ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 21:42:35.30 ID:???.net
    ▲ソフトバンクの感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」(別ソース:ハフィントン・ポスト)

    今月5日、世界で初めて公開された日本ソフトバンクの感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」の
    核心技術を国内企業LG CNSが開発したことが確認され話題を集めている。

    8日、業界によればペッパーの胸の部分に装着された10.1インチ大きさのタッチディスプレー‘イン
    タラクティブ・パネル’はLG CNSがソフトバンクに供給した製品だ。このパネルは人とロボットのコ
    ミュニケーションを担当するペッパーの‘頭脳’の役割を果たす。一般タブレットに似ているが、ロボ
    ットの頻繁な移動やバッテリー容量、OS(オペレーティングシステム)等を考慮して設計された。

    ソフトバンクとの契約関係によりLG CNSはこの製品の具体的な製品仕様を公開しなかった。特に
    ソフトバンクが既存ディスプレー企業等ではなくITサービス会社のLG CNSにパネル開発を任せ
    た背景にも関心が集まる。テレビ・スマートフォンと異なり量産(1万台以上)になる製品ではない点、
    ソフトバンクとLG CNSの長い間の協力関係などが影響を及ぼしたものと見られる。

    業界のある関係者は「ペッパーに装着されたパネルは量産用ではないのでサムスン・ディスプレ
    ーやLGディスプレーが生産するには適していない」と話した。LG CNS関係者は「初めて作る製品
    なのでディスプレー専門会社より不利な点はなかった」とし、「両社はこれまで深い信頼を積み重
    ねてきたのでソフトバンクがLG CNSの技術力に対する信頼を持っている」と説明した。

    LG CNSとソフトバンクはこれまで大小の協力関係を結んできたが2011年にはソフトバンクが母胎
    のSBIグループと‘SBI-LGシステムズ’という金融IT専門合併法人をたてたこともある。
    (後略)

    キム・ヤンジン記者

    ソース:ソウル新聞(韓国語) 日感情認識ロボット核心技術は‘韓流’
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20140609015007


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 21:24:40.39 ID:???.net
    「負傷警戒令」に「焦り警戒令」追加されたホン・ミョンボ号

    2014-06-07 15:28

    負傷警戒令が出たホン・ミョンボ号に焦り警戒令も出た。
    H組相手国とのライバル・日本の相次ぐ勝利のニュースが選手たちを焦らせることがありうる。

    相次ぐライバルの勝利のニュース、10日のガーナ戦の負担が増幅

    合宿地の米国マイアミで高強度の特訓を行っている大韓民国サッカー代表チームが
    現在最も警戒している敵が負傷だ。訓練中に発生する一般的な傷害だけでなく、
    風邪や腹痛などの病気や心理的な辛さまで「負傷警戒令」が出た。(中略)

    開幕が刻々と近づいて来るだけでも負担なのに、選手たちの立場ではさらに焦燥感に包まれる
    周囲の環境が作られている。ライバルの相次ぐ勝利のニュースが伝えられている。
    H組で会うロシア、アルジェリア、ベルギーが最近行った親善試合で全て勝利を収め、
    韓国を圧迫している。

    死活のかかる第1戦の相手のロシアはAマッチ10試合無敗(7勝3分け)で模擬試験を終え、
    ベールを脱いだアルジェリアは凄まじい攻撃力を誇った。そしてベルギーは流石H組最強
    だった。大会全体のダークホースとの評価が色あせることのない戦力である。直接
    または間接的に相手国のプレーと結果を見た選手たちが追いこまれる状況である。ここに
    隣国日本まで苦しめている。

    永遠のライバルで犬猿の仲である日本が韓国時間で7日に米国で行われたザンビアとの
    評価試合で4-3で逆転勝ちを収めた。まず2ゴールを許容してもひっくり返した。3-2でリード
    した後半44分に同点ゴールを許し引き分けで終えようとしたが、追加時間の大久保の
    ゴールでとうとう勝利を収めた。結果と内容、両方に励みとなった。

    日本はザンビア戦の勝利を含めて最近のAマッチで5連勝と上昇傾向の中でブラジル進出を
    準備している。いつも比較対象となる日本の上昇傾向が韓国選手たちの勝負欲を刺激させる
    肯定的な面として作用することもあるが、逆になることもある。今ではすべてを用心深く
    すべき時だ。

    来る10日にガーナとの親善試合を控えているので、なおさら平常心が重要である。相手国
    そしてライバルの相次ぐ勝利のニュースにやたら体に力が入ったり、準備した内容に焦点を
    合わせず結果にこだわるなら、「最後の模擬試験」の意味は衰退せざるをえない。
    「負傷警戒令」に続き「焦り警戒令」まで出たホン・ミョンボ号だ。

    http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=a_match&ctg=news&mod=read&office_id=421&article_id=0000861378


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 21:14:58.07 ID:???.net
    (原文の朝鮮語を機械翻訳した後、記者が微修正)

      セウォル号国条特別委員会・家族対策委"画期的なレベルの法案用意"
      「被害家族の生涯ライフサイクル全体にわたって継続支援を受けられるようにする」
     
     国会セウォル号国政調査特別委員会の委員会とセウォル号の犠牲者、行方不明者、生存者、家族対策委員会は8日、
    「国会は、年月号特別法の制定を通じて、災害対応および事後対応システムを確立するに当たり、類例がなく、先進国が
    ベンチマークすることができる画期的なレベルで法律案を用意する」と明らかにした。

     この日、国会セウォル号沈没事故の真相究明のための国政調査特別委員会に所属する幹事であるセヌリ党ジョ・ウォンジン議員や、
    新しい政治民主連合キム・ヒョンミ議員らが、国会で記者会見を開き、「一回限りのサポートと報酬で終わるのではなく、被害家族が
    生涯ライフサイクル全体にわたって継続サポートを受けることができるよう、制度やシステムを構築する」と明らかにした。
     また「被害地域に対する政府支援策の妥当性を確認し、その後の対策を講じできるようにして、被災地の経済、社会的に回復の
    基盤を用意することができるようにする」とも明らかにした。

     これらは、今後行われる国政調査と関連しても「真相究明におけるセウォル号の被害家族の参加を保証し、特に聖域のない
    真相調査のためにすべての情報を透明に公開するようにする」と明らかにした。これらは「答えは現場にある」とし「このため、
    国会は、セウォル号国調特別委員会の現場本部を、珍島の室内体育館に設置し、現場担当議員を割り当てするようにして、
    行方不明者家族の声に常に向き合って調査し、救助のために可能なすべての措置を責任を持って実行できるように、
    すべてのサポートを尽くす」と話した。

     引き続き「特に潜水士の安全性の問題は国会でも格別にチェックして、これ以上の事故が発生しないようにしたい」とするだけでなく、
    「行方不明者の流出が二度と発生しないよう、積極的な対策を用意して実行するように措置する」と付け加えた。

     また、「海軍と海上警察は、新しい調査、救助案を研究して実行するにあたり、国会も専門家集団の助言を通じ、
    これを責任を持って後押しする」と明らかにした。

    【ニュース1]

    中央日報 2014.06.08 16:21
    http://joongang.joins.com/article/755/14900755.html?ctg=1002&cloc=joongang|home|newslist1


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ