ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/25(日) 10:31:59.68 ID:???.net
     台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手、台湾積体電路製造(TSMC)は韓国人の設備エンジニアが修理のためTSMCの工場に
    入ることを禁止している。機密漏えいを警戒しての対策だ。台湾・自由時報の報道として、元器件交易網が23日伝えた。

     TSMCの張忠謀董事長は自社がもはやほかのファウンドリーと競合するだけの存在ではなく、半導体メーカーの米インテルや韓国の
    サムスンと競争する新たな段階に入ったと認識している。そのため技術力向上を目指し、対策を進めてきた。

     TSMCは同社からサムスンに移籍した研究開発担当者、梁孟松氏に対し、TSMCの機密情報などを漏らさないよう求めて起こした
    裁判で、最近、二審勝訴を勝ち取った。

    ソース(新華社) http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/383571/
    写真 http://www.xinhua.jp/resource/2014/05/1813.jpg


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/05/25(日) 10:24:45.31 ID:???.net
    【新刊】荒井信一著、イ・テジン、キム・ウンジュ訳『略奪文化財は誰のものか』(太学社)

     「韓国の国民は上も下も怠惰が常習となり、国力はますます衰退した」。これは、
    1904年の『韓国建築調査報告』出版に参加した日本の考古学者、西川宏の言葉だ。
    韓国人と韓国史を一方的に見下す視点を有するこの調査は、その後、文化財の大量
    略奪という状況につながっていく。

     建築史家の関野貞(ただし)が書いた韓国建築・遺跡の調査報告は、日本人の
    間に「朝鮮遺物収集ブーム」を起こした。実業家の小倉武之助は、朝鮮各地で遺物を
    かき集めて日本に持ち出し、死後に東京国立博物館へ寄贈されたものだけでも
    約1000点に達した。2011年の『朝鮮王室儀軌』返還で大きな役割を果たした著者は、
    略奪文化財の返還こそが植民主義克服と持続的な平和確立の出発点だと力説している。1万5000ウォン(約1500円)。

    兪碩在(ユ・ソクチェ)記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/25/2014052500169.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/25(日) 08:44:53.75 ID:???.net
     北朝鮮の首都・平壌で十三日に建設中の高層アパートが崩壊した事故で、北朝鮮関係者は二十四日、工事を担当した朝鮮人民軍
    幹部や技術者ら少なくとも五人が手抜き工事の責任を問われ、解任や銃殺など粛清されたと明らかにした。また、死者数は五百人に
    上るとの情報が平壌で広がっているという。

     この関係者は事故について「北朝鮮の破綻した経済状況が露骨に反映した」と指摘する。事故原因は不明だが、建設現場では、
    幹部や作業員によるセメント、鉄筋などの資材抜き取りも行われていたとされる。作業員は抜き取ったセメントを弁当箱などに隠して
    持ち帰っていた。闇市場ではリュック一袋分が二ドルで転売でき、労働者の月給の実質六、七倍にもなったという。

     関係者によると、崩壊した平壌市平川(ピョンチョン)区域のアパートは二十三階建てで、地上四階部分までが完工していた。
    一階部分には軍の建設指揮部があったといい、多くの住民とともに指揮部メンバーも死亡。一部メンバーは携帯電話で救助を求め、
    難を逃れたという。

     事故の責任を問われたのは、建設を実質的に指揮する人民軍七総局長で、解任と同時に強制収容所に送られた。

     また、設計・施工を担当した技術者四人が事故発生後まもなく銃殺刑に処せられたという。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014052502000140.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ