ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: 鴉 ★ 2017/02/25(土) 02:57:48.21 ID:CAP_USER
    no title


    2月24日に行われた「ニュース女子」に登場の3名による辛淑玉氏への抗議記者会見で、質問に立った朝日新聞の記者を名乗る人物が出席者を怒らせる一幕がありました(画像は動画より)。


    「自分で調べろこの野郎!」のヤジも

    これは質疑応答の場面で3名によるプレゼンについて朝日新聞の記者が3点の質問を投げかけたものの、動画やエピソードについて「いつどこで誰がどういうことをしたのか」「どうやって入手したのか」「はっきり詳細に説明を」などと求めたことに複数の出席者が苛立ったというもの。

    杉田水脈氏から「現場に取材に行ったことあるんですか」と問われると記者は「私は取材していません」「だから具体的に提示して頂き確認する」などと答え、これには周囲から「自分で調べろこの野郎!」というヤジも。

    また我那覇真子氏からは「本来沖縄に来て取材すべき」「情報源が何なのか怪しいという記事を書きたいんでしょう」との見方を呈され、手登根安則氏からも「私達は釈明をしに来ているわけじゃない」と不快感を露わにされていました。

    手登根氏は自身が沖縄で反対派に囲まれた際、朝日新聞の記者に助けてもらったという経験も挙げていましたが、記者として情報ソースの確認が欠かせないとは言え、
    沖縄の現状を知ってもらうために例示した動画やエピソードについて自身で確認するプロセスを経ること無く時間も限られた記者会見の現場で根掘り葉掘り聞こうとする態度は反対派の問題に真剣に取り組む姿勢に欠けていると受け止められてしまっても仕方なかったのかもしれません。

    更に質疑応答の前の段階でケント・ギルバート氏がマスコミへの批判を展開していただけに、朝日新聞のやる気の無さが浮き彫りになってしまった形とも言えそうです。

    朝日新聞記者と出席者のやりとり
    >>2以降に続く
    http://www.buzznews.jp/?p=2106444

    【沖縄】「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場[2/24]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487937881/

    引用元: 【話題】朝日新聞記者が「ニュース女子」会見で出席者を怒らせる 朝日新聞記者「取材していません」出席者「なら沖縄に来て取材すべき」


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: ろこもこ ★ 2017/02/24(金) 21:04:41.14 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html

    no title

    のりこえネット共同代表の辛淑玉氏が講演で「爺さん、婆さんは嫌がらせをしてきて下さい」と話している場面の動画=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)

     東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

     我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

     会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

     会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。

     質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。

     我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

     質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

     我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。

     沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。(WEB編集チーム)

    引用元: 【沖縄】「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場[2/24]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/02/24(金) 20:02:19.76 ID:CAP_USER
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170224005400882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

    【ソウル聯合ニュース】韓国労働組合の二大全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)は24日、日本による植民地時代に強制動員された約70万人に達する朝鮮人を記憶するため、ソウルの竜山駅広場に設置する計画だった「強制徴用労働者像」をめぐり、政府が敷地の提供を拒否したことを批判する共同声明を出した。

     韓国労総と民主労総はソウルと北朝鮮・平壌に強制徴用労働者像を設置し、ソウルでは3月1日(独立運動記念日)に竜山駅広場で除幕式を行う計画だった。

     竜山駅広場は日本植民地時代、強制動員する朝鮮人を集結させた場所のため、同地への設置を進めてきた。

     だが、同計画について、韓国の国土交通部は「国の所有地のため、不適切」との意見を示したという。

     声明は「外交公館でもない、竜山駅広場が不適切というのは国が強制動員の歴史に責任を取らないということと何が違うのか」として、「韓日関係のため、屈辱的な歴史を覆い隠すということ」と批判した。

     その上で、「(旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する)少女像と労働者像を建て、守ることが国と民族の主権を正しく確立することだと確信する」と強調。「国家主権を放棄し、日本政府の要求に振り回されている尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官を直ちに解任することを求める」とした。

     韓国労総と民主労総は昨年8月、京都市の「丹波マンガン記念館」に強制徴用朝鮮人労働者像を設置した。

    no title

    強制徴用朝鮮人労働者像(資料写真)=(聯合ニュース)

    引用元: 【韓国】日本植民地時代の強制徴用労働者像設置 韓国政府が敷地提供拒否[02/24] [無断転載禁止]©2ch.net


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ