ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/04/21(金) 01:39:06.71 ID:CAP_USER
    2つの財団疑惑から、サムスン財閥の事実上のトップである李在鎔(イ・ジェヨン)被告の逮捕・起訴、さらに朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する弾劾に至る過程で、中央日報、とりわけその傘下のケーブルテレビJTBCが果たした“功績”は計り知れないほど大きい。

     サムスン本流と中央日報グループの関係がギクシャクするのは当然だ。そうした中で、中央日報グループを握る洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)前会長について「次期左翼政権の首相の座を狙っている」との観測が高まりつつある。

     「朝鮮日報・東亜日報と、中央日報との路線の違い」が目立ち始めたとの記事を本紙(2016年8月18日)に書いたところ、一部のウオッチャーから「中央日報はサムスンの番犬であることも知らないのか」と批判された。

     しかし、あの頃から、中央日報は「保守系3紙」の枠組みから飛び出したといえる。

     中央日報は、サムスン財閥がつくった新聞であり、広告面でも同財閥への依存度は高い。だが、現在の筆頭株主は洪錫ヒョン氏だ。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の「財閥とマスコミの分離」策を受けて、洪錫ヒョン氏が転換社債を引き受け、さらに李健煕(イ・ゴンヒ)サムスン財閥総帥の持ち株を買い取ったりした結果だ。

     洪錫ヒョン氏の父親である洪ジン基(ホン・ジンギ)元法相は、サムスンの創業者である李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の“悪知恵袋”と揶揄(やゆ)された人物で、中央日報の会長を務め、サムスン財閥の中で別格の扱いを受けていた。

     洪ジン基氏の娘が洪羅喜(ホン・ラヒ)氏で、李健煕氏の夫人だ。洪羅喜氏の弟が洪錫ヒョン氏だ。つまり、洪錫ヒョン氏と李在鎔氏は「叔父とおい」の関係であり、洪一族は中央日報のトップを世襲してきたわけだ。

    洪一族はサムスンとは別に、普光(ポグワン)グループという財閥を経営している。同グループの脱税で、洪錫ヒョン氏は有罪判決を受けたことがある(その後、恩赦)。そんな過去を持つ人物が、盧武鉉政権下で駐米大使に任命された。韓国の文化を知れば、その時にサムスンから盧武鉉政権に資金が流れなかったとは信じがたい。

     駐米大使赴任から2カ月後、「サムスンXファイル事件」(サムスンから検察幹部への巨額の“餅代”提供)が発覚した。洪錫ヒョン氏は直接かかわっていたことが明らかになり、駐米大使を辞任した(贈賄は時効)。

     Xファイル事件の捜査にブレーキをかけたのは、今や大統領選のトップランナー、文在寅(ムン・ジェイン)候補(当時は大統領府民情首席秘書官=司直の総括役)だったとされている。

     どうやら、文在寅氏と洪錫ヒョン氏の間には「見えないパイプ」が通じている。中央日報の「保守系紙からの離脱」の理由も見えてくる。

     文在寅氏と、安哲秀(アン・チョルス)候補のどちらが大統領になっても、それは「従北」か「親北」かの違いはあれ、左翼政権だ。左翼政権としては、国民に安心感を与えるため、「財界人の首相」は妙策だ。

     ソウルの消息筋は「洪錫ヒョン氏は野心家だ。首相の座を踏み台にして次の次の大統領を狙っている」と言う。恩赦と時効で救われたとはいえ“事実上の前科者首相”があり得るのだろうか。いや、韓国ならあり得るのかもしれない。いずれサムスン一族の中で、「叔父・おい」の戦争が火を吹くのは確実だ。

     ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170420/frn1704201700001-n1.htm

    引用元: 【新・悪韓論】 中央日報の前会長が首相の座?文在寅氏との“見えないパイプ” 「次の次の大統領を狙っている」[4/20]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: (^ェ^) ★ 2017/04/20(木) 21:41:27.35 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/170420/plt1704200027-n1.html

     民進党の蓮舫代表が20日の記者会見で、女性問題で経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員を徹底批判した。会見の詳報は次の通り。



     「世耕(弘成)経産相の政務官であられた中川さん。重婚、ストーカー疑惑ですか。これが一部週刊誌で報道された。本当なんでしょうか。報道の中には、奥さまががんで闘病中という記述もあった。これも本当なんでしょうか。結婚式を挙げたという写真があった。これはどういうことなのか。あるいはストーカー疑惑で警察から職務質問されたという記述もあった。本当なんでしょうか」

     「国会議員という以前に、人として私はおかしいと率直に申し上げざるを得ない。フェイスブックのコメントだけで、きれいごとだけで、そして政務官を辞任しただけで終わらせる話ではないと重要視している。自民党には奥さまが出産で里帰りしている間に不倫をされてお辞めになられたという前例もあるから、そういう前例をよく考えていただいて、自ら判断されるべき事態だと思っている」

     「あわせてこの問題で今日、参院で予定されていた原賠法の審議、経産委員会が飛ぶことになった。国会にも重大な影響が出ていることを政府・与党、自民党・公明党は重く重く受け止めるべきだと強く申し上げたいと思う」

     --中川前政務官は辞任に値するか。当選2回の若手議員の不祥事が止まらないが、自民党の体質についてどう思うか

     「他党の議員だからそれを束ねて私が評価する立場にはない。ただ、中川議員の今回行われたと報道される内容については、多くの女性、あるいは女性ならずとも心を持っている人であれば、この人が議員として国民を代弁できる立場にとてもあるとは思えないと、そういう考えを抱くと思う」

     --中川氏の件で参院の審議が進んでいない。公で悪いことはしていない。私のことなのになぜ応じないのか

     「たぶん言わんとしていることは分かるのだが、今、参院経産委員会でかかっている法案は原賠法だ。これはまさに中川政務官が直接携わっていた法案の内容だ。当然答える義務もあると思って、われわれは質問の準備等も進めてきたし、特に担当相の失言・放言等もあったから、本会議登壇ものに格上げしてやはり中身をしっかり、復興に資するものかどうなのかの審議をしようとしていた矢先、何の説明もないままに辞任された」

     「その説明が全くないままにこの法案の審議に入るというのは、やはりわれわれとしては納得はできない。私において、おそらく問題があって辞めさせられたのか、それとも公務において何かしらの担当的にふさわしくないという判断を大臣がされたのかも含めて、やはり説明は受けさせていただきたいという理解だ」

    引用元: 【蓮舫】「自民党には奥さまが出産で里帰りしている間に不倫してお辞めになられたという前例もある」 中川俊直氏の女性問題で


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/04/21(金) 01:45:45.62 ID:CAP_USER
    コラコラまたやりよった。北朝鮮が、お抱えメディア招いて、盛大に先々代の生誕を祝うとる真っ最中にやで。だいたい105回目というハンパな誕生日なんか国あげて祝うか。そこまでして先々代のご威光に頼らんとやっていけんのか。

     アメリカもアメリカや、今やらずしていつやるんや? 先代のオバマ政権時、アホボンの3代目が核実験やると分かっときながらやで、「核を世界からなくす」と公約してノーベル平和賞までもろたアメリカ大統領がやで、指くわえて見とっただけやないか。

     ほれでアジアは、極東は、世界はどうなった? ヒトラーよりタチ悪い…いやいやヒトラーは一応民主的選挙を経て選ばれたし、アウトバーン建設などの失業者対策なども成功させ、ドイツ国民にはエエこともやった。けど、あの3代目は選挙どころか、ジャマになった自分の叔父や党幹部を○し、兄貴○しまで疑われとるただの権力の亡者である。スイスにまで留学し学んだのは日本や世界へのユスリ、タカリ、脅しの方法だけやないか。

     そんな恐喝が唯一の「産業」であるヤクザ国家の3代目に対し、世界の警察を自任しとったアメリカの新大統領も威勢のエエのは口ばっかやないか。自らの指揮下にある史上最強の軍事力をちょこっと行使するだけでエエ、例えば駆逐艦搭載の巡航ミサイルを沿岸部の新浦のミサイル発射場や内陸部の核実験場にや、シリアでやったときみたいに数十発をブチ込むだけでエエのにや。

    3代目のアホボンはそれを承知で、その覚悟で、ミサイルぶっ放したんやで。金王朝の命運が3代で尽きるかも、と自覚した上でやで。

     アメリカの大統領も、日本政府の政治家にもそんな覚悟あるか。 いやそんな3代目を見習えというとんのとちゃうで。ミサイル打ち上げ失敗をホッとして喜ぶだけの危機感のなさをワシは責めとるのである。

     ホンマはもっと前にやっとくべきやったと何で反省せん? “核実験遊び”をやり始めたときに、オサマ・ビンラディンを暗○したシールズ(米海軍の特殊部隊)を送り込むべきやったと、何で自己批判せん? 厄介事を先送りしただけやないか。

     いや不肖・宮嶋、何も勢いやノリで戦(いくさ)けしかけとるわけでは断じてないで。北が先にわが国に向けてミサイルぶっ放すか、それを米艦艇や自衛隊のイージス艦やPAC3ミサイルで迎撃するのが、きっかけになるかは分からんが、とにかく第2次朝鮮戦争がおっ始まれば、わが国も対岸の火事どころか、相当の被害が出るのは必定や。前線基地どころか、戦場と化す可能性もある。

     まもなく北朝鮮を先兵とした韓国・中国の反日反米の枢軸が完成する。そうなってからではわが国は「北伐」どころか、日本人拉致被害者の奪回もままならぬどころか、ますます脅され、貶められる。戦争やっといてくれた方がマシやったと後悔することになるで。

     ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170420/dms1704201700013-n1.htm

    引用元: 【不肖・宮嶋 コラコラ記】北ミサイル発射 核実験を指くわえて見てた米国、厄介事先送りなんで反省せん?[4/20]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ