ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20140504_061: オリエンタルな名無しさん@転載禁止 2014/05/04(日) 14:37:23.12 ID:7N/9UZDp
    中国への依存度を深める韓国。だが、中国人の間では、 韓国に対する不満が高まっている。韓国を訪れた中国人観 光客の4割弱が「見下された」と回答。
    ソチ五輪でも韓国 人選手の中国人選手に対する行為に対し、非難が集中した のは記憶に新しい。
    政府、企業レベルではなく、一般人レ ベルで批判が噴出しており、本格的な“韓国バッシング”に 発展する可能性も出てきた。

    中国人の4分の1「韓国のイメージ悪化」

    韓国の有力紙、朝鮮日報によると、同紙が2013年 末、ソウル市内の繁華街で中国人100人を対象にアンケート調査を実施したところ、
    25%が「韓国に実際に来 てみてイメージが悪化した」と回答。なかでも旅行中に「韓国人から見下された」との 回答が37%に達したという。

    朝鮮日報に掲載された韓国を訪れた中国人旅行者の感想も「多くの中国人は韓国をB 級観光地と考えている。
    実際来てみると、宿泊施設やサービスもその程度、価格に見 合っているという感じがした」と韓国にとってはショックな内容となっている。

    中国から韓国を訪れた旅行者は昨年392万人と外国人旅行者の約3分の1を占め る。しかも、
    中国人観光客の消費額は1人あたり2153ドルと全体の平均よりも4割 以上多く、外国人旅行者の中では断トツのトップで経済効果も大きい。

    それだけに中国人の韓国に対するイメージがきわめて低いというデータは、韓国に とって衝撃だろう。しかも、中国人による韓国への不満は「観光」にとどまらない。


    http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140503/wec14050318000003-n1.htm

    依頼元
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1396134974/365


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 影のたけし軍団ρ ★@転載禁止 2014/05/04(日) 09:20:56.25 ID:???0
    大阪市の土地信託事業で経営破綻した都市型遊園地「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地に
    韓流テーマパークの建設を予定していた大手パチンコチェーン「マルハン」(本社・京都市)が、日韓関係の悪化を理由に計画を見直していることがわかった。

    跡地の売買契約を締結後、5年以内に建設に着手する取り決めだったが、今年3月の期限が過ぎた現在も着工されていない。
    このため、市は今年度内の施設完成を求める契約を新たに結ぶ方針だ。

    7日の市幹部会議で新契約方針を決める。着工が無期限延長にならないようにするため、年度内に施設が完成しない場合、
    同社に違約金を要求することも検討している。

    フェスティバルゲートは市電車庫跡に1997年開業したが、04年に経営破綻した。
    跡地は同社が09年1月、市交通局から1万4000平方メートルを約14億円で落札し、同3月に売買契約を締結。
    韓流テーマパークは8階建ての建物に韓流スターが手がけるファッションブランドのショップや飲食店などが入る計画で、
    工費約100億円をかけて今秋に開業し、来場者は年間300万人を見込んでいた。

    しかし計画発表後、歴史認識や領土問題を巡って日韓関係が冷え込み、大阪でも在日韓国・朝鮮人の排除を訴えるヘイトスピーチ
    (憎悪表現)が行われた。梅田などで建設中止を求める街宣活動も起き、同社は市に計画変更を申し出た。

    市と同社が交わした実施要領では、「契約締結日から5年以内に誠実に事業を行わなければならない」としているが、
    市は「誠実に事業を行う意図はある」と判断し、買い戻しや再入札は行わないことにした。

    マルハン経営企画部は「大阪市と相談しながら計画の見直しを進めていることは事実だ」としている。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20140504-OYT1T50013.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ