ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title1: 荒波φ ★ 2019/06/17(月) 09:14:29.62 ID:CAP_USER
    冷え切った韓日関係に雪解けの兆しが見えている。額賀福志郎・日韓議員連盟議長が14、15日に韓国を訪れ、李洛淵(イ・ナクヨン)首相や姜昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟議長らに会ったという。

    額賀氏は14日、金大中(キム・デジュン)図書館を訪れ、遺族に故李姫鎬(イ・ヒホ)さんへの追悼の意を伝えた。

    これに先立ち12日、韓日議員連盟は今年の合同総会を9月18日に東京で開催することで合意した。両国は1972年以降、毎年交替で総会を開催してきたが、今年は冷え切った両国関係ため、開催されるかどうか注目されてきた。

    文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は同日、鳩山由紀夫元首相に会って、自身の「天皇謝罪発言」について日本国民に謝罪した。

    このような動きの背景には、今月28~29日に大阪で開かれる主要20ヵ国・地域(G20)首脳会議があるとみえる。両国関係は昨年10月以来、元徴用工賠償判決、慰安婦財団の解散、哨戒機レーダー照射問題などをめぐって「最悪」と言われてきた。トランプ米大統領などが憂慮したほどだ。

    G20では韓日間首脳会談が略式会談である「プル・アサイド(pull aside)」会談になるという観測も流れた。現在のところ、議員間の関係改善の動きも元徴用工問題など各論に入れば、両国の温度差は大きい。

    韓国と日本は地政学的に最も近く、自由民主主義と市場経済の価値を共有する隣国だ。日本としては、G20を開いたものの、最も近い国の首脳と会談しない事態は、国際社会が見ても困惑することだ。

    韓国としても、北朝鮮の非核化や中国への対応などで韓米日3国の協力は重要だ。米国と中国の覇権争いが激しくなる中、国家の命運にとっても韓日の協力は必要だ。

    両国は、G20というモメンタムを生かし、意志疎通と協力が可能な関係に改善していく必要がある。G20で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が正常な首脳会談を行えるよう糸口を模索しなければならない。

    両首脳が無条件に会って、これまでの不信を払しょくし、関係を改善していく契機にしなければならない。そうしてこそ未来が開かれる。未来は叫ぶだけで開かれるものではない。


    June. 17, 2019 08:39
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20190617/1763099/1/

    引用元: 【東亞日報/社説】 韓日首脳、大阪G20モメンタムを逃してはならない [06/17]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/17(月) 20:56:55.88 ID:CAP_USER
    【北京=羽田野主】中国国営の新華社は17日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が6月20日から21日まで北朝鮮の首都・平壌を公式訪問すると報じた。金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談する。習国家主席が平壌を訪問するのは初めて。米中貿易戦争のさなかに北朝鮮を訪問し、トランプ米政権をけん制する狙いがあるとみられる。北朝鮮の非核化の進め方などを巡り協議する見通しだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46212110X10C19A6000000/
    日本経済新聞 2019/6/17 20:19

    引用元: 【習主席】北朝鮮を初訪問、6月20日から 米中貿易戦争のさなかに北を訪問し、トランプ米政権をけん制する狙いがあるとみられる[6/17]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    韓国国旗
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/17(月) 17:40:24.90 ID:CAP_USER
    2019年6月17日、韓国・国民日報は、ポーランドで開催されていたU-20ワールドカップで日本代表が「フェアプレー賞」を受賞したことに疑問を呈する記事を掲載した。

    日本代表は決勝トーナメント1回戦で韓国に0‐1で敗れたが、フェアプレー賞に輝いた。日本を選定した理由について、国際サッカー連盟(FIFA)は「4試合でもらったイエローカードは7枚だけで、ファウルも平均16回だった」と説明した。

    しかし記事は「この説明は統計上間違っている」とし、「実際は4試合で70回のファウルをし、1試合当たりの平均は17.5回。平均16回は3試合を集計した数だ」と指摘。さらに「日本は4試合すべてで相手チームよりファウルが多かった。韓国戦ではファウル数が急激に増え、韓国(11回)の2倍の22回だった。試合前は韓国選手によるファウルが懸念されていたが、実際は手を使ったり、足を高く上げてタックルしたりしたのは日本の選手だった」などとしている。

    一方、韓国代表については「決勝戦までの7試合全てで相手チームより少ない、もしくは同じ数のファウル数だった上、レッドカードもなく、警告累積で出場できない選手もいなかった」と評価している。

    これを受け、韓国のネットユーザーからも「韓国戦でもプレーが荒かった。それに16強で脱落した日本がなぜフェアプレー賞をもらえる?」「日本の金の力だろう」「FIFAがスポーツマンシップに基づく純粋な団体でないことが分かった。フェアプレーもして勝利もした韓国代表が誇らしい」「韓国の方が荒いプレーをしそうなイメージだけど、実際は逆だ」「掃除のうまさが評価されたのでは?」「フェアプレー賞も本当は韓国のものだった」など日本のフェアプレー賞に不満げな声が数多く上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b721582-s0-c50-d0058.html
    Record China 6月17日(月)16時40分

    引用元: 【サッカー】日本の「フェアプレー賞」はおかしい?韓国メディアが指摘=ネットも賛同「韓国の方が荒いイメージだが実際は逆」[6/17]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ