ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 14:44:07.01 ID:???.net
    ■「海女文化」の世界遺産登録めぐる「日韓戦」勃発か?・・・ユネスコの方針変更で、韓国は「再申請」へ=中国メディア
    韓国が済州島の“海女(あま)”文化を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指していたこと
    について、中国新聞社はこのほど韓国メディアの報道として「ユネスコが世界無形遺産の登録に関する方針を変更した
    ため、海女文化の2015年度の登録は不可能になった」と伝えた。

    韓国では現在、キムジャン文化やアリランなど16項目が無形文化遺産として登録されており、韓国の無形文化遺産
    登録数はユネスコの「無形文化遺産の保護に関する条約」に加盟している161カ国中、第3位となっている。

    記事は韓国文物庁が4日、ユネスコから「14年からは無形文化遺産の登録申請数を年間50件に限定する」との通達を
    受け取ったことを伝え、さらに通達には「無形文化遺産の登録数が多い国の申請は、審査を後回しにする可能性がある」
    との内容も含まれていたと紹介した。

    続けて、ユネスコが登録に関する方針を変更したことで、14年3月に韓国が申請していた済州島の「海女文化」も影響を
    受けると指摘。本来であれば15年末に登録の可否が決定する予定だったが、ユネスコの方針変更によって3月の申請は
    無効となり、15年3月末に改めて申請し直す必要があることを伝えた。

    記事は、「韓国政府は本来、日本が海女文化を申請する前に先駆けて単独での登録を狙っていた」とする一方、日本が
    15年3月に海女文化を国内候補として選定すれば「韓国と登録を巡って争うことになる」と論じた。

    (編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    ソース nifty/サーチナ
    http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140609-20140609_00015/1.htm

    関連スレ
    【韓国】日本の海女を出し抜いて韓国の海女を来年ユネスコ文化遺産に登録する計画、困難に [6/5]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401926197/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 13:53:08.76 ID:???.net
    ■韓国の素顔伝えたい ソウル新聞、日本で無料紙を配布

    韓国の新聞社が日本で無料で発行する月刊のタブロイド紙がじわじわと人気を呼び、創刊半年で
    1万部に達した。

    日韓の政治関係がこじれる今こそ、韓国の情報を日本により多く伝えて市民間の相互理解を深めたい、
    との試みだ。大学の授業でも活用され、「韓国の今が分かる」と好評だ。

    韓国で110周年を迎えた全国紙のソウル新聞が発行する「TeSORO(テソロ)」で昨年11月に創刊した。
    テソロはスペイン語で宝を意味するが、日本語の手と韓国語のソロ(互いに)の語呂を合わせ、「手を互いに
    携えよう」との意味も込めたという。

    ソウル新聞の記者や日韓の専門家が、韓国の社会問題から芸能まで多彩なテーマで寄稿。
    主に韓国企業からの広告収入で経費をまかなっている。

    創刊話は約2年前に持ち上がった。歴史認識などで日韓関係が冷えこみ、日本では韓流や韓国語雑誌の
    休刊・廃刊が相次いだ。「こんな時こそ前向きなことをしたいと考えた」。

    ソウル新聞東京支局長兼同紙編集長の黄性淇(ファンソンギ)さん(51)は振り返る。

    黄さんは昨年7月から3度目の日本駐在となって準備作業を始めたが、日本のメディアが伝える
    韓国情報は偏っているとも感じた。「韓国をもっと幅広く、深く知りたい人は大勢いるはず」。

    まずは数千部を発行し、国内の各総領事館などに置いてもらった。徐々に存在が知られ、いまは1万部に。
    読者の約9割は日本人という。

    帝塚山学院大(大阪府大阪狭山市)で韓国語・韓国文学を専攻する古田富建教授(36)のゼミでは、
    テソロを読んで韓国人留学生と日本の学生が討論する。

    5月中旬の授業では、3月号の「ヘリコプター・ペアレント」の特集記事が題材に。
    ヘリコプター・ペアレントは子どもの進学、就職、結婚に干渉し続ける過保護な親の別称だ。

    韓国に留学した経験がある金川明日香さん(22)は「韓国の今の様子がよく分かった」。

    古田教授は「K―POPから韓国に興味をもち始めた学生が多い。社会にどう関心を持つかが課題だが、
    テソロには実例が多く取り上げられ、学生も興味をもちやすい」と話していた。

    テソロを送ってもらう場合は1850円の送料・手数料(年間)がかかる。問い合わせは(後略...)

    (中野晃)

    ソース 朝日新聞
    http://digital.asahi.com/articles/ASG5Q5PYNG5QPTIL022.html



    写真:「TeSORO」の5月号を持つ黄性淇編集長。表紙に「日韓関係、『政』冷でも『民』熱」と掲げ、
    多彩な交流の動きを取りあげた=大阪市北区の韓国文化院、中野晃撮影


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140610_1953001: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/06/10(火)10:28:10 ID:XIWC6GuKg
    「取り繕いは大きな禍根残す」 首相、河野氏の「上から目線」批判に強く反論

     「信念を少し丸めて、その場を取り繕っても、後々大きな禍根を残すこともある。
    それは政治家として不誠実ではないか」

     安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、河野洋平元衆院議長が月刊誌「世界」(岩波書店)で、
    首相の国会答弁の姿勢などを批判したことに、強い口調で反論した。

     民主党の江崎孝氏が「世界」の河野氏の発言を引用し、「大先輩の指摘をどう思うか」と質問したのに対し、
    首相は「しっかり受け止め、拳々服膺(けんけんふくよう)する必要がある」とした上で、
    「このような批判も時には恐れず、自分の信念を述べていくつもりだ」と強調した。

     河野氏は「世界」5月号のインタビューで、首相の国会答弁について
    「上から目線で接していることが少なくない。とりわけ疑問に思うのは相手の議員によって
    言い方や姿勢を変えているように見えることだ」と指摘。
    その上で「議員の背後にいる国民に著しく礼を失している。行政の責任者として非常に不適切だ」と批判した。

     さらに、内閣法制局長官やNHK経営委員などの人事、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈見直しの動き、
    武器輸出三原則に代わる防衛装備移転三原則などの問題点を列挙。
    外交に関しては「日本がやるべき仕事は中国や韓国との関係改善だ。もっとバランスの取れた外交をすべきだ」と述べた。

    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0609/san_140609_3770923989.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ