ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: 【B:82 W:92 H:99 (C cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/19(火) 20:04:46.02 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 「天道輪廻(因果応報)だ!韓国人は結局報いを受ける事になった。もし02年にVARがあったなら・・・」(上海熱線)。

    『2018ロシアワールドカップ』F組初戦のスウェーデン戦で痛恨の敗北を喫した韓国に対し、中国と日本ネチズンが嘲弄した。

    去る18日にスウェーデンと対戦した韓国は、ペナルティーキックの失点でスウェーデンに決勝ゴールを許して0対1で敗れた。

    これを見た中国と日本ネチズンは、「韓国は去る2002年の日韓W杯ベスト16、イタリア戦での誤審に対する罰を受けた」と言いながら、「全ては“因果応報”」と非難した。

    韓国-イタリアのベスト16の試合で延長前半、トッティーはペナルティーエリアの中で倒れた。

    韓国の選手が近付いてはいたが身体接触が一切なかったため、トッティーは『ハリウッドアクション』で警告を受けた。先立って肘を使って受けた警告が累積して、トッティーは退場となった。

    (写真)
    no title

    ▲ 2002年ワールドカップベスト16、韓国-イタリア戦で退場になったトッティー。

    この判定を巡って物議を醸したが、おおむね妥当な判定だったという意見が多数だった。しかし退場当事国のイタリアは根強く『誤審』と主張した。

    そして何の関係もないが韓国が上手く行っている事がけしからんとし、中国と日本まで力を合わせて「誤審だ。不公平な判定だ」と韓国を批判した。

    こうして中国と日本ネチズンが再びこの事を取り上げ、韓国の敗北を嘲弄した。

    韓国の敗北に『審判』の影響があったとしても、そのような審判に当たったのは2002韓日ワールドカップ当時の誤審のツケが『因果応報』として現れたというのだ。

    (写真)
    no title

    ▲ スウェーデン戦のホエル・アギラール主審

    中国のポータルサイトには、「韓国人は結局報いを受けた事になる」という、露骨なタイトルの非難記事まで出てきた。

    この記事を見た中国ネチズンは、「我が中国チームは強くはないが汚くはない」や、「これは全て韓国が自ら招いた事でアル」。非常に痛快でアル」と皮肉った。

    no title

    ▲ オンラインコミュニティー。

    日本ネチズンの反応も中国ネチズンと特に変わらなかった。

    日本ネチズンは、「審判買収で勝利を拾ったら、今回にはビデオ判定に首を絞められる立場になったた」、「結果は妥当だ」と言いながら、韓国の敗北は当然で審判判定は問題ないと反応した。

    一方これを見た韓国のネチズンは、「ネチズンはそうだとしても、マスコミがこんな記事を書くのか」、「中国はワールドカップも出れなかったくせに」、「日本も同じようなものでは」など、不快だという反応を見せている。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/161537

    引用元: 【W杯】韓国がスウェーデンに負けると浮かれて『嘲弄』する中国と日本のネチズンたち[06/19]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/19(火) 12:31:02.92 ID:CAP_USER
    no title

    ▲18日、ソウルの韓国外務省で記者会見する康京和外相(聯合=共同)

     河野太郎外相は19日午前の記者会見で、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が慰安婦問題を国際社会で人権問題として位置づける計画を準備していると公表したことについて「日韓合意の精神に反するものだ」と不快感を示した。そのうえで「先方の真意をしっかり確認したい」と語った。

     河野氏は、康氏や文在寅大統領と14日に会談し、未来志向の関係構築を確認したばかりだったことに触れ「いぶかしく思っている。このようなことが続けば、せっかくの日韓パートナーシップ20周年を前向きに祝い、未来志向の関係を作っていくことが難しくなるのは先方も分かっているはずだ」と語った。

    ソース:産経ニュース<河野太郎外相「日韓合意の精神に反する」 韓国の「慰安婦問題を人権問題に位置づける」計画準備に不快感>
    https://www.sankei.com/politics/news/180619/plt1806190009-n1.html

    関連スレ:【慰安婦問題】 「国際社会で人権問題として位置付けられるよう計画を準備中」=韓国外相[06/18]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529298596/

    引用元: 【慰安婦問題】 河野太郎外相「日韓合意の精神に反する」~韓国の「慰安婦問題を人権問題に位置づける」計画準備に不快感[06/19]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    日刊ゲンダイ1: クロ ★ 2018/06/18(月) 23:32:09.27 ID:CAP_USER9
     ウソとデタラメにまみれた安倍政権のもと、この国はどんどん右傾化し、全体主義へ向かおうとしている――。そんな危機感を抱く芥川賞作家、中村文則氏の発言は正鵠を射るものばかりだ。「国家というものが私物化されていく、めったに見られない歴史的現象を目の当たりにしている」「今の日本の状況は、首相主権の国と思えてならない」。批判勢力への圧力をいとわない政権に対し、声を上げ続ける原動力は何なのか、どこから湧き上がるのか。

    ――国会ではモリカケ問題の追及が1年以上も続いています。

     このところの僕の一日は、目を覚ましてから新聞などで内閣が総辞職したかを見るところから始まるんですよね。安倍首相は昨年7月、加計学園の獣医学部新設計画について「今年1月20日に初めて知った」と国会答弁した。国家戦略特区諮問会議で加計学園が事業者に選ばれた時に知ったと。これはもう、首相を辞めるんだと思いました。知らなかったはずがない。誰がどう考えてもおかしい。ついにこの政権が終わるんだと思ったんですけど、そこから長いですね。

      ――「現憲法の国民主権を、脳内で首相主権に改ざんすれば全て説明がつく」とも指摘されました。

     首相が言うことが絶対で、首相が何かを言えばそれに合わせる。首相答弁や政権の都合に沿って周りが答弁するだけでなく、公文書も改ざんされ、法案の根拠とする立法事実のデータまで捏造してしまうことが分かりました。この国では何かを調べようとすると、公文書や調査データが廃棄されたり、捏造されている可能性がある。何も信用できないですよね。信用できるのはもう、天気予報だけですよ。後から答え合わせができますから。安倍首相の言動とあれば、何でもかんでも肯定する“有識者”といわれる人たちも、いい大人なのにみっともないと思う。

      ――熱烈な支持者ほど、その傾向が強い。

     普通に考えれば、明らかにおかしいことまで擁護する。しかもメチャクチャな論理で。この状況はかなり特殊ですよ。この年まで生きてきて、経験がありません。

    ■安倍政権が知的エリート集団だったらとっくに全体主義

      ――第2次安倍政権の発足以降、「この数年で日本の未来が決まる」と警鐘を鳴らされていましたね。

     これほどの不条理がまかり通るのであれば、何でも許されてしまう。「ポイント・オブ・ノーリターン」という言葉がありますが、歴史には後戻りができない段階がある。そこを過ぎてしまったら、何が起きても戻れないですよ。今ですら、いろいろ恐れて怖くて政権批判はできないという人がたくさんいるくらいですから、全体主義に入ってしまったら、もう無理です。誰も声を上げられなくなる。だから、始まる手前、予兆の時が大事なんです。

      ――そう考える人は少なくありません。総辞職の山がいくつもあったのに、政権は延命しています。

     安倍政権が知的なエリート集団だったら、とっくに全体主義っぽくなっていたと思うんです。反知性主義だから、ここまで来たともいえますが、さすがにこれ以上の政権継続は無理がある。森友問題にしろ、加計問題にしろ、正直言って、やり方がヘタすぎる。絵を描いた人がヘタクソすぎる。こんなデタラメが通ると思っていたことが稚拙すぎる。根底にはメディアを黙らせればいける、という発想もあったのでしょう。

    続く

    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/231192/1

    引用元: 【ゲンダイ】作家・中村文則氏が警鐘 「安倍政権が知的エリート集団だったらとっくに全体主義になってる」


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ