ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140501_071: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/03(土)05:03:40 ID:3d7W6Wbqk
    「JAPANESE ONLY」「ファックサイン」と問題が続いたJリーグに、今度は「募金詐欺疑惑」が持ち上がっている。

    4月29日に行われたJ1リーグ戦後、サガン鳥栖は「韓国旅客船事故に対する募金活動」を実施。公式サイトでは、ユン・ジョンファン監督を
    はじめ、多くの韓国籍の選手・スタッフが在籍していることから、今回の募金活動を行うことになったと経緯説明しているが、なぜか翌30日に
    急遽中止を発表。「目標募金額に達したため」としているが、募金額はたったの12万9,336円。また「『多くの方々に、サッカーを通して夢や
    希望を与えていきたい』という願いから、サッカーボールの寄付等の資金に役立たせて頂きます」という運営側のコメントに、「募金の送り先が
    被害者ではなく韓国サッカー協会って、募金詐欺だろ?」といった批判が相次いだ。

    「サッカーボールの寄付等の資金」にしては十分な金額かもしれないが、大々的に行った活動の目標金額が10万円というのは考えにくい。
    また、ネット上では、中央日報の「犠牲者の遺族対策委員会が同意していない寄付・募金を直ちに中止してほしい」という記事を受けて
    募金活動を中止したのでは、とサガン鳥栖のフライングを勘繰る声も多い。

    「実は、韓国旅客船沈没事故の直後に行われたアジアチャンピオンズリーグでも、出場しているJリーグクラブから、“何かアクションを”
    という支援の声があったんです。ただ、韓国側の体制も整っていないこともあり、日本サッカー協会からはストップの声がかかったと
    聞いています」(サッカー関係者)

    実際、Jリーグの試合では、韓国出身選手の在籍するチームが喪章を付けている。それもあり、サガン鳥栖は募金活動に動いた。

    「サガン鳥栖は、韓国出身のユン監督のおかげで持っているといっても過言ではない。日本代表候補である豊田陽平が横浜F・マリノスの
    高額オファーを断ったのも、ユン監督がいたから。ユン監督は韓国のスター選手だったので、彼の心情や体面を察して、サガン鳥栖は
    すぐに募金活動に動いた。ただ、それがこんなに早く終了となるのは考えられません。クラブ単体での動きだったために各方面から批判を
    受け、早めに終了せざるを得なかったと考えるのが妥当でしょう。当初は被害者家族に寄付金を送る予定だったのも、仕方なく“韓国サッカー
    協会へのボール寄付”としたのでは」(同)

    株式会社佐賀スポーツクラブ、そして株式会社サガン鳥栖が運営していた頃、サガン鳥栖といえば悪いウワサばかりだった。佐賀への
    ホームタウン移転がうまくいかず、観客の水増しでごまかすなど、ずさんな経営から一度は解散。02年に就任した女社長は、チームを
    政治や宗教活動に利用するなど混迷を極めた。幾度となく経営破綻寸前まで追い込まれたのは必然という声が多い。

    そんな難局にあったチームを立て直したのが、現在の株式会社サガンドリームスである。プロの経営者といえるクリークアンドリバー社の
    井川幸広氏が、“ロマンとソロバン”の意識を植え付け、安定したクラブとなる基盤を作った。そんな生まれ変わったサガン鳥栖だけに、
    今回の騒動については多くのサッカー関係者が「勇み足だったと思ってほしい」と擁護していた。どうやら、単にサガン鳥栖の善意による
    フライングだったようだ。
    http://www.cyzo.com/2014/05/post_17037.html
    http://www.cyzo.com/2014/05/post_17037_2.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140503_071: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 02:27:57.44 ID:???0.net
    近くて遠い「反日・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140419/wec14041907000001-n1.htm

    インドへ旅をしてきました。今こそ、パキスタンやバングラディッシュと国を分かちあいますが、
    インダス文明を生んだ古代都市圏として、またBRICS新興経済発展国の一角としても、
    インドがアジアの一盟主であることに変わりはなく、中でも、
    長期にわたり極めて親日的な国家・国民でいてくれることを忘れるわけにはゆきません。
     動物・人類学者のお説によると、類人猿には大区分すると、
    攻撃的・闘争的なチンパンジー派と友好的・防御的で愛の心情を持つボノボ派の2種に分かれるそうです。
    人類にも同じような性癖が継承されているらしく、さしずめ中華・朝鮮両民族がチンパンジー系なら、
    日本・インド両民族はボノボ系といえるのかもしれません

    現下のインドは、面積で世界第7位。人口は12・5億で、中国に僅差で次いで第2位ですが、
    45%が20歳以下なので、2030年には、間違いなく世界一の人口大国になるといわれております。
    観光ガイドの話では、結婚と家族関係を大切にする伝統があり、
    特に結婚式の招待客も数百人を超え、花火を打ち上げたり、万色のライトをともして
    楽団演奏で踊ったり相当派手なイベントが数夜も続くのだそうです。

     なんでも、世界最大の鉄鋼会社ミタルスチール社(一時期新日鉄も買収の危機に
    さらされたようですが、それも新日鉄と住金合併の引き金になったのかもしれません)
    のオーナー社長の御嬢さんの結婚式では、75億円もかけ、ベルサイユ宮殿を借り切り、
    世界中から数千人の招待客を集め、盛大な祝典を繰り広げたそうです。
    ちなみにミタル社は、フランスのユジノール製鉄会社由来のアルセロール社や
    オランダの会社などを買収しており、ミタル氏の欧州での高名と各界へのコネは無限のようです。(後略)


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 02:04:30.42 ID:???0.net
     通算100回目となった首相官邸前の脱原発集会。2日は脱原発が進まないことへの怒りから主催者側が「100回もこんなこと
    やらせるな」と叫び、参加者は「原発やめろ」と声をからして訴えた。

     午後6時。日が暮れかけた国会議事堂周辺にこの日も人々が集まった。手には思い思いのメッセージを書いたプラカード。
    「なくそう原発」「子どもを守れ」。こどもの日を前に、こいのぼりを描いたものも。太鼓やラッパのリズムに合わせ「川内原発」
    「敦賀原発」「伊方原発」…と各地の原発を挙げながら「廃炉」と大声を上げた。

     この日初めて参加したという東京都世田谷区の男性会社員(26)は「趣味でサーフィンをやっているので、大好きな海が汚れる
    のは悲しい。(脱原発は)難しいテーマだと思うけど、自分の生活につながる問題として考えるきっかけにしたい」と話した。

     自然保護活動に取り組む千葉県習志野市の牛野くみ子さん(78)は、これまで10回ほど参加しているといい「集会を100回やっても
    『分からず屋』がいる限り原発を取り巻く状況はなかなか変わらない」と憤った。

    ソース(nikkansports) http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140502-1294732.html
    写真=首相官邸前で脱原発を訴え、声を張り上げるデモ参加者

    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ