ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13ロゴ_東京新聞1: 動物園φ ★ 2024/03/02(土) 20:03:13.58 ID:MZeS7e7j
    2024年3月1日 12時00分

     根強く繰り返される「在日特権」という言説。だが、税制面での特権について国税庁は2月28日、国会で「ない」と明言した。昨年11月には自民党の杉田水脈衆院議員が「実際には存在します」とX(旧ツイッター)に投稿するなど、保守系国会議員やネット右翼らの「ある」という主張はやまないが、政府が公式に否定した格好だ。杉田氏を含む裏金議員の問題が問われた政治倫理審査会開催の日に、本当の特権は誰にあるか考えてみた。(岸本拓也、西田直晃)

    ◆国税庁が国会できっぱり否定

     「国税当局が、対象者の国籍や特定の団体に所属していることをもって特別な扱いをすることはない」

     在日コリアンらへの憎悪をあおる悪質なデマとして知られる「在日特権」について議論された28日の衆院予算委員会分科会。高橋英明氏(日本維新の会)が、税制面の優遇などがあるのかとただすと、国税庁の田原芳幸・課税部長はきっぱりと否定した。

     高橋氏が「朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)とか、それに関わる法人個人にも一切の優遇措置はないのか」と重ねて問うと、田原氏は「繰り返すが、特定の団体なり、その会員に対して、特別な取り扱いをすることはない」と明言した。

     在日特権は、在日コリアンが、日本社会で優越的な「隠れた特権」を持っているとする言説で、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などが主張してきた。内容はデマにあふれ、ネットの検索動向を示すグーグルトレンドによると、14年をピークに世間の関心は薄れていった。

    ◆杉田水脈氏の「存在する」発言で再燃


    ◆特別永住資格には「歴史的な背景がある」


    ◆「荒唐無稽なデマ、口にする国会議員がいることに驚き」


    ◆差別のために妄想とデマを寄せ集める、レイシストの作法


    ◆「特権があって当然」という思いがあるからでは


    ◆デスクメモ


    https://www.tokyo-np.co.jp/article/312299

    引用元: 【東京新聞】繰り返す「在日特権」論は100年前のドイツと同じ 社会保障の行き詰まりを「あいつらのせい」に転嫁 [動物園φ★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    韓国国旗1: 昆虫図鑑 ★ 2024/03/02(土) 16:12:12.37 ID:7b/pK/h4
     2月中旬。東京都内の公園で久しぶりに会ったソウル出身の韓国人の女性(39)は、日本での子育ての定番アイテムとともに現れた。

     約20万円で購入した「電動アシスト付き自転車」だ。「高くてちゅうちょしたけど、もっと早く買えば良かった」

     韓国で長年勤めた大手企業を辞め、日本で転職を決めたばかり。その吹っ切れたような表情からも、ソウルの生活では乗る機会がほぼなかったはずの自転車を購入したことからも、移住先の東京で暮らしていくという強い覚悟を感じた。

     「東京の居心地が良くて、夫も呼んで、家族で定住するつもり。韓国に戻れば、また子どもたちに塾をはしごさせる日々が待っている。韓国とは違う方法で子育てをしてみたい」

     そんな思いを昨年、女性から打ち明けられた時は驚いた。女性は休職して2人の子どもを連れ、東京の大学院に留学中だった。でも、同じソウル生まれで年齢も同じ私(安)は「その気持ち、わかるなあ」とも思ったのだ。彼女の言う日本の「居心地良さ」とはこんな感じだ。過剰なまでに競争するような雰囲気がない、街全体が子どもを「拒否」していない……。

    【そもそも解説】出生率0.72 韓国の少子化、なぜ急速に進む?
     実は私もここ数年、5歳の娘と3歳の息子を連れて韓国に帰国するたびにそう感じるようになっていた。息子がバスの中でおしゃべりをすると何度も注意されたり、娘が体調不良でぐずっていると冷たい目で見られたりした。現地でも賛否両論はあるが、「ノーキッズゾーン(子どもお断り)」の表示を掲げるカフェなども見られるようになっている。知人から「ノーキッズゾーンの飲食店があるから、確認して入ったほうがいいよ」と初めて聞いた時は耳を疑った。

     私が知っている「おせっかい」なほどのやさしい雰囲気が、どこかに行ってしまったようで、戸惑った。彼女も、そうした視線を敏感に感じ取っていた。

     それでも、わざわざ移住までする? まだ納得がいかない私が詳しく尋ねると、それは「韓国脱出」とも感じられるものだった。

    続きは有料記事
    https://www.asahi.com/articles/ASS2T4SM1S2CUHBI00L.html

    引用元: 【朝日新聞】「韓国脱出」東京に移住した母の決意 彼女の言う日本の「居心地良さ」とは [3/2] [昆虫図鑑★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    韓国国旗1: ばーど ★ 2024/03/02(土) 09:06:40.95 ID:ViGObk96
    高齢者の日常をユーモラスに伝える日本の〝シルバー川柳〟が韓国語で翻訳出版され大ヒットしている。俳句と同じく五七五の17文字で詠む川柳自体の翻訳本は韓国では初めてだが、発売1カ月ですでに3万部という〝ベストセラー〟になっている。

    翻訳本のタイトルは日本での人気作品をそのまま使った『恋かなと思っていたら不整脈』(イ・ジス訳、フォレストブックス社)。翻訳では字数は関係なく、大きな活字で90句ほどが作者の名前、年齢、職業などとともに紹介されている。ヒットの背景は韓国でも急速に進みつつある社会の高齢化とみていいが、年寄りをめぐる日本の世相に韓国の読者も共感しているようだ。

    合わせてもう1冊。友人の金照雄氏から「日本人の辞世の和歌や俳句を韓国語に翻訳した」といって新著『日本人の死に方』(時事日本語社)が送られてきた。彼は在日韓国人出身で韓国における日本語教育の専門家で知られる。徳川家康、松尾芭蕉、大石内蔵助、吉田松陰らから三島由紀夫に至るまで、歴史上の人物が死に際して遺(のこ)した言葉を韓国語に訳し、その人物像や時代背景などとともに紹介している。

    韓国人も高齢化でこれから「死に方」に関心が広がるに違いない。先見の明? こちらも売れ行きを期待したい。(黒田勝弘)

    産経新聞 2024/3/2 07:00
    https://www.sankei.com/article/20240302-H3UI5NSXCVNXHMROWK4M5NXWRM/

    引用元: 【ソウルからヨボセヨ】韓国で「シルバー川柳」が大ウケ 高齢化社会の世相 日本に共感 [3/2] [ばーど★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    韓国国旗1: ばーど ★ 2024/03/01(金) 11:42:45.57 ID:Gf+/2M5t
     今から130年前に日清戦争(1894年)が、120年前に日露戦争(1904年)が朝鮮半島で繰り広げられた。京都大学の山室信一名誉教授は、「連鎖」という観点を通じて、日本と世界、アジアが関係を結ぶ方式と意味について研究してきた。山室教授は『日露戦争の世紀』でも特有の連鎖という視点で、どうして日本がロシアと戦うことになったのかという歴史的な背景について、立体的に探っている。山室教授は、開港後に日本がどのような国際体制または状況のもとに置かれたのか、どのように対処したため、日清戦争を経て日露戦争、さらには太平洋戦争に突入することになったのかについて、世界史的な見解で眺望する。

     1855年に江戸幕府とロシア帝国は和親条約を結ぶ。条約締結のために訪問したロシアの特派大使プチャーチンが乗船した軍艦のディアナ号が東海近海で事故により沈没すると、日本はロシアと協力してその代わりとしてヘダ号を建造する。この船舶は日本が作った最初の洋式帆船だった。日露国交樹立150周年を記念する行事で、プーチンはこの事件が両国の長きにわたる友好関係を証明すると述べた。しかし両国は、和親条約のわずか半世紀後に戦争を行った。

     アマゾンの蝶々の羽ばたきが米国のテキサスでハリケーンの原因になるように、1891年にロシアがフランスから借款を得て建設を始めたシベリア横断鉄道は、日本に強い恐怖をもたらした。当時世界一の強力な陸軍を保有していたロシアが、英国の制海権の影響を受けない陸路を利用してモスクワからウラジオストクまで移動できるという事実は、日本はもちろん、東アジアさらには国際秩序にも大きな変動と衝撃をもたらしうる事件だった。日本は、シベリア横断鉄道が完工する前に、ロシアとの一戦を繰り広げることを計画し、綿密に準備した。

     1905年、すべての予想を覆して日本がロシアに勝利し、アジア各国の植民地解放運動勢力は、日本の勝利をともに祝った。しかし戦後、米国と日本が結んだ桂・タフト協定と日英同盟が象徴するように、日本は西欧と互いの植民地利権を保障する代わりに、アジアの民族独立運動勢力を圧迫するもう一つの帝国主義国家になった。一時は日本の勝利を称賛したインドのネルーも同様に「一握りの侵略帝国主義集団にもう一つの国を付け加えたに過ぎない」と批判した。日本はアジアで、朝鮮だけでなくインド、ベトナム、中国、フィリピンの敵になった。それから40年が流れた1945年8月、日本はロシアと朝鮮半島でふたたび激突した。

     山室教授は、自ら軍国主義の道に向けて進んだ日本の対応と変化について、鋭い批判を加え、これを通じて反省を促す。しかし、これらの反省や省察とは関係なく、私たちの立場からみると、日清戦争から日露戦争、太平洋戦争、そして朝鮮戦争にいたる4回の戦争のうち、3回は日本が起こし、残りの1回の戦争も日本がその原因の提供者だった。不幸にもその4回の戦争で、私たちは常に被害者だった。世界情勢が揺れ動いている近頃、私たちは自らに問わなければならない。どうしてこの4回の戦争を避けることができなかったのか。今の私たちは、これから差し迫ってくるかもしれない危機に、十分に備えているのか。

     当時の朝鮮のエリートは国際関係に暗く、既得権に安住して変化を恐れた。高宗皇帝は初めは清に依託して外勢を引き込み、その次はロシア、最後には米国に頼った。しかし、ただの一度も民衆と手を取り合うことはなかった。

    チョン・ソンウォン|「黄海文化」編集長

    ハンギョレ 2024-03-01 08:48 修正:2024-03-01 10:00
    https://japan.hani.co.kr/arti/culture/49307.html

    引用元: 【ハンギョレ】朝鮮半島はなぜ4回の戦争を避けることができなかったのか [3/1] [ばーど★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2024-03-01 1100121: 昆虫図鑑 ★ 2024/03/01(金) 10:06:41.72 ID:l8L8IneE
    【03月01日 KOREA WAVE】韓国の男性アイドルグループ「ENHYPEN(エンハイプン)」の日本人メンバー、NI-KI(ニキ)が、韓国で3月1日が祝日(三一節)にあたるため「うらやましい」とコメントし、大騒動になっている。

    「三一節」は、日本統治下の1919年に起きた抗日独立運動「三・一運動」を記念する日。日本の植民地支配に抵抗した歴史的な意味がある。

    NI-KIは2月29日、ファンコミュニティー「ウィバース」に「明日(3月1日)さえ持ちこたえれば週末だ」と投稿した。

    これに対し、あるファンが「韓国は明日休む」「三一節なので休む」と応答すると、NI-KIは三一節を知らなかったようで「明日、赤い日(祝日)なのか」と問い返したうえ「うらやましい」と話した。

    NI-KIの発言に対し、ファンは「早く削除して」「大変なことになった」などと憂慮する声が相次いだ。

    この書き込みはオンラインコミュニティで急速に拡散し、議論を呼んだ。ネットユーザーらは「歴史教育を受けていないのか」など、否定的な反応を示した。一方で「悪意のない失言に過ぎない」との声もあり、拡大解釈を自制すべきだという意見もある。

    (c)MONEYTODAY/KOREA WAVE/AFPBB News

    https://www.afpbb.com/articles/-/3507597?cx_part=top_category&cx_position=1

    引用元: 【三一節】韓流アイドルグループの日本人メンバー、歴史に敏感な韓国の祝日に「休日なの?うらやましい」で大炎上 [3/1] [昆虫図鑑★]

    続きを読む

    このページのトップヘ