ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 22:07:38.42 ID:???.net
      2016年までに試作品を開発、完成すれば世界最速

     韓国国土交通部(省に相当)と韓国鉄道技術研究院は19日、世界最速となる最高時速300キロの高速貨物列車
    「CTX(貨物KTX〈韓国高速鉄道〉)」を開発していると発表した。高速貨物列車の機関車は、既存のKTX山川(サンチョン)
    と同じものだが、貨車は現在開発中で、荷台には荷役用の床面レールを備え、前後に高さ2メートル、幅3.2メートル超の
    大型ドアを設ける方式になっている。研究院は、2016年までに列車を試作する計画だ。

     鉄道技術研究院は、仁川空港経由で輸出される携帯電話、半導体、医薬品、自動車部品、冷蔵食品など高付加価値製品を
    ターゲットにしている。現在は、これらの製品をトラックで仁川空港まで運んでいる。

     航空貨物の年間輸出入量は約300万トンで、金額ベースで見ると輸出入貨物全体の24%に相当する。列車1本(10両)
    で運べる貨物の量は最大166トンほどで、これはボーイング747型機1.5機分、大型トラック10台分に相当する。

     研究院は、大田以南の地方であれば、トラックで運ぶよりも競争力があるとみている。亀尾(慶尚北道)の場合、トラックでは
    仁川空港まで4-5時間かかるが、高速貨物列車なら2時間と大幅に短縮される。

     緑色交通物流システム工学研究所のヤン・グンユル所長は「同じ費用で所要時間を半分に短縮できる。ユーラシア鉄道時代に備え、
    ロシアに比べ遅れている貨物列車の競争力を貨物KTXで取り戻せるだろう」と語った。パク・チュンソ責任研究員は「欧州連合(EU)も、
    2017年の開通を目標に時速300キロの高速貨物列車を開発中だが、停滞している」と語った。現在、世界最速の貨物列車は
    フランスのもので、最高時速は270キロ。

    崔鍾錫(チェ・ジョンソク)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/05/20 09:47
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/20/2014052000949.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 22:11:12.35 ID:???.net
     ・行きたい所はフランス、でも現実は香港。

     韓国観光公社の「海外旅行の実態・トレンド調査」であらわれた海外旅行に出かける観光客の胸の内だ。費用のために生まれる差だ。
    この調査は昨年11月に海外旅行経験がある18歳以上1000人を対象に実施された。

     経費と日程に束縛されずに行きたい旅行先の1位はフランス(37.4%、複数回答)だった。豪州(35.7%)と米国(32.9%)が後に
    続いた。だが経費・日程を考慮すると結果はがらりと変わった。1位は香港・マカオ(36.1%)で、中国(35.5%)、日本(34.3%)、
    タイ(31.2%)などの選好度が高かった。フランスは10位以内に名前を上げることができなかった。格安航空会社はすでにいち早く
    こうした傾向に対応している。済州(チェジュ)航空は来月から香港路線を週7便から12便に増やす。香港系のHKエクスプレスも
    新規就航した。タイ・エアアジアXも来月に新規就航する。済州航空の関係者は「今後は近距離の国際便の増便を積極的に推進する」と話した。

     今回の調査には旅行業界の階層別オーダーメード型マーケティングへのヒントも入っている。「旅行先は誰が決めたか」という質問には
    「本人」との回答が最も多い階層が20代女性(62.5%)と30代女性(61.5%)だった。一方、50代以上の女性はこの比率が31.9%だった。
     代わりに、地域の集まり(13.9%)という回答が相対的に多かった。

     情報技術(IT)は海外旅行のパートナーとなった。「旅行時にモバイル端末を利用する」という回答者は半分(42.9%)に迫り、情報源も
    ブログやコミュニティサイト(69%)が1位だった。「ソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて旅行経験を共有する」という回答も
    55%に達した。SNSで自宅を旅行者に提供する「ソーシャル宿泊」をしてみてもいいという回答も43.8%に達した。

     だが簡単に変わらないものもある。できるだけ多くの観光地を回ることを優先視する回答(47.6%)は、1カ所で余裕のある滞在に
    重点を置く回答(26.3%)よりもはるかに多かった。パッケージ旅行(32%)よりも自由旅行(36.7%)をより好むが、実際の旅行では
    自由旅行(39.9%)とパッケージ(38.4%)が同じぐらいだった。

    中央日報/中央日報日本語版 2014年05月20日13時15分
    http://japanese.joins.com/article/518/185518.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 23:56:46.74 ID:???.net
    (かわいい画像)
    旅客船「セウォル号」沈没事故から35日目を迎えた。今回の惨事は科学界にも多くの悩みを残した。1カ月以上続く
    潜水士の死闘を見守る人たちは、「いつまでこんな危険な作業を人の手に任せるのか」という質問を投げかけた。
     捜索を支援するために珍島に駆けつけた科学者も同じ思いを抱いた。事故現場投入1カ月で撤収するクラブスター
    (Crabster)の事例を通じて、海洋ロボット開発の夢と現実をチェックした。

    「事故発生から22日、クラブスターが彭木(ペンモク)港に投入されてから17日。(中略)この悲しい事故の収拾に
    少しでも力になろうと睡眠もあまり取らずに努力してきたが、まだ大きな力になれない私たちは…」。

    韓国海洋科学技術院(KIOST)付設の船舶海洋プラント研究所(KRISO)のクラブスター研究責任者チョン・ボンファン博士。
     チョン博士は7日、フェイスブックにこうしたコメントを載せた。クラブスターは水の流れが激しい西海(ソヘ、黄海)探査のため、
    2016年の完了を目標に開発中のロボットだ。カニ(crab)とロブスター(lobster)を合成した名前のように、6本の脚で海底を
    はって動くのが特徴だ。まだテストを終えていない状態だが、セウォル号の惨事のため先月20日、“実戦”に投入された。
     そして4日後、クラブスターは海に沈んだセウォル号の姿を初めて見せた(中央日報4月25日付2面)。しかし一部のメディアは
    「期待に達しない」と酷評した。本当にクラブスターは失敗したのだろうか。

    海洋ロボットは大きく3つに分けられる。遠隔制御無人潜水艇(ROV)と自律型無人潜水艇(AUV)、そしてクラブスターのような
    海底歩行ロボットだ。ROV・AUVはともにプロペラ推進方式。ROVは母船からケーブルで調整する半面、AUVは事前に
    プログラミングされた経路に沿って自律航走するのが違いだ。

    1988年に米国はROVで、19世紀に東部海岸に座礁した船から1億-1億5000万ドルの金塊を引き揚げした。2011年に
    大西洋深海4000メートルに沈んだエールフランス447旅客機を発見した主人公もREMUS6000というAUVだった。3月に
    行方不明となったマレーシア航空370便を探すのにもブルーフィン21というAUVが使用されている。

    しかしROVとAUVには短所がある。潮流が1ノット(秒速約0.5メートル)を超えれば力を発揮できない。また、相当数の
    ROVとAUVが光学カメラだけを備えていて、視界が悪ければ活動が制約される。セウォル号事故海域がまさにこうした環境だった。
     潮流の速度が最高4-5ノットで、視界は20センチにすぎない。ここに投入された外国ROV(米国のビデオレイ、
    カナダのディープトレッカー )は役立たなかった。

    一方、クラブスターは孟骨(メンゴル)水道の潮流に耐えることができた。実際、カニやロブスターのように体を海底にくっつけたまま
    動いたからだ。チョン・ボンファン博士は「頭は低くし、後部を高めて抵抗を最小化できる」と述べた。クラブスターはKRISOのROVヘミレより
    少し小さいだけだが(横2.42メートルx縦2.45メートルx高さ1.3メートル)、体に受ける抵抗力は約4分の1(流速4ノットで約200キログラム)
    にすぎない。

    しかしなぜ鮮明な映像を得られなかったのか。クラブスターは約67メートル離れたところからスキャニングソナーでセウォル号の姿を撮った。
     このソナーは最大距離が150メートルで、水平面スキャンのみ可能だ。研究チームは1次調査が終った後、クラブスターに垂直方向の
    スキャンもできるよう同じ性能のソナー1台を追加で設置した。撮影距離が15メートルの超音波カメラを補完できるマルチビームソナー
    (最大距離50メートル)も追加した。しかし海洋警察はクラブスターがセウォル号に接近することを許可しなかった。母船が衝突する
    可能性があるからだ。(>>2以降へ続く)

    中央日報/中央日報日本語版 2014年05月20日13時35分
    http://japanese.joins.com/article/521/185521.html

    関連スレ
    【韓国旅客船沈没】韓国が開発した「カニ型ロボット」、現場調査に投入か[4/22]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398165787/l50


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ