ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: 高町奈葉9歳◆KuRokoMU3c 2014/05/20(火)15:15:22 ID:???
    「韓国旅行、不安だ」…外国人観光客67%
    ▲ニューシス

    『セウォル号』沈没事故以後韓国を訪れた外国人観光客10人中6~7人は韓国が安全な旅行地だと考えないことが明らかになった。

    外国人観光専門旅行会社コスモジンのコスモジン観光R&D研究所が8~17日、韓国を訪問した外国人観光客232人を対象にアンケート調査をした結果、67%(156人)が韓国が不安定だと感じると調査された。

    韓国旅行の安全度を上・中・下で尋ねた質問にも64%(148人)が『下』と答えた。セウォル号事故に続きソウル地下鉄2号線衝突事故など安全事故がひきつづき発生したのが調査結果に影響を及ぼしたと見られる。

    外国人観光客が韓国旅行で感じる不安感は旅行前後で変わった。旅行前の回答者の49%(114人)は北朝鮮の挑発を憂慮して『戦争の可能性』に最も大きい不安感を感じることが明らかになったが、旅行を始めた後には57%(127人)が安全事故危険性に不安感を感じることが明らかになった。

    安全事故に憂慮を表わした回答者の44%(102人)は危急状況時必要な安全表示板の不在が最も大きい問題だと指摘したし、観光地内の専門安全人材配置不足28%(66人)、施設落伍18%(42人)等が後に続いた。

    旅行時不安感を解消するために何が改善されなければならないかとの質問には多数の回答者が危機的状況に置かれた場合、速かに申告する方法を書いた案内板が必要だと答えた。

    韓国日報(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201405/dh20140519141130137780.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 変態紳士◆YW5h2xpB3U 2014/05/20(火)06:59:16 ID:Wu7h6CQUF
    香港メディア・東網は16日、中国江蘇省南京市のある不動産企業が女性従業員に対して
    「月10日以上ミニスカートを着用して出勤したらボーナス支給」という奇抜な規定を打ち出したことを報じた。

    「ミニスカボーナス」の規定を打ち出したのは、同市江寧区にある不動産企業。
    女性職員が1カ月のうちに10日以上ミニスカートを履いて出勤すると、
    300元(約4900円)のボーナスが支給されるという。

    画像:no title

    画像:no title


    続きはソース元で
    2014年05月19日
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/382848/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/20(火)14:41:43 ID:tW8idpI3I
    米司法省が中国軍将校5人の起訴を発表した件について、外交部(外務省)の秦剛報道官は19日、次の談話を発表した。

    5月19日に米側は事実を捏造し、いわゆるインターネットを通じて機密を盗んだとして中国軍将校5人を起訴すると発表した。
    これは国際関係の基本原則に深刻に違反し、中米間の協力と相互信頼を損なう行為だ。中国側は直ちに米側に抗議し、
    直ちに過ちを正して、いわゆる起訴を撤回するよう促した。

    サイバーセキュリティー問題における中国政府の立場は一貫した、明確なものだ。中国はサイバーセキュリティーの揺るぎない
    擁護者であり、中国の政府、軍、およびその関係者がインターネットを通じて企業秘密を盗む活動に従事または参加したことは
    ない。中国側人員に対する米側の非難は全く根も葉も無いもので、極めてばかげている。

    米側の関係当局が長い間、外国の政界要人、企業、個人に対して大規模かつ組織的なインターネットを通じた機密窃取、
    傍受、監視活動を行ってきたことは、すでに誰もが知っている。中国は米側のこうした活動の深刻な被害者だ。公開された
    大量の情報によると、米側の関係機関は中国の政府省庁、機関、企業、大学、個人に対してインターネットを通じた侵入、
    傍受、監視を行い続けている。中国側はこれについて、すでに繰り返し米側に厳正な申し入れを行った。明確な説明を行い、
    こうした活動を直ちに停止するよう米側に改めて強く促す。

    対話と協力を通じてサイバーセキュリティー問題を解決する誠意が米側に欠けていることにかんがみ、中国側は中米サイバー
    作業部会の活動中止を決定した。情勢の推移を踏まえ、米側のいわゆる起訴に対してさらなる対応を取る。(編集NA)

    「人民網日本語版」2014年5月20日
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-05/20/content_32436910.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ