ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2016年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160530_2140001: 野良ハムスター ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/30(月) 19:55:00.10 ID:CAP_USER9
    民進、共産、社民、生活の野党4党は30日、国会内で党首会談を開き、安倍内閣不信任決議案を31日に共同提出することで合意した。

    安倍首相の経済政策「アベノミクス」の失敗などを理由に挙げた。与党側は不信任案が出されれば、31日午後に衆院本会議を開き、与党などの反対多数で否決する構えだ。

    党首会談では、安全保障関連法を成立させたことや、甘利明・前経済再生相の現金授受問題への対応などについても不信任案の提出理由として掲げることを確認した。また、衆院が解散された場合には、早急に衆院小選挙区で野党の候補者調整を行うことで一致した。

    民進党の岡田代表は会談後、「消費税の引き上げ延期が決まるとすると、アベノミクスの失敗以外の何ものでもない。内閣総辞職に値する」と記者団に語った。

    2016年05月30日 19時43分
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160530-OYT1T50105.html

    引用元: 【国会】内閣不信任案、4野党共同提出へ…与党否決方針 ©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2016/05/30(月) 17:28:15.75 ID:CAP_USER
    ■夏場 食中毒予防法 、 「梅の実」に注目せよ...解毒効能に「最高」

    初夏の天気が続き、食中毒予防についての関心が高まっている。
    食中毒予防には、特に夏の果物の梅が挙げられる。

    梅は漬け物にして食べてもいいし、濃縮エキスを飲んだり、梅茶を濃くして飲んでもいい。
    梅は夏に盛行する食中毒を効果的に防ぐことができる食品として挙げられる。
    梅は食品と血液、水にある3種の毒を解毒する効能があるためだ。

    食中毒とは、病原菌をはじめ、微生物毒素、化学物質およびその他の有害物質に
    汚染された食品を食べた後に発生する疾病をいう。食べ物に入った微生物が放出する
    毒素などによって発生するサルモネラ菌やブドウ球菌による食中毒が代表的だ。

    梅には抗菌成分が含まれており、食中毒や水による感染症の予防に効果的だ。
    日本人がおにぎりや弁当にメシルチャンアチ(※梅の漬物=梅干のこと)を入れ、
    生鮮膾を食べる時にもメシルチャンアチを一緒に食べる理由だ。

    梅は二日酔い解消にもいい。二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解させる効能がある。
    梅汁がアルコール分解酵素の活性を40%近く高めるという研究結果もある。

    これに、梅には疲労を解放する効能がある。梅に含まれるピルビン酸とピクリン酸は
    肝臓を保護し、肝機能を高め有害物質を除去する。また、梅のクエン酸は疲労の
    主犯である「乳酸」を分解して体外に排出させる。

    ただし、梅は生のままで食べたり、未熟なものを食べてはいけない。
    腹痛や下痢を引き起こし、骨と歯を傷つけることがある。
    特に妊娠中の女性や小児にはタブーな食品だ。

    ソース MBNニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=057&aid=0000967249
    no title

    引用元: 【韓国】 夏場の食中毒予防:「梅」に注目せよ、解毒効能に最高 ~日本人はおにぎりや弁当に梅干を入れる[05/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止 2016/05/30(月) 18:25:20.79 ID:CAP_USER
    【寄稿】安倍首相に広島の精神を問う-Chosun online 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/30/2016053001375.html


    ヨーロッパ大陸がヒトラーの軍隊に踏みにじられていたころ、ルーズベルト米大統領はアインシュタイン博士から手紙を受け取った。ナチスが前代未聞の原子爆弾を開発しており、必ずやヒトラーよりも先に原子爆弾を開発しなければならないという提言だった。真珠湾が攻撃され、東アジアが帝国主義の日本に踏みにじられている状況で、ルーズベルト大統領は原子爆弾の開発を承認し、「マンハッタン計画」が推進された。ほぼ同じ時期、ルーズベルト大統領は当時のどんな飛行機よりも速く、より高く飛べる人類初の戦略爆撃機の開発を命じた。原子爆弾には20億ドル、爆撃機B29には30億ドル、合計50億ドルを投じた国の命運をかけた一大決断だった。現在の価値に計算すれば数千億ドル(1000億ドル=約11兆円)の投資だった。

     1945年8月6日の朝、B29が広島の上空9500メートルの所に現れた。人類初の原爆は一瞬にして13万人の命を奪った。軍国日本に対する当然の懲らしめだと見ることもできるが、罪のない犠牲者も多かった。さらに、徴用や徴兵で連行された韓国人の大きな犠牲はあまりにも悲痛だ。原爆投下の決定をめぐっては歴史家の間でもさまざまな議論があった。最も妥当な理由は、原爆投下が日本の早期降伏を引き出し、その結果、何百万人もの犠牲者を減らすことができたというものだ。サイパン・硫黄島・沖縄などでの戦闘を経て、数十万人の米軍兵士が犠牲になり、日本本土攻略のためどれだけ多くの兵士が犠牲になるかも分からない状況だった。原爆投下がなければ、米国は日本本土攻撃に先立って済州島を攻略していただろう。沖縄のように玉砕で抵抗する日本軍兵士により、済州島民数万人が集団虐○にあっていたはずだ。また、満州の関東軍を封鎖するため、韓半島(朝鮮半島)内の基幹施設や軍需工場の「じゅうたん爆撃」を断行し、何百万人もの韓国人が犠牲になっていたと思われる。

    引用元: 【朝鮮日報】「原爆投下がなければ、日本軍兵士により、済州島民が集団虐殺にあっていたはずだ」 ―安倍首相に広島の精神を問う[5/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/05/29(日) 23:32:07.06 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ヨーロッパチャンピオンズリーグ(UCL)決勝戦の現場に日本帝国主義の象徴、旭日旗が登場した。

    試合開始前に韓国取材陣の間で議論がおきた。アトレティコの応援席上段にかかった垂れ幕が問題だった。中央の円を中心に四方で赤い色と白色の筋が広がった。形だけ見れば、日本帝国主義の象徴である旭日旗の形状だった。

    偶然にもアトレティコの色が赤と白だった。ファンは自分たちのチームカラーを持って応援の旗を作ったのだった。

    これだけではなかった。後半34分、アトレティコ、カラスコのゴールがさく烈した。すると観覧席で旭日旗が再び登場した。今回は旭日旗そのものだった。

    もちろんそのファンは自分の喜びを表現しようとそのような旗を持ってきたのだが、その垂れ幕と旗を見たアジア人(日本を除く)は気分の悪さを隠せなかった。
    (後略:チーム紹介と試合の内容)

    ソース:スポーツ朝鮮(韓国語) [UCL現場あれこれ]'旭日旗'ミラノに登場して荒唐
    http://sports.chosun.com/news/news.htm?id=201605300100225130015854&ServiceDate=20160529

    引用元: 【サッカー】 UCL決勝戦の現場、ミラノに「旭日旗」登場~日本を除くアジア人を不快にさせた[05/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 白夜φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/30(月) 00:20:43.30 ID:CAP_USER9
    「アベノミクス失敗を世界経済に責任転嫁」民進・山尾氏
    朝日新聞 2016年5月29日23時28分
    http://www.asahi.com/articles/ASJ5Y6QKFJ5YUTFK00D.html

    ■民進・山尾志桜里政調会長

    (サミットで安倍晋三首相が示した経済認識について)各国のリーダーが、
    議長国としての日本のリーダーに礼節と敬意を払っていることを知りながら、
    その礼節と敬意を逆に利用して、アベノミクスの失敗を世界経済に責任転嫁した。
    大変に恥ずかしいことだ。
    目に見えない大きな国益を傷つけた。(京都市内で)

    引用元: 【民進】山尾志桜里政調会長「アベノミクス失敗を世界経済に責任転嫁」[05/29]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ