ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140429_021: 快便100面相◆tTmPcUasmA 2014/04/28(月)18:06:05 ID:VEgHr0E6k
     江戸時代に朝鮮王朝が日本に送った「朝鮮通信使」ゆかりの15自治体などでつくる協議会は、
    韓国側と協力し、関連資料の記憶遺産登録を2016年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請する。
    17年の登録を目指す。

     来年に日韓国交正常化50周年を迎えることも踏まえ、共同申請で友好の機運を盛り上げたい考えだ。

    以下ソースにて
    47NEWS > 共同ニュース
    http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042801001872.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140428_171: 動物園φ ★@転載禁止 2014/04/28(月) 18:06:19.29 ID:???
     米国で大規模災害が選挙に影響を及ぼした最近の事例といえば、2005年にニューオーリンズを
    襲ったハリケーン「カトリーナ」と、2012年にニュージャージー州を襲ったハリケーン
    「サンディ」が挙げられるだろう。カトリーナのときは事故対応が遅々として進まず、
    これが影響して当時50%を上回っていたブッシュ政権の支持率は一気に30%代にまで下落。
    翌年に実施された中間選挙でも当時の与党・共和党は惨敗した。当時「カトリーナ・モ
    メント」という造語ができたが、これはカトリーナのように政府に対する国民の評価が
    マイナスに転じるきっかけとなった出来事を意味するものだった。

     これに対して2012年の大統領選挙直前に上陸したハリケーン「サンディ」は、当時の
    与党・民主党を後押しする結果をもたらした。当時再選に挑戦していたオバマ大統領
    は、対立候補だった共和党のロムニー氏と激しい接戦を繰り広げていたが、サンディ
    の被害に米連邦緊急事態管理庁(FEMA)が中心となって迅速かつ効率的に対応したこ
    とがプラスの影響をもたらし、選挙で再選を勝ち取った。当時、プリンストン大学の
    ポール・クルーグマン教授はニューヨーク・タイムズ紙に「サンディ対カトリーナ」
    と題されたコラムを掲載し「政府はカトリーナの時には何をすればいいのか分から
    ないようだったが、サンディのときは分かっていた」と分析した。

     セウォル号沈没事故も韓国版の「カトリーナ・モメント」となる可能性がある。与党
    の支持率下落に加え、近く予定されている統一地方選挙でも与党が苦戦する可能性が出
    てきたからだ。現政権は「安全」を政権運営の大きなスローガンとして掲げていたはず
    だが、今回の事故では初期対応から問題をさらけ出してしまった。政府系の複数のシン
    クタンクは先日発表した調査報告書の中で「韓国国民は社会における危険な要素に大き
    く不安を感じており、政府の対応能力にも根本から疑いを持っている」と指摘していた
    が、この警告は政府関係者にしっかりと伝わっていなかったのだ。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/28/2014042801354.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140428_161: ロンメル銭湯兵 ★@転載禁止 2014/04/28(月) 19:11:06.98 ID:???
     沈没で高校生ら約300人の死亡・行方不明者を出した韓国旅客船「セウォル号」が日本で製造されたことは韓国で大きく報じられた。
    だが、製造責任を問う声はなく、逆に同型船の事故で、最後まで船にとどまった日本人船長らの行動に注目。日韓の救難体制の差も
    盛んに論じられ、「日本を見習え」との指摘が出ている。今回の事故は、はからずも歴史問題での「反日」とは違う韓国人の対日観を浮き上がらせている。

    ・「日本ならこんな事態には…」番組延期に謝意

     「日本なら今回の事態は起きず、高校生たちもきっと生きていたのに…ああ、恥ずかしい」

     「やっぱり日本! 本物の海洋先進国らしい。韓国より数十年先を行く理由がある」

     韓国のウェブサイトにアップされた動画について、ネットユーザーからのこんな韓国語のコメントが並んだ。日本の報道番組で放映された、
    客船を模した模型をプールに浮かべ、過積載で急旋回すれば、転覆する様子を実験した動画だ。

     ネットユーザーらは「こんな科学的な実験を放映するのも日本ならではだ」と称賛した上で、「認めたくはないが、わが国も海難対策について
    日本から学ぶべきなのは確かだ」などと書き込んだ。

     番組対応についての意外な反応もあった。テレビ東京がアニメ番組「ポケットモンスターXY」の24日の放映を「沈没した客船の場面がある」として
    延期したことを伝えるニュースに関し、「配慮に感謝する」というコメントに続いて「わが国のテレビ局も見習うべきだ」という書き込みが見られた。

     セウォル号が日本で製造された「中古船」だったことは、韓国で繰り返し報じられた。

     ただ、製造過程に問題があったと詮索する報道はほとんど見当たらず、「造船大国」といわれながら、効率性から商船ばかりに傾注してきた韓国の
    造船業界を問題視。韓国紙の朝鮮日報はコラムで「乗客が安心して乗船できる旅客船を開発できなければ、本当の造船大国とはいえない」と批判した。

    ・最後に海に飛び込んだ船長、犠牲者「ゼロ」

     日本との比較で、韓国メディアが注目したのが、2009年11月に三重県沖で転覆したフェリー「ありあけ」の事故だ。セウォル号をかつて日本の
    定期船に使っていた会社が運航し、造船所も同じだった。

     ありあけの転覆は、高波が原因で、操船ミスが最大の要因とされるセウォル号とは異なるが、積み込んだコンテナが荷崩れを起こして横倒しになった
    経緯は重なる部分がある。だが、韓国メディアが最も注目したのは、船長ら乗組員の対応の差だ。

     閑散期で事故当時、ありあけの乗客は7人だったが、船が傾くと、船長はマニュアルに従って救助を要請するとともに、乗組員は即座に客室に向かい、
    扉が開かなくなる恐れがあるとして、客室から乗客を退避させた。

     沈没前のセウォル号のように船体の傾きが急になると、消防用のホースで乗客らを甲板に引き上げた。約2時間後に乗客全員がヘリコプターで
    救出されるのを見届けた後、船長らは救命ボートを下ろして海に飛び込んだ。

     韓国メディアは、ありあけの事故で犠牲者が「ゼロ」だった点を、乗客を残して真っ先に脱出したセウォル号の船長らとの違いを強調しながら繰り返し報じた。
    日本政府が事故後、客船にコンテナの固定装置の設置を義務付けるなど、事故対策が進んだ点にも着目した。(>>2以降へ続く)

    【桜井紀雄の劇的半島、熱烈大陸】

    産経新聞 2014.4.27 18:00
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140427/kor14042718000001-n1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ