ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2014年07月

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 20:10:25.73 ID:???.net
    東京都知事として18年ぶりにソウルに招待され、韓国の朴槿恵大統領(62)と会談した舛添要一知事(65)に批判が○到している。

    朴大統領から歴史問題を切り出されるも低姿勢でうなずき、ソウル大学の講演では「90%以上の都民は韓国が好き」と根拠不明な

    発言をするなどの言動に対する批判だ。都庁には抗議が寄せられ、ネットではリコール運動が始まり、8月にはリコールデモも行われるという。

    冷え込んだ日韓関係で、日本が一方的に折れ、擦り寄るかのような行動は、外交関係で大マイナスとなる。

    韓国事情に詳しい文筆家・但馬オサム氏が指摘する。

    「とんでもないことをしてくれたというのが正直な感想。韓国は今、経済が疲弊し、4年後の平昌冬季五輪の開催も危ぶまれてます。

    セウォル号沈没事故以来、朴大統領の支持率はジリ貧状態。頼みの綱の反日も、日本人の反発を招くだけとあって、全く打つ手もない状況です。

    続きを読む

    20140731_2110001: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 17:44:31.76 ID:???.net
    兪外交統一委員長、金韓日議連会長代行と会談

    公明党青年訪韓団の石川博崇団長(青年委員長)、樋口尚也、中野洋昌の両衆院議員、平木大作、河野義博の両参院議員は29日午後、
    ソウル市内の韓国国会議事堂本館で、兪奇濬外交統一委員長と意見を交わした。

    冒頭、石川団長は「党の青年国会議員団として訪韓するのは今回が初めて。両国間にはさまざま課題があるが、青年世代として不戦の
    誓いをもとに、未来志向の関係を築きたい」とあいさつ。

    兪委員長は、公明党が結党50年を迎えることに祝意を表明した上で、「生命や生活を重視し、人間中心の政治を掲げてきたことに共感を
    覚える。韓国でも、今後このような考え方が政治の中心になると思う」と応じた。さらに、韓日両国の歴史認識に隔たりがあることを指摘
    しつつも、韓国の国民の75%が関係改善を願っているという世論調査結果を挙げ、「来年の韓日国交正常化50周年へ向け、今後は文化
    交流なども進めたい」と述べた。

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 18:16:16.17 ID:???.net
    サムスン電機まで…「ギャラクシーショック」ドミノ

    サムスン電子の「スマートフォン発実績不振」が、部品を生産する系列会社まで窮地に追い込んでいる。

    サムスン電機は29日、今年4-6月期の実績について、売上高1兆8607億ウォン(約1860億円)、
    営業利益212億ウォンと公示した。 営業利益の場合、前期比では40.5%増えたが、前年同期比では
    90.5%も減少した。 これは500億ウォン前後と見込んでいた証券業界アナリストの予想を下回る実績。
    LG電子のスマートフォンG3に1300万画素カメラを供給するLGイノテック(899億ウォン)より営
    業利益が700億ウォンほど少ない。 売上高も前期比では7.6%増えたが、前年同期比では22%減った。

    続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 17:29:53.68 ID:???.net
    (写真)
    no title
    続きを読む

    20140731_2102001: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 12:10:33.87 ID:???.net
    ■日本社会に広まる「自画自賛症候群」、背景に韓中の成長

    ・日本は今「『自画自賛』症候群」
    ・放送・出版界、日本の優越性を強調…天皇制・靖国神社も賞賛
    ・「原発事故や周辺国の勢力拡大に余裕のなさ露呈」

    日本人はたとえ表面上だけであっても、謙虚さを失わないことを「最高の美徳」としてきた。
    この謙虚さは経済力と共に、世界で日本が尊敬される重要な要素でもあった。

    ところが、その日本の美徳が急速に失われようとしている。世界で日本は最も優れていて、
    最も尊敬される国だと触れ回る「『自画自賛』症候群」が日本社会に広がっているためだ。

    「嫌韓・嫌中」書籍を相次いで出してきた日本の出版各社は最近「日本はなぜ美しいのか」
    「日本は世界から尊敬されている」「世界が絶賛する日本人」「日本人に生まれて良かった」
    といった類いの本を競い合うようにして出している。

    続きを読む

    このページのトップヘ