ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/31(土)11:02:57 ID:olX2eJuqP
    中国メディア・BWCHINESE中文網は29日、「安倍氏は間もなく中国の『鉄拳』を味わうことになる」と題した記事を掲載した。

    20世紀から21世紀初めの10年間、中国はその大半の時間を地域における「魅力攻勢」に費やし、すべての近隣諸国と
    友好関係を発展させようとしたが、2009年ごろから、地域の紛争に強硬姿勢を取るようになった。日本の「ザ・ディプロマット」
    はハーバード大学の中国問題専門家の話を引用し、「21世紀初めの10年の中国外交は常に魅力に満ちていたわけでもなく、
    北京の強硬姿勢も今に始まったことではない。中国の今の外交政策は人々の想像以上に複雑で巧妙だ」と報じている。

    その典型的な例が、5月末にシンガポールで開催されるアジア安全保障会議(シャングリラ対話)における策略だという。
    今年のシャングリラ対話は中国にとって特に挑発的な意味合いを持つ。日本のナショナリスト首相、安倍晋三氏が舞台の中心
    に登場し、基調演説を行うからだ。中日関係が緊張を増す中、安倍氏の演説は容赦ないものになると予想できる。安倍氏は
    中国の南シナ海での行動をロシアのクリミアへの侵略にたとえ、この地域が1914年当時と同様の時期に直面していると明言、
    長い間続いた日本の軍事力に対する制限も緩めようとしている。その目的は中国への「抵抗」だ。

    中国は安倍氏の出席に抗議するため、今年のシャングリラ対話をボイコットするとの見方も出ているが、中国は全く慌てていない。
    中国は重要人物である傳瑩女史を含む大代表団を送り込む予定だ。傳女史は21世紀初めの10年間のいわゆる温和できめ
    細かい中国外交政策の代表的人物の1人。だが、その「ビロードの手袋」の温和な外見の裏には鉄拳が潜んでいる。たとえば、
    2012年にフィリピンと中国の船が南シナ海の黄岩島でにらみ合いになった時、中国は弁が立つ傳氏を派遣してフィリピン側に
    情勢を見誤らないよう注意を促した。

    今年初めには公の場で日本への批判もしている。傳氏は安倍氏にとって強力な相手であるといえる。しかも、日本は東南アジア
    との接触を通じて、中国に対抗する影響力を増やそうとしているが、各国は日本の再軍事化が地域の安定に及ぼす影響に懸念
    を示している。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/384288/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 01:02:54.31 ID:???.net
    (画像)
     燃費および環境関連規制が強化されるなか、世界自動車業界はグリーンカーの開発に死活をかけている。
     昨年世界で販売された完成車7900万台のうち、エコカーの比重は2.1%水準だった。2020年には7.6%まで
    伸びる見通しだ。現代車グループは全社的な投資を通じ、エコカー市場で2020年までにグローバルトップ企業への
    跳躍を狙う戦略を立てている。

     現代起亜車は1998年から次世代自動車に挙げられている水素燃料電池車の開発に乗り出した。水素燃料電池車は
    水以外に排気ガスを全く排出しない。現代車は先月、「Tucson(ツーソン)水素燃料電池車」を韓国で発表した。
     今年は光州(クァンジュ)広域市(15台)をはじめ、ソウル・蔚山(ウルサン)・忠清南道(チュンチョンナムド)などの
    主な地方自治体に40台を供給する計画だ。2025年までに合計1万台以上の水素燃料電池車を韓国内に普及させることを
    目標にしている。現代車の水素燃料電池車の量産体制構築は、ベンツ・GM・トヨタなどの世界の競争メーカーより
    1年以上も先んじている。

     ツーソン水素燃料電池車は、最高速度時速160キロ、停止状態から時速100キロに達する時間は12.5秒で
    内燃機関車に次ぐ。1回の充電で走行可能な距離は415キロ。

     特に注目されるのは現代車による独自の技術力だ。現代車は水素燃料電池車の主な部品を国内200社余りの
    協力会社と協業しながら開発し、全体部品およそ3万個のうち95%以上を国産化した。現代車環境技術センター所長の
    李起相(イ・ギサン)専務は「このような攻撃的な研究開発(R&D)投資を通じて2018年までに核心技術力を確保し、
    2020年にはグローバルリーダーとして浮上したい」と話した。今年は起亜車「Soul(ソウル)電気自動車(EV)」と
    来年の現代車「Sonata(ソナタ)プラグインハイブリッド」を出すなどエコカー・ラインナップも強化している。

     エコカーのR&D投資拡大に対する経営陣の意志もはっきりしている。現代車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長は
    年初の挨拶を通じて「エコカーおよび電子制御分野に対する研究開発投資を増やし優秀な人材を集中育成することによって、
    持続的な技術競争力を確保するための努力をしていかなければならない」と強調していた。

    中央日報/中央日報日本語版 2014年05月29日14時29分
    http://japanese.joins.com/article/902/185902.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 00:45:43.09 ID:???.net
    ■ケーキに太極旗
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    「護国報勲の月」に当たる6月を控え、ソウル市瑞草区の農協ハナロクラブ良才店で
    29日午前、国産米でつくったケーキに子どもたちが太極旗(韓国の国旗)を描いでいる。

    ソース NEWSIS/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/30/2014053000784.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ