ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2019年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: 鴉 ★ 2019/12/28(土) 18:20:15.11 ID:CAP_USER
    韓国に対する「確証バイアス」が広がる日本
    対立の影で失った韓国への客観的な視角

    輸出規制後の特徴的事例

     確かに、日韓両政府の対立はこれまでも数多く存在してきた。しかし、今回の日韓の対立で最も深刻なのは、それが市民やメディアの議論にまで大きく影響を与え、社会の中で相手国に対しての捉え方が変わったことにある。

     ここで、輸出規制が実施された後に起きた3つの事例を挙げて、その傾向を見ていく。

     第一に挙げられるのは、「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」が約2カ月間、閉鎖された件である。8月に始まった同展においては、従軍慰安婦の女性を模した「平和の少女像」に対してテロを想起させる批判が多く寄せられたこともあり、安全を考慮して展示全体の中止が発表された。その背景には有力政治家による発言が後押しした部分もあったものの、歴史問題に対するメディアや市民の反発が理性的な反論を抑え込んだ面が強い。結果的に、かつての少女たちが戦中戦後に何を思ったのかを伝えたいという作り手の思いはかき消されてしまった。

     この事件が報じられた際、私は1995年の出来事を思い出した。アメリカの国立スミソニアン博物館で米国内初の原爆展が企画されたものの、議会や在郷軍人会等からの圧力で同企画が中止に追い込まれ、未だ国内において「原爆投下は多くのアメリカ人の命を救った行為」とする見方が一般性を有している件である。

     自分の目に入るものは常に心地よく、多様さは必要ないとする姿勢をとれば、世界は極めて単純なものに映る。しかし、様々な人や価値観が存在し、それぞれに背景や歴史、時として痛みすら抱えているのが実社会である。自らと異なる意見を目の前にした際に、それを拒否してしまえば実態を掴むことはできない。

     第二の事例としては、雑誌を含めたマスメディアにおけるヘイトスピーチまがいの言説の広がりが挙げられる。『週刊ポスト』の特集「韓国なんて要らない」において「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」とされる記事が世間の注目を集めたが、それ以外にも「日韓断絶」(『文藝春秋』2019年10月号)など誰もが知る大手メディアで煽情的な見出しが躍った。後者については、「日韓相克 終わりなき歴史戦の正体」(11月号)、「『反日種族主義』を追放せよ」(12月号)といったタイトルも連続して表紙になっている。もちろん、発行部数を上げるための手段と見ることもできるが、それらは以前ならば嫌韓本でしか見られなかったタイトルである。

     その背景には首相をはじめとする政治家がたびたび韓国への怒りを露わにしたことで、そうしたタイトルに「お墨付き」が与えられたと見ることができよう。しかし、歴史問題に起因する問題に対して自らを省みる視点が従来に比べて欠けている現政権の姿勢が基準となる以上、それがメディア、そして社会に広がることは問題を一層深刻にさせてしまう。

     第三の事例として挙げられるのが、9月に法相に就任(10月に辞任)したチョ・グクの扱いである。彼は韓国で著名な法学者であり、文在寅政権発足時より、その就任が注目された人物であった。注目された要因としては、彼が文在寅政権や盧武鉉政権を支えた386世代(1990年代に30代で、1980年代に学生として民主化運動に参加し、1960年代生まれの世代。最近では、現在彼らが50代であることから586世代とも呼ばれる)の代表的な人物で、各種の政治的な事件に際してリベラル陣営の旗振り役を担ってきたためである。そして、大統領府民情首席(大統領の親戚や公務員規律の管理、人事の検証などを行う部署の長)として、韓国国内で強大な権力を有する検察改革を進めてきた。具体的には、文大統領が選挙戦の中で掲げた高位公職者犯罪捜査処の新設案と、検察と警察の捜査権の調整の設計を主導し、その実績が文大統領と支持者の信頼を得ていたのである。

    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019122600010.html

    引用元: ・【朝日新聞】「確証バイアス」が広がる日本…日本人は韓国への客観的な視角が失われつつある。日本が偏狭な国へ変質することに警鐘を

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/28(土) 14:36:40.34 ID:6Qw26Hth9
    https://snjpn.net/archives/173384
    @Xq0SOZSaehXV0X5さんのツイート

    今日のTBS 「ゴゴスマ」

    次の総理大臣は?

    1位 石破茂
    2位 小泉進次郎
    3位 安倍晋三

    コメンテーター
    「国民は石破茂を望んでいる」

    これには疑問しか感じません。
    一体どこの誰が石破茂を支持しているのかオカルトにしか思えませんし石破を応援している人を見たことがありません。

    (略)

    引用元: ・TBS「次の総理大臣、1位石破茂。国民は石破茂を望んでいる」 ネット「露骨な世論誘導」「石破君なんか中朝韓のハニ虎かマネ虎でしょう

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 荒波φ ★ 2019/12/27(金) 18:07:31.35 ID:CAP_USER
    憲法裁判所の判断に失望を表明する李玉善さん=27日、広州(聯合ニュース)
    no title


    【ソウル聯合ニュース】

    旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日政府間合意の違憲性判断を求めた訴えに対し韓国憲法裁判所が27日、違憲性判断の対象ではないとし却下したことについて、慰安婦被害者たちは失望を隠せなかった。

    旧日本軍慰安婦被害者を支援するソウル近郊の社会福祉法人「ナヌムの家」(京畿道広州市)に暮らす被害者6人のうち、姜日出(カン・イルチュル)さん(91)と李玉善(イ・オクソン)さん(92)は今回の訴訟に参加した。

    李さんは「ナヌムの家」でテレビのニュースを通じ、憲法裁判所の判断を見守った。姜さんは体の状態がよくなく、テレビを見られなかった。

    李さんは、「間違った合意なのに(訴えを却下したことは)あきれる」と失望を表明した。また、「わが国の(合意当時の)大統領、朴槿恵(パク・クネ)が悪い。日本人がお金を持ってきて被害者に渡して口をふさごうとする。それは駄目だ」と、合意の不当性を強調した。

    「ナヌムの家」に暮らす被害者たちは「交渉をやり直すべきだ。次世代のためにも日本の公式謝罪と法的賠償が必ず必要」と口をそろえた。

    同合意は15年12月に当時の朴槿恵政権と日本政府が「最終的かつ不可逆的」に解決すると約束したもの。慰安婦問題に関する日本政府の責任を認め、韓国政府が合意に基づき、被害者を支援する「和解・癒やし財団」を設立。日本政府が財団に10億円を拠出することを骨子とする。

    ただ、合意過程で慰安婦被害者らの意見が排除された上、合意の条件として韓国政府が二度と慰安婦問題を提起しないとの内容が含まれたことが明らかになり、韓国では不公正な合意との指摘が上がった。

    16年3月、姜さんら慰安婦被害者29人と遺族12人は憲法裁判所に、合意を違憲とするよう求める訴えを起こした。被害者側の代理の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」(民弁)は、「日本の法的な責任を問おうとするハルモニ(おばあさん)たちを除いたまま政府が合意し、彼らの財産権や知る権利、外交的に保護される権利などの基本権を侵害した」とした。

    こうした訴えに対し、憲法裁判所は「同合意は政治的合意であり、これに対するさまざまな評価は政治の領域に含まれる。違憲性判断は認められない」とした。


    2019.12.27 17:29
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191227004800882?section=news

    引用元: ・【<#`Д´>】 慰安婦被害者 「あきれる」と失望表明=韓国憲法裁の訴え却下に [12/27]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20191227_2052001: 動物園φ ★ 2019/12/27(金) 17:56:21.91 ID:CAP_USER

    リバプールが戦犯旗論議で物議に上がって間もなくマンチェスター・ユナイテッドも議論の主人公になった。
    日本のファンのための日本のアカウントに戦犯旗類似画像を投稿したのである。

    リバプールは最近、公式ホームページを通じて戦犯旗(旭日旗)が挿入された映像をアップロードし、問題を起こした。
    今回が初めてではないという点で、問題はさらに大きくなった。 過去、ケイタの戦犯旗タトゥー事件もあったし、
    最近ではクラブワールドカップを祝うイメージに戦犯旗を挿入し、後に不十分な謝罪文などでファンの怒りを買った。

    リバプールが謝罪文を2回上げて事件が拡散される時点で、今回はマンチェスター・ユナイテッドの日本のアカウントが問題になった。
    マンチェスター・ユナイテッドの日本アカウントは、Twitterで「ManUtd_JP」というIDを使用しているが、
    ここでクリスマスと年末を記念するイメージに戦犯旗を連想させる模様を刻んで入れたものである。
    現在、韓国のサッカーファンたちは、コミュニティなどを通じてこのニュースを共有し、問題を提起している。
    以下略

    https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=343&aid=0000095996

    引用元: ・【サッカー】マンチェスターユナイテッドが戦犯旗画像をアップロード 韓国発狂

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    韓国国旗
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/12/26(木) 22:08:40.97 ID:CAP_USER
    →韓国は米国製武器の追加購入を約束、ホルムズ海峡へ艦船派遣も

    →20年の韓国側の防衛費負担は10-20%増にとどまる可能性

    在韓米軍の駐留経費負担割合を定める現行の特別措置協定(SMA)が失効する年末が近づく中、米国は韓国から米国製武器を追加購入するとの言質を得たことから、韓国側の負担を現行の5倍の約50億ドル(約5500億円)に増やす要求を撤回した。朝鮮日報が26日、匿名の外交関係者を引用して伝えた。

      同紙によると、韓国はホルムズ海峡に艦船を派遣し、同海峡を航行する民間船舶の安全を守る米国の取り組みを支援する意向も示し、これもトランプ政権の態度軟化に寄与した公算が大きいという。韓国の来年の防衛費負担増は10-20%にとどまる可能性があると同紙は報じた。2019年の韓国側の負担は9億2400万ドル。
      
      韓国外務省は同紙の報道に関するコメントを控えた。

      米軍駐留経費負担を巡る交渉は先月、韓国が5倍の負担増要求は法外だと反発したことで決裂。今月になって再開していた。

      現行のSMAが年末に失効しても、両国は協議を続ける間の措置として何らかの形での暫定的な協定延長で合意する可能性は高く、朝鮮半島に駐留する約2万8500人の米軍兵士は引き続き任務に当たれる見通しだ。

      トランプ政権が同盟国の負担増を目指す中、対韓交渉は米軍が駐留する他の国に影響を及ぼす可能性がある。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-25/Q33DZST0AFB801
    ブルームバーグ 2019年12月26日 8:50 JST 更新日時 2019年12月26日 15:05 JST

    引用元: ・【ブルームバーグ】米国は韓国への要求撤回、米軍駐留経費負担5倍増-朝鮮日報[12/26]

    続きを読む

    このページのトップヘ