ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/05/21(水) 00:32:13.39 ID:???.net
    ウィンドウズ8締め出し=中国、政府調達から
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014052000914
    時事通信(2014/05/20-19:49)


     【北京時事】中国政府が米マイクロソフト(MS)の最新基本ソフト(OS)
    「ウィンドウズ8」シリーズを政府調達から締め出したことが、20日分かった。
    米中間では、中国軍将校5人がサイバー攻撃を仕掛けて商業機密を盗んだとして、
    米当局が起訴を発表したばかり。OS問題も加わり、両国間の摩擦が激しくなる可
    能性が出てきた。

     中央国家機関政府調達センターは16日、パソコンやプリンターなどの調達に際
    しての注意事項を通達。その中で、ウィンドウズ8シリーズが搭載されている機器
    を除外することが明記された。同OSだけを締め出す理由は一切示されていないが、
    国営新華社通信は20日配信の記事で、「セキュリティー確保のための措置」と説
    明した。


    関連スレ:
    【米国】中国人民解放軍将校5人を刑事訴追 サイバー攻撃で産業スパイ
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1400514070/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/21(水) 01:37:08.99 ID:???.net
     2014年5月19日、雲南網によると、中国・昆明動物園の動物が観光客の与えた食べ物やごみで死亡する事件が相次いでいる。
    同動物園は市民らに勝手に餌を与えないように呼び掛けた。

     昆明動物園では毎年、観光客らによる餌やり行為により多くの動物たちの尊い命が奪われている。いたずら心で動物にごみを
    与える人も少なくないが、ほとんどの人が動物を可愛がって何気なく与えているという。

     昨年5月のメーデーの大型連休期間にはヒクイドリが突然死亡。胃を解剖してみると、消化されていないトウモロコシやヨーグルト
    の入れ物、ペットボトルなどが発見された。また、同年12月にはサンバー(シカ)が死亡。解剖の結果、合計1キロのビニール袋が
    消化管をふさいでいた。さらに、今年の旧正月期間には2匹のダチョウがビニール袋を誤って飲み込んで相次いで死亡した。
    胃の中からはペットボトルのふたや竹串の付いたソーセージなども発見された。

     ダチョウの事件後、同動物園はパトロールを強化し、観光客のマナー違反に対処している。また、観光客の動物愛護意識を
    向上させるために、ダチョウのおりの横に注意を呼び掛ける看板を立てることを決めた。

    ソース(Yahoo・Record China) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000054-rcdc-cn
    写真=投げ込まれたペットボトルをくわえる北京動物園のパンダ



    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title
    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 19:34:38.55 ID:???.net
     平成25年12月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「和食」をめぐり、文化庁は、
    無形文化遺産をアピールした上での和食の商業化をいっさい認めない方針を決めた。民間から「無形文化遺産に
    登録された和食」とアピールして特定の料理や食材を販売することは可能かどうかの問い合わせが相次ぎ、
    過度な商業化が続けば最悪の場合、登録取り消しもあり得ると同庁が判断したためだ。さらに、こうした措置の背景には
    韓国の「キムチ」に出された“警告”から学んだ経験も生かされているという。

      ・「商業化は可能か」相次ぐ問い合わせ

     同庁などによると、和食が無形文化遺産に登録されて以降、例えば、おせち料理に使われる具材や、和食の
    定番料理などを指定するなどして「無形文化遺産に登録された和食」として販売していいかといった民間企業からの
    問い合わせが相次いでいるという。

     これを受け、同庁は「例外を認めると商業化への歯止めがかからなくなる」として、商業化を一切認めない
    見解をまとめ、企業からの問い合わせに対応することに決めた。特定の商品だけでなく、たとえば和食文化を
    楽しむツアーなどを無形文化遺産として宣伝することも認めない。

     問い合わせ企業に対しては、「商業化を理由に無形文化遺産登録が取り消されれば企業イメージのマイナスにも
    つながる」などと硬軟おりまぜて説得しているといい、これまでに問い合わせのあった企業による商業化のケースはないという。

     過度な商業化に対する牽制(けんせい)は文化庁だけでなく農林水産省も行っている。

     登録前の25年6月に同省食ビジョン推進室の担当者は、民間企業で行われた公開講座で「もうかる日本食を広めるために
    (和食の登録に)挑戦しているわけではない。これを契機に商売がもうかる、販売促進に利用しようと思っている事業者は
    大勢いるだろうが、われわれの趣旨は違う」と明言、商業化をもくろむ業界にくぎを刺した。

      ・「キムチ」のごたごたが反面教師

     国が過敏とも言える反応を示すのは、和食と同時期に無形文化遺産に登録された韓国の「キムジャン文化」の例があるからだ。

     キムジャン文化はキムチを漬ける風習を指す。事前審査を行うユネスコの補助機関が「登録」を勧告した後、韓国政府は一時
    「キムチ」そのものが登録されるかのように発表した。

     これに対し、ユネスコが「特定の食べ物の登録と認識されて商業的に利用され、無形文化遺産登録制度の本質をゆがめることの
    ないようにしてほしい」と、“警告”した。

     日本の文化庁の担当者は「まさにこのような事態を懸念している」。登録前の変更ならまだしも、登録後に和食ビジネスが
    横行すれば、最悪の場合、登録取り消しにつながりかねない、というわけだ。

      ・フランス料理でも

     無形文化遺産の前身「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」は2001年に始まったが、実は、食文化が登録されたのは、
    無形文化遺産と名を変えたあとの2010年の「フランスの美食術」が初めてとなる。

     料理の分野の登録が遅れた明確な理由は明らかにされていないが、食文化はほかの文化と比べ、より商業化に
    つながりやすいと指摘する声もある。

     実際、フランスの美食術も、料理そのものではなく、個人や集団の生活の最も大切な時を祝うための社会的慣習である食文化として
    登録されたが、この登録のときも、商業目的での乱用を防ぐようユネスコから指摘があり、フランス政府の担当者は「無形文化遺産条約の
    精神ならびに文言を徹底して実行する」とわざわざ付け加えた。(>>2以降へ続く)

    産経ニュース・ウエスト 2014.5.20 07:00
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140520/wlf14052007000001-n1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ