ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 韓国

    韓国国旗
    1: LingLing ★ 2019/04/21(日) 00:14:49.39 ID:CAP_USER
    文在寅政権がメディア掌握、政策批判もできない韓国の現状

    「巨大テレビ局などのメディアは労使双方が政権と近い勢力によって掌握された。そのため政府の政策に批判的な勢力は今やこの国に存在しなくなった」

     韓国放送公社(KBS)で理事長を歴任したソウル大学の李仁浩(イ・インホ)名誉教授は19日、ソウル市内で開催された「メディア連帯創立1周年討論会」で上記のように述べた。李教授はさらに「現在、政府を批判できる通路はほぼ封鎖された」「過去の軍事独裁政権でもメディアや知識人の間で言論弾圧に抵抗する意識はあったが、今は政府に対抗するパワーそのものが失われてしまった」などとも指摘した。

     討論会のテーマは「脅威にさらされる表現の自由」。東国大学のキム・サンギョム教授が発題し、李教授とペン・アンド・マイク代表の鄭奎載(チョン・ギュジェ)氏が討論を行い、全南大学のキム・ウォンテ名誉教授が司会を担当した。キム・サンギョム教授は「韓国社会は今も陣営論理によって相手の存在が否定されている」と指摘し、李教授は「『積弊精算』だとか『反民族親日清算』などの大義名分で反共・自由民主主義国家としての大韓民国が攻撃を受けている。これに抵抗する勢力は意見を出すルートまで遮断されている」と主張した。

     メディア連帯はメディア関係者や大学教授などが参加して昨年4月に立ち上げられた。その創立宣言文は「権力には際限なく寛大で、反対する側には残忍な韓国メディアの醜悪な現実に抵抗する」との方針を打ち出している。創立からこれまでの1年間に10回の政策討論会が開催され、「公共機関における採用不正を隠ぺいする反国民的KBSの放誕報道を糾弾する」「ネット書込み捜査有罪判決と政権・ポータルの致命的責任」など、メディアが注目されるたびに声明を発表してきた。西江大学言論大学院のチョ・メンギ名誉教授、保守系野党・自由韓国党デジタル政党委員長を歴任した東国大学のイ・ソクウ客員教授、KBSのファン・ウソプ理事がメディア連帯の共同代表を務めている。

     この日の午後4時に銅雀区の正しい社会市民会議の会議室で開催された発足1周年記念式典には、チョン・ホンウォン元首相、金錫友(キム・ソクウ)元統一部次官など20人が参加した。チョン元首相は激励の辞で「北朝鮮に対する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国防の意志、所得主導成長、脱原発などの実情を指摘し批判すべきメディアが政権の引き立て役にされ、国民の目と耳が時代錯誤的な方向に導かれている現状を懸念している」と述べた。

    ク・ボンウ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/20/2019042080016.html

    【韓国】 文在寅大統領は「文罪人」とネットに書いた韓国軍兵長、上官侮辱罪で懲戒処分[04/20]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1555767495/

    引用元: 【朝鮮日報】 文在寅政権がメディア掌握、政策批判もできない韓国の現状[04/21]

    続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2019/04/21(日) 09:27:15.01 ID:CAP_USER
    ■マイケル・ブリン元ソウル外信記者クラブ会長
    no title


    セウォル号の沈没から5周年を迎え、ソウル市は4月16日、光化門広場にタヒ亡者304人をたたえる「記憶・安全展示空間」を設置し、公開することにした。ソウル市は来年、光化門広場を補修する計画で、この施設が期限付きになるか、あるいは常設になるかは、まだ決められていない。

    2014年のセウォル号事故は壮絶さを極めた。犠牲者のほとんどが同じ学校に通う子どもたちだったということも、悲しみを一層深める要因となった。従って、当時亡くなった304人をこうした形でたたえるのに公的予算を投入すると言っても、誰も不平を抱かない。

    光化門を頻繁に行き交う人々は、光化門広場の南に建てられたセウォル号のテントには慣れているはずだ。これまでの5年間、うちの子どもたちもセウォル号のテント横の噴水でよく遊んだ。

    にもかかわらず、私はこの場所が果たして適切な場所なのかどうか疑問に思う。どう考えてもここは、セウォル号の追慕施設が立ち入るのにふさわしい空間ではない。

    反対する理由は三つだ。まず、光化門広場は韓国で最も有名な公共空間であるということだ。韓国の歴史上最も尊敬されている偉人の世宗(セジョン)大王と李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が建てられている。

    船舶事故犠牲者たちをたたえる施設は、この二人が象徴する光化門広場のテーマにはふさわしくない。追慕施設が立ち入るにはここよりも、適切で意味のある空間が確かにあるだろう。

    二つ目に、ソウル市がここにセウォル号の追慕空間を設置しようとするのは「韓国人は犠牲者」という韓国特有の考え方に由来している。私はこうしたフレームが、すでに現実と大きく隔たりを見せていると思う。

    国家は、必ずしも君主や軍事的な英雄を通じて国家精神を表現する必要はない。平凡な人々に栄誉を与えようとする主張に、私は賛同する。いつの日か、汗して努力しながらこの国を貧困から救い出したごく普通の人々の銅像が立つことを願っている。

    この国の若い世代が彼らの親と祖父母の世代をたたえて「この国の最も偉大な世代に対して永遠の感謝をささげる」という献詞と共に建てられなければならない銅像だ。

    しかし、この国には自分こそ邪悪な「他人」の犠牲者だとアピールしたがる傾向があり、これにより自分は道徳的だと感じたがるきらいがある。

    私たちが日本大使館の前で従軍慰安婦の少女像を見受ける理由がここにある。80年前のことをこうした方法で抗議するのは、外交史として前例がない。

    日本と韓国は共に民主主義国家で、近い友邦という点を考慮すれば、より異例的といえる。しかし、少女像の横のテントで寝泊まりする人々と毎週水曜日の昼食時にデモを繰り返す人々は、自らを正義と考える。自分たちが犠牲者としての韓国を代弁していると感じている。

    2019/04/21 05:03
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/19/2019041980139.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/19/2019041980139_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/19/2019041980139_3.html

    >>多分続きます。

    引用元: 【朝鮮日報】セウォル号追悼碑設置、果たして光化門は適切なのか この国は自分こそ邪悪な「他人」の犠牲者だとアピールしたがる[04/21]

    続きを読む

    韓国国旗1: 蚯蚓φ ★ 2019/04/21(日) 00:23:41.00 ID:CAP_USER
    中国四川省の地方紙、華西都市報や中国メディアの龍騰網はこのほど、米Q&Aサイトの「Quora(クオーラ)」に「韓国は、文化・言語的に中国と日本のどちらに近いのか」とする質問が投稿され、熱い議論が交わされていると紹介した。

    華西都市報は12日付で、この質問に対する3人の回答を紹介した。

    ある回答者は「語彙(ごい)に関しては、韓国語の語彙の6割は中国語から借用したものと推定されている。韓国語と日本語で似ている単語は通常、その起源を中国語に求めることができる。しかし韓国語の文の基本構造は、主語-目的語-動詞であり、日本語および他の多くの言語と共通している。これが日本語から継承されているのか、単純な自然言語モデルなのかは分からない。いずれにせよ、彼らは3つの異なる国と文化だ」と説明したという。

    別の回答者は「日本と韓国はどちらも中国の影響を強く受けている。韓国人は中国の漢王朝の時代に中国から漢字の表記体系を持ち帰った。一方、日本は唐王朝の時代だ。そのため、同じ漢字でも、発音は3つの国の間で似てはいるが完全に同じではない」と説明。

    さらに「韓国の伝統文化は中国の影響を大きく受けているが、韓国の社会にはまだ日本文化の遺産が数多く残っている。西洋諸国からの新しい概念の多く、例えば『民主』『社会』『国家』などは日本語から翻訳されたものだ。これらは日本文化の遺産であり、その意味では韓国は日本の影響を受けている。韓国の近代的なマナーや文化的習慣、社会制度、教育制度などはみな日本に由来する」と韓国文化に対する日本の影響を指摘した。

    同回答者は続けて「もう一つのポイントは、私たちは、文化が伝統的な規範に結びついているだけでなくそれから切り離されている世界に実際に住んでいるということだ。中国の伝統的な服装と言えば何か?『旗袍(チーパオ)』か? それは満州人の服装だ。日本と韓国の服装に影響を与えた中国の伝統的は服装は『漢服(かんふく)』だ。だが中国人でさえ、漢服とはどのような形をしていて、それが大きく変化したことを知らない人が多い。最近の儒教的な慣習から見て、韓国の文化が中国の文化と非常によく似ているかどうかは、私には分からない。たぶんいくつかの部分で似ているところはあるのかもしれない。個人的には、韓国と日本にはより多くの共通点があるように思う」と論じた。

    さらに別の回答者は「歴史的に見れば、これは私見だが、文化的には(服装や昔の髪形、顔つき)、そして言語学的にも、韓国はより中国文化に近いと思う。さらに現在の韓国人の中には、かなりの数の中国人の子孫がいる。見分け方は簡単で、韓国人の名前は、姓(1音節)と名(2音節)で構成されている。一方、中国系の人は、姓(1音節)と名(1音節)で構成されている」と述べている。

    龍騰網は、上記の質問と回答を中国語訳して紹介した。付設のコメント欄には中国のネットユーザーから「伝統は中国に近く、現代化は日本に近い。中国の現代化も日本の影響をたくさん受けている。『汽車』や『忍者』などの単語は日本から持ち込まれたもの」「古代中国文化の大部分は朝鮮半島経由で日本に紹介された。つまり日本は朝鮮に近いと言える」「これは、兄と弟のどちらが父により似ているのかという質問だ。父がいなければ兄も弟も存在しない」「文化的には中国に近く、行動や態度は日本に近い」「中国よりも日本よりも宇宙により近い」などの声が寄せられた。
    (翻訳・編集/柳川)

    ソース:レコードチャイナ<韓国は文化・言語的に中国と日本のどちらに近い?「海外で熱い議論」と中国メディア>
    https://www.recordchina.co.jp/b703506-s0-c60-d0054.html

    引用元: 【韓国】 韓国は文化・言語的に中国と日本のどちらに近い?中国「これは兄と弟のどちらが父により似ているかという質問だ」[04/20]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/04/19(金) 13:57:55.82 ID:CAP_USER
    no title

    ▲4日、映画『主戦場』を撮ったミキ・デザキ氏が、日本外国特派員協会(FCCJ)で開かれた試写会に参加し写真を撮っている=チョ・ギウォン記者//ハンギョレ新聞社

     日本の一部劇場で日本軍慰安婦被害を扱ったドキュメンタリー映画『主戦場』が20日から上映を始める。映画では、不快に聞こえるような話が正面から出てくる。日本の右翼のインタビューが、この映画で多数紹介される。「LGBT(レズビアン、ゲイ、両性愛者、トランスジェンダー)カップルのために税金を使うことが賛同を得られるか。彼らは子どもを作ることもできない。生産性がない」という発言で物議をかもした杉田水脈・自民党議員、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』という本を書いたアメリカ人弁護士ケント・ギルバートらが登場する。彼らは、慰安婦制度には問題がなかったという趣旨の主張をする。

     もちろん右翼ばかりが映画に登場するわけではない。日本国内の慰安婦被害問題研究の権威者と言われる吉見義明・中央大教授とユン・ミヒャン正義記憶連帯代表、1991年に日本軍慰安婦被害証言者の故キム・ハクスンさんの記事を報道した植村隆・元朝日新聞記者もインタビューした。

     両側の陣営を合わせて30人余りが出演する。映画は慰安婦被害問題に対して、タイトル通り戦争のように討論する形式を取る。全体的には右翼の主張に同調する内容の映画ではない。むしろ右翼が主張する部分に逐一食い込んで、どんな部分が誤りなのかを見せる内容が多い。ただし、慰安婦被害問題を提起する過程で、明確な根拠を見つけがたい被害者の数などが右翼の攻撃の口実になりうるという点を示唆する。

     映画を撮った人は、日系米国人のミキ・デザキ氏(36)だ。日本で英語教師の仕事をした彼は「日本の人種差別」という映像をインターネットに載せ、右翼の攻撃を受けた。それを契機に慰安婦被害問題に対しても関心を持つことになり、今回初めて映画製作にまで乗り出した。ミキ・デザキ氏本人がナレーションを務め、2時間の映画をリードしていく。ミキ・デザキ氏は、この映画を初めから教育用映画と考えて作ったという。「争点を明確に比較する映画を作りたかった」として「米国的基準で見れば、この映画はスローで娯楽的要素も弱い」と話した。

     彼は4日、日本外国特派員協会(FCCJ)で開かれた試写会に参加して「初めに保守派の人々を取材して、私が事実だと理解していることに対して疑うようになり、問い直すことになった。感情が揺れ動いた。編集段階で初めて揺らぎない考えに到達した」と話した。

     翌日の5日に再び会った彼は、慰安婦被害問題は人権問題だという点を強調した。「映画の後半部には慰安婦被害者の映像が出てこない。双方が互いに自分の便宜に合わせて写真を使った。右派は慰安婦が笑っている姿を、反対側はみじめな状況が撮られた写真を使った。国際法の性奴隷規定に合わせて、慰安婦問題を見なければならない」と話した。慰安婦が処した多様な状況のうち、一部だけを抜き出して強調すれば、問題の本質である人権問題に到達できないという話だ。

     映画には、太平洋戦争でA級戦犯容疑者だったが、戦後に首相にまでなった岸信介と、岸の外孫である安倍晋三首相、そして安倍内閣の閣僚の大部分に関連がある右翼団体「日本会議」を紹介する内容も出てくる。ミキ・デザキ氏は「慰安婦問題の映画だが、(日本が)なぜこの問題を沈黙させようとしたのかも映画の大きなテーマだった。そのためにつながっている部分はすべて調査した」と話した。慰安婦被害問題に対してどれだけ知っているかを問い直させる映画だ。

    チョ・ギウォン東京特派員
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/890571.html
    韓国語原文入力:2019-04-18 18:55訳J.S

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版<[特派員コラム]映画『主戦場』>
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/33274.html

    引用元: 【慰安婦問題】 映画『主戦場』~日本軍慰安婦被害者は20万人だったか?強制連行はあったのか?性奴隷被害者だったのか?[04/19]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/04/20(土) 18:57:50.19 ID:CAP_USER
    no title

    ▲崔善姫第1外務次官=2018年6月、シンガポール、ランハム裕子撮影

     北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)・第1外務次官が20日、米朝協議に携わるボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の発言を強く批判した。朝鮮中央通信が伝えた。

     ボルトン氏は17日、米ブルームバーグ通信のインタビューで、3回目の米朝首脳会談を開くには「北朝鮮が核兵器を放棄する戦略的決定をしたことを示す兆候が必要だ」と述べた。

     朝鮮中央通信によると、これについて崔氏は「朝米両首脳の意思への無理解なのか、ユーモア感覚から出たのかは分からないが、間抜けにみえる」と批判した。「発言には米国式才覚や論理性がみられない」とも語った。

     北朝鮮は18日には、ポンペオ米国務長官を交渉担当から外すよう要求した。厳しい要求を突きつける米国の実務担当者を避け、トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との「トップ会談」に再び持ち込もうという思惑とみられる。(ソウル=神谷毅)

    ソース:朝日新聞<「間抜けにみえる」北朝鮮の外務次官、米補佐官を批判>
    https://www.asahi.com/articles/ASM4N56VRM4NUHBI014.html

    関連スレ:【北朝鮮外務省】「ポンペオ氏以外との交渉希望」[4/18]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1555581782/

    引用元: 【米朝】 「間抜けにみえる」北朝鮮の外務次官、ボルトン米補佐官を批判[04/20]

    続きを読む

    このページのトップヘ