ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140503_061: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 22:34:23.85 ID:???.net
     旅客船「セウォル号」沈没事故により、生徒250人が死亡または行方不明となっている京畿道安山市の檀園高校が、
    2学年を10クラスから3クラスに再編する方針を固めた。京畿道教育庁(教育委員会に相当)のペク・ソンヒョン報道官は1日、
    安山市内に設けられた政府の合同焼香所で記者会見を行い「生き残った生徒75人が学校に復帰した後、3クラスに再編して
    授業を行う方針だ」と述べた。生徒たちは現在、心理カウンセリングを受けているという。

     338人の生徒が在籍していた檀園高校の2学年は、今回の惨事により、修学旅行に参加しなかった13人と事故の生存者75人を合わせ、
    88人が残っている状態だ。現在も行方不明のままの74人が生還できなかった場合、檀園高校は2年生の74%を失うことになり、
    正常なクラス運営が不可能な状況だ。

     とりわけ、生存者が1-2人しかいない2年7組-10組は、担任も死亡または行方不明となっている。

     だが、ペク報道官は「授業を行うクラスを3クラスに再編するものであり、事務処理上の学級数は従来通り10クラスとする方針だ」
    と説明した。また「教員の補充や辞令を交付する準備はすでに完了している。生き残った生徒たちが学校に復帰し次第、適切な時期に
    新規教員への辞令を交付する」と話した。

    安山= ウォン・ソンウ記者 , キム・スンジェ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/05/02 10:54
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/02/2014050201041.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140503_031: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 20:21:08.95 ID:???.net
    支持率のため?大統領のおかしな「謝罪予告」発言
    閣僚会議での謝罪は「謝罪ではなかった」…認めたパク大統領

    「非公開謝罪は謝罪でもない」という遺族たちの絶叫が大統領府に向かった。

    「生還者0人」という政府の無能さに怒った世論が煮立った。ついに堅固だった支持率過半が崩壊した。

    崩れた支持率が不安だったためか。パク・クネ大統領が2日「追加謝罪」を予告した。

    「代案を持って今後対国民謝罪をしながら申し上げるのが道理」と言った。先月29日、セウォル号沈没惨事から14日目に出てきた
    「着席謝罪」以後、三日ぶりの言及だ。 以下略

    http://www.pressian.com/news/article.html?no=116852


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140503_041: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 20:30:18.23 ID:???.net
     乗客約400人を乗せて鬱陵島から独島(島根県・竹島の韓国名)に向かっていた旅客船「ドルフィン号」が2日午後4時ごろ、
    エンジン故障を起こして回航中であることが、分かった。

     複数の韓国メディアが報じたところによると、ドルフィン海運に所属する310トン級の旅客船ドルフィン号は午後2時40分ごろ、
    鬱陵島を出港。約2時間後の同4時40分ごろ、右側のエンジンに故障が発生した。現在は海洋警察の艦艇2隻の護衛を受けて
    鬱陵島に向かっているという。

     東海地方海洋港湾庁などによると、ドルフィン号は出港前の点検では特別な異常は発見されなかったといい、運航中に何らかの理由で、
    エンジントラブルが発生したと見られる。

     4月16日に起きた旅客船「セウォル号」の沈没事故を受けて、港湾庁は海洋警察など関連機関と合同で、同30日までに沿岸旅客船に
    対する緊急安全点検を実施していたという。そうした中で起こった今回のエンジン故障だけに、韓国民の不安と不満はさらに高まりそうだ。

    サンスポ 2014.5.2 19:40
    http://www.sanspo.com/geino/news/20140502/acc14050219400009-n1.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ