ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2016年10月

    韓国国旗1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/10/30(日) 17:24:34.09 ID:CAP_USER
    今後は「日本依存」を強めるとの見方も

    2013年に就任した韓国・朴槿恵大統領は、新たな付加価値や経済成長の原動力を生み出す「創造経済」を掲げたが、国家財政は悪化の一途だ。

    1997年に11.9%だった国家債務比率は20年間で40%を突破した。朴政権になってからの4年間で国の負債は200兆ウォン(約18兆5000億円)増加した。

    長期失業者は1997年のアジア通貨危機(※注)以来の最高水準となり、青年失業率は12.5%と過去最悪を記録。希望を失った若者の間では「ヘル(地獄)朝鮮」との言葉が流行する。見えてきたのは、IMF(国際通貨基金)の管理下に置かれて世界から“経済途上国”の烙印を押された「国屈」の再来である。

    【※注:1997年にタイを震源として、インドネシアや韓国などに波及した深刻な金融危機。通貨暴落が発生し、IMF(国際通貨基金)が韓国やインドネシアに介入するに至った】

    韓国社会に詳しいジャーナリストの室谷克実氏はこう語る。

    韓国は現在、アジア通貨危機、リーマンショックに続く『第三の国家破綻』の危機に直面している。韓国経済は財閥系企業が牛耳り、超ワンマン経営者がやりたい放題で君臨。番頭役として経営を補佐する人間がおらず、トップが一度経営判断を誤ると一気に坂道を転げ落ちる。そんな歪な社会構造が韓国経済を窮地に追い込んでいる」

    韓国が凋落する一方、日本企業の動きは活発だ。新日鉄住金や三菱重工業を筆頭に日本の鉄鋼、造船、海運など主力産業は産業再編を加速し、韓国に奪われたシェア奪回に燃える。

    一時は韓国企業に席巻された自動車、電子産業でも、日本独自の「技術力」で巻き返している。トヨタが世界1位に君臨し、ソニーがエレクトロニクス分野で5年ぶりの黒字に転換するなど、明るいニュースが多い。今後の韓国は、「日本依存」を強めると産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が予測する。

    「自前の技術力がないことを自覚する韓国は、日本企業との合弁会社の設立を進めている。住友化学と韓国企業の合弁会社『東友ファインケム』は大きな成果を挙げ、東レの素材部門も韓国に大規模投資している。日本の技術を取り込んで新しい産業を育成する、韓国お得意の手法が繰り返されている」

    日本への反発と擦り寄りでぶれ続けるのも、自国に技術力という芯がないからなのだ。

    ※週刊ポスト2016年11月4日号
    NEWSポストセブン / 2016年10月30日 16時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_459759/

    引用元: 【黒田勝弘】韓国企業が凋落 今後は「日本依存」を強めるとの見方 「技術力がない韓国は、日本企業との合弁会社を設立」[10/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/10/30(日) 09:01:31.15 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    29日、釜山(プサン)江西区(カンソグ)にある韓国馬事会のレッツランパーク釜山慶南(キョンナム)で
    開催されたマイラン決勝戦で、夫が妻を背負って100m区間のダートコースを疾走している。

    1000人余りが参加した今回の大会で優勝者は17秒88を記録して、1000万ウォンの賞金をGETした。

    ソース:NAVER/釜山=聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0008787261

    引用元: 【韓国】妻を背負って競争(写真)[10/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/10/30(日) 00:23:11.06 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ソ・スン立命館大学コリア研究センター研究顧問.

    「記者さん、質問自体が誤りです。靖国の存在自体が問題です」

    徐勝(ソ・スン)立命館大学コリア研究センター研究顧問であり靖国反対共同行動韓国委員会共同代表は「靖国参拝は違憲という指摘があって、韓国人合祀問題が絡まっているが、これに対する解決策は何か」という質問を受けてこう答えた。

    ソ・スン研究顧問は靖国神社解体は東アジアが平和になる端緒になると主張した。彼は大学の教壇で人権を教えて東アジアの平和運動をしてきた。ソ顧問もやはり政権に蹂りんされた人権被害者だ。日本で生まれた彼は東京教育大学を卒業後、韓国で勉強中の1971年、国家保安法違反容疑で保安司に引きずられて行って拷問にあった。拷問されている間、自ら石油暖炉のホースを抜いてからだに火をつけ顔に火傷の跡が残っている。

    彼は在日同胞資格で北朝鮮を訪問したという理由でスパイ扱いされ、思想転向書を書かなかったという理由で20年の刑量中19年を監獄ですごした。彼は日本に帰って学校で人権法を教える学者になり、コリアン研究センターで東アジア平和問題を研究してきた。

    ソ・スン研究顧問は24日、カン・チャンイル共に民主党議員が主催する「靖国問題の国連人権機構提訴のための国際会議」に参加するために訪韓した。メディアトゥデイは国際会議出席の前、光化門(クァンファムン)にある大韓民国臨時政府記念事業会で彼に会って靖国神社解体問題を含み南北関係と米国の覇権戦略など訊ねた。

    -国際会議で靖国神社問題を集中的に扱う予定だ。靖国参拝は違憲という主張がある。韓国人合祀問題など複雑な問題も絡まっている。これに対する解決策は何か?

    「靖国は存在自体が問題だ。韓国ではよく日本総理の靖国参拝問題と戦犯合祀問題についてだけ話すがそうではない。靖国神社は本来、天皇のために死んだ人を賛えるために、天皇に忠誠をつくして死んだ人に‘立派だ’というそのような意味で作られた。韓国の人々が多く誤解しているのは、そこに遺骨や遺体があるのでなく名前だけ入っている。
    日本総理や政治家たちは他の国にも国家の犠牲になった人を賛える施設があるというが性格が全く違う。国のためではなく、天皇個人のためのものだ。また、慰霊の目的でなく他の人が見習えと設置した。天皇と戦争のための展示効果のためのものだ。天皇の軍隊に入れば命を惜しまずに忠誠を尽くして戦えということだ。」

    ‐日本では靖国神社参拝を固有の文化と主張する

    「日本では宗教というが日本の歴史の中では靖国神社の歴史は非常に短い。神社には普通、信徒がいるが靖国には信徒が1人もいない。国家の軍事予算で全部支払って司祭長も陸海軍隊長が交代でする。日本固有の文化と伝統とは関係ない施設だ。神社には自○死、事故死、捕虜死で死んだ人々は入ることもできない。ひたすら天皇のために戦争で死んだ人だけ入る」

    -靖国神社合祀問題も訴訟を提起するなど多くの問題があるのにあまり知られていない

    「日本が強制徴集した人々、この様な人々を戦場に追い詰めた。今、韓国でも遺児らがお父さんの名前を靖国神社から抜いてくれと言っている。日本は太平洋戦争を聖戦、偉大な戦争だと呼んでいるが、遺族たちはなぜお父さんが日本軍国主義聖戦に利用されなければならないのかと訴訟もしているが韓国政府は知らん振りで一貫している」

    -神社の存在自体は日本でも大きな批判はないようだ

    「日本の人々は安保法制、戦争法に反対して平和憲法を支持する人々が結構いて、憲法改正に反対する人々が過半数を越えるが、国民の大部分は天皇制に賛成して国のために犠牲になった靖国神社を迎えることを当然だと考える。非正常な国家だ」
    (後略)
    イ・ジェジン記者

    ソース:メディアトゥデイ(韓国語) 「統一大当たりだと?米国がパク・クネ後頭部を打った」
    http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=132833

    関連スレ:【靖国問題】 日本極右軍国主義の総本山「靖国神社」参拝問題を国連人権機構に提訴する~韓日国際会議[10/24]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1477319330/

    引用元: 【靖国問題】 「靖国神社の存在自体が問題。解体すべき」~ソ・スン立命館大コリア研究センター研究顧問[10/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/30(日) 01:25:00.01 ID:CAP_USER
    no title

    韓進海運のタンカー(写真:ロイター/アフロ)

     本連載前回記事で、サムスン電子や現代自動車の現状について論じたが、今回は、また違った観点から韓国経済の苦しい現状を見ていきたい。

     鉄鋼業界では、最大手のポスコが苦境に立たされている。2012年に新日本製鉄(現・新日鉄住金)が方向性電磁鋼板の知的財産権の侵害を理由に、約1000億円の損害賠償を求めてポスコを提訴した。これは、つまり「ポスコが不正な手段で新日鉄の技術を盗んだ」ということだ。

     ポスコが新日鉄に300億円を支払うことで15年に和解したが、ポスコから新日鉄にライセンス料を支払うことや販売可能地域を制限することなどの条件が課せられた。事実上、もはやポスコに付加価値の高い方向性電磁鋼板の生産能力は皆無というわけだ。

     ただでさえ、中国のダンピングによって鉄鋼価格は下がっているため、ポスコはつくればつくるほど赤字になる状況といっても過言ではない。もともと製鉄では、一般の粗鋼よりも方向性電磁鋼板などの特殊鋼のほうが利益率が高い。ポスコは、その特殊鋼の生産を新日鉄に管理されているわけで、いわば生○与奪の権を握られているようなものである。

    壊滅的な韓国の海運・造船

     また、韓国経済のもうひとつの問題は、政府が海運会社を救済しなかったことで物流に混乱をきたしたことだ。8月に海運最大手の韓進海運が経営破綻したが、2位の現代商船も以前からの厳しい状況に変わりはない。

     海運会社と造船会社は表裏一体の構造になっているため、造船会社も経営危機に瀕しており、現代重工業やサムスン重工業などの大手は莫大な損失を抱えている。これは、生産できる技術もないのに受注したため、結局納品できずに多額の違約金を支払っているからだ。

     韓国の海運・造船業は、日本の後を追いかけるかたちで石油プラットフォームやプラント事業などの重工業部門に転向してきた。しかし、これまでは日本からの技術供与があったために事業を拡大することができたものの、自国に技術やノウハウの蓄積がないために、もはや立ち行かなくなっている。

     当然ながら、インフラ輸出はまったく進んでいないのが実情であり、そういった問題も韓国経済の苦境を示しているといえるだろう。

    大量の不良債権を抱える国策銀行

     また、韓進海運のメインバンクであり、いわゆる国策銀行の韓国産業銀行は、5兆ウォン(約4597億円)を上回る不良債権を抱えているといわれる。同じく国策銀行の韓国輸出入銀行と共に造船会社への融資額が大きいためだが、その不良債権も適正に計上されていない可能性が指摘されるなど、実態はかなり不透明なものになっている。

     また、輸出入銀行は13年にみずほ銀行から5億ドルの借り入れも行っており、その時点ですでに手元資金が厳しかったという見方もある。さらに、産業銀行が輸出入銀行に5000億ウォンを出資するなど、国策銀行間で不自然な資本移動を行っており、まったく経営実態が見えない。

     いずれにしても、頼みの綱のサムスンや現代が壊滅状態の上、鉄鋼や海運もボロボロな韓国経済に明るい未来はないといえるだろう。

    (文=渡邉哲也/経済評論家)

    http://biz-journal.jp/2016/10/post_17045.html

    引用元: 【経済】韓国企業、日本の技術供与薄れ存亡の危機に…鉄鋼大手ポスコも新日鉄の技術盗用で苦境突入[10/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/30(日) 06:42:37.30 ID:CAP_USER
     李元鐘(イ・ウォンジョン)韓国大統領秘書室長の発言が物笑いの種になった。先の国政監査で、朴槿恵(パク・クネ)大統領友人の崔順実(チェ・スンシル)氏が大統領の演説文を手直しすることは可能かと問われ、「封建時代にもあり得ないこと」と答弁したせいだ。質問をしたのは、現政権で大統領府(青瓦台)報道官を務めた与党議員だった。李室長は特別な意味を込めて「封建時代」という言葉を使ったわけではないだろう。ただ、常識が通じなかった昔を大げさに表現したのだと思っている。

     本当なら、李室長は「封建時代ならあり得ること」と答えるべきだった。封建時代は国王、領主、家臣が主従関係を結んで分権していた中世を指す。だが、これは制度的な表現にすぎず、封建時代の本質は近代と比較して初めて明確になる。近代は国民主体の国民国家と産業化を中心に法治、合理、科学、自由という価値が具現されていく時代を指す。私たちが生きる今を「現代」と呼ぶが、実際はほとんどの人が近代に形成された価値を常識として共有している。封建時代とは要するに、今の常識が常識ではなかった時代といえる。

     近代を構成する常識のうちで重要なのが、専門家による官僚制度だ。国王や「クローニー」と呼ばれる取り巻きが独断するのではなく、専門家で構成する官僚により政策が決定される制度を指す。朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の維新体制を「独裁」とは呼んでも「専制」とは言わないのは、専門官僚による発展国家の体制を維持していたためだ。それゆえ、学者の中には維新体制を「官僚権威主義体制」と定義する人もいる。民主主義体制になって以降も同じような規模の官僚制が維持されているのは、もっと効率的な体制を誰も考えつかなかったためだ。そのため、国民は税金を納めて膨大な政府組織を運営する。

     崔順実氏のパソコンから大統領府の文書が見つかり、李室長の発言は虚言となった。それだけが問題ではないようだ。大統領府は24日夜の最初の報道から翌日の大統領による謝罪までのほぼ19時間、沈黙していた。国民を無視していた、あるいは難局を切り抜けるための浅知恵をめぐらせていたわけではないと思う。これまでそうだったように、参謀たちも大統領の意中が分からなかったのだろう。おそらく、今も分からないはずだ。李室長の言葉を借りれば、近代官僚制の専門家ではなく封建時代の家臣なのだから。

     大統領府だけがそうなのだろうか。現政権に入ってから、政府全体がそのようになったと言われて久しい。与党代表は「私たちも演説文を作成するとき友人に話を聞く」と発言し、主君に服従する封建家臣としての面貌をさらした。実際、大統領を支持する「親朴」派という存在ほど封建的な集団がほかにいるだろうか。もう一度、李室長のオーバーな表現を借りるなら、これまで韓国の時計は近現代から封建中世に逆回りしていたのだ。

     朴大統領は24日の国会演説で「韓国は先進国の門の前に立っているが、その敷居をまたぐことができず足踏みをしている差し迫った状況にある」と述べた。「一部政策の変化、またはいくつかの改革だけでは(先進国入りは)難しいということを痛感した」とも語った。その上で、憲法を改正する意向を示した。崔順実氏に関する疑惑のいくつかが事実と判明し、この言葉を自分なりに考えてみた。なぜ私たちは先進国への敷居をまたげずにいるのか。本当に、憲法のせいなのだろうか。

     先進国と後進国を分ける重要な基準は、近代的価値の実現だ。朝鮮王朝末期から大韓帝国までの旧韓末と呼ばれた時代、知識人たちが封建の打破を根気強く訴えたのは、それが近代化・進歩の前提だったためだ。巫女の儀式で国の未来を決め、王室やその一族のために税金を自分勝手に使い、彼らのために多くの規則をことごとく否定する。そんな封建的なやり方のせいで国が傾いたと、当時の知識人たちは信じていた。甲申政変(1884年)の志士、東学農民運動(甲午農民戦争、1894年)の農民軍が10年の時間差を置き、共に王室の一族に刃向ったのはそのせいだ。封建的なものが残ったままでは未来に進めなかったためだ。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/28/2016102801783.html

    >>2以降に続く)

    引用元: 【コラム】先進国になれない韓国、本当に憲法のせいなのか 実は封建的な政権のせいではないのか[10/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ