ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 21:23:33.04 ID:???.net
     新型万能細胞「STAP細胞」の論文問題で、理化学研究所に不正が認定された小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が28日、
    2本で構成する論文のうち1本について撤回に同意した。小保方氏はSTAP細胞は存在するとの立場を崩していないが、STAP細胞と
    小保方氏の“運命”は一段と厳しいものになった。処分は厳罰が予想されており、新たな就職先として、隣国への転身も取り沙汰されているという。

     小保方氏が撤回に同意したのは、STAP細胞の万能性を補足的に示した2本目の論文。理研調査委員会では不正は認定されなかったが、
    今月中旬に複数の画像に疑義が発覚していた。

     小保方氏側は、この論文は山梨大の若山照彦教授が主に担当したものであるとし、「取り下げても細胞の存在自体は揺るぎがない」
    と主張。STAP細胞の存在を報告した論文については、撤回に同意していない。

     こうした強気の姿勢とは裏腹に、小保方氏の研究者生命は、風前のともしびだという。近く発表される処分について、ある関係者はこう指摘する。

     「研究不正の処分の原則は諭旨退職か、懲戒免職だが、それ以下の処分もあり得る。仮に懲戒免職にならなくても、小保方氏は1年ごとに
    契約が更新される職員。理研にとどまって研究を続けることは絶望的だろう」

     例の「ポエムノート」がきっかけとなり、国内での再起は難しくなっているというのだ。

     「以前は擁護する声もあったが、ハートマークが書かれた日記のような研究ノートはポエムとも評された。ノートが決定的となり、
    『こんなレベルでは呼べない』と国内の研究所が手を引いた」(科学関係者)

     今後の行き先として有力なのは、ハーバード大のバカンティ教授の研究所だ。小保方氏は米国留学時代に「バカンティーズ・エンジェル」と氏を慕い、
    研究所に所属。師弟愛は健在で、バカンティ氏は4月の京都市内での講演で「STAP細胞はある」と強調。「プリーズ・カムバック・トゥ・ボストン
    (ハーバード大があるボストンに戻って来て)」と応援したという。

     だが、業界内では「米国でなく、中国の研究所に移る可能性がある」(関係者)とささやく声もある。

     近年の中国は、科学技術の躍進がめざましい。科学技術・学術政策研究所の「科学技術指標」によれば、約10年前から、政府の研究費は
    対GDPで日本を超えている。

     科学論文数も2000年は日本(約7万2000件)が中国(約2万9000件)の約2・4倍だったが、12年には中国が約18万3000件と、
    日本の約7万8000件を大きくリードしているのだ。

     前出の関係者は「昨年、北京大のグループが化学物質のみでiPS細胞生成に成功したと発表するなど、再生医療分野で日本や
    米国に追いつこうと躍起になっている。STAP現象の可能性があるならば、小保方氏を取っておきたいと考えるだろう」と話す。

     今後、新天地での大逆転というシナリオはあるのか。

    zakzak 2014.05.29
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140529/dms1405291544016-n1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 21:13:03.72 ID:???.net
    (原文の朝鮮語を機械翻訳した後、記者が微修正)
    (画像)
      鳥退治ロボット・初見のロボット・筋力増強ロボットなど

    (ソウル=聯合ニュース)ギムグィグン記者

     国防部と未来創造科学部、産業通商省、防衛事業庁が共同で主催する「民・軍技術協力会」が29日、
    一山(イルサン)キンテックス(KINTEX)で開幕すると国防省が28日明らかにした。

     来月1日までの四日間開催される今回の博覧会では、民間業者と軍が技術協力で開発した最先端の
    ロボットや武器、軍事装備などが披露される。

     博覧会会場は、軍民技術協力官、作成協力官、国民体験館、企業展示館で構成された。

     軍民技術協力官は、航空機用の画像の融合立体化技術を適用して開発されたパイロット眼鏡型映像示現機、
    高強度材料である複合繊維などが展示される。

     作成協力官は、多目的筋力増強ウェアラブルロボットとイラクのザイトゥーン部隊の監視偵察用として
    活用されているロプヘズロボットなどが展示される。ウェアラブルロボットは、人が着用するスーツで重い装置を
    運搬する際に使用される。このスーツを着ると山岳地域などの重火器を持って移動するのが容易である。

     企業支援館には世界に先駆けて開発した捕球自動掃除機などが展示される。特に、国防技術の民間移転で、
    約40年間に1兆1千200億ウォンの付加価値を創出し、投資比12倍の経済効果をもたらした国防研究開発の
    成果を一目で見ることができると、国防部は説明した。

     鳥退治ロボットと「初見のロボット」、成層圏の長期滞空無人飛行体もお目見えする。

     鳥退治ロボットは、民間・軍の空港で鳥を退治する際に使用される。飛行機との衝突を防ぐように高出力音響
    などによって、大群を空港の外に追い出す装置である。

     「初見のロボット」は、前方地域の監視警戒を目的に開発された。軍で実用化されると、GOP(一般前哨)、
    GP(哨戒所)で徹夜警戒勤務を立つ兵士の任務を一定部分の代わりになる。

     成層圏の長期滞空無人飛行体は、地上・海上の精密観測、通信中継、環境・災害監視、台風などの気象現象の
    全天候型の観測などに活用される。

     また、会場では、民・軍の技術協力の成果発表会、国防技術の民間以前の活性化戦略フォーラム、
    国防無人ロボット技術シンポジウム、国際軍事科学技術コンテストのなども開かれる。

     就職を控えた若者との防衛産業分野への関心を高める対話形式の職業体験イベントである
    「バンバン明日JOBコンサート」と青年創業コンクールなども用意される。

     国防部関係者は、「1970年代から現在までの軍民技術協力の足跡と成果を見ることができるイベント」とし
    「このイベントを通じて、民・軍の技術協力がより一層活性化を期待する」と述べた。

    聯合ニュース 2014/05/28 17:23
    http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2014/05/28/0521000000AKR20140528054951043.HTML


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 20:46:03.51 ID:???.net
    ■キム・ヨナファンが地下鉄ホームに巨大広告、「女神にソチ五輪金メダルを」と訴える―中国メディア

    中国のスポーツサイト・騰訊体育は27日、「キム・ヨナファン、地下鉄の広告で公正を訴える、
    『女神のためにソチに金メダルを要求する』」と題した記事を掲載した。

    韓国のフィギュアの女王、キム・ヨナのファンが、判定のやり直しをめぐり、国際スケート連盟(ISU)
    から韓国スケート連盟にいまだに何の回答もないことに業を煮やし、ソウルの地下鉄ホームに
    「キム・ヨナのソチスキャンダル」と題した大型広告を設置、ISUに早急に回答するよう求めている。

    キム・ヨナはソチ冬季五輪フィギュア女子シングルで、ロシアの新星ソトニコワに敗れ、銀メダルに
    終わった。だが、この結果を不服とした韓国を中心とするファンが署名活動を展開する騒ぎに発展。

    韓国スケート連盟は先月10日、正式にISUに訴状を提出、審判の「不正」の存在について再調査
    するよう求めた。

    ISU側は「3週間以内に結論を出す」と答えたが、いまだに何の回答もないことにキム・ヨナファンが
    業を煮やして募金活動を展開。集まった資金でソウル地下鉄4号線の明洞駅ホームに今月27日から
    「キム・ヨナのソチスキャンダル」と題した巨大広告を掲げ、「簡単に金メダルをあきらめない」との立場を
    表明している。

    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/383975/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ