ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: 和三盆 ★ 2017/09/19(火) 02:42:37.74 ID:CAP_USER9
      急浮上した衆院解散に関するニュースで、早ければ臨時国会召集日の2017年9月28日に解散する可能性があると新聞各紙が報じている。

       解散時期については、安倍晋三首相が国連総会から帰国する9月22日以降に最終判断がされる見通しとなっている。

       新聞各紙の報道などによると、総選挙は10月に行われる見込みで、投開票は10月22日または29日が有力視されている。

       各紙の9月18日付朝刊1面には、

    「総選挙 来月22日軸」(朝日新聞)
    「衆院選 来月22日」(読売新聞)
    「首相、冒頭解散で調整 来月22日投開票が軸」(毎日新聞)

    と、最有力候補とされる投開票日「22日」の文字が見出しに躍った。日本経済新聞はやや慎重に「衆院選 10月下旬投開票」としている。

       「10月10日公示-22日投開票」の線が軸だが、解散からの期間が短いため「10月17日公示-29日投開票」にずれる可能性もあるとの指摘も出ている。22日になった場合、予定されていた衆院3補選は中止となる。

       臨時国会では、野党から森友・加計学園をめぐる問題への追及が予想されることから、内閣支持率が回復した今、森友・加計の疑惑を隠す狙いで解散をするのではないかとの見方も強い。また、民進党内の混乱が自民党に有利に働く可能性も考えられる。

       ツイッター上では、解散を安倍首相の「逃げ」だと捉える人もおり、

    「野党が6月に要求した臨時国会召集要求に3か月以上も応じず逃げ回り、北朝鮮情勢が緊迫する中での解散はいかがなものか?」

    というツイートもみられる。

       しかし、解散時期については「妥当」だと評価する声もある。

    「民進党壊滅危機、および都民ファの国政版がまだ緒についたばかりで体制が整わず、議席磐石で今後の展開という事で、政局上の与党の行動としては妥当...だが」

       今回の解散が実際行われた場合、衆院選が実施されるのは2014年12月以来となる。

    https://www.j-cast.com/2017/09/18308738.html
    no title

    引用元: 【選挙】次期衆院選、「10月22日投開票」報道 「民進党壊滅危機」との関係[9/18]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/09/18(月) 16:37:21.96 ID:CAP_USER
    母親が韓国系という理由で日本で嫌韓テロを受けている女優が自身のツイッターを通じて心境を明らかにした。 

      サントリーは7日、モデル兼女優の水原希子が出演した「ザ・プレミアム・モルツ」の新しいCMの映像をツイッターに公開した。 

      これに対し、一部のネットユーザーがサントリーのツイッターアカウントに水原が在日という点を指摘してモデルとして起用してはならないというコメントを書き込んだ。一部の文章には水原を「反日女優」と呼ぶ書き込みもあった。 

      水原は15日、自身のツイッターを通じて「どこの国で生まれても、どこの国で育ても、どこの国に住んでいても、みんな地球人という事実には変わらない」とし「一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」とつづった。 

      水原は米国人の父親と在日韓国人の母親との間で生まれた。個性的な顔立ちで日本で大人気を得ている。

    [ⓒ 中央日報日本語版]2017年09月18日 14時07分
    http://s.japanese.joins.com/article/540/233540.html?servcode=700&sectcode=740

    https://i.imgur.com/oXylm5A.jpg
    水原希子のツイッター

    引用元: 【中央日報】「私たちはみんな地球人」…日本で嫌韓テロを受けた韓国系女優[9/18]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    朝日新聞社旗
    1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/18(月) 17:00:44.11 ID:CAP_USER9
    学校や職場で、自分のルーツや国籍に向けられた配慮のない言葉やふるまいに苦しんでいる人たちがいる。ヘイトスピーチ対策法で排外的なデモをなくす動きは進むが、身近なところで差別が置き去りにされていないか。海外で認識が定着している「レイシャルハラスメント」について考えてほしいと、大阪市のNPOが活動を広げている。

     京都府内の私立大に通う在日コリアン3世の女性(22)は、幼稚園から高校まで朝鮮学校に通い、本名を名乗る。

     「日本名の方がきれいなのに」「同じ日本人でしょ」。アルバイト先でこんな言葉をかけられる。「良かれと思って言っていることはわかる。でも自分を否定された気持ち。また傷つけられたらと思うと、心を開いて話をするのが怖い」

     大学の講義で、衝撃を受けたことがある。非常勤講師が「韓国は恥ずかしい国」「韓国は近代国家ではない」などと繰り返した。強い恐怖を感じ、教室にいてはいけないような気がして涙がとまらなくなった。

     ドイツ人の父と日本人の母を持…

    残り:1263文字/全文:1675文字
    http://www.asahi.com/articles/ASK8Y2R13K8YPTIL003.html
    no title

    no title

    引用元: 【社会】大学講師が「韓国は恥ずかしい国」 恐怖感じたレイシャルハラスメント


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ