ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: LingLing ★ 2022/05/25(水) 20:48:46.59 ID:CAP_USER
    世界最初の飛行機、飛車と航空宇宙庁建設
    カン・シンウン(慶尚国立大学校 名誉教授)

    ユン・ソクヨル政府110大国政課題の一つに、「韓国航空宇宙庁慶南建設」を発表した。 近いうちに国会で議論手続きを経た後、晋州(チンジュ)泗川(サチョン)の航空宇宙庁の姿が具体化するものと予想される。

    筆者は、晋州泗川地域に航空宇宙庁が建設されるという現実の重要性や当為性に深い関連性があると判断される飛車について言及しようと思う。

    飛車は、430年前の1592年、第1次晋州城戦闘中に晋州の上空を飛んだという。朝鮮最初の飛行体、世界最初の大きな鳶形の飛行体が朝日戦争(※文禄・慶長の役)の時、晋州城の上を飛んだという事実は想像だけでも息が詰まるほどだ。世界最初の飛行機はライト兄弟が1903年12月に浮かしたというフライヤー号だ。これよりなんと311年も前だ。

    朝鮮の古文献イ・ギュギョンの『五洲衍文長箋散稿』、シン・ギョンジュンの『旅庵全書』、クォン・ドクギュの『朝鮮語文経緯』など、さまざまな資料に登場する。日本歴史書である『倭史記』にも、キムジェに住んでいたチョン・ピョング(鄭平九)が飛車を発明し、1592年10月晋州城戦闘で使用したと書いた。記録から見ると、飛車の存在と飛行時期および場所は明らかになる。しかし、歴史的考証に入ると、問題は変わる。
    まず、飛車自体の存在性の有無だ。実物の飛車が残っておらず、論争が少なくない。単に、後代の学者たちが記録だけにすがって、想像から復元した模造品の飛車からは、現空軍士官学校空軍博物館、国立光州博物館、国立果川博物館に設置されている。正確な設計図や飛行原理などが記録されておらず学術・公式的には認められていない。数年前、KBS歴史スペシャルチームと建国(コングク)大学校での研究記録を土台に、鄭平九の飛車を復元、試験飛行を行った結果、20メートルの高さから70メートルまで飛べるという程度の事実を確認した。残念ながら、飛車の中核である推進装置などを復元することはできなかった。

    このような努力が、今後の飛車に対するより深い研究と、完璧な復元に対する新しい期待が持てる基盤は用意されたと思う。今後、より完璧な飛車復元に心血を傾けていかなければならないのが課題だ。まさに、それが韓国人の卓越した創意性と優秀性を海外に知らせる機会となって、世界航空発達史で私たちの飛車が世界最初の飛行体として公認される道だ。飛車の感動とその偉大さが世界飛行史上永遠な足跡として残る私たちの韓国の地から、ここ西部慶南の晋州泗川の地から、世界最高の航空宇宙産業クラスターが順調に構築されることを願う気持ちでいっぱいだ。

    慶南日報 (韓国語)
    http://www.gnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=501207

    【韓国/航空技術】 壬辰倭乱時に空を飛んだ「ピチャ(飛車)」、発展委員会開催 ~ライト兄弟の初期飛行より300年早く[07/27] ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1501153531/
    【書籍】 ライト兄弟より300年も早く朝鮮の空を飛んだ飛行機「飛車」~新刊「朝鮮の飛行機、再び空を飛ぶ」★2[06/06]
    https://mint.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1465297650/
    【韓国】 1592年に空を飛んだ『飛車(ピチャ)』、復元される 晋州市、観光商品化して地域経済の活性化に期待[08/28]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567000073

    引用元: 【韓国】 世界初の飛行機「飛車」と航空宇宙庁建設…復元が課題、韓国人の卓越した創意性と優秀性を海外に知らせる機会[05/25] [LingLing★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20220525_0622001: 首都圏の虎 ★ 2022/05/25(水) 00:15:32.32 ID:CAP_USER
    今月21日、韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と米国のジョー・バイデン大統領の公式晩餐には牛肉カルビやビビンバなどのメインメニューの他にも伝統食材を使った前菜やデザートが登場して目を引いた。前菜ではムラサキイモ・カボチャ・黒ゴマで作った3種類のセンベイと小豆の飲み物が、食後のデザートには利川(イチョン)米で作ったライスケーキに堅果類と果物が添えられた一皿が準備された。

    ◆「ヘルシーなのに美味しい!」

    22日、大統領室高位関係者によると、バイデン大統領は前菜とデザートをすべて平らげ、約30人の米国側人々も韓国的な香りがあふれるメニューに大きな関心を示した。あるホワイトハウス参謀は「ヘルシーフード(healthy food)はもともと美味しくないことが多い。ところがここに出されたヘルシーフードはなぜこれほど美味しいのか。名前は何か」と言って、メニューに書かれた名前を確認した。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/02616d1c5153fa742ba0fb08cb04634b2cbd5bb3

    引用元: 【韓米首脳会談】すべて平らげたバイデン大統領…「なぜこんなに美味しいのか」 絶賛した前菜・デザートメニュー [首都圏の虎★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/24(火) 18:04:29.97 ID:CAP_USER
    2023年5月23日、韓国・イーデイリーによると、21日に行われた米韓首脳会談で、バイデン大統領と尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は外国為替市場の安定の必要性を確認し、緊密に協議していくと約束した。記事は「米韓首脳会談で外国為替市場が話題に上るのは初めてのことで、通貨スワップ締結への期待が高まっている」と伝えている。

    記事によると、米韓首脳が外国為替市場の安定の必要性を確認したとの内容は米韓首脳共同声明にも盛り込まれた。これにより、08年の金融危機、20年のパンデミック危機の際に締結した“危機回避用通貨スワップ”とは異なる常設通貨スワップまたはそれに準ずる通貨スワップの締結が予想されている。

    韓国の専門家らは、連邦準備制度(FED)が日本、カナダ、英国、スイス、欧州と締結している常設通貨スワップに韓国が加わる可能性は低いとみているが、危機の際に一時的に締結されてきたスワップよりは期間の長い中長期スワップが登場する可能性に注目しているという。

    韓国銀行国際担当副総裁を務めたカン・テス氏は「常設通貨スワップの締結が最も望ましいが、それが難しければ3~5年単位の契約を繰り返し延長できる案をまとめるのが最善だ」と話したという。

    また、記事は「今回の首脳会談で『外国為替市場の安定』が確認されたため、通貨スワップ締結への期待が為替レートの安定につながるとみられる」としている。ドル・ウォン為替レートは年初から今月20日までに6.7%、79.3ウォンも急騰した。中国景気の鈍化、原材料価格の上昇など韓国経済にとっての悪材料が重なる中、米国の急速な金融引き締めにより米韓政策金利が逆転する場合、資本流出への懸念が高まる可能性も排除できない状況だという。

    キム・デジュン世宗大経営学部教授は「米国と韓国が通貨スワップに準ずる方式で経済・金融協力をすれば非常に大きな助けとなる」とし、「韓国は外貨準備高が国内総生産(GDP)の28%にすぎず、製造業は世界5位だが金融は30位と弱いため、通貨スワップの締結が必要だ」と説明したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「やっぱり人にも国にも良い友人が必要」「尹大統領はよくやっている」「だからリーダー選びが重要なんだ。ショーばかりしていた文在寅(ムン・ジェイン)前大統領とは比べ物にならない」「訪韓した米国の大統領が気に入られようと一生懸命になる姿は初めて見た」など尹大統領への肯定的な声が上がっている。

    一方で「つまり米国側から通貨スワップの話はなかったということ。米国が損してまで締結してくれるとは思えない」「常設通貨スワップは基軸通貨レベル同士がするもので、韓国にそんな資格はない」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b894723-s39-c20-d0191.html

    引用元: 米国との常設通貨スワップに韓国も加われる?米韓首脳会談の成果で期待高まる [5/24] [昆虫図鑑★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20220524_1611001: Ikh ★ 2022/05/24(火) 12:47:52.47 ID:CAP_USER
     日本、米国、オーストラリア、インドは24日午前、4カ国の枠組み「クアッド」の首脳会合を首相官邸で開催した。経済と軍事の両面で台頭する中国を念頭に、最先端半導体の研究開発やサプライチェーン(供給網)強化など経済安全保障分野をはじめ、幅広い協力の在り方を協議。法の支配に基づく「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、4カ国の連携を強化したい考えだ。

    対面での首脳会合は昨年9月の米ワシントン以来2回目で、日本では初開催。会談の冒頭、議長を務める岸田文雄首相はロシアによるウクライナ侵攻に言及し「われわれはインド太平洋地域で同じことを起こしてはならない。厳しい情勢だからこそ、4カ国の連帯と共通のビジョンへの強固なコミットメントを国際社会に示す意義は極めて大きい」と述べた。

    23日に就任したばかりのアルバニージー豪首相も参加し「新政権の優先課題はクアッドのアジェンダ(計画)と一致している」と強調した。バイデン米大統領は国際法や人権を順守する4カ国が結束し、ロシアに対(たい)峙(じ)する必要性を強調した。

    首脳会合では、国際社会に対するワクチン供給を含む新型コロナウイルス対策、インフラ整備、気候変動などの分野での協力の取り組み状況を確認し、さらに推進する方針で一致を目指す。ウクライナ侵攻について懸念を共有する。

    共同声明を取りまとめる方向で調整しているが、クアッドの軍事同盟色を強めたくないインドに配慮し、ロシアを名指しした厳しい非難は行わないとみられる。インドは伝統的にロシアと関係が深く、武器調達などで依存度が高い。

    首脳会合後に昼食会を開き、その後、岸田首相が記者会見する。首相はアルバニージー氏、インドのモディ首相と個別に会談する。バイデン氏とは23日に会談した。

    産経ニュース 2022/5/24 11:16
    https://www.sankei.com/article/20220524-UKLH3BHV7VO5XEF2HEOSBJF2DA/

    引用元: 【対中戦略対話クアッド】日米豪印、半導体確保など経済安保で連携 首脳会合開催 [Ikh★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/24(火) 08:52:32.64 ID:CAP_USER
    2022年5月22日、韓国・朝鮮日報は、韓国のインターネットサービス大手NAVER(ネイバー)の子会社でウェブ漫画を手掛けるネイバーウェブトゥーンにまたも盗作疑惑が浮上したと伝えた。

    記事によると、最近連載が始まった新作「魑魅魍魎(イメマンリャン)」に「日本の漫画に酷似している」との指摘が出たことを受け、ネイバーウェブトゥーン側は連載中止の措置をとると発表し、「問題の原稿を修正して連載を再スタートさせる」と説明した。

    「魑魅魍魎」は朝鮮時代を背景に、悪魔退治に挑む主人公を描いたファンタジー作品で、10日に連載がスタートした。しかしスタート直後から、コンセプトや一部のセリフがテレビアニメ化された日本の人気漫画「チェンソーマン」に酷似しているとの指摘が相次いだ。ある読者は作品のコメント欄に「あまりに似ているので、韓服(韓国の伝統衣装)を着たチェンソーマンだと言われたら信じてしまう」と書き込んだという。

    ネイバーウェブトゥーンに盗作騒動が起きたのは今回が初めてではない。先月には、連載作間の盗作疑惑が浮上した。「彼女の六何の原則」が「少女裁判」を盗作したというもので、「彼女の六何の原則」の作者は「深く感銘を受けた作品だったので序盤のコンセプトに一部影響を受けた」と認めて謝罪した。

    昨年9月にも、「熱いトタン屋根の上の猫」のキャラクター設定や背景描写、セリフが日本の人気漫画「エヴァンゲリオン」や「MONSTER(モンスター)」に酷似しているとして問題となり、連載が中止されていた。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「恥ずかしい」「ネイバーウェブトゥーンは漫画と言えない。絵のクオリティーが日本のアニメに劣るし、つまらない。なのに今度は日本の漫画を盗作する事件まで起こすとは。だから韓国の漫画は発展しないんだ」「韓国の漫画文化自体が日本の漫画のオマージュ。そこから抜け出せていないのは事実」「韓国のウェブ漫画は人気のものでも大半が日本の漫画を盗作している。漫画はいまだに日本に追いつけていない」「いっそ日本の漫画を連載しなよ。その方が100倍面白い」など厳しい声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b894657-s39-c30-d0191.html

    引用元: 韓国のウェブ漫画にまた日本の漫画盗作疑惑、連載が中止に=韓国ネット「だから発展しない」 [5/24] [昆虫図鑑★]

    続きを読む

    このページのトップヘ