遂行結果は不十分だ。それでも深刻な求人難の日本を活用できなくなっているのが実情だ。日本のある著名学者は韓国の経済運営を左派政策と評価して敬遠する。

    歴史的に日本は労働者に高くない賃金を支給してきた国だ。現在、日本が求人難といっても経済水準に比べて賃金は高いほうではない。暮らすのに支障がなく若干の余裕がある程度で、社会的不満が出ないほどの給与水準といえる。

    安倍政府は組織離脱を恐れる日本人の深層心理に巧妙に食い込んで長期政権にしている。空気法だ。社会分析家、山本七平は日本人には「すべての議論や主張を超越して拘束している「何」かがある」(《空気の研究》、16ページ)と言う。その何なかが正に「空気」の支配だ。すなわち日本人は「その時の空気(雰囲気)では、そのようにしないわけにはいかなかった(17ページ)」という様な反応をして、状況を押さえ付ける空気に逆らえないことに行動の判断基準を置いている。

    このように日本は周辺に漂う空気法に支配されている国家だ。山本は「どんな意図を隠して作為的に「人工空気」を醸成することもできるので、(日本では)人工的に醸成された「空気」がヨーロッパや米国とは全く違う状態を出現させている」(23~24ページ)という。安倍政権が通常の政権と違うのは、一般人が逆らいにくい社会の雰囲気を演出してきた点であり、これが安倍の長期政権を可能にした理由でもある。

    安倍政権が醸成した空気は今後もしばらく続くようだが、これは韓国人にとってそれほど愉快でないこともある。だとしても日本の空気を読んで実益を講じることが賢明な措置であろう。日本の中高生の流行語中に「KY」という略語がある。「空気(K)が読めない(Y)」の略語で韓国語に変えれば「雰囲気を把握できない」というニュアンスがある。韓国政府が日本の雰囲気を把握できず、「KY」になる愚を冒さないことを願う。

    ソース:韓国経済(韓国語) [世界の窓]「国民感情法「君臨する韓国…「空気法「支配の日本
    http://news.hankyung.com/article/2018121025051

    引用元: 【日韓】 「国民情緒法」が君臨する韓国、「空気法」が支配する日本~鞠重鎬(クック・ジュンホ)横浜市立大学教[12/10]

    続きを読む

    20181211_0608001: 動物園φ ★ 2018/12/11(火) 00:21:57.98 ID:CAP_USER
    Record china
    配信日時:2018年12月10日(月) 14時30分

    2018年12月9日、韓国・毎日経済は「キム・ヨナの抜けた穴に入り込んだ日本女子フィギュア」との記事で、「低迷していた日本のフィギュア界が興奮のるつぼと化した」と伝えた。

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、女子フリーが行われ、紀平梨花が150.61点で1位。ショートプログラム(SP)でも82.51点の今季世界最高得点で首位に立っていた紀平は合計233.12点をマークし、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワを抑えて優勝を果たした。

    記事は「日本が興奮している理由は一つ」とし、「これまで格の違う“フィギュアの伝説”キム・ヨナの陰に隠れて不振を余儀なくされていた女子フィギュアが世界トップの選手を輩出したため」と説明している。日本女子のGPファイナル制覇は、13年の浅田真央以来5年ぶりとなる。

    記事は「09年の世界選手権と10年のバンクーバー五輪で女子フィギュアの新記録を塗り替えたキム・ヨナが君臨している間、日本の女子フィギュアは力を発揮できず、キム・ヨナ引退後も圧倒的なジャンプ技術を誇るロシア勢に押され、浅田真央レベルの世界的スターを排出できずにいた」と伝えている。しかし「今は期待が高まっている」とし、「浅田を超えるトリプルアクセルを武器に地道な成長を続ける天才期待選手の紀平が登場した」と説明。浅田と違う点として「技術が教科書に近いこと」「トリプルアクセルの成功率が高いこと」を挙げている。

    紀平はSPで世界新記録、特に技術点は47.36点の高得点をたたき出した。14歳の時には公式大会でトリプルアクセルを成功させ、当時の世界最年少記録を更新した上、女子史上初となるトリプルジャンプ8回に成功した。またトリプルアクセル&トリプルトーループを跳べる唯一の選手でもあり、練習時には4回転ジャンプも決めている。

    この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「まるで韓国がずっと日本より上だったような書き方だけど、それは違う。日本はもともとフィギュア強国」「日本は昔からフィギュア育成プロジェクトに投資してきた。ヨナのせいでここ10年くらいは成果がでなかったが、それがやっと実を結んだんだ」「日本は地道な努力でずっと上位を維持していた。キム・ヨナがたまたま超えられない壁として入り込んだだけ。インフラが整っている日本のスポーツがうらやましい。韓国はよい人材を待っているだけだが、日本はよい人材をつくっている」との声が上がっている。

    また「韓国はいつまでキム・ヨナの話をし続けるのか」「ヨナが引退してから随分経ったのに、まだヨナの抜けた穴だって?とっくに世代は変わっているよ」と指摘する声も。

    紀平については「まだ若いから、2年後もジャンプを維持できるかが鍵」「次の五輪の金メダル候補。ジャンプのフォームが美しくて完璧」「間違いなく技術は世界トップ」「全盛期のヨナと比べてもはるかに上」などの評価が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b669571-s0-c50-d0058.html

    引用元: 【韓国】韓国紙「キム・ヨナの抜けた穴に日本が入り込んだ」

    続きを読む

    このページのトップヘ