ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140520_1755561: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 11:44:08.92 ID:???.net
    【歴史戦 第2部 慰安婦問題の原点(1)前半】
    河野談話ヒアリング対象者に虚偽証言者 「奴隷狩り」吉田氏、「従軍」広めた千田氏
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140520/plc14052007580006-n1.htm

    慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の河野洋平官房長官談話の作成過程にあたる同年1月から
    5月にかけ、内閣外政審議室が実施したヒアリング(聞き取り)の対象者の全容が、産経新聞が入手した
    政府文書で明らかになった。

    対象者には、韓国で慰安婦の「奴隷狩り」を行ったと告白したものの、後に全くの虚偽だと発覚した
    吉田清治と、軍属を連想させる造語「従軍慰安婦」を実際に使われていたかのように広めた作家の
    千田(せんだ)夏光(かこう)=いずれも故人=が含まれていた。

    史実や事実関係に基づかない「強制連行説」の原点となった2人の証言に政府が影響を受け、河野談話の
    強制性認定につながった可能性も否定できない。

    ヒアリング対象者は(1)旧軍関係者12人(2)元朝鮮総督府関係者5人(元経済警察課長、元慶尚北道
    知事官房主事ら)(3)元慰安所経営者1人(4)元厚生省(現厚生労働省)関係者2人(5)大学教授、
    研究者3人(6)書物執筆者3人-の計26人。

    このうち(5)の大学教授については、慰安婦性奴隷説を唱える中央大教授、吉見義明とそれを否定する
    拓殖大教授、秦郁彦の双方から話を聞いており、バランスはとれている。

    ところが(6)に関しては千田、吉田と『慰安婦たちの太平洋戦争』などの著書がある山田盟子の3人で
    全員が強制説に立つ作家となっている。

    政府文書では、吉田の肩書について「元労務報国会下関支部動員部長(?)」と疑問符がつけられている。
    吉田は昭和58年の著書『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』でこの肩書を使って「韓国・済州島で奴隷狩り
    を行った」「女子挺身隊とは従軍慰安婦のこと」などと記しているが、経歴ははっきりしない。

    同書は韓国でも出版されたが、地元紙「済州新聞」の記者、許栄善が取材すると全くのデタラメだと判明。
    秦も現地取材を行い、許に会ったところ「何が目的でこんな作り話を書くのか」と聞かれたという。

    吉田は週刊新潮(平成8年5月2・9日合併号)のインタビューでは「本に真実を書いても何の利益もない」
    「事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやっている」と捏造(ねつぞう)を認めた。

    一方、元毎日新聞記者である千田は昭和48年の著書『従軍慰安婦』で、慰安婦を従軍看護婦や従軍
    記者のように直接軍の管理下にあるよう印象づけた。ノンフィクションの形をとりながら「女性の大半は
    朝鮮半島から強制動員した」「慰安婦の総数は昭和13年から同20年まで8万人とも10万人とも言うが、
    その大半は朝鮮人女性」などと何ら出典も根拠も示さず書いた。

    実際は、秦の推計では慰安婦の総数は2万~2万数千人であり、そのうち日本人が4割、朝鮮人は2割程度
    だった。

    産経新聞はヒアリング内容と評価、見解について内閣府に情報公開請求したが「公にすると今後、任意で
    協力を要請する調査で、公開を前提とした回答しか得られなくなる」との理由で拒否された。

    河野談話は日本国内にとどまらず海外にも弊害をもたらしている。米カリフォルニア州グレンデール市に
    ある「慰安婦」像の撤去を求める訴訟を起こしている目良浩一は19日の記者会見でこう訴えた。

    「訴訟で中国系団体の介入を招いたのも、真実でないにもかかわらず河野談話があるからだ。日本政府に
    は客観的な事実を広報していただきたい」



    吉田、千田の創作した“小説”が韓国語や英語に翻訳されるなど、史実と異なる強制連行説や性奴隷説が
    拡大再生産されていった。「歴史戦」第2部は「慰安婦問題」を広めた人たちに焦点をあてる。
    (敬称略、肩書は当時)


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140520_0614561: ◆kouji2569. @まりも大使φ ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 00:41:10.83 ID:???.net BE:305468836-PLT(19050)
    中国軍将校5人を訴追=サイバー攻撃で産業スパイ-米

     ホルダー米司法長官は19日、原子力・太陽光発電や金属分野の米大手企業にサイバー攻撃を仕掛け、
    商業機密を盗んだとして、中国人民解放軍の将校5人を刑事訴追したと発表した。米国がサイバー技術を
    使った産業スパイ容疑で外国当局者を訴追したのは初めて。
     司法省によれば、将校5人は上海を拠点とする人民解放軍のサイバー部隊「61398部隊」に所属。
    5人は、米原子力大手ウェスチングハウス、鉄鋼大手USスチール、アルミ大手アルコアなど米企業5社と
    労働組合1団体を標的に、コンピューターシステムへの侵入を試みるハッカー行為に及んだ。
     米政府は、昨年創設した米中作業部会や、オバマ大統領と習近平国家主席の首脳会談などを通じ、
    産業スパイ対策を取るようたびたび中国側に求めてきた。だが中国は、米国家安全保障局(NSA)による
    情報監視活動を挙げ、「中国はサイバー攻撃の被害者だ」と主張。いら立ちを強めた米側が今回、
    法的手段に出たことで、中国の反発は必至だ。

    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014051900941


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/19(月) 23:33:54.32 ID:???.net
     福岡県飯塚市の市営飯塚霊園内の朝鮮人追悼施設にある碑に、根拠もないまま強制連行など日本の戦争責任を
    非難する内容が盛り込まれているとして、地元住民らが改訂や撤去を求め、市議会への請願を検討していることが19日、
    わかった。住民らは「慰霊目的を外れて政治利用されている」と訴える。(田中一世)

     施設は、在日朝鮮人や自治労関係者らでつくる「在日筑豊コリア強制連行犠牲者納骨式追悼碑建立実行委員会」が
    平成12年12月、市の設置許可を受け、納骨堂「無窮花(ムグンファ)堂」と追悼碑を建てた。無窮花堂には無縁の朝鮮人
    116人の遺骨を納めているとされる。

     碑正面に「日本の植民地政策により、数多くの朝鮮人と外国人が日本各地に強制連行されました」「筑豊には
    15万人にも上る朝鮮人が炭鉱で過酷な労働を強いられ、多くの人びとが犠牲となりました。筑豊の発展と日本の近代化は、
    まさに朝鮮人をはじめとする外国人労働者の血と、汗と、涙なしでは語れません」「歴史的事実をあらためて認識し、
    不幸な過ちを二度と繰り返さない決意をこめて」などと日本語とハングルで記している。

     朝鮮半島出身者が筑豊の炭鉱で働いていたのは事実だが、強制連行の実態や人数について詳しいことは分かっていない。

     建立実行委員会は、朝鮮総連筑豊支部の元役員、●(=褒の保を非に)来善氏(故人)を中心に結成。平成8年、飯塚市に
    「筑豊の炭鉱などに強制連行された朝鮮人犠牲者」の追悼施設の用地提供を要望した。

     当初、市側は協力できないとの立場だったが、度重なる要望を受け、12年5月、霊園内に「国際交流広場」とするスペースを
    約600万円かけて整備。その一角の使用を許可する形式によって用地提供した。市都市計画課の担当者は「国際交流広場なので、
    他の団体から施設設置の申請があれば検討する」というが、国際交流広場は、朝鮮人追悼施設がほぼ占有し、他の施設を建てるスペースはない。

     ●(=褒の保を非に)氏らは12年12月、無窮花堂と追悼碑を建設し、永代使用・管理料として88万円を市に支払った。
     建設費として飯塚市職員労働組合などから寄付金を集めたという。

     さらに14年11月、「歴史回廊」と称し、朝鮮人の苦難の歴史を紹介する陶板の写真パネル17枚を広場の外壁に埋め込んで並べた。
    パネルには「植民地時代、日本は創氏改名によって朝鮮名を奪い(中略)、信仰や風俗、習慣まで自由にさせませんでした」
    といった解説文を付けた。だが創氏改名は、朝鮮式の一族名だけでなく日本式の家族名を名乗らせる制度で、姓名自体が
    強制的に変更されたものではない。

     建立実行委員会は、平成16年に「国際交流広場無窮花堂友好親善の会」(無窮花の会)と名称変更し、これらの施設を管理している。
     ●(=褒の保を非に)氏は20年に死去し、現在の理事長は元民主党県議、吉●(=木へんに却の去がタ)順一氏が務める。

     無窮花の会は毎秋、国際交流広場で追悼式を開催しており、過去には斉藤守史・飯塚市長や松岡賛・嘉麻市長(当時)も参加したことがある。

     この問題の調査に取り組み、請願・陳情を検討している1人で日本会議福岡常任理事の佐谷正幸氏=飯塚市=は「日本の近代化のために
    働いた朝鮮人を顕彰、慰霊する目的ならよいが、国際交流広場は誤った歴史認識を植え付け、日本を誹謗(ひぼう)する『反日広場』になっている。
     これを公共の場所に建てておいたら、碑文の内容を行政が認めた事実ということにされてしまう」と警鐘を鳴らす。

     無窮花の会の吉●(=木へんに却の去がタ)理事長は「目的は友好を深めることだ」とし、碑文については「強制連行体験者らから聞き取りをして
    碑文を書いており、自信を持っている。実際、市もこれを認めており、設置許可を受けている」としている。

    産経ニュース 2014.5.19 21:17
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140519/plc14051921170010-n1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ