ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140412_041: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/11(金)21:39:55 ID:iVoyoYYJ5
    朝日新聞は今こそ小保方氏の悩みを聞いてあげるべき!

    最近、どうも朝日の評価がイマイチなんですよね。

    かつては飛ぶ鳥を落とす勢いと言ってもよかった!

    私は、役人時代に、相当年配の朝日の記者が次のように言っていたことを今でも憶えています。

    地方に記者として配属され、毎日酒ばかり飲んでいたが、それでもお金が貯まって家が建った、と。

    それほど給料も高く、インテリが多かった朝日新聞。それに、朝日を読んでいると大学受験に有利になるなんて噂までありました。

    しかし、最近は朝日のイメージが微妙に変化しているのです。というのも、ご承知のように、今日本では嫌韓、嫌中のムードが
    高まっているのですが、朝日が彼らを図に乗らせたというような見方があるからです。慰安婦の問題にしても靖国参拝の問題
    にしても、朝日が変なことを書いたから、おかしな方向に事態が発展してしまったのだ、と。

    確かに朝日は、我々が子どもの頃から進歩的なモノの見方をしていたのはそのとおり。そして、インテリ層は、そのような見方に
    影響を受けたということも十分に考えられるのです。

    しか~し‥では、朝日は余りにも自虐的過ぎたのか?

    それは少し違うのではないのでしょうか?

    戦争が終わって、我々日本人は反省をすることを求められていた。あの時代、かつての日本の軍隊がしたことを反省しないなんて
    ことがあり得たのでしょうか?

    いずれにしても、最近の朝日は、何をやっても世間に誤解されてしまうというか、間が悪い。

    イカソース
    http://blogos.com/article/84236/

    引用元: 【BLOGOS】 嫌韓、嫌中は朝日新聞が彼らを図に乗らせた、朝日は何をやっても間が悪い [04/11]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140412_031: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/11(金)21:29:19 ID:iVoyoYYJ5
    (韓国と語る)日韓は競いつつ、アジアのレベル向上を

    若宮啓文=日本国際交流センター・シニアフェロー

    来年の日韓国交正常化50年を前に、朝日新聞前主筆で日本国際交流センター・シニアフェローの若宮啓文さんが日韓関係に
    かかわってきた人たちにインタビューをしました。隔週で紹介する予定です。

    韓国と語る

         ◇

    ■日韓国交正常化50年を控えて

    まさか、こんなことになるなんて……と、多くの人が感じているのではないか。2002年にサッカーのワールドカップ(W杯)を共催し、
    空前の韓流ブームも起きたのに、いまの日韓は一体どうなってしまったのか…。

    いまだに植民地支配の痛みがうずく韓国。「いつまでたったら…」といらだつ日本。来年の「日韓国交正常化50年」を控えて、
    その溝が広がっているのだが、その昔、外相として日韓交渉に大きな役割を果たした大平正芳元首相の言葉を思い出す。
    「嫌だと言っても、どちらも引っ越しはできないのだから…」

    いま、韓国の人々はこの事態をどう見ているのか。日本に何を求めているのか。日本と関わってきた知識人を中心にインタビュー
    を重ねて対話を試みた。第1回はサッカーの韓国代表チーム監督の洪明甫(ホンミョンボ)さん。かつてJリーガーとしても活躍した
    彼の言葉は、両国の政治リーダーにも聞いてもらいたい。(若宮啓文=日本国際交流センター・シニアフェロー)

        ◇

    ■サッカー韓国代表監督・洪明甫さん

    ――前の李明博(イミョンバク)大統領が竹島(韓国名、独島)を訪れて日韓が騒然とする中、サッカーの韓国選手が「独島は我が
    領土」と書いたボードを掲げてグラウンドを走った事件がありましたね。2012年8月、ロンドン五輪の3位決定戦で日本に勝った時です。

    あれは突発事件でした。ちょうど独島の問題が騒がしくなっていたのですが、日本に勝って銅メダルをとったという興奮の中で、
    観衆の誰かが紙を渡し……。私はロッカールームにいたので何があったか分からず、事件を知ったのは翌日。銅メダル受賞の
    ためロンドンに向かうバスの中でした。

    ――それで大騒ぎになるわけですが、監督として、事件を聞いてどんな気持ちでしたか。

    サッカーに政治的なことが持ち込まれてはならないのに、ちょっと深刻な問題ではないかと思いましたが、やはり……。彼は授賞式
    に参加できなかったし、監督としては心が痛みました。

    イカソース
    http://www.asahi.com/articles/ASG437HP2G43UEHF00V.html?iref=com_fbox_d2_01

    引用元: 【朝日新聞】 朝日新聞前主筆、若宮啓文 「空前の韓流ブームも起きたのに、日韓は一体どうなってしまったのか…」 [04/11]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/11(金)19:16:30 ID:aqPQhNcqI
    俳優パク・シフ、20誌余り日本雑誌表紙モデル‘日本国内人気立証’

    俳優パク・シフが20誌余りに達する日本雑誌の表紙のモデルとなり日本列島を熱した。

    パク・シフはこの1年の間、韓国TVドラマガイド、KEJ、F to F、ENISHI、KNTVガイド、韓流FUN、
    K-RUSH、韓流旋風、韓流T.O.P、韓流ぴあ、CCCオフィシャル、crossint、K-boyなど20誌余りに
    達する日本国内の有力雑誌の表紙モデルを飾った。

    表紙モデルとなったパク・シフは、時にはダンディーなスーツ姿で、時にはソフトなニット姿で、時には
    サングラスをかけたカリスマあふれる姿で、色とりどり「20色の魅力」を誇示した。

    中国大陸で‘シフ熱風’をさく烈させているパク・シフが、日本でも‘韓流スター’の人気を計ることができる
    書店街を占領したわけだ。

    特にパク・シフは日本で放送された『王女の男』と『清潭洞(チョンダムドン)アリス』が日本のファンの爆風
    のような反応を受け、恐ろしい人気急上昇の勢いを継続している状況だ。パク・シフが出演した映画
    『殺人の告白』は日本で1年の間、リレー上映された。これに関連し、今年発売された『殺人の告白』の
    DVDが販売1位を記録する勢いを見せた。また、5月には『清潭洞アリス』のDVDまで発売される予定。
    日本を熱くさせている‘シフ熱風’が絶えず燃え上がる見通しだ。

    また、パク・シフは今まで放送された韓国ドラマの人気順位を測定する「韓国ドラマ大賞」部門でも時代劇
    部門と長編ドラマの2部門を席巻する光栄も得た。時代劇部門では『王女の男』が、長編ドラマ部門では
    『家紋の栄光』がそれぞれ1位を獲得、パク・シフの特別な人気を立証した。さらにパク・シフは日本国内で
    行われる各種人気投票ポール(POLL)においても有名韓流スターを抜いて人気ランキング1位となるなど、
    重みのある人気を維持している。

    続いてパク・シフは今月5日、パク・シフの誕生日を迎えてパク・シフの故郷である忠清南道扶余(チュン
    チョンナムド・プヨ)を訪問した日本と中国のファン400人余りと、ささやかながら意味深い誕生日パーティー
    も行った。パク・シフの誕生日を記念する意味で扶余訪問を決めたファンたちの配慮に対する格別の愛情
    を示した。この日の誕生日パーティー以降、日本に戻った400人余りのファンらがパク・シフ公式ファン・
    カフェ(オンラインコミュニティ)「シフと」にその日の胸いっぱいの感動を伝え、パク・シフに対する応援
    メッセージが殺到している。

    所属会社のフ・ファクトリーは「『清潭洞アリス』と『王女の男』が相次いで放送された後、日本国内でパク・
    シフに対する‘ラブコール’が絶えず続いている」とし、「つつましく、充実した姿で絶えず努力する」とコメントした。
    http://japanese.joins.com/article/066/184066.html?servcode=700§code=740
    俳優パク・シフが20誌余りに達する日本国内の有力雑誌の表紙モデルを飾った。(写真=フ・ファクトリー)


    引用元: 【韓流】 俳優パク・シフ、日本ファンの爆風のような反応を受け、恐ろしい人気急上昇で‘シフ熱風’が燃え上がっている [04/11]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ