ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2014/06/18(水)03:58:40 ID:lEN1RexAR

    中国南部で催される犬肉祭の主催者らは、動物愛護団体などの抗議にも関わらず、
    およそ1万匹の犬を今年も処分する考えだ。17日、新華社通信が伝えた。

    このお祭りは、中国南部広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏至の日(今年は21日)に行われる伝統行事だ。
    動物愛護運動の活動家らや愛犬家たちは、地元行政当局にこの「血塗られた祭り」を取り止めるよう求める嘆願書を送った。
    (中略)
    お祭りは民族的な伝統だとして、中止するつもりはないと回答している。

    ロシアの声 6月18日付け
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_06_17/273629808/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/06/17(火)21:16:37 ID:fbXsBLyeo
    安倍暴走政権支える記者クラブメディア(上)違憲の集団的自衛権容認

    浅野 健一 ジャーナリスト/同志社大学大学院社会学研究科博士課程教授 (京都地裁で地位保全・確認係争中)

    私は慶応義塾大学時代に、「英字新聞会」というサークルに所属していた。
    ブッシュ米大統領をハーバード大学大学院で教えたことのある霍見芳浩・米ニューヨーク市立大学名誉教授は、
    同会の大先輩だ。霍見氏は4月25日、東京での講演で、「安倍政権は日本を滅亡させる」と警告した。
    日本の企業メディアは、訪日したオバマ大統領が尖閣諸島に日米安保を適用すると明言したのは日本外交の大きな成果だ、と持ち上げた。
    NHKなど記者クラブメディアの報道は、戦時中の大本営発表報道と変わらない。

    霍見氏は「尖閣発言は、ロシア、中国をけん制するという大統領の内外における〝強い指導者イメージ〟確立のためだ。
    しかも、仮に中国が尖閣への武力行使に踏み切ったとしても、米国が日本国、日本人の安全のために自動的に、
    人、もの、資金を使って、つまり米国民の血を流すとの保障は、何もない」と強調した。

    また「集団的自衛権に関する大統領の発言は、安倍首相が解釈改憲に走っているのまで〝歓迎〟しているのでは全くない。
    大統領は日中、日韓の〝更なる改善〟を求めたが、
    これは河野談話と村山談話を国会決議にまで持って行く首相の政治力を期待していると解すべきだ」と解説した。

    私は「村山談話を継承し発展させる会」の共同代表の一人だが、
    4月9日、在京米大使館のダーナ・ウェルトン公使(政務担当)と会談した。
    共同代表の天木直人、高嶋伸欣両氏らも一緒だった。

    ウェルトン公使は「日本軍慰安婦問題は、
    日韓問題ではなく、戦時下の軍隊による性暴力をどう防ぐかという問題であり、日本は恥ずかしくないことをすべきだ」
    「アーリントン墓地と靖国神社は全く違う」「靖国神社の遊就館は、狭い視野で歴史を描いている」などと表明した。
    公使の見解は、オバマ大統領にも届いているはずだ。

    私は霍見氏の講演会の後、サークルの先輩や同期、現役学生と懇談したのだが、
    「中国は怖い。何をするか分からない。沖縄も狙っている」「韓国はいつまでも慰安婦問題にこだわるのか」
    などと言うので、がっかりした。昔、学生運動で活躍した世代の人たちが、企業メディアの報道にだまされている。
    「週刊プレイボーイ」を除く有力週刊誌の見出しには、中韓罵倒記事が毎週載っている。
    特定の国、国民を差別・偏見で報じるのは、レイシズムではないか。

    5月15日、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)が報告書を提出したのを受けて、
    安倍首相は今後の検討に関する「基本的方向性」を発表した。その中で、
    報告書で示された集団的自衛権の行使容認について今後さらに研究を進めていきたいとし、
    その上で「憲法解釈の変更が必要と判断されれば」閣議決定を行う、とした。

    安保法制懇のメンバーは、安倍首相が選んだ、安倍氏と同じ思想のメンバーを集めて結論を出した。
    こういうのを自作自演、お手盛りという。民主国家では考えられない手続きだ。

    安倍首相は「東アジアなど国際安全保障環境の激変」と言うが、日本の歴史改竄と軍国主義化こそが東アジアと世界の平和の脅威である。

    法制懇報告書は、釣魚島・尖閣諸島を、民間人・漁民になりすました中国人が上陸・占拠した場合のケースなどを挙げている。
    日本の多くのメディアが、中国が海洋進出、軍事的脅威を強調しているのを悪用しての結論だ。

    http://www.jimmin.com/htmldoc/151803.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140618_0626001: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/06/17(火)21:44:15 ID:fbXsBLyeo
    先日、久しぶりにファッション誌をめくり、自分が知らないカタカナ表記のオンパレードだったことに驚いた。
    外来語が徐々に日本語に浸透していくのは、時代の趨勢(すうせい)のようだ。

    これは韓国でも同様だ。韓国の外来語のなかには、日本語が元になっている言葉も多い。
    昔の名残であろう「爪切り(韓国での発音:スメキリ)」「バケツ(バケス)」「楊枝(ヨージ)」
    「玉ねぎ(タマネギ)」などは、年配の韓国人がよく使う。
    「うちのおばあちゃんがよく言ってたけど、日本語だとは知りませんでした」と話す生徒が何人もいた。

    時には、「え、なんでその言葉知っているの?」とびっくりする日本語に遭遇することもある。
    まず、アニメや漫画に関するものだ。韓国では最近、本よりもインターネットで漫画を読む人が多くなってきた。
    なかでも日本の漫画の人気が高く、生徒は日本人の私よりも詳しい。
    まさか韓国で「ゴムゴムの~」と聞くとは思いもしなかった。

    「オタク」も韓国の日常生活でよく使われる日本語だ。日本のアニメや漫画に関心が高い証拠であろう。
    最近では「オドクフ」という言葉を耳にするが、韓国最大のサイト「ネイバー」によれば
    「『オタク』の間違い。韓国式に発音した新造語」ということである。

    次に、性に関するものだ。インターネットを通じて日本の成人向けビデオが広く普及しているらしく、
    特に男性は女優の名前や「いや」「やめて」などの言葉に詳しいようだ。
    「日本は性に関して寛大な社会」と勘違いしている人も中にはいるようで、
    そんな時は「あくまでも作られたものだ」と力説するようにしている。

    韓国で聞く意外な日本語。「今度はどんな言葉が聞けるだろう?」と考えると、ワクワクしてくる。(執筆/まつ・むら)

    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=89748&type=0


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ