ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: 蚯蚓φ ★ 2017/02/25(土) 15:25:00.35 ID:CAP_USER
    院内最大政党であり第一野党、共に民主党が24日、『少女像移転』に出た外交部を狙って「いったいどこの国、どこの国民のための外交部なのか」と糾弾した。

    コ・ヨンジン報道官はこの日午前、ブリーフィングを通じて「外交部が(去る14日)、釜山(プサン)日本総領事館前の少女像移転要求公文書を送っただけでも足りず、(23日定例ブリーフィングでは)ソウル日本大使館前少女像も移転しなければなければならないという立場を明らかにした」として、このように叱責した。

    「もう大韓民国外交部ではなく日本のための外交部、『倭交部』と呼ばなければならないのではないか、強い疑問を提起する。」(訳注:外と倭はハングルは異なるが、日本語で発音表記すると共に「ウェ」)

    彼は「日本官房長官は韓国外交部が少女像移転関連公文書を送ったことに満足できないとし、もっと勢いを増して「韓国側にずっと韓日合意履行を求める」と言っている」とし、「日本政府に白旗投降した外交部が日本政府の居直り姿勢に力を与えている」と指摘した。

    「被害者である私たち国民が外交部の拙速合意のために日本政府に屈辱にあわなければならない現実に怒らざるをえない」とし、「私たち国民が『国際慣例』に外れると言って日本政府の正当性を代弁する外交部はこれ以上少女像を口にする資格がない」と強調した。

    イ・ジェジョン院内報道官も「国民の恥辱と抗議を冷遇する外交部は大韓民国の外交部ではなく、いっそ『外面部』というのがふさわしい状況」とし、「黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行が率いる政府のレベルがせいぜいこの程度なのか。まったく国民に対する礼儀と配慮が見られない政府」と非難した。

    彼は「ファン代行と外交部は、私たち国民にはこれ以上日本の要求の『下請け外交』を日常的に行う政府は必要でないという事実を悟るよう望む」と話した。

    イ・グァンギル記者

    ソース:)統一ニュース(韓国語) オイ、「日本の『下請け外交』や日常行う倭交付」猛非難
    http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=119879

    関連スレ:【韓国】韓国外交部、地方自治体への「少女像」公文書釈明 「強要というより知恵を集める必要あるという趣旨」[02/24]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487885980/

    引用元: 【慰安婦問題】 「これじゃ外交部じゃなくて倭交部だ」~韓国野党、少女像移転促す政府の『下請け外交』を猛非難[02/24]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 野良ハムスター ★ 2017/02/25(土) 12:01:11.06 ID:CAP_USER9
    「これ以上、子どもを犠牲にしないで」/埼玉県の補助金停止から7年
    同胞と日本市民が街頭アピールと要請 

    「朝鮮学校の補助金凍結は差別です」「埼玉弁護士会の警告に従って」―。

    2010年度から埼玉朝鮮学園への補助金を止めている埼玉県に対し、2月20日、同胞保護者、「外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク埼玉」をはじめとする日本市民約70人が埼玉県庁前(さいたま市浦和区)で支給再開を求めアピールを行った。

    no title

    http://chosonsinbo.com/jp/2017/02/0223yh/

    引用元: 「朝鮮学校の補助金凍結は差別」「子どもを犠牲にしないで」 埼玉県の補助金停止から7年、同胞と日本市民70人がアピール 


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20170225_083200
    1: シャチ ★ 2017/02/24(金) 17:31:04.02 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 2/24(金) 16:27配信 小沢一郎氏、野党が共闘すれば「自民党に勝てる」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00010002-spht-ent&p=1
    自由党の小沢一郎代表(74)が24日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に生出演し、
    「野党が連合すれば自民党を倒せる」と豪語した。

     ゲストコメンテーターの東国原英夫氏(59)から「二大政党制の理念はよかったけど10年、15年経って、
    日本の風土とか文化・風習に合わないんじゃないか。二大政党制は日本に根付くか聞いてみたかった」
    と問われた小沢氏は「2つじゃなくたっていい。民主主義は2つ以上の政党がお互いに競い合って、
    政権を国民の支持でもって担っていく。おかしなことをすればほかの政党に取って代わられる。
    そういう政権交代、議院内閣制が民主主義」と解説。「1つの党だけで政権をずっと続けていくのは、
    民主主義そのものの機能を果たしていないことになる。権力というのは、長く続けていれば必ず腐敗する。
    そういう意味で、2つの党を中心とした勢力が国民の選択によって政権を担える形にしたい。日本の場合は、
    戦後自民党を中心とした政権が半世紀続いた。こんなの先進国じゃない。だから日本は民主主義国家と
    思われていない」と述べた。

    ■蓮舫代表と新党構想の話は…
     さらに東国原氏から「共産党、民進党などと理念で一致できるのか」と問われると「一つの党にする気は毛頭ない。
    共産党もない。ただ、基本の大きな柱、問題で一致できると思う。選挙という点で協力することは何もおかしいことじゃない。
    日本ではおかしいという声が上がるけれど、フランスなどのヨーロッパでは右派も左派も一緒になって戦う。
    基本のスタンスがあってさえいれば、細かいところまで一緒になる必要はない。自民党だってばらばら、
    公明党だって自民党と意見が違っているけど権力で一緒になっている」とまくし立てた。

     小沢氏は民進党・蓮舫代表(49)と極秘会談を行ったという。番組MCの坂上忍(49)から「ずばり新党構想はあるのか」と聞かれ、
    「具体的な話をしたわけではない。しかし、野党がばらばらでは勝てっこないから、それは国民にとって一番不幸なこと。
    野党共闘で選挙戦を戦う、それは蓮舫さんも一緒だと思う」と私見を述べた。

    ■野党勝利には投票率60%以上
     小沢氏は「政権を取るのは簡単。野党がいっぱいになれば勝てる。自民党の票は全く増えていない」とコメント。
    東国原氏によると「今の自民党の持っている票数は2000万票。それが投票率60%近くになると、
    数字的には勝てる」と分析があった。2009年に民主党政権に期待したけどだめだったので、
    それから投票にいっていない層が一定数いるという。小沢氏はそれを取り込むことを画策しているが
    「3党合わさって新党になれば国民の皆さんは、今度こそやってくれると期待してくれて票が集まる。
    09年の時は70%の投票率だった。この前は50%、20%棄権している。それは民主党政権にがっかりしたということですが…
    20%といえば2000万票。私の分析ではその7割から8割が野党に入れてくれる。ですから野党は圧勝します」と言い切った。

    引用元: 【政治】小沢一郎氏「野党が連合すれば自民党を倒せる」「新党が出来れば国民は期待して票は集まる」


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ