ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@転載禁止 2014/04/29(火) 22:54:58.82 ID:???
    【安山聯合ニュース】

     韓国旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者遺族による対策会議は29日午後、ソウル近郊の京畿道安山市で記者会見を開き、
    朴槿恵(パク・クネ)大統領が同日の閣議で事故について謝罪したことに関連し、「非公開の謝罪は謝罪でもない」と批判した。

     朴大統領が閣議前に同市内に設けられた政府の合同焼香所を訪問したことについても、遺族側は「広告を撮りにきたようだった。
    実践も実行もない謝罪は謝罪ではない」と非難した。

     その上で事故の正確な経緯や真相の究明を政府に正式に要請した。

     また、葬儀や追悼公園について協議することよりも、まずは捜索に全力を挙げるよう求めた。事故海域近くの港で待機している
    行方不明者家族に対する支援策を示さない政府や関係機関の責任を問うべきだとも指摘した。

     会見終了後には事故で亡くなった生徒が家族に向けて残した動画2本を公開した。

    (画像:記者会見中に涙をぬぐう遺族代表)
    http://img.yonhapnews.co.kr/basic/article/jp/20140429/20140429205437_bodyfile.jpg

    Yonhap News 2014年 04月 29日(火)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2014/04/29/0800000000AJP20140429005100882.HTML

    関連スレ
    【韓国】パク・クネ大統領謝罪 [4/29]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398741518/l50


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: ロンメル銭湯兵 ★@転載禁止 2014/04/29(火) 22:26:21.18 ID:???
    (画像)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


     韓国で行われた「ミス・コリア」で、出場候補選手が、全員「同じ顔」をしているという珍事件が起き、
    ネットでは「同じ整形外科医」だろうと風刺する声が聞かれた。韓国では60年代から同コンテストが
    盛大に開かれており、美の判断基準は時代とともに変化しているが、当時の選手は今でも誰もが
    驚くほど美しく、今の時代に出場したとしても決して引けを取らないだろう。

    「中国網日本語版(チャイナネット)」 2014年4月29日
    http://japanese.china.org.cn/life/2014-04/29/content_32242403.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140430_011: ロンメル銭湯兵 ★@転載禁止 2014/04/29(火) 21:05:50.01 ID:???
    (ハングルの原文を機械翻訳してほぼ無修正)

    マネートゥデイ イシューチーム シンヒョンシク記者

     ポップオペラテノール歌手イム・ヒョンジュ(28)が「千の風になって」著作権料の議論に口を開いた。
     イム・ヒョンジュの所属事務所デジ円コムは去る25日、「千の風になって」をセウォル号の惨事追慕曲に専念して収益金全額を
    被害者と遺族に寄付することを明らかにした。 収益金寄付の意味を明らかにした後、「千の風になって」は、去る25日と26日の
    バックスとオレミュージック、ネイバーミュージック、ソリバダ、ジニー、サイワールドミュージックなどの音源サイトでリアルタイムチャート1位を記録した。

     しかし、インターネット上ではこの歌が日本の原曲を翻案した曲で、曲の作曲者も日本人なので収益のほとんどが
    日本著作権所有になるという主張が広がり、議論が起こった。 イム・ヒョンジュさんは、28日マネートゥデーとの電話通話で、
    「この曲の歌詞は、作者不詳の詩『a thousand winds(千の風になって)』という曲を韓国の情緒に合わせて直接翻訳した曲」とし
    「日本の原曲の歌詞とは何の関係もなく、これらの内容は、2009年に初めてこの曲を発表したときウォン時のタイトルを指定するなど、
    明らかにして内容」と説明した。

     著作権料が日本人作曲家に帰属するという指摘については、「セウォル号の惨事と追悼現場で「千の風になって」が追悼曲で
    使われているという話を聞いて収益まで寄付することにしただけ」としながら「作曲家が日本人であり、収益金の一部が日本に
    渡っていくとして問題になるとはまだ思わなかった」と話した。

     韓国著作権協会が問い合わせた結果、音源の送信料(音源サイトのストリーミング?ダウンロードサービス)の収益分配率は、通常、
    音源の△製作者44%△実演家(歌手など)6%△音源サービス会社40%△権利者(作曲家・作詞家・編集者)10%である。イム・ヒョンジュさんが
    寄付することにした部分は、所属事務所デジ円コームの44%と実演家6%の部分である。

     また、イム・ヒョンジュさんは「日本の作曲家を代理する『フジパシフィックコリア』側でも、作曲家と『千の風になって』収益金を
    セウォル号被害者側に寄付することを議論していると聞いている」とし「純粋な気持ちで寄付した論議が起きて胸が痛いだけ」と話した。
    引き続きイム・ヒョンジュさんは、「今この瞬間に重要なのは、行方不明者の方々が構造されて憲政曲が失望に抜けた国民の上になったら感謝する」と付け加えた。

    マネートゥデイ 2014.04.28 14:39
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2014042814273130157&MRH


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ