ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    2014年05月

    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 15:30:19.94 ID:???.net
     日本と北朝鮮が、日本人拉致被害者らの再調査で合意したことに、関係諸国は関心を高めている。朴槿恵(パク・クネ)大統領
    率いる韓国は、旅客船「セウォル号」沈没事故で対北朝鮮政策に本腰が入らないこともあって動揺し、習近平国家主席率いる中国は
    北東アジアでの孤立化を恐れて警戒を強めているようだ。

     30日付の韓国各紙は日朝合意を1面などで大きく報じ、強い関心を示した。

     聯合ニュースは「拉致問題に対する日本政府の立場は理解するが、北朝鮮核問題への韓米日の協力は続けなければならない」
    と韓国政府当局者の見解を報じた。

     中央日報は外交部関係者の話として「韓日米の間で北朝鮮問題の対応について、より緊密な協力と情報交流が必要だ」と伝えた
    ほか、「これほどの進展があるとは予想できなかった」という別の外交部関係者のコメントも載せた。

     日朝協議の急進展に困惑を隠せない様子だ。

     朴大統領は今年に入って「統一」を前面に出し、南北問題での取り組みをアピールしているが、具体的成果はあがっていない。
    旅客船沈没事故の余波で内政も混乱している。

     北朝鮮には516人の韓国人拉致被害者も抑留されているが、朴政権での進展はゼロ。韓国の拉致被害者家族からは「問題解決を
    北朝鮮に求めない韓国政府に憤りを感じる」との声も出ている。

     中国はこれまで、韓国の取り込みに必死だったが、日本が北朝鮮にクサビを打ち込むことを警戒しているようだ。

     中国政府系のシンクタンクに所属する朝鮮問題専門家は「日朝間の最大の懸案事項である拉致問題が前進すれば、北東アジア情勢
    に大きな変化をもたらす可能性がある」と話した。

     北朝鮮が昨年12月、中国に近いとされる張成沢(チャン・ソンテク)派を粛清して以降、中国の北朝鮮に対する影響力は低下したと
    される。このタイミングで日朝が接近すれば、北東アジアでの中国の孤立は一層深まる可能性がある。

     一方、米政府は、拉致問題解決へ向けた日本政府の取り組みを支持しているが、北朝鮮の核・ミサイル開発への対処で関係国の
    結束を堅持する観点から、日本の制裁緩和の動きとの間にジレンマを抱えているようだ。

    ソース(ZAKZAK) http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140530/frn1405301527005-n1.htm
    写真=対北問題どころではない朴大統領


    写真=経済的に追い込まれている金正恩第1書記
    no title


    前スレッド(★1が立った日時 2014/05/30(金) 20:11:54.69)
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401448314/

    続きを読む

    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 16:05:18.41 ID:???.net
     かつてない大惨事となった韓国の旅客船「セウォル号」沈没事故。朴槿恵(パク・クネ)大統領(62)は国民に謝罪して国家体制の
    改革に乗り出すことを宣言したが、社会の動揺は収まる気配がない。インターネットを中心に事故をめぐるデマが次々と流れ、新たな
    問題を引き起こしている。

     「今度の事故にまともに対処できなかった最終責任は大統領である私にあります」

     涙ながらにこう謝罪した朴大統領。真相究明委員会を立ち上げ、海洋警察庁の解体と新機構「国家安全庁」に統合することを示し、
    「必要ならば特別検察官を導入してすべての真相を明るみに出し、厳重に処罰する」とも述べた。

     大統領が自ら謝罪するという異例の事態に発展したものの、いまだに混乱が続いている。

     事故直後、偽ダイバーの女(26)がテレビ局でデタラメの情報を流して大騒ぎになったが、同様のケースが後を絶たないのだ。

     「一度に大量の遺体を収容すると騒ぎになるので、わざとゆっくり作業している」とニュースサイトにコメントした37歳の女性が在宅
    起訴されたかと思えば、50歳の男性は「軍事演習で(セウォル号が)航路変更させられた」との事実無根の情報を捏造画像とともに
    流布し、検挙された。

     保守系の女性政治家はツイッターで「政府批判の追悼集会に参加した人が、日当6万ウォン(約6000円)もらっていた」と発言し、
    マスコミに取り上げられるなど注目を集めたが、ほどなく「事実でなかった」として謝罪して書き込みを削除した。

     在韓メディア関係者は「噂はネットだけではなく、現実の社会にも広まっている。『政府が遺体の収容を遅らせている』という話は、
    私も直接耳にした。政治やメディアへの不信が根強いことを感じる」と振り返る。

     「政治的な狙いから意図的にデマを流している人がいるという報道がいくつもある。この背景の1つとされているのが、野党勢力に
    よる朴政権攻撃だ」と指摘するのは現地の事情通。

     朴政権を追い落とそうとする左派勢力が、「セウォル号は米韓軍事演習のため急な航路変更を強いられて転覆した」などのデマを
    利用し、事故後の騒動の中で行われた軍事演習に、国民の怒りを誘導しようとする意図がみえるというのだ。

     ただ、与党議員も似たり寄ったり。本物の失踪者家族を自らのフェイスブック上で「左派活動家が成り済ました偽者」と決めつけた
    ある与党議員は、批判を受けて、自身で集めた動画や画像で反論を試みるが、これらの“証拠”が捏造だったことが発覚、警察に告発
    された。

     韓国では、米国産牛肉輸入をめぐってデマが飛び交い社会が大混乱した「狂牛病パニック」(2008年)をはじめ、日本の福島第1原発
    の汚染水問題に絡んで悪質な偽情報が広まるなど過去、何度も情報リテラシー(情報を正しく扱う技術や能力)の低さを露呈してきた。

     セウォル号の大事故でも、その病巣を再びさらしてしまったことになる。 

    ソース(ZAKZAK、ノンフィクションライター・高月靖氏)
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140531/frn1405311529004-n1.htm
    写真=朴槿恵大統領が涙で謝罪しても相次ぐデマで国内は混乱続きだ
    no title

    続きを読む

    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 16:11:01.88 ID:???.net
     今週、韓国と中国の間では王毅・中国外相がソウルを訪問した。中国の西安市では日本との戦争中、中国軍に加わっていた
    韓国の抗日部隊を顕彰する「光復軍記念碑」の除幕式があった。前者は6月末の習近平国家主席の韓国公式訪問に向けた準備
    であり、後者は中国・ハルビン駅に開設された伊藤博文暗殺の安重根記念館に続く韓中の“反日歴史共闘”の産物だ。

     その他、韓国は直接には関係なかったが、東シナ海で中露の合同軍事演習や南シナ海でベトナムと中国の“衝突”もあった。
    18日にはソウルの中心街でベトナム人約300人が「中国のベトナム侵略糾弾!」を叫んでデモをしたが、メディアからは注目
    されなかった。そういえば、中露演習時の中国軍機による自衛隊機に対する“挑発事件”も報道は大きくなかった。

     気のせいか、韓国世論は中国には甘いようだ。習主席が国賓訪問する来月は、韓国では朝鮮戦争(1950~53年)を想起する
    「護国の季節」だが、韓国政府はもちろん、マスコミもこれまで通り、朝鮮戦争にかかわる中国の“侵略責任”には口をつぐみ、
    謝罪も反省も求めないのだろうか。

     一方で、日本の集団的自衛権問題では、各紙一斉に「アベが“戦争しうる日本”を宣言」などと刺激的に伝えている。マスコミは
    申し合わせたように「戦争しうる日本」が大見出しになっている。

     執拗(しつよう)に続く韓国マスコミの“安倍たたき”は表向き「過去の歴史を踏まえ、軍事的影響力が強まる日本への警戒」という
    ことだが、実際は日本を非難していれば何も考えずにすむという、逆に気楽の境地からくるといってもいい。

     ところが、このところの周辺情勢は、中国による日本やベトナムへの軍事的圧力、ロシアとの軍事協力など軍事的強気が目立つ。
    力で現状変更を狙っているのは中国であって、日本の動きはむしろそれへの備えにみえる。「日本の右傾化」批判だけでは済まなく
    なったのだ。そこで早くも「日米VS中露の新・冷戦構造」などという言葉の下に「韓国はどうする?」と自問が始まっている。

     そこで珍しく「韓国の同盟国である米国をはじめEU(欧州連合)、ASEAN(東南アジア諸国連合)、豪州、ロシアなど多くの国が
    日本の集団的自衛権行使を支持しているのに、わが国が反対するのは国際社会でプラスよりマイナスの方が多い。日本の軍事的
    脅威を実際以上に誇張したり、『軍国主義復活』などと非難したりするのは均衡を欠いている」(東亜日報16日付社説)といったまともな
    反省も登場している。

     問題は日本を心配、批判する前に自分はどうすべきかで、日米より中国に身を寄せるのかどうかだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領に
    とって安重根記念館や光復軍記念碑は当初、自らを愛国者にイメージ付けたい国内向け演出だったが、いまやこうした歴史カードは
    中国の“反日国際戦線”に体よく利用されている。

     王毅外相は今回の訪韓を「近くの親戚や親友を訪ね未来の青写真を描くため」と語っていた。習近平訪韓ではもっと甘いささやきが
    予想されるが、韓国には朝鮮戦争という対中国追及の歴史カードがあるではないか。新・冷戦構造の中で独自の存在感を確保したい
    というのなら、中国に対しこうした歴史カードを切ってみてはどうだろう。

    ソース(MSN産経ニュース 「緯度経度」 ソウル・黒田勝弘氏)
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140531/kor14053111000005-n1.htm

    続きを読む

    1: イマジン ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 18:08:19.05 ID:???.net
    ガールズグループ少女時代のジェシカとf(x)のクリスタル姉妹のリアリティ番組の予告編が公開された。

    26日、ケーブルチャンネルOnStyleは公式Facebookに「チョン姉妹のプレビュー映像を公開」というタイトルで
    映像を掲載した。公開された映像には、車に乗って移動するジェシカとクリスタルの姿が映っている。
    映像の中で姉のジェシカは妹のクリスタルに「君、ブサイクだよ」といたずらっぽく話すが、クリスタルは
    「そうだよね?本当にブサイクだ」とジェシカの言葉をクールに認める。

    ジェシカは「私はいつもスジョン(クリスタル)を呼ぶ時、『おい、ブサイクな子』と呼ぶ」と話してにっこりと笑った。
    クリスタルは姉の攻撃にもまったく気にしない姿を見せ、リアルな姉妹の姿を披露した。

    ジェシカ&クリスタル姉妹の日常を密着取材したリアリティ番組「ジェシカ&クリスタル」は韓国で6月3日
    午後11時に初放送される。

    no title

    http://www.tenasia.jp/archives/17306

    チョン姉妹(ジェシカとクリスタル)
    no title

    no title

    no title


    関連スレ
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1399298318
    少女時代の日本ツアーのチケットがオクでなんと510円で落札

    続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 16:13:32.02 ID:???.net
     2014年5月30日、きゃりーぱみゅぱみゅが台北でコンサートを開催。2700人のファンの前で22曲を披露した。聯合報が伝えた。

     台湾訪問はこれが3度目となるきゃりーは30日、台北国際会議センターでコンサートを開催。チケットは9割程度の売れ行きで、
    約2700人のファンが会場に詰め掛けた。オープニングでは「Mi」「インベーダーインベーダー」など3曲を披露。「大家好(こんにちは)」
    と中国語でファンにあいさつし、さらにカンペを片手に中国語でMCも。客席からは「かわいい!」と日本語での歓声も飛んでいた。

     きゃりーがこれまで願い続けていたのは、台湾でショーロンポーとマンゴーかき氷を食べること。3回目の台湾入りでやっと念願を
    果たしたことをファンの前で明かしている。前日夜には台北市内の屋台街・通化夜市でぶらぶら歩きを楽しんだ。ファンに発見されると、
    ツーショット撮影にも気軽に応じていたと台湾メディアが報じている。

    ソース(Yahoo・Record China) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000012-rcdc-asent
    写真 no title


    関連スレッド
    【台湾】きゃりーぱみゅぱみゅが台湾上陸、初公開新CMに「すごくかわいい」[05/29]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401359613/

    続きを読む

    このページのトップヘ