ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2017年10月

    1: (^ェ^) ★ 2017/10/29(日) 21:31:02.76 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/105551

    no title


    デーブ・スペクターが、希望の党の代表を目指す玉木雄一郎(元民進党)を目の前にしてズバリと言ってのけた。
    「民進党って部活レベルだよね」「…」

    【部活程度】
    デーブ・スペクター「民進党が信じられないのは、お世話になってる党を割と簡単に辞めたり、『次々と色んな党を部活程度で作る』という所。次々にまた合流、合併ばかりすると有権者は何の為に投票所に行ってるかわからなくなる」
    まあ民進党議員の政治信条は議員であり続ける事だからな pic.twitter.com/f5mYZXivYw

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年10月27日

    デーブ・スペクター「前の民進党も含めてまだ一応存在する大義があったと思うんですけれども、安易にみんな辞めたりしているわけですよ。信じがたいのはお世話になっている党を簡単に辞める。次々と部活程度で色々な党を作るっていうのが特徴でもある。これから希望の党は長いスパンでどこまで考えているのか。要は連携、合流、合併ばかりすると有権者が何のためにいちいち投票所に行っているのか分からなくなる。」

    デーブ・スペクターが話している間、玉木雄一郎の顔はこわばり、一切反論できなくなってしまう。

    普通はここまでボロクソに言われたら割って入り反論するべきなのに玉木雄一郎は口をつぐんだままじっと耐える。小池百合子を引きずり下ろして次の代表になろうとしている人物とは到底思えない。希望の党の議員も色々と思うところはあるだろう。
    続いて玉木雄一郎が見守る中、柚木道義が言い負かされる映像。

    【春川無双】
    春川正明「選挙期間中に小池の批判をする、足を引っ張って全然支えようとしない所は民主党時代と全然変わってない。希望と民進は同じ」
    「自民党の中にも色んな考え方の人がいるが、『自民党の候補者が選挙期間中に安倍さんの悪口言う?』言わないよね」
    これが自民党と民進党の違い。 pic.twitter.com/KUAa1OScMq

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年10月28日

    春川正明「選挙中に自分の党の代表(小池百合子)に対して批判をするのを見たときに『あっ、やっぱり民進党のときと何も変わっていないや。自分たちのリーダーに対してそういうことをする党なんだ』と。そこはいかがですか?」

    柚木道義「私の選挙結果については本当に私の全責任で…」

    春川正明「いやいや柚木さんの選挙結果じゃなくて、選挙期間中にSNSでああいう発言を全国にしているわけですよね?そこが民進党と同じで代々引っ張ってきたリーダーの足を引っ張って、支えようとしない。何も変わっていない人たちが希望の党に行ったら民進党と同じなんだと私には見えました」

    柚木道義「はい…」

    春川正明「負けた原因は全部小池さんのせいだってしてるけど、一人ひとりの議員の結果ですよね。自民党の議員が選挙中に安倍さんの悪口言いますか?言わないですよね?」

    柚木道義「そこはそうですね…私たちしっかり受け止めないといけないと思います」

    ここでも玉木雄一郎は一言も発さず、黙って議論の行方を見守っている。こんなことでは部活の部長のほうがよっぽど立派ではないか。玉木雄一郎がうまく反論できないのはそもそも自分がやっていることが間違っていると自覚しているから。希望の党では国民のために政治をしているのではなく、自分が代表の座につきたいだけ。

    玉木雄一郎はこの本音こそ隠すものの、周囲から事実を指摘されたときに言い返すことができない。

    引用元: デーブ・スペクター「民進党って部活レベルだよね。すぐ辞めたり作ったり」 玉木雄一郎は顔面硬直、一切反論できず

    続きを読む

    no title
    1: (^ェ^) ★ 2017/10/29(日) 17:34:18.04 ID:CAP_USER9
    http://mainichi.jp/articles/20171027/k00/00m/010/100000c

     共産、社民両党は、11月1日に召集される特別国会での首相指名選挙で、野党第1党となった立憲民主党の枝野幸男代表に投票する方針を固めた。立憲、共産、社民の3野党は衆院選で全289小選挙区のうち249選挙区で共闘。首相指名でも足並みをそろえる形で、今後も安倍政権による憲法9条改正反対などでは連携を図る…

    引用元: 【首相指名】共産、社民は立憲民主・枝野代表に投票へ

    続きを読む

    no title1: (^ェ^) ★ 2017/10/29(日) 17:37:13.56 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/mizuhofukushima/status/924508647404724224
    福島みずほ Verified Account
    @mizuhofukushima
    もりそば、かけそば、安倍おろしそばのうち、安倍おろしそばを食べました。200円なり。美味しかったです。 pic.twitter.com/tgCfUApay2

    yousight
    @youyou44881185
    もう小学生レベルの投稿w

    菊地 内記
    @kikuchi_naiki
    安倍おろしが多すぎて国民は胃もたれを起こしていますよ!

    内田 吏 (Uchida Osamu)
    @Osam_U
    #福島瑞穂 従軍慰安婦を朝日新聞とでっち上げた首謀者。 沖縄の暴力活動家に1350万献金。 「だって、死んでしまった人の人権なんて考えても仕方がないです…」 「犯罪者と言えども人権はある訳ですし、犯人には傷一つ付けてはいけない…」 「痴漢冤罪で何人かでることになっても…」

    (◯д◯透)@固定にお知らせ
    @co604153
    おろしおろし言うのではなくどうしたら国民が納得出来る政治が出来るかを発信して下さい。国民を見れない政治家を応援するほど国民は暇ではありません。

    引用元: 福島みずほ「もりそば、かけそば、安倍おろしそばのうち、安倍おろしそばを食べました」「美味しかったです」

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/10/29(日) 17:30:44.35 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/105547

    no title


    立憲民主党から千葉5区で立候補し落選した山田厚史(元朝日新聞)が若者から痛烈な言葉を浴びせかけられたとエピソードを明かした。
    よりによって選挙活動中にボロクソに言われる。

    立憲民主党から立候補して落選した 山田厚史(元朝日新聞)『(選挙運動中)若者に「何党?」と聞かれ、「立憲民主党」と答えたら、「アンタらが一番ウザイ」』『アベノミクスを止めると困る』『この人たちは何なんだ!』『違うだろ~』→現実の世界は左翼に冷たいのだよ。知らなかったのかね。(笑) pic.twitter.com/sES9YUyxEa

    — CatNA (@CatNewsAgency) 2017年10月27日

    山田厚史「若者と握手して『よろしくね』と。『何党?』って言うから『立憲民主党』。『あんたらが一番うざいんだよ』とかそういうことを言う。それから一番端的だったのはアベノミクスの話をしていると『アベノミクスとめちゃうと就職氷河期がまたくるかもわからないからそれは困ります』って男共が言う。あぁ~なんか違うだろ~!っていうところがある。僕たちがここで議論している世界と全く違う世界がそこにある」

    山田厚史は現実を素直に受け止めることができず、若者たちが間違っているという前提で話を進める。しかし一般人がこのエピソードを聞けば立憲民主党のネガティブなイメージが「やっぱりそうなんだ…」と確立されるわけで、どうしてこんな話をしてしまったのかと疑問が残る。

    後半の「違うだろ~」は豊田真由子リスペクトだろうか。国民のために政治をすべきなのに自分よがりの勝手な思い込みで政治家になろうとする。これでは落選しても当然だ。
    若者の68%は安倍内閣を支持している。これは強烈な数字だ。

    参考:10~20代は安倍内閣を猛烈に支持していることが判明

    盲目的に安倍内閣を支持しているわけではなく相対的に「まし」と答えた若者は野党に対して強い不信感を抱いているように感じられる。このような若者の前に立憲民主党の候補者が現れて握手を求めてきたら文句の一つでも言いたくなるのだろう。
    元動画。

    左翼村の同志で集まって安倍総理の悪口を言い合う様子は負け犬が傷を舐めあっているようにしか見えない。どこの誰か知らないが、「あんたらが一番ウザイ」「アベノミクスをとめるな」とズバリと言ってくれた若者に拍手を贈りたい。

    引用元: 立憲民主党の山田厚史(元朝日新聞)「若者から『あんたらが一番ウザイ』『アベノミクスをとめるな』と言われた」

    続きを読む

    変態新聞
    1: ろこもこ ★ 2017/10/29(日) 14:26:51.73 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000013-mai-kr

     ◇「まさに日本の味」

     日本の伝統食「納豆」が北朝鮮の首都平壌で人気を呼んでいるという。個包装のパッケージ詰めの納豆が製造できる「納豆工場」を映した北朝鮮発の動画ニュースが6月に確認され、平壌に暮らす日航機「よど号」ハイジャック事件のメンバーも今月、支援者向けの機関紙で「まさに日本の味」と絶賛。食べ過ぎて検査入院したほどだ。日本の庶民の味・納豆が北朝鮮で広がっていることは間違いなさそうだ。【岸達也/統合デジタル取材センター】

     ◇最新鋭の納豆工場 日本式パッケージが国際化

     北朝鮮当局が宣伝目的に運営に関わっていると見られる動画サイトに今年6月、最新鋭の納豆工場に関するニュースが掲載された。コンピューター制御されたとみられる工場で、大量の納豆のようなものが次々に個食用に包装される様子がニュース映像にまとめられ、人気動画サイト、ユーチューブにも転載された。よく見ると、カラシやたれのようなものも、個食サイズの豆の塊と一緒に四角い白いケースに包装されているのが分かる。

     国内130超の納豆製造業者が加盟する、全国納豆協同組合連合会(納豆連、東京都)によると、優良なタンパク源である大豆の発酵食品は、やや日本と形態が異なったり、風味が違ったりするものも含めれば東南アジアやアフリカなど世界各地にある。日本のスーパーマーケット店頭でおなじみの個食向けのパッケージ包装は、実は日本発祥の販売方法といい、40~50グラム程度の納豆がたれやカラシ入りで冷蔵販売される形で普及している。

     こうした日本式パッケージ納豆も徐々に“国際化”が進んでいる。海外に暮らす邦人向けには国内で製造された納豆が冷凍されて運ばれるのが一般的だった。だが、10年ほど前から韓国や中国には、個食用に包装できる納豆の製造機械が輸出されるようになり、「日本式納豆」が現地の一部で生産から冷蔵販売まで広まって人気という。納豆連の関係者は「北朝鮮にも製造機械が中国などから輸入された可能性がある」とみる。

     ◇よど号事件の赤木志郎容疑者 「毎日がむしゃらに食べた」

     北朝鮮の納豆は果たしてどんな風味なのだろうか。なかなか記者の入国が許されない国だが、風味に関する貴重な証言を偶然、発見することができた。

     「納豆の食べ過ぎ」--。1970年に日航機「よど号」をハイジャックし、北朝鮮に渡ったよど号グループ。彼らの帰国支援を目的とする機関紙「かりはゆく」に今月、ハイジャックを実行した赤木志郎容疑者(69)=ハイジャック事件で国際手配中=名で、こんなタイトルの身辺雑記が掲載された。

     「ピョンヤン便り」というコーナーに、短行で食欲の秋の失敗談として紹介され、最近、腹痛などで検査入院したという。原因は「納豆をよくかまずに食べたこと」と記されている。本当に納豆の食べ過ぎで腹痛が起きるのかは不明だが、風味に関してはこう記されていた。「納豆工場が出来たので買ってみると、それはまさに日本の味だった。喜んで毎日がむしゃらに食べたのがよくなかった」。平壌でおなかいっぱい納豆が買えるようになり、実行犯も望郷の念を募らせているようだ。

    引用元: 【毎日新聞】日本の庶民の味・納豆が北朝鮮で広がっている。よど号実行犯も望郷の念を募らせているようだ[10/29]

    続きを読む

    このページのトップヘ