ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2018年12月

    20181231_201900
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2018/12/31(月) 18:13:16.08 ID:CAP_USER
     今月29日にソウル都心の各地で今年最後の太極旗集会が開催され、普段の2倍となる1万3000人以上の参加者が文在寅(ムン・ジェイン)政権の退陣を要求し、現政権による対北朝鮮政策や経済政策、脱原発政策などを激しく批判した。

     保守団体「一波万波」などが主催する太極旗集会はソウル市鍾路区の東和免税店前で29日午後から始まった。主催者側の発表では2000人以上が集まったという。参加者らは「9・19南北軍事合意の完全無効」「偽装平和アウト」などと書かれた横断幕を手にしていた。一波万波のキム・スヨル代表は「自由民主主義を守るため、この寒さにも関わらず街頭に出た」とコメントした。この日ソウルの最高気温はマイナス3度だった。

     ソウル市中区の大漢門前では保守団体「太極旗行動国民本部」が太極旗集会を開催し、1500人以上が集まった。参加者らは太極旗と星条旗を手にしながら「韓米同盟を破壊する文在寅は北朝鮮に行け」「朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領を直ちに釈放せよ」などと書かれた横断幕を掲げた。

     ソウル市中区のソウル駅前広場では大韓愛国党による100回目の太極旗集会が開催された。昨年7月の結党集会以来1年5カ月ぶりだ。主催者側によると参加者は1万人以上。参加者らは「建国から70年、右派陣営は街頭に出ることはなかったが、今後は出て行って正義と大韓民国、自由民主主義を叫んで行きたい」「今や政治革命が起ころうとしている」などと訴えた。参加者らはソウル駅で集会を終えた後、鍾路区の光化門まで行進した。

    チョン・ウヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/31/2018123180011.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2018/12/31 09:17

    引用元: 【朝鮮日報】今年最後の太極旗集会に1万3000人、文在寅政権を激しく批判「今や政治革命が起ころうとしている」[12/31]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/31(月) 18:35:46.95 ID:CAP_USER
    no title

    ▲小野次郎ホームページキャプチャ=連合ニュース

    総理秘書官出身で国会議員だった日本の政治家が韓日間「レーダー葛藤」と関連して日本が公開した映像が日本より韓国の主張を後押しする、という趣旨の文をツイッターにアップした。

    31日、小野次郎元参議院議員は自身のツイッターアカウントを通じて去る29日、日本政府が公開した動画について「動画を見れば我が方(日本)側の言い分よりも、韓国側の緊迫した一触即発の状況が良く分かる」という文をアップした。

    彼は「北朝鮮船舶に作戦行動中である(韓国)軍艦に理由なしに接近するのはきわめて危険で軽率だ」として当時の日本哨戒機の対応に問題があったと指摘した。

    彼はツイッター文で「映像を見ると2001年年末に起きた奄美沖不審船事件の最終場面が思い出された」ともした。該当事件は去る2001年12月、日本鹿児島県、奄美大島近隣の東シナ海で日本の巡視船が北朝鮮スパイ船舶と推定された所属不明船と交戦して沈没させた事件だ。

    彼は「我が国(日本)の海上保安庁も北朝鮮船舶に接近する時には相手の抵抗や不意の攻撃に対して威嚇射撃などの備えを怠らない。接近する航空機の警戒も強化する。」として「自衛隊護衛艦は不測の事態発生を避けるため通常、不審船には近づかない。対外配慮で、緊迫事態への備えは自らは公表や吹聴は避ける。」と日本政府の映像公開を強く批判した。

    小野元議員は小泉純一郎が総理在職中だった去る2001年から4年4カ月間、総理秘書官を引き受けた人物だ。その後、自民党を離党して維新の党所属で参議院を経て野党民進党の副代表を歴任した。彼は警察出身で現在の日本航空教育協会会長を務めている。

    日本政府は28日、韓国駆逐艦が自国の哨戒機に火器管制レーダーを照射した証拠とし13分7秒分量の動画を公開した。しかし、これは韓国だけでなく自国内の専門家たちからも証拠としての能力がないという批判を受けている。

    海上自衛隊所長出身の伊藤俊幸、金沢工大教授は毎日新聞とのインタビューで「調査を後押しするほどの警報音がなく証拠として曖昧だ」と指摘した。その他にも「映像だけではすべての人を説得できる程ではない」という防衛省担当者の発言が日本メディアに紹介された。該当動画は「韓国をさらに反発させただけ」とし、防衛省内で慎重論が出たのに、安倍総理の指示で公開が決定されたことが分かった。

    /ノ・ジンピョ、インターン記者

    ソース:ソウル経済(韓国語) 「オウンゴール」なった日レーダー映像公開…内部でも「哨戒機間違って」
    https://www.sedaily.com/NewsView/1S8OH1K9G3

    関連スレ:【日刊ゲンダイ 】 専門家が口をそろえる韓国照射 火器管制レーダーの安全性 “レーダー照射は大したことじゃない”
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1545968309/

    引用元: 【レーダー照射】 「オウンゴール」になった日本の映像公開…日本国内でも「哨戒機の方が間違っていた」[12/31]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/31(月) 15:09:08.79 ID:CAP_USER
    来年4月末、アキヒト(明仁)日王の生前退位を控えて、日本の今回の歳末は一つの時代が幕を下ろす雰囲気でいっぱいだ。ヘイセイ(平成・1989~2019年)時代の終焉だ。戦争の惨禍で汚された父・ヒロヒト(裕仁)日王のショウワ(昭和・1926~1989年)時代に対する骨にしみた反省から始まった平成は明仁日王の在任期間を意味する。同時に現在満30才未満の若者世代も意味する。

    「昭和生まれ」ならば30才以上、平成生まれならその下の世代となる。歌手・安室奈美恵の引退や国民漫画「まる子は9才(ちびまる子ちゃん)」の作家さくらももこのタヒ亡など平成時代を風靡した主人公らの退場のニュースに日本人たちは「平成が終わる」と繰り返し言っている。

    敗戦後73年が過ぎ、日本の戦後を引っ張ってきた各界名士らの訃告も毎日のように聞こえてくる。これら元老が残した話の中には必ず「戦争反対」がある。歳末には一年を締めくくる企画を送りだすマスメディアは今年は30年単位の過去を顧みる各種企画物を送り出している。

    23日公開された明仁日王の85才誕生日記念記者会見も話題になった。退任前の最後の記者会見で彼は何回も喉がつまって平和と反戦にかける心を述懐した。発言は始終一貫「右傾化する日本と安倍政権」を牽制する内容でぎっしり埋まって話題になった。

    「先の戦争で多くの人命を失い我が国の戦後平和と繁栄がこのような多くの犠牲と国民の努力によって積み重なったことを忘れず…戦後に生まれた人々にもこれを正しく伝えていくことが重要だ。平成が戦争のない時代で終わろうとしていることに心から安堵している。」

    安倍政権は日本軍慰安婦問題や南京大虐○など戦争犯罪を分けようとする動きを加速化しながら歴史教育に対する介入も強化してきた。この点で日王が歴史を単に「伝える」でなく「正しく伝える」と表現したことは安倍式歴史修正主義に対する反撃と解釈された。

    英国の国王は「君臨するも統治せず」と言う。これに比べて戦後の日王は天皇(空の皇帝)という称号とは異なり「君臨も統治もせず」、単なる象徴的存在と位置づけた。この点で明仁日王の「歴史を正しく伝えること」のような発言は場合によっては政治介入と解釈されかんれない一種の破格だ。平和反戦の受け入れに対する彼の熱望がそれ程強いことを見せる事例であろう。

    この様な彼の人気は驚くべきほどで23日の一般人祝賀訪問客は即位後最も多い8万3000人を記録した。

    記者は2019年1月末で二番目の特派員任期を終える。その間、日本も大きく変わった。戦争を知らない世代を量産し普通国家へ向かう過程といえるが、過去の日本の特徴だった丁重さや細心さ、謙虚さが急速に消え、ただ忙しく荒くなっていく日本に会うことになる。

    他人に迷惑をかけることを極度に敬遠するせいで、それぞれが孤立しそれぞれが老いと孤独、タヒを迎える恐怖が社会全体を押さえ付けている。記者個人的には平和と包容の国に対する日王の念願が日本国民に共感できている平成の終わりに日本を離れることになり、幸いだという気がする。

    一つの時代の終わりを見守りながら日本がさらに薄情にならないことを、平成の平和が続くことを希望してみる。

    ソ・ヨンア東京特派員
    no title


    ソース:東亜日報(韓国語) [今日と明日/ソ・ヨンア]平成の終焉、離れる異議念願
    http://news.donga.com/list/3/02/20181231/93495288/1

    引用元: 【韓国】 平成の終焉~最後の記者会見で安倍式歴史修正主義を牽制した日王[12/31]

    続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/12/31(月) 10:08:45.61 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    30日午後、ソウル 鍾路区(チョンログ)の北仁寺マダンで反安倍・反日青年学生共同学生の会員が、日本の慰安婦問題の謝罪と全世界1億人の署名運動参加を求める『フラッシュモブ』を行っている。

    (写真)
    no title

    no title

    no title

    no title


    ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0010552315

    引用元: 【韓国】慰安婦問題の解決を求めるフラッシュモブ(写真)[12/31]

    続きを読む

    20181231_1225001: (^ェ^) ★ 2018/12/31(月) 08:53:20.61 ID:CAP_USER9
    日本政府が安全保障政策の基本的指針「2018年の防衛計画の大綱」で韓国を降格させた。日本政府は今年の防衛大綱に安全保障協力推進対象国を順に明記し、韓国を米国、豪州、インド、東南アジアに次いで5番目に明記した。
     今年の防衛大綱は5年ぶりに改定され、今月18日の閣議で採択された。防衛大綱は10年後を眺めた日本の安全保障戦略の枠組みだ。

    2010年と2013年の防衛大綱には米国を除いて韓国が最初に登場したが、安全保障協力パートナーとしての韓国の重要性を3段階も落としたのだ。
     今後、韓国との安全保障協力は東南アジア諸国より低い順位で扱うという対外軍事戦略が盛り込まれたという指摘が出ている。
     特に今年の防衛大綱は、日本の軍事大国化を懸念する韓国との今後の軍事協力は縮小し、その代わり中国牽制のために軍事強国の日本が必要だと考える国々を優先順位にして協力する戦略だという観測もある。

    2018年の防衛大綱の「安全保障協力の強化」項目はまず「日米同盟を基軸として、普遍的 価値や安全保障上の利益を共有する国々との緊密な連携を図る」と規定した。
     続いて豪州とインドは「自由で開かれたアジア太平洋戦略」構想のパートナーに規定され、「外務・防衛閣僚協議(2プラス2)の枠組みを活用した共同訓練・演習の拡充」を課題として規定した。東南アジア諸国は「中国牽制」のパートナーとして「防衛能力構築支援」を強調した。
     東南アジア諸国の次に登場する韓国については「幅広い分野での防衛協力を進めるとともに、連携の基盤の確立に努める。
     地域における平和と安全を維持するため、日米韓3カ国間の連携を引き続き強化する」とした。
     韓国の次の国は東アジア地域の安全保障とは特に関係がない英国、フランス、カナダなどだ。

    5年前に安倍内閣が採択した2013年の防衛大綱では日米同盟関連の部分の後ろに韓国が登場した。
     「我が国と共に北東アジアにおける米国のプレゼンスを支える立場にある韓国との緊密な連携を推進し、情報保護協定や物品役務相互提供協定(ACSA)の締結等、今後の連携の基盤の確立に努める」と韓国を重視していた。豪州は韓国の次だった。

    民主党政権だった2010年の防衛大綱でも「米国の同盟国であり、基本的な価値及び安全保障上の多くの利益を共有する韓国及びオーストラリア」という表現で米国を除いて韓国が最初に言及された。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=248633&servcode=a00&sectcode=a10



    参考
    安倍首相にとっては東南アジアより低い韓国…安保協力5番目に降格
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1546213695/l50

    引用元: 安倍首相にとっては東南アジアより低い韓国…安保協力5番目に降格

    続きを読む

    このページのトップヘ