ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 17:47:46.31 ID:???.net
    (写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2日午前ソウル・中区(チュング)のポストタワーで2日の午前、職員が『2014FIFAブラジルワールド
    カップ大会』の記念切手2種をPRしている。

    郵政事業本部は、「今回発行されたブラジルワールドカップの記念切手は、青のパンツに真っ赤な
    上着とソックスを履いた太極戦士がするするとドリブルをする様子を現わしていて、来る3日から
    全国の郵便局で販売する」と明らかにした。

    ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0005882525


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 17:23:15.63 ID:???.net
    ■強姦で1審有罪の韓国人、2審で“性器の先天的異常”認められ無罪に―中国報道

    韓国メディア・朝鮮日報は5月30日、強姦の罪により1審で有罪判決を受けた38歳の男性が、
    性器に先天的な欠陥があったことが根拠となり2審で無罪を言い渡されたと報じた。
    中国メディア・中国網が31日報じた。

    無罪判決を受けたのは、ソウル大学の博士課程生の男性。
    男性は2010年3月に、論文指導をしていた女子大学院生の自宅で性的暴行を加えたほか、
    研究室内でも強制わいせつを行った疑いがもたれている。

    男性は犯行を否定していたが、11年6月の1審判決では「被害者の陳述は非常に具体的で
    あり、論文指導を理由に暴行を働いた形跡もある」として3年6か月の実刑判決が言い渡された。
    男性は判決を不服として上訴した。

    上訴する際に男性は、自身の性器が奇形であるとする身体検査の結果を提出。

    2審では男性の弁護士が「女性が本当に性的暴行を受けたのであれば、その際に非常な
    違和感を覚えたはず」と主張したのに対し、女性側は「暴行した時間は2~3分で、特別な痛み
    を感じることはなかった」と反論した。

    裁判長は「男性の身体的特徴を考慮すれば、2~3分で事を終えるのは不可能」として女性側の
    主張を退け、男性に対して無罪判決を言い渡した。

    (編集翻訳 城山俊樹)

    http://www.xinhua.jp/rss/384411/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 15:03:35.73 ID:???.net
    東京新聞:【私説・論説室から】 韓国「子供は宝」なのに

    韓国フェリー「セウォル号」沈没事故で、船長ら主要な乗組員が真っ先に脱出し、多くの高校生を
    避難させずに死なせてしまった。

    ソウルで勤務した経験だと、大人たちは近所の小、中学生と楽しそうに話し、見ず知らずの子にも
    「しっかり勉強しなさいよ」などと声をかけていた。「子供は国の宝だ」という言葉を何回も聞いた。

    危険を顧みず、子供を救った話もある。

    二〇〇四年一月、ソウル日本人学校に男が侵入し、隠し持っていた手おので校庭にいた幼稚園児を
    襲い六歳の男児が頭に大けがをした。

    このとき、幼稚園の女性教諭が園児をかばいながら、おのを持った男に立ち向かった。
    通学バスの女性添乗員は逃げまどう園児たちのそばに駆け寄った。

    すぐに警備員が来て男を取り押さえたが、韓国人の若い女性が全長約三十センチのおのを振り回す
    男にもひるまず、子供を守ろうとしたのだ。

    この話は事件の数日後に伝わったが、在韓の日本人たちは勇気に驚き、心から感謝した。

    あれから十年。
    フェリー事故では、乗組員の多くが救命胴衣を配らず救命ボートも動かさずに逃げ出した。
    海洋警察はまともに船内捜索もせず救助活動を怠った。

    何人かの市民が「子供はもう私たちを信用しないだろう」「こんな社会をつくってしまった大人の責任は
    重い」と語っていた。

    韓国が失ったものは大きい。 (山本勇二)

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2014060202000147.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ