ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20140425_041: 荒波φ ★@転載禁止 2014/04/24(木) 10:24:06.90 ID:???
    「本業を放り出して駆け付けたのに、こんな侮辱を受けるとは思わなかった」
    「おい、この野郎、ここが誰でも来られるところだと思っているのか?」

    22日午後、屏風島(全羅南道珍島郡)から北方3キロの事故現場。
    旅客船「セウォル号」沈没事故で行方不明になっている乗客の捜索作業に加わった民間人ダイバーたちが
    ゴムボートに乗って現場に到着すると、大型船に乗っていた海洋警察の口から暴言が浴びせられた。

    現場にいた民間人ダイバーは「はしけ船に乗り移ろうとしたところ、突然責任者らしき海洋警察官が暴言を浴びせてきた。
    本来の仕事を放り出して駆け付けたのに、事故現場でこんな侮辱を受けるとは思わなかった」と話す。

    はしけ船の責任者だったこの海洋警察官はこの時点で民間人ダイバーの潜水を許可していなかったことが分かった。
    このとき船にいた民間人ダイバーはほとんどが1万回以上のダイビング経験を持つベテランだった。

    これについて、海洋警察庁関係者は
    「その言葉は民間人ダイバーではなく、ゴムボートを操船していた海洋警察官に向かって言われたものだ」と説明した。

    しかし、民間人ダイバーの代表格である特殊救助奉仕団のファン・デヨン会長(62)は
    「『誰でも』は明らかにゴムボートに乗っていた民間人ダイバーを指している」と反論した。

    セウォル号の救助活動は8日目を迎え、作業を指揮する海洋警察側とボランティアを志願した民間人ダイバーの間で確執が高まっている。

    ファン会長によると、22日の一件が広まったことで、救助活動を申し出た民間人ダイバーのほとんどは引き上げたという。
    救助活動を申し出た民間人ダイバーは合計512人。このうち同日まで現場に残っていた200人のうち残ったのは約30人で、
    あとは全員帰宅したという。

    23日午前に救助現場に向かった民間人ダイバーは11人だけだった。
    民間人ダイバーたちは「潜水する前に謝罪してもらうべきではないのか」と抗議している。

    民間人ダイバーのキム・ヨンギ韓国水中環境協会大田本部長は同日
    「現場撤収に関して記者会見を開く」と発表していたが、取り消された。

    ファン会長は「こうした確執は救助活動の初期からあった」と語った。

    現場の指揮統制は海洋警察が執っているが、救助活動には韓国海軍も民間人ダイバーも参加しているため
    双方を束ねる効率的な指揮体系がなく、混乱だけでなく確執も起こっているという。

    ダイバー団体「ドルフィン水中」のキム・ジュンチョル代表(47)は
    「私たちはよりすぐりのメンバーがそろっているが、民間人ダイバーの実力を信じられないようだ」と語った。

    海洋警察庁関係者は「民間人ダイバーを救助活動から排除したわけではない。
    韓国海軍海難救助隊(SSU)や特殊戦旅団(UDT/SEAL)をはじめ、ベテランの特殊隊員数百人が待機している状況だが、
    民間人ダイバーも手続きや時間帯を考慮して投入する予定だ」と話した。


    2014/04/24 10:07
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/24/2014042400780.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20140425_031: 動物園φ ★@転載禁止 2014/04/24(木) 08:18:34.35 ID:???
    2014.4.24 01:17

     【ソウル=名村隆寛】オバマ米大統領が25日、日本に続き韓国を公式訪問する。政権発足以来、初めてソウルに
    米大統領を迎える朴槿恵大統領だが、米韓首脳会談を前に、旅客船沈没という予想外の大事故が起きてしまった。
    事故への対応に追われ、朴政権は手いっぱいの状態だ。しかも沈没事故では政府関係者の不適切な言動や事故状況の
    把握をめぐる不手際が相次ぎ、6割を維持してきた朴氏の支持率を揺るがしている。朴氏としては、米韓首脳会談を
    機に国民の信頼を回復したいところだ。

     オバマ大統領はアジア歴訪を前に、ワシントンから沈没事故への見舞いメッセージを韓国に伝えた。訪韓時の
    第一声も「お悔やみ」となることが予想される。

     沈没事故の捜索では在韓米軍も機材などで協力しており、首脳会談では米韓の緊密な協力が強調されるもよう。
    また、過去の会談同様、主要議題は、核実験の兆候が見られる北朝鮮情勢となる見通しだ。

     米韓の同盟強化や北朝鮮問題への共同対処が確認されれば、韓国にとり会談は本来「成功」となるところだが、今回は状況が違う。

     302人もの死者、行方不明者を出した旅客船沈没事故の直後であることに加え、オバマ氏訪韓は、訪日に続くものだ。

     米国側は当初、北東アジアでは日本だけを訪問する予定でオバマ氏のスケジュールを組んでいた。

     ところが、安倍晋三首相の靖国神社参拝や竹島問題などで悪化した日韓関係を背景に韓国の外交当局は日本に
    対抗、割って入る形で訪韓を米側に要請し続け、米国側が訪韓を受け入れた。こうした経緯もあるだけに、首脳
    会談は米韓双方にとって有益だったと印象付ける必要がある。

     ただ、オバマ氏の訪韓は1泊2日で、実質的には丸1日と滞在時間は日本よりも短い。この条件で、懸案を
    進展させるのは困難なうえ、日韓和解を促すオバマ大統領に日本批判を訴えることもできない。

     このため、「オバマ氏から厚く信頼されている女性大統領」という肯定的なイメージを与えられるような
    パフォーマンスができるかどうかがカギとなりそうだ。

     韓国国民の目は現在、沈没事故に集中しているため、首都でのオバマ氏への歓迎ムードも盛り上がりを見せていない。

     “オバマ氏頼み”となるかもしれない首脳会談を機に、朴政権としては批判的な世論を少しでも収めたいところだ。

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140424/kor14042401170003-n2.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 動物園φ ★@転載禁止 2014/04/24(木) 08:00:53.36 ID:???
    韓国・木浦地方裁判所 4月23日(水)

    逮捕された乗組員「復元力があまりにもない船だった」
    no title


    逮捕された乗組員「(船を)増築する前から復元力がなかった」
    no title


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ