ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20140422_041: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/04/21(月)19:43:21 ID:PFb23Mjko
    神奈川県日中友好協会の関係者を中心にした、
    交流を主たる目的とする北京ツアーの一行11人が15日午後、
    北京放送(CRI)を訪問し、座談会に参加しました。
    席上、双方は中日友好の重要性を確認しあい、それを踏まえた上で、
    目下の中日関係の下で、民間交流を進め、相互理解を深めることをめぐり、
    活発な交流が行われました。

     小中学校を北京、天津で過ごした団員の遠藤寛さん(84歳)は、
    「戦争経験者として、日中両国が最近うまくいっていない現状を大変心配している。
    日本と中国は文化も人種も近い隣国で、広い意味で世界の安定と発展のために、
    日中が仲良くすることこそあるべき姿だ」と強い意思で訴えていました。

     2年前に新設された川崎市日中友好協会の初代会長を務める小山稀世さんは、
    「東アジアの経済関係が益々緊密になっている中、国境のない、
    コスモポリタンの世の中に早くなってほしい」と期待を語りました。
    (中略)
    定年後、北京や天津の複数の大学で日本語教師として勤務経験のある加藤志乃婦さんは、
    憲法改正をめぐる日本国内の最近の状況に触れ、「今の時期だからこそ、
    北京から日本人に受け入れられる形で、歴史認識を正しく伝える必要がある」と指摘しました。

     中国の流行歌への興味から2000年頃からCRIの日本語放送のリスナーになり、
    今回は大阪から参加した藤田美代子さんは、「日本国内の報道に頼るのではなく、
    情報はなるべく近いところから取ることが大事だ。
    今後も引き続き北京からの生の声に期待している」と励ましの言葉を送りました。

     今回ツアーの呼びかけ人は、神奈川県日中友好協会経済交流部会の責任者でもある
    村田忠禧さん(横浜国立大学名誉教授)。

    昨年末、安倍首相の靖国神社参拝を受け、
    「日本の国際的な評価と信用は大きく傷つき、
    かつての侵略戦争についての認識・態度が鋭く問われている」という問題意識から、
    「平和を守る最大の保障は国境を越えた人間同士の友情と連帯の輪であり、
    自分自身の眼で実際の北京を見て、交流・対話を通じて相互理解を深める努力が必要だ」
    とツアーに寄せる期待を話しました。

     なお、訪問団一行はCRI(北京放送)や日本語月刊誌『人民中国』雑誌社の訪問のほか、
    北京外国語大学日本学研究センターの学生たちや、
    中国の日本研究者たちとの交流なども行なったということです。(王小燕)

    http://japanese.cri.cn/881/2014/04/19/141s219965.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20140422_031: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/04/21(月)19:37:17 ID:PFb23Mjko
    中国外務省の秦剛報道官は21日、記者会見で
    「靖国神社の問題は日本政府の負の資産だ。
    日本の指導者はこの負の資産を引き続き背負っていけば、
    ますます重くなるに違いない」と述べました。

     関連報道によりますと、日本の安倍晋三首相は21日、
    靖国神社に「真榊」と呼ばれる供え物を奉納しました。これについて、
    秦剛報道官は「中国は、中国の厳正な立場を表明するために
    日本側に交渉を申し込んだ」と明らかにしました。

     秦剛報道官はまた、日本の指導者が靖国神社に供え物を奉納し、
    日本の内閣のメンバーが靖国神社を参拝したことは、
    安倍内閣が歴史問題に対する間違った態度を持っていることを示していると指摘しました。

     秦報道官はさらに「日本は過去の侵略の歴史を切実に正視し、深く反省し、
    また軍国主義と一線を画すことは、中日関係の再建と発展の重要な政治的基礎である。
    日本が歴史問題で正しい態度を示し、挑発的な行動をやめ、
    そして実際行動を取って、アジアの隣国と国際社会の信頼を取ることを促す」
    と述べました。(任春生、kokusei)

    http://japanese.cri.cn/881/2014/04/21/141s220015.htm

    【靖国問題】韓国外務省「安倍首相の真榊奉納は歴史認識継承に反す時代錯誤。日本の『積極的平和主義』が虚構と満天に示した」[4/21]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398061049/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20140422_021: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/04/21(月)19:25:09 ID:PFb23Mjko
    (前略)
    日本の安倍晋三首相が17日に、東海と南海において、
    中国が力によって現状を変えようとしているなどと発言したことについて、
    華春瑩報道官は次のように述べた。

    挑発的な行動を取って現状を変えようとしているのは中国側ではない。
    中国側は、国家主権と領土保全を守る決心と意志は断固として変わらない。
    同時に中国側は、この地域の平和と安定を維持する大局から、終始自制して、
    対話を通じた争いの解決を続けている。

    近ごろ、日本の指導者は何度も間違った言論を発表しているが、
    その意図は非常に明らかである。一つは視点を変えさせることで、
    もう一つは第三者を巻き込み、中国の発展を牽制することである。

    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-04/19/content_32146628.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ