ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 21:48:29.12 ID:???.net
    (原文の朝鮮語を機械翻訳して、記者が微修正)

     殉国烈士の愛国的な活動を記録して、彼らの魂を賛えるために立てられた顕忠院(ヒョンチュンウォン)愛国の志士墓地の墓碑が
    間違いだらけだと確認された。 ソウル、銅雀洞(トンジャクトン)国立顕忠院(ヒョンチュンウォン)愛国の志士墓地に安置された
    墓碑79期に書かれた記録が、国立顕忠院(ヒョンチュンウォン)サイバー追慕観の功績録と違ったことが5日、明らかになった。
     これは世界日報が初めて墓碑214基を伝授調査した結果だ。 二つの資料を対照・分析した結果、全体の37%が異なっていたり間違いだった。

     墓碑を管理しなければならない責任がある顕忠院(ヒョンチュンウォン)はこのような事実を全く知らず、一度も正しい調査を行ってこなかった。
     毎年数万人が顕忠院(ヒョンチュンウォン)を訪問して、後世にでたらめな現場教育をさせていたという非難を避け難い事態となった。

     墓碑銘のミスは、烈士の名前をはじめとして、所属団体、死亡原因、事件発生年月日など様々だった。 特に事件発生年月日のミスは、
    48件も見つかり、数が最も多かった。 この他に、▲愛国の志士の所属団体および活動内容が功績録と違ったケース、21件
    ▲名前が間違って表記されたケース、17件▲死亡原因が間違って記録されたケースが6件だった。 墓碑銘表記が頭音法則で功績録とは異なる
    表記の碑石も発見された。 建国勲章が叙勲された年の末尾表記がないという、あきれる墓碑も発見された。

     墓碑に間違って記録された歴史的事件が韓国殉国烈士の日に、この場所を訪問した学生たちへ混乱をもたらしかねないため、早急な修正が必要である。
     日帝時代に鍾路(チョンノ)警察署爆弾投擲事件は1923年発生したが、一部愛国の志士の墓碑には「1921年」と記されていた。 功績録にも1922年と、
    間違って表記されている。また、ある愛国の志士の墓碑には、彼が1915年‘光復(解放)団’に加入したことになっているが、功績録には大韓光復会に
    加入したと記録されているため、どれが誤っているのか判断しにくくなっている。

     行跡も墓碑と功績録記録が違う場合が多かった。 墓碑には「日本の警察の銃で射殺された」と記されていたが、功績録には「戦闘中自決した」と記録されていた。

     高麗(コリョ)大カン・マンキル名誉教授は「愛国の志士を国立墓地に安置したら、その方の行跡を正確に記録するのが正しい待遇」として
    「愛国の志士の碑文は韓国の歴史記録であるから、独立運動史専門家たちが全面的に調査して正さなければならない」と話した。

    イ・ジェホ記者

    世界日報 2014-06-06 20:35:13

    http://www.segye.com/content/html/2014/06/05/20140605006626.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 20:29:00.26 ID:???.net
    (画像:ミサイルを“落とした”韓国のF-4戦闘機)
     客船「セウォル号」沈没事故での救出活動をめぐり、政府や海洋警察とともに大きな批判を浴びた韓国軍だが、
    客船事故後もトラブルや不祥事が相次ぎ、国民をあきれさせている。戦闘機はミサイルを落とし、20億円の自慢の
    無人偵察機は墜落。空軍基地の滑走路も手抜き工事で使用停止に。さらに、飛行時間が足りなくても「機長」の
    資格を与える訓練擬装が過去何年にもわたって常態化していたことも発覚。大事故の反省を生かすどころか、
    不正は底なしの様相を見せている。

    (岡田敏彦)

      ・ミサイルが落下、そして発射され

     聯合ニュース(電子版)などによると、セウォル号事故の2週間後の4月29日に忠北清原にある空軍基地の滑走路で、
    離陸しようとしていたF-4ファントム戦闘機に搭載されていたミサイル1発が機体から外れて滑走路上に落下した。
     これだけでも大問題だが、「ミサイルは機体から外れた衝撃で一部破損した」とする軍の発表が虚偽だったことが分かり、
    再び軍批判が沸騰する事態となった。

     実はミサイルの推進装置(ロケットモーター)の部分が、滑走路から約2・3キロ先の地点まで飛んでいたことが明らかになった。
     つまり、ミサイルはただ落ちたのではなく、その後「発射」されていたのだ。

     軍では当初「転がった」などと説明していたが、2キロも転がるミサイルがあるわけもなく、韓国マスコミは「誤射じゃないのか」
    と追及。その結果、軍はようやく「パイロットがミサイルを発射しようとしたわけではなく、発射の電気回線がショートした」と公表した。

     またも整備不良が原因の事故だったわけで、空軍の対応については朝鮮日報などが「意図的に事態を縮小・隠蔽(いんぺい)
    しようとしたのではないか」と報じている。

    (以下略:長いけど楽しめる続きはソース元にてご確認ください)

    msn産経ニュースWEST 2014.6.5 07:00
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140605/waf14060507000002-n1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140608_0641001: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 20:09:27.92 ID:???.net
    ■島北部で国境花火大会計画

    対馬市は5日、10月に島北部で約1万5千発の花火を打ち上げる「国境花火大会」を開く計画を明らかにした。

    対岸の韓国釜山市では毎年10月に数万発規模の「世界花火祭り」が開かれており、島北部から観賞できる。
    国境花火大会は同祭りと開催時期を合わせる格好で「国境の島 対馬」をPRし、国内や韓国の観光客を呼び
    込むのが狙い。

    市上対馬振興部地域振興課によると、国境花火大会は同市上対馬町の鰐浦漁港から花火を打ち上げる予定。
    世界花火祭り(10月24、25日)後の26日開催を検討している。対馬から韓国までの距離は約50キロで、
    今年3月には同漁港で約900発を打ち上げ韓国側から見えるか実験したが、雨と霧で確認できなかったという。

    市は6月定例市議会の一般会計補正予算案に開催費約2千万円を計上。うち半分は国の離島活性化交付金を
    活用する。

    財部能成市長は「花火大会開催日は釜山市と協議して決めたい。釜山から花火を眺めてもらい、対馬をより近くに
    感じてもらえれば」と話した。

    長崎新聞
    http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2014/06/06091802013550.shtml


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ